中学生の「教科別」勉強方法

公立高校の高校受験対策 やっておくべき基本的事項(総論)

公立高校の高校受験対策 やっておくべき基本的事項

高校受験をする中学3年生は、私立高校を受験するにしろ、いずれにしろ公立高校の受験も視野に入れていることが多いと思います。
その意味では、誰もが挑むことになるのが公立高校の入試です。

では高校受験には、一体どのようにして挑んでいけばよいのでしょうか。

公立高校の入試対策としては、大きく3つに分類して考えることができます。

① 内申点
② 高校入学試験の点数
③ 英検など、①②以外の要素
以上、3つの観点から整理してみると、具体的な対策方法が明確になっていきます。

① 内申点

公立入試の場合には、内申点が重視されることからは逃げることができません。学期毎の通信表の点数を基本とした内申点を意識しないわけにはいかないでしょう。

内申点の評価には、日々の授業態度や小テスト・宿題の状況も考慮されますが、何よりも「学期毎の定期テスト」の点数が一番重要視されます。

中間テスト、期末テストといった定期試験を意識した勉強をすることが重要になるのです。定期テスト対策をするということは、必然的に日々の授業態度や小テスト・宿題の状況にもつながるものです。

定期テストは、「理解しているかどうか」を確認するために行われるものですから、授業でやったこと、テキストに書いてあることを、ひとつづつしっかりと確認していくことが重要になる訳です

② 高校入学試験の点数

入学試験の点数も勿論重要しされるので、非常に大事になります。しかし、一発勝負の要素が強い私立高校受験とは異なり、公立高校入試の場合には、内申点の要素が非常に大きいことが特徴として挙げられます。

そもそもその公立高校を受験できるのか?という点で『内申点』が脚切基準として使われてしまい、内申点が悪いと、そもそも志望する公立高校を受験することもできないのです。

なんとか、願書提出できて、希望する公立高校入試にまでたどり着いたとしても、やはり『内申点』重視の高校が多いことが現実です。高校入試当日の試験だけが幾ら良くても、入試の点数だけでは選定されることはありません。

とはいえ、やはり入学試験の点数も大事なので、キチンと準備しなくてはいけません。

高校入試の入試問題は、「選抜すること」を目的とした試験ですから、定期試験とは異なり、難しい問題も多く出題されます。その意味で、定期試験の勉強や、普段の勉強とは異なる対策が必要になるのです。

そのためには年間を通して計画を立てることと、苦手単元をつくらず、どの単元の難問も解けるようにしておくことが大切です。
いざ、公立高校の受験対策をしようと思った時に、一体何をしたらいいのかわからない?!ということが内容に、対策を練っておく必要があります。

公立高校を志望する中学生たちの中には、中学3年生まで、部活動に励んでいる方も多いことでしょう。部活動中は、授業とテキストの予習復習を行うことで、定期試験も乗り切ってきたとしても、成績も無難にこなしてきたとしても、高校受験対策は別途、しっかりと対策する必要があるのです。

③ 英検など、①②以外の要素

公立高校でも、学校によっては、スポーツや英検などが加点要素となる高校があります。英検の場合には、英検の勉強がそのまま、「高校入試の英語対策」となるので、狙っておいて損はないでしょう。

英検○級以上とか、もしかしたら厳しめの基準を設定されており、届かない場面もあるかもしれませんが、それでもやはり、英語科目の高校入試対策となるのですから、英検の勉強をしていて損はないのです。

公立高校によって、それぞれ選ぶ基準はさまざまです。中学2年生や3年生において、どこの公立高校を受験してみたいのかが決まったら、その公立高校の入試選定基準を確認するといいでしょう。早ければ早いほどいいのです。早ければ、具体的な準備や対策も明確になり、ります。

志望の公立高校が明確になり、選定の基準(合格基準)がはっきりしてきたら、具体的にどのような対策をしていったらよいのか?ということを考えていくのです。

・何を勉強すればいいのか?
・今の時期は、どのようなことに気を付ければいいのか?

そういうことを意識することが大事になります。何を、いつまでに、どの程度学習しておけばいいのか?について計画的に進めることが合格への最短ルートとなります

 

 中学生の勉強方法(一覧)