偏差値を上げる方法 | 中学生の高校受験

【受験生は注目】平均点から偏差値65に上げる!中学生の勉強方法

しろくま塾長
しろくま塾長
平均点で伸び悩んでいる中学3年生にぜひ読んでほしい記事です。

偏差値50くらいをウロウロしているけれど、

行きたい高校、志望高校が偏差値65くらいだという中学生向けに偏差値を上げる方法をまとめています。

偏差値50から偏差値65に成績を上げて、入りたい高校に合格してみませんか?

高校入試までに偏差値を15上げる方法です。

偏差値別の記事はこちら(一覧

↓偏差値50→65へ上げる方法は下の記事をご覧ください↓

偏差値65の学力とは?

まず敵を知りましょう。
目指す偏差値65はどの程度の学力レベルなのでしょうか。

偏差値65の具体的なイメージを確認していきましょう。

例えば、

  • 公立中学校でいうと学校のトップクラス集団。
    中学校のレベルにもよりますが、学年で10位〜30位ほどの成績。
  • 公立高校を受験する場合には、上位高校に合格できるレベル。
  • 私立高校受験の場合、中堅高校から上位高校に合格できるレベル

偏差値65という成績はそれなりに高い学力があるということがイメージできると思います。

偏差値50の中学生の実力は?

他方、偏差値50の中学生の実力はどれくらいかというと、

いわゆる「平均レベル」です。

中学校の成績でいうと、5段階評価で「3」の成績評価点が多いと思います。「2」が多いこともあります。

偏差値50から65にどうやって成績を上げる?

それではどのように偏差値50から65に成績を上げていきましょうか。

偏差値を50から65に上げるには、まず偏差値50と偏差値65の違いを押さえることが大事です。

 偏差値50と65の違いは?

偏差値50と偏差値65の中学生の学力の違いは、ズバリ、

「基礎力があるかないか」

です。

基礎的な学習内容をマスターしているかどうかという点に違いがあります。

 偏差値50の中学生の現状

偏差値50の中学生は基礎的な学習事項について先生の講義を聞いたりテキストを読んだりした時には、

「そうだ、そうだ」
「フムフム」

と理解することはできます。

先生が話している授業内容は理解できるし、文字で読んでも理解することができる。

しかし

聞いたり、読んだりして理解はできるけれど、

「他人に説明したり」
「質問に回答したり」
「テストを解いたり」

といった事ができません。
頭で理解したことを吐き出す作業が苦手といえます。

理解したことを説明できなかったり質問に答えるのにアタフタしていることでしょう。

 偏差値65の中学生ってどんな感じ?

それでは偏差値65の中学生ってどんな感じでしょうか?具体的なイメージを見ていきましょう。

偏差値65の中学生は基礎的な学習内容については自分の頭で理解することができます。

そして
頭で理解していることを外に出すことができます。

「他人に説明する」
「質問に回答する」
「テストを解く」

といったような事ができます。

基礎的な学習内容についてはマスターしている状態です。

 偏差値50から65に上がるには?

このように、

偏差値50と偏差値65の学力の差は基礎をマスターしているかどうか?という点に尽きます。

ここで気をつけて欲しいがあります。

偏差値50→65に上げるのに難しい問題を解けるかということは関係ありません。

あくまでも、

基礎力をマスター出来ているのか?という話です。

偏差値50と偏差値65の学力の差は、

基礎的な学力があるかどうか。

これに尽きます。

基礎的な学力とは「教科書レベル」の学力と考えてください。
教科書レベルの内容を、マスターしているのかどうか。

たったこれだけで偏差値が15も離れてしまうのです。

そして

教科書レベルの内容をマスターしているというのは、頭で理解しているだけではなくて、頭で理解したことを外部に表現できるということです。

例えば

  • 人に説明できる。
  • ノートにまとめて書くことができる。
  • 基本的な質問に対して答えることができる。
  • 基本問題を解くことができる。

頭で理解したことを自分の中にとどめている間は理解したつもりになっているだけです。外部に表現できて初めて正解。点数が与えられます。

でも教科書レベルのことで良いのです。

どうですか?
なんだか偏差値65までの道のりが身近になった気はしませんか?

実際は偏差値65とか、学年でTOP10とか、それだけで「自分は無理だ」と考えて諦めてしまう中学生ばかり。

自分で無理だと思った瞬間、偏差値65を取ることが本当に無理になってしまうのです。

偏差値65になることはそんなに難しいことではないのにもったいないですよ!

 偏差値50から65に上がるのにどれくらい時間がかかる?

偏差値50から65に成績がアップするのに時間はそれ程はかかりません。

たった2つのことを実行するだけです。

基本的な学習を徹底する。

  • 基礎的事項の理解をして、
  • 理解したことをノートに書きます。表現することが大事です(アウトプット)。
  • 問題を解きます。

そして、
間違った問題やノートにまとめきれなかったことは、

もう一度復習する。

たったコレだけの学習作業をすればすぐに上がります。

そして

実は集中すればあっという間に上がるのです。

勉強の開始時期は問題ではありません。
受験直前期でも集中すれば必ず上がります。

例年、受験直前期に本気になって勉強して偏差値を一気に上げる中学生が多くいます。

本気になれば、1ヶ月〜3ヶ月で中学生は驚くべき能力を開花させるのです。

大事なことは 自信をもつこと。

本人が必ず上がると信じることです。自信をもちましょう。
親も子どもを信じてあげましょう。自信をもたせるのです。

だから、

偏差値が50から65に上がるのに時間は問題ではありません。
受験直前期でも関係ありません。

偏差値を65に上げる方法❶

偏差値を65に引き上げるには、

  1. 基礎的な事柄を理解すること
  2. 問題を解くこと(ノートにまとめることも含む)
  3. 間違った問題を復習して、理解し直すこと。

この3点を繰り返すことに尽きます。

できるまで何度も繰り返すことが大事です。

長時間やれば良いというのではありません。

苦しい思いをすれば良いというのでもありません。

ただ、

できるまで何度も繰り返すことが大事です。

できれば、

楽しい方法で、わかりやすい方法で、勉強したいものです。

もちろん

学習内容が専門家に正確に監修をされている教材であることは当たり前です。

基本的な事柄を楽しく分かりやすい方法で学ぶことができ内容もしっかりしている学習教材を使うことが鉄則になります。

学習しやすいよう練りこまれて作られている学習教材を使うことで、効率的に偏差値を上げることができます。

偏差値を65に上げる方法❷

偏差値を50から65に上げるにはそれなりに大変です。

一人で独学というのは基本難しいと考えてください。

それに独学は危険です。
なぜなら、中学生は偏差値を上げるノウハウを自分で持っていないことが普通です。

  • 何を、
  • どれくらい、
  • どんな問題意識を持って、

学習に取り組めば良いのか良く分からないのです。

学習の方向性が分からないまま一人で教材を進めていくのは危険です。

特に、

高校受験直前期に学習の方向性を間違うと致命的なロスになります。

「時間的にも」「労力的にも」無駄なことをしてしまう危険があります。

間違った勉強をしてしまうと、偏差値を上げるのに時間がかかりすぎて精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまう可能性があります。

「学習の方向性を間違ってしまい、偏差値を上げることに失敗した・・・」

こんな失敗談は本当によく聞きます。

学習の方向性を間違わないためにも独学はせずに、信頼の置ける先生に学習計画や学習管理などのサポートやアドバイスをしてもらうことがオススメです。

オススメの勉強方法は?

偏差値を65に上げるオススメの勉強方法をまとめると

  1. 繰り返し勉強できる分かりやすい学習教材を使うこと
  2. 先生に学習のサポートをしてもらうこと

この2点に尽きます。

この方法で実際に3ヶ月で偏差値を51から64に上げることに成功した先輩受験生の話を聞くことができたました。現役高校生の合格体験談です。

先輩受験生
先輩受験生
東京多摩地区在住です。
現在高校1年生です。

中学3年生の10月に学習塾の模試を受けたら偏差値51でした。

そこから目標にしていた偏差値が64の高校に合格することができたので、お話しします。

僕は中1、中2と勉強していませんでした。

部活に入っていたこともあり、熱心に部活動をしていた訳でもなかったのですが、何となく受験勉強に身が入らなかったのです。

中学3年の夏休み前に、母親が、自宅学習で評判が良い「すらら」に入ってくれたのですが、

「すらら」には専任コーチという名前の先生がいます。

「すらら」の先生のアドバイスを聞きながら勉強を始めたものの、最初は身が入らずにいました。

でも「すらら」の先生はいつも学習計画を立ててくれて、勉強の進み具合をチェックしてくれていました。

「今回はこの範囲を学習してみようか」と指導してくれたので、勉強するように指示されたことだけは続けるようにしました。

そのうち夏休みが終わり、先生の勧めもあって一度学習塾の模試を日曜日に受けてきました。

その成績が思ったより悪くて偏差値も変わらず51。

さすがに僕もヤバイと思って真剣に勉強をやり始めました。
10月だし直前期だったからかなり焦りました。

今からで間に合うのか心配だったけれど、

「すらら」の先生が大丈夫と励ましてくれたから、先生の言葉を信じてついていこうと思いました。

そして

先生に言われた通りに、
動画授業を見る→問題を解く→復習テストをする。
間違ったらまた動画授業で確認。先生に質問もしました。

それを繰り返していただけでした。

すらら」で勉強をしているというと、「勉強している」という気もしなくて、飽きっぽい僕でも楽しく勉強できました。すごく集中できたと思います。

休みの日には一日中勉強していることもありました。

平日も朝30分だけ早く起きて動画授業を見て、夜も2時間位は「すらら」に向かっていました。

自分から勉強したくなってやるという感じだったので親に言われるやるという事もあまりなかったです。

すらら」の先生には受験のアドバイスももらえたので助かりました。

夏休み後の模試以降、高校入試当日まで学習塾の模試は受けなかったので、直前の偏差値がどれくらいだったのかは分かりませんが、

目標としていた高校に合格できました。

偏差値は64の私立高校だから、それだけ成績が上がっていたということだと思います。

偏差値51→64 
3ヶ月で13もアップしていました。

「すらら」には専任の先生がいてくれたので、余計な事を考えずに勉強だけ続けられた事も良かったと思います。

合格できて本当に良かったです。

3ヶ月で偏差値13アップ!
先輩合格者のお話は参考になりますね。

「すらら」の詳細はこちらから≫

※無料学習体験もできます。