大学のキャンパス

さあ、青山学院大学のキャンパスへ!→青山・相模原⇒オープンキャンパスもチェック!

青山学院大学4年生
青山学院大学4年生
青山学院大学のキャンパス情報をまとめてみました。

受験生の皆さん、大学のキャンパス情報が解ると、受験勉強にも身が入ります。オープンキャンパスに参加したり、青山学院大学から資料請求もしてみましょう。

皆様のご参考になりますように。

青山学院大学/青山キャンパスの校舎情報

青山キャンパスへのアクセス

青山キャンパスの学部、研究所、大学院

青山キャンパスの「特徴」をご案内

青山学院大学の青山キャンパスは立地条件に優れています。青山キャンパスは東京都渋谷区にあります。「渋谷駅から」徒歩10分強程度、「表参道駅から」は徒歩5分程度の立地にあるのです。若者が憧れる都心エリアに位置する人気のキャンパスです。

青山キャンパスの周辺にはお洒落な飲食店、娯楽施設、コンビニがいくつもあるので、遊ぶ場所には何不自由なく過ごせるという部分が特徴的です。

青山学院大学の学生は勉強が本分だとしても、遊びたい気持ちなどもあるはずなので、授業終わりに渋谷の街に繰り出せば、あっという間に時間が過ぎること間違いなしでしょう。

渋谷駅はいくつもの路線が乗り入れており、首都圏から非常に多くの学生が通える環境です。青山キャンパスには、都内のみならず、埼玉県、神奈川県、千葉県から通う人も多いです。都心エリア以外に一人暮らしをする学生もいますが、いずれにしろ通学にも支障はないでしょう。都内の交通網による恩恵を相当受けているのが青山キャンパスです。

青山キャンパスの「雰囲気」をご案内

青山学院大学の学生の雰囲気はとにかくオシャレです。学生の服装は綺麗目カジュアルからゆるいものまで、個性にあふれております。外見が整っている学生が男女とも多いので、カッコいいイメージですね。

青山キャンパスの女子の中には読者モデルをバイトでやっている人が多くて、長身の美人さんが多いです。多くの女子学生は個性豊かなファッションです。髪型や髪色も様々です。外見が美しい人もチラホラいるので、素敵な女子と仲良くなりたい高校生には、受験する上でモチベーションとなると思います。

それに、青山学院大学の先生は東京大学や一橋大学等の超一流国公立大学を出られている優秀な方が多いです。青山学院大学の学生は個性に溢れています。サークルなどで他学部の人と情報交換をすると人脈が広がります。

図書館は蔵書数が多く、勉強するには最適な環境です。3年前に新号棟が完成し、そこにカフェテリアや購買部があり、学生生活で必要なものはすべて整います。青山キャンパスの構内施設はとても快適に整備されていまして、カフェテリアのご飯は美味しいです。図書館はインターネットに繋がりますし、とても静かで勉強する環境が整っております。

青山キャンパスは、歴史や伝統が色濃く雰囲気に出ていると言えます。校舎は、全体的には建物は古いものが多いのですが、古臭いという印象ではなくて、アンティークのようなオシャレな雰囲気を演出しています。

青山キャンパスには、割と新しい建物もあるのですが、キャンパス全体から言えば、昔に建てられた校舎が多いので、現代的とか、洗練されたといったイメージではないものの、荘厳な雰囲気は感じられます。

青山キャンパスの奥の方には「間島記念館」という、青山学院大学の青山キャンパスの写真によく写っている施設があります。これは青学の象徴とも言える建物です。

青山学院大学は、キリスト教の学校なので、クリスチャンの雰囲気を感じさせるデザインのキャンパスです。他の大学とは異なった特徴があることをより実感できると言えます。チャペルもとても大きく広いです。チャペルにはパイプオルガンが完備されており、毎日礼拝の時間が午前中に30分間あります。礼拝でお祈りをしてから授業に向かいます。

青山キャンパスのチャペルで結婚式を挙げる青学OBも多いとか。ちなみに俳優の高橋克典さんはこのチャペルで結婚式を挙げたそうです。

青山キャンパスには大学校舎の近くに高等部もあります。キャンパスの重厚な門を潜り抜けると銀杏並木がずっと続いており、間島記念館という古い建物までつながります。そこから、初等部・高等部・女子短大などが広がっているのです。だから、キャンパスには多年代の人たちが歩いています。

2年生
2年生
青山学院大学青山キャンパスは1800年代後半にヨーロッパ人女性によって開学されており、施設は洋風です。施設全体はとても広々としていて、ザ大都会の私立大学という感じです。文系学生が1~4年まで過ごすので、授業があるシーズンはとても人が多くなっております。

青山キャンパスのオススメ、口コミ情報

青山学院大学の青山キャンパスには、至るところにベンチがあります。テーブルも一緒に置かれているベンチもありますが、ベンチは結構多く設置されている印象です。

キャンパス内のベンチに座って談笑している学生も多いですが、お昼時になるとベンチで食事をとっている人も数多くいます。食事をするときには食堂を利用する人も多いですが、非常に混むので学生によってはあえて食堂を利用しないというケースもあるのです。

キャンパスの周辺には飲食店が多いので、キャンパスを出て食事をする人もいますし、コンビニなどで買ってそれをキャンパス内に持ち込んでベンチに座って食べているという人もいます。

日によってはお弁当を売るケータリングも来ています。だから、青山学院大学の青山キャンパスでは食事の仕方は割と人によって違いが出やすいのです。選択肢は複数あります。

食堂にも数多くの学生がいますが、キャンパスの中のベンチに座って、都心なのに緑を満喫しながら青空のもとで気持ちよさげに食事する人も多いことは、青山キャンパスの学生の特徴と言えます。

実は青山キャンパス向かいにある国連大学はもともと青山学院大学の所有地だったとか。戦前は青山学院大学の土地でしたが、敗戦後に国連大学が建ったそうです。

国連大学には世界各国の主要な人物が出入りしており、黒塗りの高級車がいつも止まっています。世界の要人を目にする機会がとても多く、国際化を肌で感じられます。

先日もアフリカ人の要人が出入りしていて、国連大学で開催したイベント時に英語で交流した経験があります。

青山キャンパスが本当に目の前にあるので、ナイジェリアの省庁のお偉いさんに青山学院大学の宣伝をしたところ、とても興味深いと言ってくださったときはとても嬉しかったです。国連大学の関係者と話しましたが、とても質の高い人ばかりで素晴らしい経験ができたと思います。

青山キャンパスの耳寄り、口コミ情報

青山キャンパスの特徴として、「学食」が非常に美味しいことが挙げられます。青山学院大学の食堂の評判は知っている人が多いのではないでしょうか。

でも青学の学食の具体的メニューまで知っている人は少ないと思うのです。青山学院大学の青山キャンパスには「食堂が2つ」あります。食堂ごとに提供メニューも違っていますけど、7号館の地下にある食堂ではビーフシチューセットというメニューがあります。

ビーフシチューセットは昔から存在する伝統的メニューです。ビーフシチューに少量のパスタ、フライドポテト、ライス、みそ汁がセットになっている定食のような感じで、480円となっています。

渋谷、表参道エリアで食事をするということを考えたら、非常に安いと言えるはずです。でも、青山キャンパスの学食では200円台、300円台で食べられるメニューもあるので、それらと比べたらやや高い方です。高い方ですけど、この値段を払っても高いとは感じないくらいに美味しいです。

学食のメニューとしてはビーフシチューが目玉商品ですけど、とにかく肉が厚くて大きいです。食べ応えが抜群です。6時間ほど煮込んでいるそうで、味も染み込んでいて非常に満足のいく味となっています。青山学院大学に通っている学生ならば1度は食べてほしいです。食べたらやみつきになること間違いなしでしょう。

ちなみに、青山学院大学はアディダスとビームスと提携しております。部活動で使用するユニフォームやタオル、シューズなどはアディダスやビームスが作っており、デザインがとてもオシャレな感じに仕上がっております。スクールカラーはブリティッシュグリーンなのですが、それをうまく際立たせるデザインです。

青山学院では陸上部の知名度があり、陸上部のタオルが売れているそうです。ビームスがプロデュースしており、スクールカラーとスクールロゴがとてもキュートに仕上がっており、女子学生の人気を集めています。各スポーツ部の応援にいくと、このパーカーとタオルを持参しているOBや在学生がたくさんおり、一体感を醸し出しています。

青山キャンパス→学生の一人暮らしと、周辺の宿泊施設

青山学院大学の青山キャンパスに通う場合の一人暮らしのおすすめの場所は、都内は家賃が高いので「溝の口」です。実際に溝の口に住んでいる学生は多いですが、渋谷駅まで東急田園都市線の急行利用で3駅ほどなので、時間はそれほどかかりません。

「溝の口」は神奈川県川崎市なので、渋谷の周辺と比べたら家賃は大分安いです。溝の口の駅の周辺はマルイやノクティなどの商業施設も充実しており、渋谷ほどではないですが、結構栄えている街なので不自由はしないと思います。

私の同級生は、池尻大橋や三軒茶屋、用賀に住んでおりました。大学最寄りの表参道へ一本で行けますし、渋谷も定期券内で行けますのでとても都合がいいでしょうね。田園都市線沿線で急行が停まらない駅に住めば家賃を抑えられると思います。

青山キャンパスまでのアクセスがしやすく、家賃が高くないことがお部屋探しのポイントになります。

青山キャンパスを見学する際や、入学試験の際にホテルに関しては、歩いてキャンパスに向かえる範囲に宿泊した方が良いと思います。青山キャンパスの場合には周辺にホテルは数多くあります。渋谷区内でかなりの数のホテルがあるので、予算と相談しながら渋谷区内のエリアで探せば問題ないでしょう。

青山学院大学/相模原キャンパスの校舎情報

相模原キャンパスへのアクセス

相模原キャンパスの学部、研究所、大学院

相模原キャンパスの「特徴」をご案内

青山学院大学の相模原キャンパスの特徴です。相模原キャンパスは見た目が相当綺麗です。2003年にできたキャンパスなので、比較的時間は経過していません。綺麗なキャンパスと評価できます。

「相模原キャンパス」周辺は住宅街であり、これといった特徴はないのですが、その住宅街の中にポツンと存在感を発揮する形で青山学院大学の建物が建てられています。そこだけ非常に特別な雰囲気が漂っています。

相模原キャンパスの中ですが、全体的にオシャレな雰囲気がひしひしと伝わってきます。特に知っておいてほしいのは「相模原キャンパス」の真ん中にあるチャペルです。チャペルの周辺は緑色の綺麗な芝生が広がっていて、まるでチャペルを取り囲むように配置されているのです。

青山学院はミッション系の大学ですから、チャペルの存在は大学のシンボルにもなっています。チャペルの中にはキリスト教に関する授業で訪れることもあり、青山学院大学の相模原キャンパスに就学する学生においては、身近に感じられる存在なのです。

相模原キャンパスの「雰囲気」をご案内

青山学院大学の相模原キャンパスは、広々した雰囲気が特徴的です。青山学院大学というと渋谷にある「青山キャンパス」がメインとなります。

両キャンパスを比較すると青山キャンパスが狭いわけではないものの、相模原キャンパスの方が相対的に広さを感じられます。就学している学生数は相模原キャンパスの方が少ないので、そういった部分によっても広大な雰囲気を実感できるのです。

「相模原キャンパス」に通っている学生も、入試や入学式の際は「青山キャンパス」を訪れていると思いますが、青山キャンパスを事前に体感すると、「相模原キャンパス」の恵まれた空間をより実感しやすいことでしょう。

相模原キャンパスの雰囲気を形造っているは、建物の色です。全体的にヤマブキ色が使われています。大学の建物としてはちょっと珍しい色だと思いますが、これが非常に綺麗なのです。

芝生の緑とも相性がよくて、全体的に素敵なキャンパスに感じられると思います。青山学院大学という大学のイメージも少なからず影響しているかもしれませんけど、相模原キャンパスは相当オシャレに感じられると思います。

相模原キャンパスのオススメ情報

「相模原キャンパス」と言えば図書館がすごい充実しています。図書館は綺麗だけでなく、規模も大きいです。実際に利用すると分かりやすいですが、勉強をする環境としても非常に整っています。

座席数が多いので、定期試験前に利用する学生が多いですけど、それでも座席が埋まる心配はありません。図書館にある本の数も多くて、探すのが大変に感じるほどです。学生にはこれ以上ない学習環境です。

図書館の窓は大きなガラス張りで、外の様子がよく分かるようになっており、デザイナーズマンションみたいな雰囲気です。

相模原キャンパスの耳寄り情報

青山学院大学の相模原キャンパスの「食堂」もオシャレな雰囲気が漂っているのです。相模原キャンパスの場合、「食堂」だけで独立した大きい建物となっています。

食堂は正門から入ってすぐの場所にあります。2階まで座席がありますし、2階にはコンビニのような飲食物が売っているスペースもあります。

以前は文系の学生も1,2年の間は相模原キャンパスに通っていたので学生の数がとても多く、昼時は食堂が広いと言えども無茶苦茶混んでおりました。食堂で座席に座れない人が続出し、地べたに座って食べている人もいました。

ただ、現在は文系学生は相模原キャンパスには通わないので、昼時でもゆったりと利用ができるのではないか?と思います。

相模原キャンパスの食堂のおすすめメニューは日替わり丼で、その日によって具材が変わる丼物があるのですが、今日は何を食べようかな?と迷ったときには日替わり丼を選べば飽きがこない食事ができると思います。

相模原キャンパス→学生の一人暮らしと、周辺の宿泊施設

青山学院大学の相模原キャンパスに通う学生にとって、おすすめの一人暮らしのエリアは1つ目は「淵野辺駅」です。相模原キャンパスの最寄り駅なのですが、「淵野辺駅」周辺には家賃が安くて一人暮らし用の物件が多くあります。徒歩数分で相模原キャンパスに着くことができますし、非常におすすめです。

もう1つは「町田駅」で、町田駅は最寄り駅である淵野辺駅から2駅のところにある大きな駅です。町田駅は街全体が非常に栄えており、商業施設、飲食店などは相当充実しています。大学へのアクセスも容易です。

「町田駅」周辺は淵野辺駅と比べると家賃がやや高いですが、町田駅も学生に人気のあるエリアになっています。

相模原キャンパスの近くには、ホテルが「淵野辺駅」に2つありますし、隣の「古淵駅」にも1つありますから、このあたりのエリアで探せば十分見つかると言えます。

青山学院大学に資料請求を!オープンキャンパスにも参加を!

気になる大学があれば出かけてみるべきです。
大学の雰囲気や学生の様子がわかります。何よりモチベーションが上がるのです。

でも、すべてのキャンパスに出向くことは出来ません。

だから、詳細情報が掲載されている大学発行の資料を、必ず取り寄せてみましょう。新たな発見が必ずあるからです。

 青山学院大学の資料を取り寄せる≫

オープンキャンパスに参加しよう!

大学の資料は必ず取り寄せてみよう! 資料を見ながら勉強すると力が湧いてきます

どの大学・学部にするか悩んでいませんか?

学校案内や願書は無料で取り寄せる事ができます。早めに手元に置いて大学がどんな学生を求めているのか知ることは大事です。

特に小論文のある大学や書類の提出が多く要求される大学では、早めに大学の建学精神などをチェックしておきましょう。

\キャンペーン中は図書カードあり/気になる大学の資料を請求する!

 

やる気がなくなった時も手元に学校案内があればモチベーションの維持にもなりますよ!