1.こどもが勉強しないとき

嫌いを好きにさせる実践的方法、中学生に学習習慣をつける | 勉強しない

今回も「中学生の子どもが勉強嫌いで困っています」という相談を受けました。
皆様のお子さんはどうでしょうか?勉強嫌いではありませんか?

勉強好きになる秘訣 | 中学生と高校受験生は必見!

勉強嫌い

中学生のお子さまはこんなことを言ってはいませんか?
• 勉強嫌い
• 面白くない
• つまらない

勉強が嫌い、つまらない、って毎日が辛いものでしょうね。。
勉強嫌いのこどもにはびっくりされるかもしれませんが、勉強好きのこどもってかなり居るのですよ。
学校によっても、勉強することがカッコいい!という文化が染みついている学校もあるのです。

勉強の好き、嫌いって、なんで生まれてしまうのでしょうね。
知っている人は知っている、知らない人は知らないのですが、

勉強は習慣で身に付く能力

実は、勉強の好き嫌いは、勉強習慣によって左右されてしまうのです。
勉強習慣を小学校高学年までに身に付けることが出来たかどうか、
ここで差がついてしまうのです。

そうなんです。勉強は習慣で身につく能力です。
勉強の好き嫌いは、実は、ご両親さまによる教育環境によって、大きく左右されてしまうものであったのです。

厳しいようですが、勉強習慣をつけてあげられなかった親の責任も大きい、ということなのです。

勉強習慣を付ける方法

でも、子どもが勉強が好きになるって、そんなに難しいことでしょうか?
勉強習慣さえ身に付けば、そんなに難しいことではありません。

でも、そもそも勉強習慣ってどうやってつけるのだろう?
勉強習慣をつけることって、むずかしいでしょう!

そのとおりですよね。
確かに、勉強してこなかったこどもに、学習する習慣づけすることは、簡単ではありません。
正直、大変です。。

でも、不可能ではないのです。
私はこう思うのです。
勉強の基本は数学です。
数学の中でも、基本の基本は「計算問題」です。

計算問題を勉強する、
その過程のなかで勉強習慣をつけることができます。
学習することが好きになることが出来るのですよ!

数学とは

そもそも数学は難しいものではありません。
数学は頭で考えてはいけません。考えてもわからない学問。それが数学です。

数学になぜ?は厳禁です。考えてもわからないのです。
思考するのではなく、「数学はこうだ」ということを、まず理解してください。

「こうだ!」ということをわかったうえで、
数学は条件反射で行う、頭のゲームをしているのです。

数学で勉強習慣をつけ、勉強好きになる

数学は(簡単な)計算問題からはじめましょう。
計算問題を身体で覚えていきましょう。

計算問題を反射的にできるようになりましょう。
計算問題はやればできる。やるだけできる。
この家庭の中で、
「できる」
「楽しい」
という達成感が生まれてきます。

達成感が生まれれば、それが習慣になります。
どんどんと勉強が楽しくなり、好きになり、できるようになります。

数学が出来れば
• 自信がつきます。
• 自分はできることに気が付けます。
• 自分が頭が良いことを発見できます。
すると
他の教科にも興味がわいてきます。
他の教科では、数学で学んだことがたくさん生かせます。
まさしく、好循環が生まれます。
きっかけをつかんでください。
あなたは勉強が好きなことに気が付けます。

学力を上げて高校選びの可能性を広げる
しろくま塾長
しろくま塾長
どこの高校を選ぶかでお子さんの人生の可能性は広がります。

そのためにもまずは学力を上げること!

≫学習習慣がない子でも偏差値を上げるチャンスをみてみる!