英単語・英文法

英文法 | 翻訳家が教える苦手克服の中学生勉強法 | 高校受験対策にも!

中学生の英文法勉強方法

 

克服先生は、次の方法を用いて英語の勉強をすると、
「英語が好きになります。脳に定着すると日本語を経由せずに英語のまま意味が理解できるようになります」と言っていますよ。

どんな方法でしょうか?早速皆さんにお知らせしますね。

中学生の英文法は重要

英文法は英語の成績をあげるうえで欠かせない分野です。英文法の理解をあいまいにしていくと、その後英語の成績は伸び悩むことになります。一方で英文法を理解したなら英語の成績を上げるのはぐっと簡単になります。では、具体的にどんなふうに取り組めばよいのでしょうか?

英文法の基本は学校テキストにあり!

英文法の基本の形を覚えるところから始まります。何を使ったら良いのでしょうか?
意外に思われるかもしれませんが、学校で使っている教科書がおすすめです。受験に必要な英文法という観点だけでなく、その後も英語を使えるようにうまく配列されています。苦手な人は中学校1年生の教科書から始めてください。
なお、もしも、大人が中学生レベルに戻って勉強する場合は、稲田一著、「中学3年間の英語を10時間で復習する本」、森沢洋介著、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」がおすすめです。難しいテキストは必要ないです。それで、英検だと2級、TOEICでも600点までは十分に対応できます。

英語マスターの秘訣は繰り返し

教科書で、英文法の例文の形がどんな意味かわかったなら、どうやって覚えたら良いのでしょうか?
そのカギは『繰り返し』です。
繰り返していくうちに、その例文の意味を、いちいち和訳せずに、見た瞬間に理解できるようになります。

どうやって『繰り返し』を行なったらいいのでしょうか?

英語の例文の横に和訳が書いてあるのを何度も見る。これだと、ものすごく時間がかかってしまいます。
一番良い方法は音読です。英文だけを音読して、意味は頭の中で考えます。これを繰り返していると英文を見ただけで意味がわかるようになります。

瞬間的に英作文!

さらに、使える英語にするためには、日本語を見て、英語が出てくるのが理想です。
・フラッシュカードや
・ノートの左右をうまく使って、
日本語を見て、対応する英語が出てくるようにしましょう。

フラッシュカードとは、リングでカード状の紙を束ねたもので、表と裏に対応する言葉を書きますが、この勉強の中では、表に「(わたし/行く/学校に)」を書いて、裏に「I go to school.」を書きます。
そして、それを見た瞬間に行なうのが瞬間英作文です。瞬間に英作文すると言っていますが、『繰り返し』を行なっていくと暗唱のように瞬間的に、日本語に対応する英語が頭に浮かんできます。

なお、大人が中学生レベルに戻る場合は、稲田一著、「中学3年間の英語を10時間で復習する本」、森沢洋介著、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」がおすすめです。難しいテキストは必要ないです。それで、英検だと2級、TOEICでも600点までは十分に対応できます。

英語学習上の注意点

英語の例文から日本語訳を頭の中で考えるときも、日本語から英文を考えるときも共通する注意点があります。それは、正確な日本語にしようとしないこと。

英語は、主語、動詞、目的語、補語などの並びになっていて日本語と語順が違います。いちいちきれいな日本語で訳してしまうと、英語を聞き取るヒアリングに応用できませんし、長文問題のようなリーディングでも時間がかかってしまい、時間内に問題が解けなくなります。

そこで、例えば次のように頭の中で考えてください。

例:
I go to school.
(わたし/行く/学校に)

英語を使う人は、当然のことですが、英語を前から順番に理解しています。
そのせいで、最初は慣れないかもしれませんが、最初から完璧な日本語に訳さないでください。和訳問題の時は、英語を前から理解したものをさらにきれいな日本語に並び替えるようになさってください。

※英語の和訳問題

I go to school. 1 (わたし/行く/学校に) 1 わたしは学校に行きます。

英文法の勉強方法

中学生の英文法勉強方法はいかがだったでしょうか?基本テキストは学校の教科書で十分です。英文法の基本の形を覚えるには、繰り返しがカギでした。そして、音読による繰り返しだけでなく、日本語から英語に瞬間的に訳す、瞬間英作文を取り入れましょう。注意点として、英語を、最初からきれいな日本語に訳そうとしないでください。これらを意識したら、英文法が身につき、英語が好きになって、英語の成績はぐんぐん伸びます。

しろくま塾長から | 先生への質問

先生ありがとうございました。
中学生から質問が来ているので、ご質問させてください。

Q. 教科書の有効性について述べられていますが、なかなかモチベーションが上がりません。
英文法を勉強するにあたり、教科書以外でなにか面白教材があればと思ったのですが、お勧めの教材はありますか?

A.  スタディサプリ利用すると、やる気出ると思います。何度も繰り返し見ること。英語であれば、自分で学んだ文法を使って、自分で文を作るなどしたら効果が高いと思います。

Q. 家庭教師の先生にも教えてもらおうかと思っています。家庭教師の先生にはどのように教えてもらったらいいでしょうか?
A. 自分の経験から言うと、家庭教師は時間が短いので、科目を絞って、勉強の仕方を教えてもらうといいでしょうね。勉強方法を教えてもらって、その科目を好きになって、得意科目としていくことで、他の教科も伸びていきます。

Q. 中学生でも、さらに英語の勉強を進めていこうとする場合、英語教材はどのようなものを選べばよいでしょうか?

わたしが英語を使えるようになる過程で思ったのは、

①とにかく自分にあった教材があったら、同じ教材を覚えてしまうくらい使い続けること。
②ネイティブチェックが入っている教材を選ぶという点です。

何個も教材を買っては満足してしまう人がいますが、そうではなく1つをやり切った方がヒアリングにしても、スピーキングにしても伸びます。ネイティブチェックに関してですが、これは絶対に必要です。文法的にあっているとか関係なく、実際に使われている英語を話さないと。通じるけど変な英語だな、と思われてしまいます。

本気で英語を勉強したくなったら ☞