数学の勉強方法

体験談 | 数学の実力がつき高校受験に成功する勉強法!中学生の悩み解消!

中学数学の勉強法

私は中学生時代に勉強で最も大切なことを知ることができ、その後の成績を大きく向上させることができました。結果的に中学生ではテストで学年1位を取ることができ、高校は第一志望の進学校へ、大学もストレートで第一志望の国立大学へ合格することができました。

中学生の私が、特に苦戦した科目は数学

小学生の頃の算数は得意でテストの点も良かったのですが、中学生になってからは点数が伸び悩んでおりました。簡単な問題は解けるのですが少し応用問題になるとわからなくなり、計算ミスも多く高得点をとることができませんでした。

数学が伸び悩んでいた原因は、私の勉強のやり方にありました。小学生時代に算数ができたという自負があったせいか、「基礎」を蔑ろにしてしまっていたのです。授業で先生の話を聞いたり参考書を見たりしただけで、「数学を理解したつもり」になっていました。

しかし、いざ自分で数学の問題を解いてみようとすると、簡単だと思った問題でもミスをしていたり、応用問題になるとどこから解いていけばいいかわからず全く解けない、ということが良くありました。

しかも自分では理解したつもりになっていたので、自分の何が悪いのか全くわからないという状態になっていました。

 

恩師のアドバイス|数学勉強方法

私が成績を向上させるきっかけになったのは、とある恩師のアドバイスでした。

その方は私が幼い頃から通っていた習い事の先生で、私の事を良く知っている人でした。その方に私の成績の悩みを相談したところ、そこで初めて自分の数学勉強方法に問題があったことに気づいたのです。

それまでの中学生の私は基礎問題を1回解いたらわかったつもりになって、同じ問題は二度と解くことはしませんでした。その方から頂いた数学の勉強方法のアドバイスは「同じ基礎問題を頭使わなくても解けるくらい何度もやれ!!」というものでした。

数学問題を何度も解く

答えがわかっている数学問題を何回も解くなんて無意味だと思っていた私には衝撃的なアドバイスでした。アドバイスを頂いてから私は、1年生の数学の基礎問題から同じ問題を何度も何度も繰り返し解きました。

何度も解いて答えも知っているものばかりで面白みに欠ける部分はあったものの、繰り返すたびに計算ミスが減り、さらに明らかに計算スピードも早くなっていきました。そして初見の問題でも同様に早く正確に解けるようになりました。

数学の応用問題と、他の科目にも効果

そして基礎が早く正確に考える事ができるようになったことが応用問題にも効果を発揮しました。テストでは単純に応用問題に使える時間が増え、さらには基本的な理論がしっかり理解できている状態だったので応用問題も正しく答えに導く考え方ができるようになりました。

この基礎を大事にする数学の勉強法を他の科目にも応用し、私はどの科目も成績を上げることができました。最終的に高校受験では上位の成績で合格することができました。

数学の勉強はスポーツと同じです。「わかっている」「理解している」という簡単なことを何度も繰り返し練習し、身に付けることが大切です。そしてスポーツに監督がいるように、客観的な意見を取り入れることも非常に大切なことです。

家庭教師の先生

私が初めのようにずっと自己流で勉強し続けていても、自分の悪いところに気づき修正することはできなかったでしょう。私は家庭教師を依頼したことはありませんが、自分のことをもっと良く知ってくれて、自分の間違っているところをいつも指摘して軌道修正してくれる人がいれば、もっと効果は大きかったことでしょう。

今思うと、家庭教師の先生に勉強を見てもらっていれば、もう少し早く軌道修正してもらえたかな、と思います。学校や塾などの大人数相手とは違う家庭教師だからこそ、本当に個人の状態に合わせて成績を伸ばすことができるため、真剣に成績を伸ばしたいと考えて悩んでいる方は依頼したほうがいいと私は思います。