偏差値を上げる方法 | 中学生の高校受験

【高校受験に強い味方】中学生が偏差値を上げる方法→入試直前期も!

しろくま塾長
しろくま塾長
偏差値を上げる方法をまとめてみました。高校受験に立ち向かう中学生を応援します!

高校入試直前でも偏差値を上げることができる効果的な方法です。

合格した先輩受験生と先生から実際に話を聞いた信頼できる情報をご紹介します。

偏差値を上げたい「あなた」。読んでください。

あなたが偏差値を上げたい理由はなんですか?

誰もが「偏差値は高い方がいいなあ」と考えます。

それはそうですよね。
低いよりは高い方がいいのです。

でも

なんとなく「偏差値は高い方がいいなあ」くらいでは偏差値が上がることはおそらくないでしょう。

偏差値を上げたいという積極的な理由が必要です。

「入学したい高校がある」ということであれば、偏差値を上げたい積極的な理由があると言えるでしょう。

「○○に負けたくない」という、こんなライバル心も積極的な理由といえます。

他にも、

  • 「中学受験で失敗した、リベンジをしたい」
  • 「受験勉強はもう最後にしたい(大学受験をもうしたくない)」

と言う理由も偏差値を上げる積極的な理由になりますね。

また、

切羽つまった理由があると偏差値は上がるものです。

  • 「高校入試まで時間がない!」
  • 「入学したい高校に合格するには今ひとつ学力が足りない!」
  • 「いい加減に勉強しないと入れる高校がない」
  • 「公立高校に入れないと親に迷惑をかけてしまう」
  • 「今のままだとあの高校の生徒になってしまう。嫌だ!」

そんな差し迫った理由があると偏差値は上がるものです。

どうでしょう?

  • 中学生の皆さん、偏差値を上げたい理由はありますか?
  • ご家庭の皆さん、お子さんに偏差値を上げさせたい理由がありますか?

高校入試まで残りの受験期間はどれ程ですか?

中学3年生の受験生に偏差値を心底上げたい理由があったとします。

では、

受験勉強に当てることができる時間はあとどれくらいあるでしょうか。

今、この記事を読んでいる時期が

  • 中学3年の4月であれば→もう1年弱です。
  • 中学3年の秋であれば→あと4ヶ月ほど。
  • 中学3年の正月であれば→あと1ヶ月ほど。

残されている受験勉強時間は、受験生の状況によって様々でしょう。

皆さんは

「まだ時間が沢山あります」と余裕の気分になったり、

「もう時間がない、まずい、どうしよう」と焦ってしまったり、

高校入試までの残り時間が多いか少ないかによって、

「まだ大丈夫」とか
「もうダメだ」とか

そのように考えてしまいがちです。

でも、

高校受験に立ち向かうに当たって誤解してほしくないことが1つあります。

それは、

「受験に時間は関係ない」と言うことです。

高校入試までの残りの時間は、高校受験の合否に関係しません。

偏差値を心底上げたい理由を持っている中学生であれば、受験勉強を始めるスタート時点がいつからでも必ず偏差値を上がります。

今が、受験直前期であっても関係ありません。
たとえ今が、中3の1月の超直前期であっても関係ありません。

偏差値を上げたい理由があれば必ず偏差値は上がるのです。

偏差値を上げたい理由があれば、

成績は上がる ⇒ 点数は上げる ⇒ 偏差値は必ず上がる

偏差値は上がる時には一気に上がります。
長時間勉強していれば上がるものでもないのです。

効果的な正しい方法で勉強すること

偏差値を心底上げたい理由さえあれば、高校入試の直前期でも必ず偏差値は上がります。

しかし本当に偏差値を上げる為には偏差値が上がる正しい方法で勉強しなくてはいけません。

当然のことですが闇雲に勉強しても成績は上がりません。

よく

  • 頑張れば成績が上がる
  • 長時間勉強すれば勉強が出来るようになる
  • たくさん問題集を解けば試験の点数が上がる

と勘違いしている中学生がいますが、そうではありません。

さらに

有名な学習塾に通えばあとは安心だ。

もう合格することに間違いないと勘違いしているご家庭やお子さんも多いのですが、それは間違いです。

成績が上がるには理由があります。
偏差値が高いには理由があるのです。

偏差値が上がるには、

  1. 偏差値が上がる思考方法
  2. 偏差値が上がる意識
  3. 偏差値が上がる方法

で勉強することが必要なのです。

勉強時間の長さ問題を解く量の多さ が大事だと思っていませんか?

実は時間や量よりも大事なことがあります。

偏差値が上がるには理由があるのです。

偏差値が上がる正しい方法で勉強することが大事であり、これが全てなのです。

偏差値を上げる為に気をつけること

偏差値を上げる為にまず意識してほしいのが、思考の習慣です。

頭が良い人が持っている思考方法は高校受験対策をする上でも当然有効です。合格に必要となる思考方法です。

その思考方法とは

勉強に完全はない と認識すること

これが非常に大事な思考の習慣となります。

物事にパーフェクトはあり得ません。
あり得ないものを求めることはナンセンスなのです。

完全はあり得ないはずなのに、完全を求めて勉強していると・・・

  • 気持ちがネガティブになる、
  • ずっと出来ない状態が続く、
  • そして本当にできない人になってしまう。

という恐ろしい事態になってしまいます。

高校入試に置き換えて言うと、

入学試験で満点を取ることはできません。

(*簡単な問題を出している高校では満点はあり得ます)

そして

合格する為には満点をとる必要はありません。

入学試験の準備にはパーフェクトな準備はあり得ないのです。
必要十分なレベルがあるだけです。

つまり

合格するために必要十分な程度の学力を身につけるようにすれば良いのです。

では

高校入試に合格するために必要十分な勉強とは何か?

この答えを知るには

  • 高校受験に成功した合格者の話
  • 高校受験に長けている先生の話

を聞くことが一番参考になります。

偏差値を上げる勉強方法は?

高校受験で偏差値を具体的に上げる勉強法は、合格者から聞くのが1番です。

あなたが行きたいと思う志望校に合格した高校受験の先輩達のお話を参考にしながら、受験勉強の方法を考えていきましょう。

例えば

  • 苦手科目を克服した方法
  • 偏差値が低かったけれど、ある勉強方法で勉強したら偏差値が上がった話
  • この学習教材を使うといいよ
  • 受験直前の気持ちのもち方
  • 直前期から勉強を始めたけれど集中したら合格した!

合格者の話にはタメになるお話しが満載です。

そして

長年の間中学生に高校受験の学習指導をしてきている先生達も、多くの合格者や失敗者を見てきています。

合格者や先生達から合格ノウハウを教えてもらいましょう。

合格者達の成績・偏差値の傾向

偏差値を上げる「積極的な理由」や「切羽詰まった理由」があれば、偏差値を上げることができますね。

さらに先輩合格者の受験生達を見ていると、ある傾向があることに気がつきます。

それは、

  1. 偏差値が低い中学生ほど偏差値の上げ幅が大きい。
  2. 今まで勉強してこなかった中学生ほど一気に成績が伸びやすい。
  3. 部活などで運動をしてきた子供は集中力と体力で成績がグンと伸びやすい。

またこんな傾向もあります。

  1. 前向きに勉強できる中学生は直前期に猛烈に得点力をアップさせることができる。
  2. 完璧主義の人やネガティブな中学生は受験直前期に学力を落としやすい。
  3. 中学2年生から勉強を頑張ってきた中学生は、直前期には勉強量よりも勉強の方向性を先生にアドバイスしてもらう方が成績を伸ばしやすい。

合格への第一歩は合格者を知ることです!

先輩合格者に学ぶ、偏差値を上げる具体的な方法

それでは偏差値を上げる具体的な方法の話をしていきましょう。

先輩受験生達を見ていると偏差値を上げるタイプは大きく4つに分類することが出来そうです。

タイプ別に偏差値を上げる方法を紹介していますので、参考にして見てください。
きっと参考になる話や気付きがあるはずです。

高校受験において成功するにはどうすれば良いのでしょうか。

高校受験の受験期間は中学生の受験生にとっては長く感じるでしょう。
しかし、実は大変短いのです。

勉強方法に迷っている時間の余裕はありません。

勉強方法は非常に大切です。
どのような勉強方法をとるかで、偏差値の上げ方に大きな違いや影響を及ぼします!