1.こどもが勉強しないとき

興味ある科目だけ意欲的に学習するこども | 勉強しない中学生

興味ある科目しか勉強しない場合

中学校1年生のお母さんからのこんな質問を受けました。

 

息子は「数学」と「国語」がまるっきり出来ません。全く勉強しない為です。
「歴史」だけは興味がるみたいで、勉強しています。だから社会の成績はまあまあなのです。

 

息子が小学校のときは「まあ仕方が無いか、、」とも思ってきたのですが、さすがに中学生にもなると、このままでよいのだろうか?と心配になっています。このままだと受験が大丈夫かな?と心配です。

 

数学と国語を勉強するようになるには、どのようにしたら良いでしょうか?わたしが強制的に勉強させようとすると、息子はのらりくらりとかわして遊びに出かけてしまいます。対応方法を教えてもらえますか?

 

なるほど、この息子さんの場合には、1教科だけは勉強をするのだけれど、他の教科はしないということですね。

1教科だけでも勉強するのだから、それほど深刻ではないような気がしたのですが。。

 

おおっと、それでは悩みが解決されません。ここは中学生の個別指導歴が長い、女性のベテラン先生に答えてもらうことにしました!

国語と数学が苦手は、考えることが苦手。

私の学習指導経験からすると、
・自由奔放な性格の中学生、
・身体を動かすことが好きな中学生、
・すぐに質問してくる中学生、
こういうタイプのこどもは、「自分で考えることが苦手」な傾向にあります。

 

このタイプのこどもは、国語、数学という科目について、
・考えることが面倒くさい、
・じっと集中することができない、
となり、勉強しなくなりがちです。

なぜなら、国語、数学は、じっくりと取り組まなくてはいけない科目だからです。

差がつく学力

お母さんがご心配される通り、国語、数学という勉強の基本科目について苦手意識を持っていると、学力が落ちます。興味が沸かない状態でいると、知らない間に他のこどもとの間に学力差がついてしまいます。
お子さんは
学校の授業も何をやっているのかさっぱり解らない、という状態に陥ってしまうのです。
知らない間に落ちこぼれになっているのですね。

 

このタイプの子どもは
・誰も勉強の管理をせずに、放っておくと基本科目の勉強をしません。
・反対に、親があまりに干渉しすぎると勉強をする気力をなくします。

 

つまり、このタイプのこどもに対する接し方は「難しい。」
こどもの様子をよ~く見ながら、適切に対処することが必要となります。

 

学校の勉強にも追いつかなくなってしまい、
当然のごとく成績がガタ落ち、ということはありそうです。

しかし、長い目で見ると!?

しかし、学校の勉強ができないからといって、「こどもの人格」まで否定することはありません。
多くの場合、この性格のこどもは勉強以外の面で大きな力を発揮することが多いように見受けられます。

 

すなわち、その行動的で、自由奔放な性格が故に、自分が興味をもつ方面で大きな力を発揮することが多いように思えるのです。

 

「学校の成績が悪かった」、
「大学には進学していない」、
けれど起業して成功したという情熱家がいます。情熱家の子供時代には、このような傾向があるものだ、とも言われているのです。

 

あまり勉強と追いたてずに、広い視野のもと、興味のあることをやらせてあげて見守ってあげるという親の姿勢も大事となるでしょう。

 

(親の気持ち)確かにそうかもしれませんが、、

そうですよね。。
そうかもしれないけれど、そうじゃないかもしれない。。
将来大物になるかもしれないから、今は見守れといっても、、わかります。

 

そうは言っても、勉強は大事なものですし、少しでもなんとか興味をもって勉強をして欲しい、
と思うご両親さまは実際に非常に多いです。

必要となる工夫の勉強方法

大物タイプの勉強をしないこどもを勉強させるには、
・この子は勉強以外で大成するタイプかもしれない、ということを理解した上で、
・数学や国語は基本苦手だということを受け入れたうえで、
「学習のポイント」や「基本知識」を、要領よく覚えさせる努力が必要となります。

 

勉強させる際に、
理屈や考え方を説明したうえで納得させようとすると、拒否反応を起こすでしょう。
(そもそも、数学は理屈で考えるものでありません。)

 

勉強の際には、子どもの直観的な能力を開花させる方向で、勉強方法を工夫していくといいでしょう。
勉強が出来ないので、家の子はだめだ!とういことではなく、
これが個性と受け止めたうえで、勉強については勉強方法を工夫していくことで、対応していくことが良いと思いますよ。

しろくま塾長の感想

なるほど、この息子さんの場合には、1教科だけは勉強をするのだから、まったく勉強しないこどもよりは良い状態かと思ったのですが。。

 

こどもの様子をよく見て対応していく必要がありますね。

 

あわせて読みたい
子どもの勉強のことで迷ったときに読むページ | 親の悩みこどもの勉強のやる気が、あがらない。 勉強のやり方が分からない。 成績が悪いので成績を上げたい。 部活との両立を図らせ...
学力を上げて高校選びの可能性を広げる
しろくま塾長
しろくま塾長
どこの高校を選ぶかでお子さんの人生の可能性は広がります。

そのためにもまずは学力を上げること!

≫学習習慣がない子でも偏差値を上げるチャンスをみてみる!