東京音楽大学 学部学科の偏差値・難易度・学費、入試科目、評判、就職先

めざせ!【東京音楽大学】器楽専攻(ピアノ)⇒ 偏差値・難易度・学費、入試科目、評判を確認する!

卒業生の由美子です。
卒業生の由美子です。
東京音楽大学の器楽専攻(ピアノコース)の卒業生です。学校の生の情報をまとめてみました。
大学選びの参考にしていただけると嬉しいです。

東京音楽大学/器楽専攻とは?

東京音楽大学の器楽専攻には、「個人レッスン」だけでなく、「室内楽」などアンサンブルを学ぶ授業が充実しています。特に「伴奏」の授業は実践的です。

「ピアノ専攻」の上にピアノ演奏家コースがありまして、オーディション成績がよければ「ピアノ演奏家コース」に上がることができます。

偏差値・難易度・競争率・合格最低点は?

偏差値駿台予備校⇒合格目標ライン『-』
河合塾⇒ボーダーランク『-』
難易度
競争率
合格最低点

学費・授業料・奨学金

入学金300,000円
年間授業料1,487,000円
その他費用

525,000円

入学手続時・必要納入金額

-(1年間:2,332,000円)

奨学金

東京音楽大学では「東京音楽大学奨学金」のほか、多数の奨学金制度が用意されています。

※学費の正確な詳細については、必ず東京音楽大学の資料で確認してください。

机に大学資料を置きながら勉強すると、やる気が上がります
いざ「受験しよう」と決意したときも願書提出に焦りません!

\期間中1000円分のプレゼントが貰える!/

東京音楽大学の詳しい情報は?→…

大学2年生
大学2年生
大学入学にはお金の話が切り離せません。学費・奨学金などのお金の話しを家族とするときに、大学の紙資料が役立ちました。

入試科目・選考方法

一般入試「A日程」「B日程」、その他東京音楽大学の入試制度については、必ず東京音楽大学の資料で確認してください。

東京音楽大学/器楽専攻の就職先は?

東京音楽大学は、伴奏にも力を入れている学校なので、就職するよりフリーで伴奏者として活躍している方が多いです。

東京音大のネームバリューも広がっており、Uターン就職として音楽教室で採用されやすいでしょう。

東京音楽大学器楽専攻を徹底評価!

学べることは?

東京音楽大学の器楽専攻は、実技が中心的ですが、主科の勉強だけではなく民族音楽や近現代以降の現代音楽などの独自授業が開講されています。

特にピアノは、様々な音楽に対応できることが大切なので、偏らずに幅広い種類の音楽が勉強できることは魅力的です。

取得できる関連資格

東京音楽大学に入学後の生活は?

東京音楽大学は池袋というアクセスのいい立地にあるため、関東近郊に自宅がある場合、実家から通う生徒が多いです。通学で練習時間は少し削られますが、なるべく生活環境を変えない方が良いでしょう。

東京音楽大学には集中して勉強できる環境があります。一人暮らしをする場合、池袋周辺の沿線沿いには楽器可の物件も多いです。池袋周辺には学生がたくさん住んでいるので物価も安定しています。

学校がきめ細やかに面倒を見てくれる大学ではないので、自分のペースを自己管理で身に付けることが大切です。

実技試験は年に1回なので、積極的にコンクールを受ける学生が多いです。学校内の演奏会も充実しているので、オーディションに力を入れる学生もいます。

個人的な技術を伸ばすというより、将来的に演奏家になるための実践的な大学ですので、練習時間はかなり必要だと考えてください。

併願先の大学・学部は?

東京音楽大学の器楽専攻の受験生の場合、「東京芸術大学」「桐朋学園大学」のどちらかと併願受験する人が多いです。

実技試験の際、外に音が漏れてくるのですが、曲を聴けばどの大学と併願受験しているのかすぐわかります。ですが、試験官の先生たちは東京音大の受験生として演奏を聴いています。前の受験生が自分の併願先と同じだとしてもライバルと考えずに、自分の演奏に集中することが大事です。

東京音楽大学のピアノコースの方は、ピアノ演奏家コース、音楽教育専攻と併願受験する方が多いです。併願受験者が多いと倍率も上がります。実技に関してはシビアに見られますので、きちんと弾き込むことが大切です。

ソルフェージュも少し癖があります。過去の問題をたくさんやることをお勧めします。

東京音楽大学器楽専攻の評判・口コミは?

卒業生
卒業生
東京音楽大学の器楽専攻にいるレベルの高い学生たちに囲まれる生活は刺激になります。特にピアノ演奏家コースの学生は別格なので、ピアノ演奏家コースに上がりたい、という気持ちを持つと自分のモチベーションアップにつながります。
卒業生
卒業生
東京音楽大学「器楽専攻」の受験難易度は「4点/5点満点」です。→ 音大自体の受験者数は年々減っており、倍率は下がっていますが、レベル自体は下がっていません。

在校生満足度「4/5点」です。→専門的なことを学ぶには学校のカリキュラム、学生のレベル、やる気共に自分の能力をあげるには最適な環境です。

自分にあった大学と学部選びをするために!

納得のいく進路選択をするためにも「自分は何のためにその大学に行くのか?」しっかり考える必要があります。

まず必要となるのは「大学の情報」です。

大学配布の資料や願書には、重要な情報が満載ですから、 気になる大学の資料を取り寄せることからはじめてみましょう。 

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /

大学の資料・願書・ガイドブックを取り寄せる⇒…

大学資料と願書が手元にあるとやる気が出ます。直前期になってからの収集では焦ることも
オープンキャンパス、大学説明会、留学に関する情報や、在学生の声、特待生入試、入試・受験に関する最新情報が満載です!

その他の評判・口コミ

↓↓口コミにご協力お願いします!↓↓

まず☆印5段階で総合評価した上で、「入学難易度」「学生生活」「就職力」それぞれについて5段階評価した後、受験生に向けて、この学部の良さを語ってください!

どの大学・学部にするか悩んでいませんか?

学校案内や願書は無料で取り寄せる事ができます。早めに手元に置いて大学がどんな学生を求めているのか知ることは大事です。

特に小論文のある大学や書類の提出が多く要求される大学では、早めに大学の建学精神などをチェックしておきましょう。

\キャンペーン中は図書カードあり/気になる大学の資料を請求する!

 

やる気がなくなった時も手元に学校案内があればモチベーションの維持にもなりますよ!