MENU
料金相場

リアルに小学生の家庭教師「個人契約」の料金相場を調べてみました!⇒家庭教師会社の月謝と比較

子供の塾と家庭教師探しで苦労した経験を活かすために、先生探しのアドバイスを専門に行っています。

お子さんために勉強を見てくれる家庭教師をつけたいと思ったときに悩んでしまうのが

「適正料金はいくらなの?」

という疑問です。

家庭教師センターを利用するにしても、個人契約で依頼するにしても「家庭教師の料金相場」には明確な基準がないので悩んでしまうことが多いですよね。

そこで今回は、家庭教師の料金相場のことについて、実際に利用しているご家庭と先生にアンケートを実施するとともに、各家庭教師センターの料金を調査し比較しながら、

適正な料金相場について検証していきたいと思います。

個人契約:小学生の家庭教師「授業料の料金相場」

小学生の家庭教師「授業料の料金相場」⇒1時間あたり

依頼目的個人契約の料金相場
小学生・学習習慣付1,800円〜2,300円
中学受験(中堅校)2,000円〜3,000円
中学受験(難関校)3,500円〜7,000円
不登校2,000円〜4,000円
発達障害2,000円〜4,000円
※オンライン指導の場合上記それぞれからマイナス500円〜1000円のイメージ

個人契約の家庭教師(小学生)の料金相場を調べてみると、料金に幅があることが解りました。

もっとも、家庭教師の依頼目的を個別に分けてみると、料金相場に特徴があることが見えてきます。

一番高額なのは難関中学の受験対策を依頼する場合であり、一番低額なのは勉強嫌いの子供の補習や学習習慣付けのための依頼です。

小学生の料金相場に幅がある理由

個人契約の場合には、指導してくれる先生の言い値で料金が決まってしまうことがほとんです。

しかし、基本的には、以下の順番で料金が高くなる傾向にあります。学習指導経験が長い人ほど高額な金額設定になりやすいです。

  1. プロ家庭教師(現・元/塾・予備校講師)
  2. 難関大学の学生・卒業生
  3. 中堅大学の学生・卒業生、副業社会人

また、中学受験の場合には、志望校により価格が変化することがあります。その志望校出身の先生には人気が高まる傾向にあり指導料金も上昇する傾向にあります。

それに、近年ではZOOMやスカイプなどを利用したオンライン授業対応をしてくれる家庭教師の先生もおります。

オンライン家庭教師の場合には、料金相場は若干安くなることもあるようです(先生側とすれば移動時間が節約できるメリットがあります)。

利用者と先生に対するアンケートは、毎月30件〜100件実施しており、家庭教師会社各社に関する調査は年に1回実施しています。これら調査を踏まえて数値は随時変更していきます。

なお、特に個人契約で依頼する場合には、時給や月謝は先生との交渉により決定します。お願いする側からは「もっとお安くしてください」ということは言いづらいと思いますので、実際には先生による言い値で決まってしまうことでしょう。

その際には、その言い値相場が正しいものか、上記の料金相場を参考にしながら判断してみると良いでしょう。

個人契約:小学生の家庭教師「授業料以外の費用」

家庭教師に関する料金は、上記の授業料だけではありません。

小学生の家庭教師を個人契約で依頼する場合には、授業料とは別途、

  • 交通費(実費)
  • 教材費
  • 食事またはおやつ

が必要になります。

交通費はなるべく抑えたいところですが、実費となるので先生の住んでいる場所により金額が異なります。

教材費については、先生が指定する「市販テキスト」を利用することになるでしょうから、それほど高額にはならない傾向にあります。しかし、中学受験をする場合など、学習内容が高度になるほどにそれなりの料金が必要になります。また先生によっては、生徒分と先生分の2冊購入が必要となるケースもあります。

食事やおやつについては、特に小学生の学習指導においては先生に提供することになるケースが多いようです。家庭教師センター経由ですと、会社から食事おやつは禁止と言うように事前に言ってもらえることが多いのですが、個人契約の場合には気を遣って出すことが多いようです。

比較:個人契約と家庭教師会社の料金相場(授業料)

料金相場(授業料)を比較

個人契約の料金相場家庭教師センターの料金相場
小学生・学習習慣付1,800円〜2,300円2,000円〜4,000円
中学受験(中堅校)2,000円〜3,000円2,500円〜4,000円
中学受験(難関校)3,500円〜7,000円5,000円以上
不登校2,000円〜4,000円2,000円〜5,000円
発達障害2,000円〜4,000円2,000円〜5,000円

小学生専門の家庭教師の料金相場(授業料・月謝)は、家庭教師センターの方が若干高めになる傾向があります。

家庭教師会社の方が金額が高くなる理由としては、会社が先生の紹介料として「中間マージン」を追加していることが挙げられます。

家庭教師センター経由で先生を利用する場合には、ご家庭から会社に支払った指導料金はそのまま先生に支払われません。先生には中間マージンが差し引かれた費用が渡されます。

家庭教師の先生の立場に立ってみると、個人契約で締結した方が、中間マージンが差し引かれないので、できれば個人契約したいと言う気持ちが強いことがわかります。個人契約で締結した方が、先生の学習指導に対するモチベーションも上がります。

比較:個人契約と家庭教師会社の「授業料以外の費用」

授業料以外の費用を比較

個人契約で必要な費用家庭教師センターで必要な費用
授業料
交通費○(上限があるケースも)
教材費○(高額になるケースも)
食事orおやつ×
入会金・保証金×
管理費×
更新料×
解約金×

小学生専門の家庭教師を依頼する場合、授業料以外の費用に関して、個人契約と家庭教師会社とでは大きな違いが生まれてきます。

個人契約で締結すれば、入会金・保証金、管理費、更新料、解約金と言った金額が必要ありません。それに、悪徳業者から高額な教材費を買わせらえるリスクを抑えることができます。

ここまで見てくると、小学生の子供に家庭教師をつける場合、個人契約で先生を選んだ方が料金的にお得であることがわかってきました。個人契約の方が料金相場がお安いですね。

では、個人契約を締結することに何か注意点はないのでしょうか。個人契約するときのメリット・デメリットについても考えておきたいと思います。

小学生の家庭教師⇒個人契約のメリット・デメリット

小学生専門の家庭教師に依頼する場合、料金相場以外の点では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

個人契約することのメリット

  1. 「授業料」の相場料金が安めに設定
  2. 「授業料」以外の費用が少ない
  3. 家庭教師の先生を自分で選べる

個人契約することのデメリット

  1. トラブルや交渉が必要なときに直接交渉しなくてはいけない
  2. 家庭教師の先生探しが大変
  3. 相性が合う先生かどうかが不明
  4. 先生を変更したいときに交代・変更が難しい
  5. 受験情報が提供されない

小学生専門の学習指導をしてくれる先生を探すときには、

確かに料金相場からみると、個人契約で締結した方が金額が安くなる傾向があるのでメリットがありますが、

子供と相性の合う、成績を上げることができる先生を探すことが難しいと言うデメリットがあることがわかります。

個人契約にした方が良いのか、家庭教師会社を利用した方が良いのか。メリットとデメリットを踏まえてよく検討しておく必要がありますね。

小学生:個人契約の家庭教師の探し方

さて、ここでは小学生専門の家庭教師の先生について、個人契約で選ぶ場合の「先生の探し方」についてお話ししておきます。

昔は先生探しをする場合には、銀行やスーパー、公的機関の掲示板に張り紙をしたものですが、最近では以下のような方法で個人契約の先生を探すことが一般的です。

(1)知り合いの先生を紹介してもらう
(2)最寄りの大学の掲示板の貼り紙を見る
(3)個人契約のマッチングサイトを利用する

(1)知り合いの先生を紹介してもらう

一番多い方法は、知り合いを頼って先生を探す方法でしょう。身近に、

「家庭教師に依頼して志望校に合格した」
「勉強習慣がついて、成績が上がった」
「同じ学校出身の先生がいる」

と言うことがあれば、その先生に依頼した方が「責任感」を持って学習指導をしてもらえる可能性が高まります。

知り合いかの紹介であれば、先生が熱心に教えてくれると思います。

一方、

その先生が子供と相性が合わなかったり、得意分野が異なったり、トラブルが生じた場合には、先生と交渉したり交代することが難しくなると言うデメリットもあります。

(2)最寄りの大学の掲示板の貼り紙を見る

また、マイナーな方法かもしれませんが、最寄りに大学がある場合には、大学に掲示されている掲示板をチェックしてみるといいかもしれません。

大学によっては、家庭教師の募集に関するチラシが掲載されていることがあります。

(3)個人契約のマッチングサイトを利用する

一番良いのは、個人契約の「家庭教師のマッチングサイト」を利用する方法でしょう。

最近では、家庭教師の先生と、直接に個別契約することが可能な検索ツールが複数あります。

マッチングサイトを利用すれば、先生の「出身大学・高校・中学」や、「得意科目」を選ぶことができますし、

長期的な継続契約を締結する以外にも、

「科目毎の単発契約」や、「試験直前期の短期契約」をすることもできます。

知り合いからの紹介だから、子供と相性が合わなくても先生をチェンジできない、と言うデメリットがないところが良いところです。

個人契約のマッチングサイトはとても便利です。しかし、1点だけ、家庭教師との直接契約となるので、先生とトラブルが発生したときには、家庭教師会社の担当者が間を取り持ってくれないと言うリスクがあるので注意が必要です。

小学生:個人契約の家庭教師の選び方

さて、小学生専門の家庭教師の探し方の次に、

良い家庭教師の「選び方」について、先生選びのポイントをお話ししたいと思います。

(1)子供と相性が合うか
(2)学習指導の経験はどれ程か
(3)コスパが合うか

(1)子供と相性が合うか

小学生専門の家庭教師を選ぶ際には、子供と相性が合うかどうか?と言うことが一番重要です。

小学生の子供は、先生の影響力が大きく、先生次第でモチベーションが上下しますし、学習効果についても大きな影響があります。

小学生の先生を選ぶときには、子供と性格が合いそうか?(子供が先生を信頼して勉強しそうか?)ということにまず注意を払うことが重要です。

(2)学習指導の経験はどれ程か

次に、その先生の学習指導経験の有無を確認しましょう。

大学生の先生に依頼するにしろ、社会人・プロの先生に依頼するにしろ、その分野における先生の指導実績を確認するようにしましょう。

指導実績が長い先生であれば、ノウハウが蓄積されているので目には見えないかもしれませんが何らかのメリットを享受できるはずです。

特に大学生の場合、指導実績が浅い先生だと、責任感が希薄な場合があります。学習指導経験を確認することで、そのような悪い先生を排除する効果もあります。

(3)コスパが合うか

小学生専門の家庭教師の先生を依頼する場合、コストパフォーマンスが見合うか?と言う点についても注意しましょう。

個別契約の場合には、どうしても先生の言い値で料金が決まってしまいます。

高学歴な先生であるほどに、高い料金を提示してくる傾向があります。

しかし、小学生の学習指導に重要なことは、子供をやる気にさせる学習指導法に長けている先生です。

小学生の学習指導には

「一緒に勉強してあげて」
「具体的にやり方を教えてあげて」
「やる気がなくてもその気にさせる」

そのようなノウハウや技術が必要であり、そのようなことができる先生に依頼する必要があります。

頭が良い先生であるほどに、そのようなテクニックを持ち合わせていない先生が多いので注意が必要です。

とりわけ高学歴の先生であるほど、プライドが高い傾向にあります。小学生独自の指導経験やノウハウを持ち合わせていないにも関わらず、高額な料金を提示してくることが多いので注意が必要です。

小学生で個人契約の先生に依頼する場合には、

その先生が提示する料金と、指導経験や専門分野と照らし合わせて、適正な料金と言えるか?十分吟味する必要があります。

個人契約の場合には、派遣会社が間に入らないので、先生の適性や能力・人柄について審査スクリーニングができていません。

家庭教師会社のように「無料体験授業」で子供との相性を確かめることもできません。先生選びは難しい面が多く、良い先生を選べるかどうかは運次第です。

個人契約をする場合には、知り合いからの紹介という縛りがなく、単発契約が可能である個人契約のマッチングシステムを利用するべきでしょう。リスクヘッジすることが可能になります。

料金の安いオススメ家庭教師(個人契約・会社)比較

家庭教師のあすなろ(料金は低額)

得意分野勉強苦手、不登校、発達障害
補習サポート、定期テスト、受験対策
受験対策中学・高校・大学受験(中堅レベル迄)
先生主に中堅大学生、社会人
料金レベル安め
対応エリア関東、北海道、東北、新潟
九州、沖縄、中国、四国
オンライン指導あり

家庭教師のあすなろ・詳細≫

学研の家庭教師(料金は高め)

得意分野勉強苦手、授業対策、不登校、国私立小学校、中高一貫、高卒認定、受験対策
受験対策中学・高校・大学受験
先生大学生中心(登録学生の中から選別)
プロ家庭教師も
料金レベル若干高め
対応エリアほぼ全国
オンライン指導あり

学研の家庭教師・詳細≫

家庭教師の家庭ネット(標準料金)

得意分野勉強苦手、補習、受験対策
受験対策中学・高校・大学受験(中堅レベル迄)
先生大学生メイン
料金レベル標準
対応エリア全国
オンライン指導あり

ネット家庭教師の家庭ネット・詳細≫

家庭教師のガンバ(低額料金)

得意分野勉強苦手、不登校
受験対策中学・高校・大学受験(中堅レベル迄)
先生主に、中堅の大学生が中心
料金レベル安め
対応エリア東京 神奈川 埼玉 千葉 栃木 茨城 群馬 福島 長野 山梨 新潟
オンライン指導あり

家庭教師のガンバ・詳細≫

家庭教師のノーバス(料金は若干高め)

得意分野受験対策、中高一貫、各種試験対策、高卒認定試験対策、志望校別対策、進学塾別対策、難関校受験対策、定期テスト対策、内部進学対策、推薦入試、発達障害
受験対策中学・高校・大学受験、AO入試対策、医歯薬学系、東大・早慶大
先生大学生(東大、慶應、早稲田などの難関大学出身)
プロ家庭教師、女性教師
料金レベル若干高め
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、愛知県、三重県、岐阜県
オンライン指導対応(家庭教師のNetty

家庭教師のノーバス・詳細≫

オンライン家庭教師Wam(標準料金)

得意分野受験、成績UP、科目強化、資格・検定、他塾フォロー、不登校
受験対策公立私立の中学・高校受験、大学受験
医学部受験
先生難関大学生・プロ
料金レベル標準〜
対応エリア全国
オンライン指導○(双方向授業)

 

中学受験なら個別指導塾SS-1

\無料体験授業あり!/

中学受験SS-1の公式HP≫

SS-1の授業を受けて、9割を超えるお子さんが、3ヶ月以内に成績を上げています。
中学受験専門の塾です。大手進学塾ではなかなか実現できない、手厚いサポート体制があります。

成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集を始める!
無料の資料請求
成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集開始!
無料の資料請求