偏差値を上げる方法 | 中学生の高校受験

【偏差値70に上げる!】志望校に合格する方法?中学生の高校受験 

しろくま塾長
しろくま塾長
教え子には模試の偏差値が70にならなくても偏差値70以上の高校に合格したケースが多かったのです。合格者が成績を上げるために気を付けていた勉強方法の話をします。

今回は現在の偏差値が60台の中学生が偏差値を70に上げる方法をお話します。

偏差値を70に上げると書きましたが、正確には「偏差値70の高校」に合格する方法です。

受験直前まで(学習塾の模試などの)偏差値は70に上がらないかもしれません。

でも大事なことは「志望高校に合格すること」です。

模試の偏差値が70に上がらなくても
偏差値70の高校に合格するための具体的な勉強方法の話をしていきましょう。

偏差値別の記事はこちら(一覧

偏差値65の学力レベル

まず偏差値60台の学力レベルを確認してみましょう。

例えば偏差値65だと

  • 学校にもよるが中学校の成績では30番以内
  • 公立中学校だと成績は「5」が多い(「4」もある)。
  • 公立高校の上位校の合格レベル

というイメージかと思います。

私立高校を受験する場合には中堅校から上位校を受験することが多いでしょう。

それなりに勉強を頑張ってきていて優秀といる中学生です。

偏差値70の学力レベル

偏差値70の学力はどれくらいのレベルでしょうか?

偏差値70だと

  • 学校にもよるが中学校の成績は5位以内。
  • 受験勉強している中学生の中でもトップクラス。

というイメージかと思います。

偏差値も70を超えるようになると難易度としては今までのレベルと別次元の世界に入ってきます。

公立中学校の授業だけでは到達できない学習レベルです。
中学生の独学では偏差値70を超えることは難しいでしょう。

現在の偏差値が「60〜69」の中学生の場合すでに家庭内でも親などのサポートがあって、学習塾にも通っていると思いますが、

偏差値70の高校に合格するためには

学習塾における勉強に加えてさらにプラスαの学習が必要になります。

偏差値65から偏差値70へ 違いは?

偏差値65の受験生の現状

偏差値65の受験生は基本的な学力はマスターできています。

テキストに書いてある基本事項については、

  • 自分の頭で理解している。
  • 人にも説明できる。
  • 自分でまとめノートを作ることもできる。
  • 問題も解くことができる。

このように基本的事項はマスターしているのが偏差値65の受験生の特徴です。

偏差値70の受験生のイメージ

一方、偏差値70の受験生は、基本的な学力に加えて更に応用力を持ち始めています。

応用力とは:

マスターしている基本事項を使って自分の頭と手で考えることができる能力

です。

例えば試験問題には

「何を聞いているのか」すぐには分からない問題

があります。

一見すると何を聞いているのか不明確ですが、問題文を読んで出題者が聞いていることを読み解くことができる学力があれば解くことができます。

この学力は国語の読解力とも関連します。科目が国語でなくても、そもそも何を聞かれているのか分からなければなりません。

読解力を身につけるトレーニングも必要になります。

マスターしているはずの基本的事項を更に使いこなせるレベルに練り上げていくという、地道な基本学習の継続も必要になります。

また試験問題には

「聞いている内容は分かるけれど、基本事項を当てはめても解くことができない」

そんな問題も出ます。

基本的事項をマスターしていてそれをそのまま当てはめてみても、1回では正解にたどり着くことができない問題です。

そのような応用問題では解法を複数組み合わせてみたり、仮説を立てて見たり、自分なりのトライアンドエラーを繰り返しながら正解にたどり着くという作業をしなければなりません。

この作業は特に数学問題を解くときに必要になります。

このように偏差値65から偏差値70の違いは、基本的な学力に加えて更に応用力を持ち始めているか?という点が異なります。

応用力の有無が偏差値65と70の違いなのです。

もっとも偏差値70の中学生でも応用力を完全にはマスターしきれていません。

完全にはマスターはしていないけれど応用力を身につけ始めている。
これが偏差値70の受験生のレベルイメージなのです。

偏差値70に上げるために必要なこと❶

偏差値を70に引き上げるためにはまず基本学力を底上げしてください。

偏差値が60程度の中学生であればすでに基本的な学習内容はマスターしているはずです。

さらに基礎力に磨きをかけるのです。

「何を今更…」
「そんな当たり前のことを…」

と思う方も多いかもしれませんが、

基本を何度も繰り返して勉強していく中で必ず新たな発見が出てきます。
新たな発見を深化させて理解の輪を広げていくことが大事なのです。

また繰り返して学習する中で新たな疑問点が必ず出てきます。
反復学習の中で発見した疑問点は、偏差値をあげるための宝物です。

疑問点を解消させるために「先生の解説を聞いたり」「解説本を読んだり」と行動することになるでしょう。放置せずに徹底して疑問を解決し、理解力を深めてください。

繰り返しますが、

基本学習は反復継続することがポイントです。
「野球の素振り」と同じように何度も繰り返すことが非常に大事なのです。

「分かっている」「出来ている」と思っているときこそ危ないです。
そんな時ほどもう一度学習しましょう。

ただ基本学習は意外と労力や負荷がかかります。
参考書や問題集を自分で解くことはもちろん大事です。

書籍や通信教材で自己学習していてめげそうになるという人は動画授業」を受講することもオススメです。

動画授業だと疲れているときには「ただ聞き流す」ことも可能です。

何度も基本事項を聞いて頭で考えて理解を繰り返していくことが大事です。
そういう意味でも質の高い動画教材であれば「良いペースメーカー」にもなります。

授業内容に信頼がおける成績アップの定評がある動画教材を使いましょう。

そして動画教材を聞くときには、動画の中の先生の話を聴きながら「自分の理解にどこかあいまいな部分はないかな?」と分からないことことを探しにいくつもりで学習してください。

偏差値70に上げるために必要なこと❷

偏差値を70に引き上げるためには応用力を磨く学習も重要になります。

多くの皆さんは学習塾や通信教材も使っていて応用力の勉強をしているつもりになっているかもしれません。

ここで勘違いしてほしくないのは、

応用力の勉強とは自分の手と頭を使って考え抜くことです。

すでに学習塾に通っているのなら積極的に自分の手と頭を使って考え抜く学習を心がけてください。

通信教材で自宅で学習するときにも、マスターしている基礎力をベースに手と頭を使って考え抜きましょう。

その訓練として

「志望高校」と「併願する公立高校」の過去問題集を使うことをお勧めします。

過去問題集の重要性は、別のページでも繰り返し述べているので、ここでは詳しくお話しませんが、過去問は何度も解いてください。

  • 何回も間違う過去問がある場合
  • 基礎力だけでは解けない問題がある場合

には、応用力が不足していると考えてください。

まずは自分の頭と手を使って「どうやったら解けるのか?」ということを考え抜いてください。

解説のページを読み込んだり、教材を探したり、試行錯誤しながら応用力を磨いていくのです。

過去問を解くときには解説部分が大事です。
過去問解説を丁寧にしてくれる教材を使いましょう。

学校別の過去問集を準備することは合格に必須です。

また過去問対策は問題集だけではありません。
志望高校の過去問対策を実践してくれる過去問対策授業を受講するのも良いでしょう。

学習塾でも過去問対策講座を実施していると思います。

志望高校の合格実績が高い学習塾の講座であれば良いのですが、なかなか特定の志望高校の合格実績が分かりにくいことが現実です。

特に公立高校の受験対策については過去問が大事です。

学習塾に行くお金の余裕や時間の余裕がない場合には、合格実績の点で評判が高い先生が解説講義をしている動画授業なども利用してみましょう。

まとめ
  • 応用力は過去問を解くことで鍛えること。
  • 過去問の解説と過去問対策講座の受講も大事。

応用力を身につけて志望校の偏差値70に上げていきましょう。

偏差値70に役立つ学習教材はこちらから≫

偏差値を70に上げる具体的方法(合格者の体験談)

では具体的には偏差値を70に上げるためにどのように学習をしたら良いのでしょうか。

今回は、

偏差値63から偏差値71に成績をあげることに成功した先輩受験生のお話をご紹介します。

先輩受験生
先輩受験生
神奈川在住の柴田です。
現在高校1年生です。直前期に偏差値を71にまで上げる事ができました!

中学校の成績は良かった方です。

公立高校ならこの地区で一番良い学校に合格できる自信はあったのですが、
どうしても入学したい私立高校がありました。

その私立高校の偏差値は71でした。

中学2年生の夏から学習塾にも通ってきてそれなりに勉強を頑張ってきたのですが、中学3年生の9月で偏差値が63でした。

偏差値があと少し足りない・・・

学習塾の先生にも「頑張ろうね」と励まされたのを覚えています。
けれど私なりに勉強をしてはいたので、このままではいけないと思い勉強方法を変える事にしました。

具体的には、勉強量を増やすというより勉強の質を高めることにしました。
また受験まで半年も切っているので、あれもこれも手を出せません。

そこで

  1. 基本を復習すること
  2. 過去問を解くこと

この2つに絞ることにしました。

基本を復習するときには、問題を解いてアウトプットすると同時に基本事項に立ち返って「自分で自分に説明してみる」という勉強を繰り返しました。
声に出して自分に説明してみると、説明が上手くできないところは理解があいまいだったり足りないという事が分かりました。

自分で自分にうまく説明できなかったところや、問題を解くときに間違った箇所についてはノートにまとめ直す勉強をしていました。
直前期に見直しができるようにするためです。

まとめノートを作るときには、

  • 後で見直したときに一目で分かるようにした。
  • よく間違う問題用に間違いノートを作って、解き方と、間違いポイントをまとめておいた。

といった工夫をしました。
このまとめノートは入試直前、本当に役に立ちました。

過去問志望校の過去問集を、ひたすら解いていました。
ただ解いているだけだとメリハリもないので、「単元別」や「年度別」など視点を変えて何度も解きました。こうすることで出題傾向を体に覚えさせる事ができたと思います。

ただし過去問題集の解説は分かりづらいこともあります。そこで私は複数の過去問集を使っていました。

複数の過去問本の解説を読んでも分からないことについては、自分でも頑張って調べたりしていたのですが、どうしても解らないことは学校と塾の先生によく質問していました。

たまたま志望高校出身の先生がいたので、その先生に過去問の解き方を質問したりもしていました。

過去問の解き方もまとめノートに書いていきました。

そして

「基本の復習」と「過去問」の勉強だけだと単調になることもあるので、息抜きも兼ねて動画授業も見ていました。
動画授業はコンパクトに重要ポイントをまとめられている物を選びました。

やる気が出る面白い授業だったので聞いていてモチベーションの維持にもつながりました。

動画授業で先生の話を聴いていると、解っているはずだったことが実はあいまいな理解だったと気付いたり、もっと奥深い内容だったんだと気付いたり、目からウロコでした。

間違った理解をしていることにも気がつくことができて良かったと思います。

動画授業で学んだこともまとめノートにまとめていきました。

結局、私の場合にはまとめノートが合格の秘訣だったと思います。
理解も深まったし、何より直前期にさっと見直すことができたのが良かったです。偏差値71の志望校に合格させてくれたアイテムだと思います。

直前期ですが、

動画教材は「高校受験」直前期にも役立ちました。今まで間違えた範囲をざっと見直すのに便利でしたし、全体像を一気に集中的に把握するのにも役立ちました。

動画の中の先生のアドバイスも的確で、聞けば聞くほど重要ポイントが見えてきました。

先生の熱気を感じ取れたし、受験直前期も繰り返し聞くことで精神的にも落ち着けました。「いつでも勉強できる」「動画教材もやりきった」。これが直前期におそってくる不安に打ち克つことにもつながったと思います。

だから高校入試当日も自信を持って受験することができました。

中3の9月で偏差値63をとった以来、学習塾の模試を受けていなかったので、入試の直前に自分の偏差値がどれくらいまで上がっていたのかは分かりませんでした。

(学校の先生も動画の中の先生も「直前期の偏差値は関係ないから模試は受けなくて良い」と言っていました)。

大事なことは過去問を解くことだと思い、自分で時間を測って解いていました。

中3の9月に偏差値63→偏差値71の私立高校に合格

志望高校に入学できたので本当に嬉しかったです。

基本を繰り返したこと、過去問を解いたこと、まとめノートを作ったこと、そして動画教材を繰り返し見たことは、今振り返っても「合格に直結したなあ」と感じています。

今高校1年生ですが、やはり憧れの志望校だったので毎日が楽しいです!

ちなみに動画教材は今でも使っています。高校でも定期試験対策に役立つし、大学受験にも使えるなと思っています。

偏差値アップの合格者がオススメの動画教材

偏差値を71にアップさせた先輩受験生が使っていた動画教材は「スタディサプリ」です。

スタディサプリには例えば

  • 定期テスト対策講座
  • 高校受験対策講座

など目的別の講座が多く用意されています。

高校受験対策では公立高校の受験対策が47都道府県別になされていてそれぞれの都道府県い合わせた授業が展開されています。

各高校別に緻密に出題傾向が分析されているし、目的別の受験対策講座も整っています。

科目別・範囲別に、出題形式解き方のコツ、正解への考え方を詳しく解説してくれています。
直前期にある範囲を集中して勉強することもできます。

偏差値70に役立つ学習教材

志望高校への合格実績が高いので、多くのご家庭で使われています。

偏差値70に役立つ学習教材はこちらから≫

 

公立高校の過去問対策はこちらから≫