偏差値を上げる方法 | 中学生の高校受験

偏差値を20上げる(40から60に)勉強方法!→中学生の高校受験

しろくま塾長
しろくま塾長
しろくま塾長が学習指導した受験生の偏差値は10から20はupしています。
高校受験は思い立ったときが勝負!直前期の追い込みが一番大事です! 

偏差値を20上げたい中学生に読んでほしい。「えっ偏差値20って…、そんなの無理だよ」と思ってませんか?

そうですね。無理だと思います。

無理だと思う人には無理だと思います。

でもね、「成績は必ず上がります」

出来ると思える人は必ず偏差値が上がります。必ずできます!

偏差値を20上げる3つのコツをご紹介します。

偏差値別の記事はこちら(一覧

偏差値を40⇒60にUP!

「偏差値って本当に20も上がるの?」

多くの方が驚きますが偏差値20なら必ず上がります。偏差値20アップはそれほど難しいことでもありません。

何も偏差値を「60から80」にあげようと言っているのではありません。偏差値を「40から60」にあげようと言っているだけなのですから。

確かに偏差値20と聞くと何だかすごい事に思えるかもしれません。

でも実は、

偏差値40も偏差値60も学力的にはあまり大差はないのです。

偏差値40と偏差値60は紙一重の違いだということを頭に入れてください。

  • できると思うか、できないと思うか。
  • やると決意するか、やれないと放っておくか。

それでは実際に偏差値を40から60に上げる話をしていきましょう。

偏差値60に必要な学力って?

まず敵を知りましょう。多くの中学生にとって偏差値60は高い学力との印象があると思います。

偏差値60と聞くと「おお、すごい」と感じる中学生が多いですね。確かに偏差値60は良い成績です。

他方、偏差値60と聞いて「別にどうってことないな」と感じる中学生も多いのです。多くの中学生にしたら、何だか嫌な感じですよね(笑)。

このように偏差値60という数字は中学生によっても評価が別れる学力なのです。なぜでしょう?

それは偏差値60というのが基礎的なレベルの学力のボーダーラインだからです。

すなわち

「偏差値60」= 基礎的な学力があることを証明している。

基礎的な学力とはいえ、全国の中学生の平均値よりも高い学力ですから、高いレベルにも見えます。しかし

「教科書レベルの基本的事項」を押さえれば「偏差値60」は楽に取れます。

勉強習慣を身につけさせすれば、難なく到達できるのが「偏差値60」の正体です。何も学習塾に通う必要もありません。

ただコツコツと授業の復習をすることは大事なことです。
確かに、教科書やワークだけでは難しいところがありますが(←学校の教科書や指定教材は解りにくい教材ですからね)、

解りやすい教材を選んで、一日1時間でも2時間でも勉強を続ければ、偏差値60レベルの基礎学力を手に入れることは難しいことではありません。

「部活」や「習い事」で忙しくて勉強できないというのは理由にはなりません。スキマ時間でも良いのです。平日に勉強できなければ、土日に勉強したっていいのですから。

勉強の習慣付けができる納得できる勉強ツールを使えば簡単です。

繰り返します。
「偏差値60」を取ることは難しくないのです。

偏差値40に足りない学力

成績が上がらずに悩んでいる中学生の多くは偏差値60が以下です。なかには偏差値が40近くまで落ち込んでいる中学生も多いですね。

偏差値40ともなると定期テストも平均点を上回ることが出来ません。
成績評定も「2」とか「3」ばかりだったりします。

そんな偏差値40の中学生に足りないものは一体なんなのでしょう?

足りないものは基本的な学力です。

多くの場合偏差値40の中学生の多くは勉強習慣が身に付いていないことが原因で成績が落ち込んでいます。

また偏差値40近くに落ち込んでしまう中学生たちはほとんどが今までは勉強をしてこなかったと思います。

成績を上げて偏差値を上げる方法は簡単です。

家庭学習を習慣化させること

偏差値40の中学生は単に勉強してこなかっただけですから、
学習習慣が身につけば自然と成績は上がっていきます。

偏差値40の中学生が上がる具体的イメージはこちら。

  • 勉強を毎日続けるだけで「偏差値50」
  • 勉強方法にも気を配れば「偏差値60」

こんなイメージで偏差値は自然に上がっていくのです。

お子さんが偏差値40だからと言って落ち込む必要は全くありません。

偏差値40と偏差値60の差は「勉強をやったか、やらないか」。
ただそれだけなのですから。

しろくま塾長
しろくま塾長
さあ、勉強を始めましょう!
受験直前期からでも大丈夫です。

偏差値を20上げる勉強のコツをみていきましょう! 

 

すららの公式HPはこちらです≫

偏差値40から60に、20UPさせる「3つのコツ」

偏差値40の中学生が偏差値を20上げるコツはたった3つだけです。

  1.  毎日勉強すること。
  2.  学習範囲は基本に絞ること。
  3.  基本を繰り返すこと。

まずは「毎日勉強する」ことが大事です。

そんなこと当たり前のことですよね。

でも「毎日勉強する」ことは至難の技です。
なぜなら、大抵の中学生たちは勉強習慣が身についてないですから。

でも親の工夫次第では、子供達は自分から勉強を始めるものなのです。

あるお母さんもこんなことを言っています。

中3の母
中3の母
子供に勉強習慣をつけさせるのが大変でした。

うちの子供は勉強嫌いでした。
「勉強」という言葉自体に拒否反応を示していました。
私もいつも「勉強しなさい」と言ってしまうので、ガミガミ言われてやらされている感覚もあったみたいです。

ガミガミ言わず子供が勉強を自発的に始めるのを待ってみたい気持ちはあったのですが、どうしても私自身がソワソワしてしまって勉強させなきゃって焦っていました。

ママ友のお母さん達にも話してみると同じような悩みをもっている人が多かったです。

でもどうしたら子供が自分から勉強するのか?
勉強習慣を身に付けさせることが出来るのか?

という悩みは解決しませんでした。

中2の冬、そろそろ受験も意識する頃です。相変わらずうちの子は勉強もせずにゴロゴロとしてばかり。

私ばかりがイライラする毎日を送っていたのですが、ある日ママ友から子供が勉強するよい勉強ツールを教えてもらいました。

そのママ友が、中学生の息子さんにその勉強ツールを使わせてみたところ、驚くことに家で自分から勉強するようになったというのです。

学習塾には通っていたそうです。でも成績は上がらないし、子供も「塾がつまらない」「疲れる」と言うしで、塾は休みがちの状態だったとか。

使い始めた勉強ツールは、家でも集中して勉強できるということでした。塾に通っているとき以上に、定期テストの成績が上がったし、高校入試も成功して志望校に合格できたというのです。

私にとっては、助け舟でした。

その勉強ツールを試すしかない!と思い、早速お試しプランに申し込んでみました。
学習塾に比べたら月額料金も驚くほど安かったのですが、念のため無料体験プランから始めました。

するとどうでしょう。うちの子も自分から自分から勉強するようになったのです!「勉強って面白いんだね!」と、うちの子が言い始めたの聞いて本当に嬉しかったです。

勉強のやる気は勉強方法によって変わってくることを実感しました。


子どものやる気を引き出す勉強方法だと、自然と学習習慣も
身につきます。

この勉強ツールは、家の中でリラックスした状態でマイペースで勉強できることもいいところです。

塾だと夜遅くまで授業を受けて帰宅時間も遅いです。この動画授業だと、学校から帰ってきて、家で一休みしてから受講できるのです。体も疲れないから集中して授業を聞くことができます。

勉強習慣がつくと、不思議なもので、定期テストの点数も右肩上がりです。
このまま高校入試対策の勉強もして(動画授業で
入試対策もしてくれます)受験を突破できそうです!

うちの子が使っている動画授業はこちらです≫

 

毎日勉強する環境づくりをすること!
環境づくりだけで偏差値は確実に上がり始めるので、親の働きは重要です。

どのくらいの期間で偏差値が上がるかは子ども次第ですが、

集中して勉強すれば、たとえ受験直前期にだって偏差値は一気に上がります
勉強を始めることに遅いということはありません。

大事なことは「勉強する」と決めたその瞬間から勉強を始めることなのです。

思い立ったその瞬間から勉強をスタートすることです。1日の勉強時間は短くても良いのです。

毎日勉強を継続していくと、

「分かる」⇨「出来る」⇨「面白い」⇨ 成績が上がる!

という好循環ができます。

偏差値20を上げる勉強は難しいことは一切必要ありません。

応用問題を解く必要はありません。
基本問題を繰り返すことが大切です。

計算問題であれば誰でも解けるような簡単な問題を解いてください。自分が間違ったことがない問題でも繰り返し解いてみてください。

大事なことは早く解くこと。ひたすら早く解くことを心がけるのです。計算問題はあっていて当たり前でどれだけ早く解けるか!?と言う点に意識を置くことが重要になります。

英語であれば、誰もが知っている教科書レベルの基本的な英単語と、例文をひたすら繰り返しましょう。暗記するまで繰り返すことがポイントです。

ここで暗記しようとして暗記してはダメです。英文や英単語を何度も繰り返すうちに気がついたら暗記していた!くらい繰り返します。

社会でも理科でも同じです。たくさんの問題を解く必要はありません。難しい問題を解く必要もないです。
基本問題を厳選して、考えながらゆっくりじっくりと解いてください。何度も頭の中に思考を繰り返させるのです。そして気がついていたら覚えていた。そんな流れが大事なのです。

考えるとき、繰り返すとき、早く計算するときに必要となるものが、分かりやすい教材です。

できれば解説がわかりやすい先生の授業を繰り返して聞くことができる環境が理想です。何度も繰り返して中学生の勉強、定期テスト対策、高校受験対策を得意とする先生のお話を聞くことができる環境作りをしましょう。

すでに学習塾に通っている中学生は学習塾で勉強すれば良いと思います。
でも、学習塾に通っていない中学生や、学習塾の先生の話がよく分からないという場合はどうでしょうか。

思い出して欲しいことは、必ずしも学習塾に通う必要はないということ。

学習塾に通わなくても、塾と同じ環境でしかも優秀な先生の授業を家の中で聞くことができる方法があります。

ここでオススメするのは家の中で学習できる動画授業です。
すらら」の動画授業の内容は分かりやすくレベルも中学1年生から聞くことができます。基本に戻って自分のペースで厳選した内容を繰り返し聞くことができます。
今から偏差値20を上げたい中学生にはオススメです。

すららの公式HPはこちらから≫

しろくま塾長
しろくま塾長
お母さんからこんな質問を受けました。
お母さん
お母さん
うちの子は、自分で勉強していると解らないことばかりだと言っています。

参考書や問題集を自分でやってはみるけれどよく分からないと言うのです。

やはり家庭教師の先生とかをつける必要があるのでしょうか? 

偏差値40とか50の中学生が勉強のやり始めたばかりの時期だと、学習の基本事項ですら最初は分からない事だらけだと思います。

中学生の立場からすると先生に質問したいことも沢山あるはずです。
親としては家庭教師の先生をつけたくなってしまうことでしょう。

でも勉強をし始めたばかりの段階では「分からないことがあっても気にしない」ことが大事です。

最初は分からないことが多くても、何度も繰り返していくうちに自然と疑問点は解消していきます。

繰り返しは本当に大事です。

繰り返していくうちに、分からないところが自然となくなっていきます。
その過程で「繰り返し学習できる」学習態度や環境を身につけることができます。

ここで中学生が分からないながらも自然と興味をもって勉強を続けることができる学習教材選びが大事になってきます。

この学習教材選びは親の役目の一つです。

親にとっては家庭教師をつければ楽かもしれません。しかし家庭教師には当たり外れがある上に費用が高額です。その子に合うかどうかも分かりません。高いお金だけ払って子供が勉強しないと言うこともあるのです。

偏差値40の中学生が成績をグッと上げるときには、家庭教師の先生に頼むことを考えるよりも、子供が興味を示す学習教材を選ぶことに力を注ぎましょう。

学習教材であれば家庭教師よりは安価です。その分受験校を増やす事もできますね。

しろくま塾長のオススメの学習教材
実際に偏差値を20UPさせた先輩受験生が使っていた教材です。

偏差値が上がる学習教材の詳細はこちらから≫

中学生が自発的に学習する教材選び

偏差値40の中学生は学習する習慣がなかったから、偏差値40なのです。
毎日自発的に勉強することを期待しても無理があります。

お子さんは、

  • 何を勉強したら良いのか?
  • 何が基本学習なのか?

と言ったこともわからないはずです。

だから、

勉強ツールは親が指定して上げる必要があります。

まずは評判が良い学習ツールを試してみると良いでしょう。実績があって評判がある学習ツールを試してみることです。

たいてい無料体験受講ができるので、まずは体験受講を子供にさせてみることが大事だと思います。

ご承知のことだと思いますが、

子供はまず「自分から勉強したい!」なんて言いませんから、親が学習環境を整えてあげることが大事になります。

学習塾でも、家庭で出来る動画教材でもなんでも良いのですが、親が色々と勉強方法を試すことが出来る環境づくりをしてあげることが、とっても大切です。

お子さんをサポートしてあげることは、お子さんが偏差値を上げるためには重要なのです。

しろくま塾長
しろくま塾長
体験やお試しは積極的にしてみましょう。

私はすららの動画授業の無料体験をオススメします。

実際に実績をあげていることも大事な選ぶポイントですね。

「すらら」の詳細はこちらから確認できます≫

勉強する科目の順番は?

勉強習慣がある程度付いてきたら勉強する科目の順番にも気をつけましょう。

あれこれと手を出しすぎるよりは、ある程度科目を絞って勉強した方が効率が良いです。

偏差値をググッと上げるためにはまずは主要3科目を固めることが大事です。

公立高校受験を念頭に置いているときには「理科・社会・その他の科目」にも焦って手を広げてしまいそうになります。しかし

まずは基本となる3教科の学習を徹底することをオススメします。

勉強する科目を絞ることで勉強脳の軸ができます。その結果今後の学習計画も立てやすくなります。

軸をしっかり固めながら少しづつ範囲を広げていくイメージです。

受験直前期からでも偏差値は上がるの?

高校受験生たちからよく聞こえてくる声として

「もう時間がない」
「今から勉強しても、間に合わない」
「もっと早くから勉強しておけばよかった」

というのがあります。

もう受験直前期だ⇒時間がない⇒成績が伸びる訳がない

という発想なのです。

焦ってしまい不安にもなってしまう。
その気持ちは、よ〜く解ります。
もう駄目だって悲観してしまいがちですね。

けれど確かに言えることは

受験直前期だって偏差値は上がる

ということです。

受験直前期はもう受験勉強をやるしかない状況です。
受験生には集中力と底力がわいて来やすいのです。

ちょっとした弾みで一気に偏差値が上がりやすい状況にあるのです。

「ピンチはチャンスなり」です。

しかし多くの中学生は直前期になると、

「やばい、もうダメだ」
「苦しい、無理だ」

と勉強することを諦めてしまいがちです。

偏差値を上げるチャンスは今しかないのに諦めてしまうなんて論外です。
今は成績の上げどきです。

成績が上がる絶好のチャンスを活かすために受験直前期に意識して欲しいことがあります。

完璧にする必要はない。

しろくま塾長
しろくま塾長
皆さんは知っていますか?
良い成績をとる中学生は試験に出る範囲を見極めて学習範囲を絞っているのです。

偏差値75の中学生も言っています。「完全マスターは無理だから勉強する範囲は絞ってる」。

だから、

偏差値40から60に上げたい場合でも全部の範囲を勉強する必要はないことに気づいてください。

しろくま塾長
しろくま塾長
受験直前期だからと言ってあせる必要はありません。

  • 狙うは偏差値60です。
  • 直前期でも必ず偏差値は上がります。

偏差値を上げる勉強法は?

偏差値を上げるときに大事なことは3つだけ。

  1. 毎日勉強すること
  2. 基本学習だけに絞ること
  3. なんども繰り返すこと

そして、内容が充実して解りやすい教材を使うことです。

何の教材を使うのか?

教材選びは偏差値を上げる勉強法に直結します。子供にあった教材選びに成功するかしないかで合否は決まるのです。

しろくま塾長
しろくま塾長
偏差値40から60に上げた先輩受験生は、どのような教材で学習したのでしょうか。
実際に話を聞いてみましょう。

短期間で偏差値を18上げた、先輩受験生のお話。

先輩受験生
先輩受験生
中3の11月の偏差値は43。でも偏差値61の高校に合格できました。

学習教材選びが偏差値を上げるポイントだと思います。

私は劣等生でした。

公立の中学に入学したのですが、学校が面白くなくて先生のことを小馬鹿にしていました。授業中も先生の話を聞く努力もしていませんでした。

そのうちに当然のことですが学校の授業で先生が話している内容も分からなくてなってしまいました。

分からないと、より一層先生の話も聞かなくなって・・・

学校に行ってもツマラナイし、勉強も分からないしで、学校に行かなかった時期もあります。

2週間ほど学校を休んでいた時期もあったのですが、学校の先生が家に来てくれたり、友達が授業のノートを届けたりしてくれました。

「ああ、こんなんじゃダメだな」と反省していたことを覚えています。

学校にはまた通うようにはなりましたが、授業の話が分からないのは相変わらずで座っているだけで苦痛でした。

学習塾に行くのも嫌だったし、親が取ってくれた教材が送られてくるだけの通信システムも面白くなくて続かなかったです。

そんななか中3の7月頃に親が「すらら」という動画の教材を勧めてくれました。

それまでは中学校の成績が本当に悪くて「1」と「2」のオンパレード。公立高校は親も希望していたのですが、進学するには内申点が悪すぎるとあきらめていました。

たまたま同じ時期に中学3年生からすららを使って勉強を頑張ったら成績が上がったという先輩の話を聞くこともできました。

その先輩も成績が「1」とか「2」ばかりで、良い公立高校には入れないとほとんどあきらめていたそうです。けれども中3の2学期から定期テストの点数も急上昇して私立高校にも合格できたということでした。

そこで最初は半信半疑ながら、自宅ですららで勉強を続けてみることにしました。すららの動画教材は中学1年生の授業から観ることができるので、頑張って中1の勉強からやり直して、復習テストもやって間違った問題は繰り返して解きました。

中1の勉強からやり直すことは基本を重視するということです。基本を徹底的に、何度も練習問題を解きました。

動画の授業を見て問題も解いていくことは不思議と嫌ではありませんでした。あきも来なかったです。どんどん勉強ができるようになっていくのが分かるからだと思います。

11月に模試も受けてみました。成績は上がっていると思ったのですがなんと「偏差値が43」。勉強を頑張ったので自信あったのですが…

落ち込みましたが、私の母が「すらら」を使って志望校に合格した先輩のお母さんに相談したところ、心配ないと言ってもらえました。続けていれば必ず結果は出るからって。

とにかく勉強を続けました。
模試の成績が悪くても勉強を続けられたのは「すらら」の授業が面白くて全く苦にならなかったからだと思います。

中3の2月の高校入試前日まで勉強を続けました。

その結果なんと「偏差値が61」の私立高校に合格できたのです!

本当に嬉しかったです。
すららにはすごく感謝しているので今この合格体験談を書いています。

「すらら」に出会えなかったらどうなっていたのだろう…

すらら」を勧めてくれたお母さんや先輩、励ましてくれた先輩のお母さんにも感謝しています。

中学生のお子さんに

絶対に成績をあげてもらい
たいとき
お手頃な料金で勉強してもらいたいときは

一度試してください

偏差値が上がる「すらら」の詳細はこちらで確認してください≫

すららの公式HPはこちらです≫