中学1年生の中間・期末テスト対策

中学1年【虎の巻】1学期の中間テスト・期末テストで「平均点・満点」を狙う勉強法

しろくま塾長
しろくま塾長
慶應大学に入学以来、横浜で中学生の学習指導を20年間続けています。

中学校に入学し、初めての定期テストに向けて、アドバイスできれば嬉しいです。

中学1年生1学期の中間・期末テストで「平均点」を取得する方法です。

「満点」狙いの中学生も読んでください。

中学1年生「1学期」の中間・期末テスト▶︎平均点を取るには?

中学生の平均点って、どんなレベル?

中学1年生になると、学校で定期的に試験が実施されます。

今まで勉強していた人も、勉強してこなかった人も、試験に向けて緊張してしまうことでしょう。

試験である以上、まずは「平均点」越えが、最初にクリアすべき目標となりますが、そもそも平均点とは、どのような学力レベルがあれば取得できる点数なのでしょうか。

平均点を取るために必要となる学力レベルは、

  1. 学校授業の先生の話を聞いていること
  2. 試験範囲の教科書レベルの内容を理解できていること

この2つを意識して勉強している限り、まず「平均点」を下回ることはありません。
平均点を取るために必要な学力レベルは、決して高くありません。

ただ、中学校1年生1学期の定期テストの場合は、

小学校の学習範囲にニガテ分野がある」と、平均点越えは難しくなります。

中学1年生のはじめての定期テストでは、小学校での理解力・知識を前提として、ほんのちょっとの応用学力が試されているからです。

その意味で、中1の定期テストで平均点を取るためには、「小学校」の学習範囲をマスターしていることが必要となるのです。

中学1年生で平均点を取れない理由は?

中学校に入学して、1年生の授業・勉強が難しいと感じている場合、「小学校の学習範囲」にニガテ分野を積み残していることになります。

このニガテ分野を復習して、マスターしない限りは、中学校の定期テストでは平均点を取ることはできないでしょう。

中学3年間の勉強は、中1の学習を基礎として中2の勉強が実施されますし、

中2の学習を基礎として中3の勉強が実施されます。

だから「中1」の勉強ができないと、中学校3年間の勉強が「解らない」「ニガテになる」という悪循環が生まれてしまいます。

中1の早い段階で、なるべく早く小学校のニガテ分野を復習する必要があるのです。

中学1年生の定期テストで、楽に平均点を取れる人は?

中学1年生の定期テストを受けて、

「勉強していないけど、平均点を取れた。」
「満点を取れた」

というお子さんも、少なからず見受けられます。

理由としては、

「小学範囲」の勉強をしっかりしてきたから、不得意分野がないことが挙げられます。

  1. 小学校範囲でニガテ分野がない
  2. 授業を聞いている(ノートを取っている)
  3. 出題範囲(教科書)を家庭学習している

この3つを守っていれば、「平均点」は楽に取れます。

定期テスト「平均点越え」▶︎学校授業で気をつけることは

中学1年生が1学期の定期テストを受ける際に気をつけることは、

「先生の話を聞くこと」

言い換えると

「授業のノートを取ること」

これに尽きます。

中学校の中間テスト・期末テストでは、「学校の授業でやったこと」がそのまま試験問題に出題されます。

授業をきちんと落ち着いて聞いて、授業内容をノートに取っておくことです。

そして、ノートを「試験前に読んで復習すること」

授業を聞いて、ノートを取って、読み返すだけ。

これで平均点を取ることは容易になります。

ただ、

「家で復習するとき」
「ノートを読み返すとき」には、

必ずと言って良いほど「疑問点」が出てきます。
勉強するほどに解らないことがあぶり出されてきます。

疑問点が生まれた時に、復習できる学習環境を整備しておくことは非常に重要なポイントになります。

中1定期テスト対策▶︎学習塾に行く必要はあるのか?

中学1年生の段階では、必ずしも学習塾に通う必要はありません。

中学1年生1学期え一番注意すべきことは「学習習慣」を身につけさせることです。

中学校の勉強が本格化する中学2年生に向けて、勉強する習慣をつけておくことが大事です。

中1の中間・期末テストの関係でも、

「小学校範囲の復習をする」
「中学授業の復習をする」
「教科書の内容を理解する」

という勉強をすることが必要ですから、

家庭で学習する習慣をつけることが必要です。

 

よくある勘違いですが「塾に行けば勉強するようになる訳ではありません」

大事なことは「家庭学習」をすることであり、「家庭学習」をする習慣をつけることです。

塾に行くと、学習塾に行っているという満足感から、家庭学習をしないという悪循環が生まれてしまうケースが多くあります。

コツコツと家庭学習する習慣を身に付けることが、中学1年生1学期の定期テストで良い成績を取ることにも繋がります。

中学1年生「1学期」定期テスト▶︎平均点以上を取る勉強方法

繰り返しになりますが、

  1. 小学校範囲のニガテ分野をなくすこと
  2. 授業内容を理解すること
  3. 出題範囲(教科書)を理解すること

この3点が、中1の中間テスト・期末テストで良い点数を取るために必須になります。

ニガテ分野をなくす

小学校のニガテ分野については、ニガテ分野があることに気が付けていないご家庭が多く見受けられるので、まずはニガテの有無を確認することがキーポイントになります。

ニガテ分野を特定 ▶︎復習 ▶︎定着確認

ニガテを復習して、つまづき箇所をなくすことが、「平均点越え」の前提条件となります。

授業内容を理解する

次に、学校の授業内容を理解することが重要です。

いくらノートを取ったところで、後日見直したときに「学習内容」を理解できなければ、使い物になりません。

それに、内容を理解しないで、ただ写しているノートほど読みづらいものはありません。

授業中、先生の話を聞いているときには「解ったつもり」になっていても、復習してみると「解らない」ということはよくあることです。

「解らない」箇所があることは当たり前なことなので、何が解らないのか?を確認することが重要。

普段の勉強から、復習ドリルをやってみて、つまづき箇所を特定することです。根本的なところから理解ができると応用力も身についていきます。

教科書の出題範囲を理解する

中学校の中間テスト・期末テストは、教科書から範囲指定して出題されます。

だから、教科書の内容も勉強しておく必要があるのですが、1点問題があります。

学校の教科書は、中学生の立場からしてみると「非常に解りづらい」ということ。

教科書を読んだだけで内容理解できる生徒は、ほぼ居ないと考えて良いでしょう。

だから、教科書を補足する学習教材を利用しながら、教科書範囲が勉強できる環境整備が重要になります。

家庭学習する際には、こんな勉強ができる教材を選ぶことが重要です。

「もう一度、教科書の内容をレクチャー」
「ドリルで問題演習」
「定期テスト直前に小テスト」

知識のレクチャーを受けた後に、ドリル演習と小テストを受けて、つまづいているポイントを把握することが大事で、

その後に復習して、理解が定着していることを確認することが大事なことです。

中学1年生が「定期テスト」で満点を狙う勉強方法

上記に「平均点越え」の勉強をしていれば、

中学1年生1学期の中間テスト・定期テストで「満点」を取ることは難しくありません。

満点を取ることは、実は難しい事ではありません。

確かに、運不運もあるので、必ず満点とまではいきませんが、「95点以上」取ることは確実と言えるでしょう。

上記の「平均点越え」の勉強をしっかりすることで、中学1年生の定期テストを大成功させることができます。

結局こうする▶︎中学1年生1学期の「定期テスト対策」

中学1年生1学期の中間・期末テストを成功させるためには、

  1. 小学範囲のニガテをなくす
  2. 授業内容を理解する
  3. 出題範囲(教科書)を理解する

以上3点が重要であることをお話ししました。

小学校範囲・中学授業・教科書範囲の解らない箇所を特定してくれて、

学び直しができる学習教材を使うことが、「定期テスト」を成功させる秘訣となります。

だから、多くの中学生が使って、実際に定期テストで高成績を残している「すらら」という学習教材を使うことをオススメしています。

「すらら」を使えば、中間テストも期末テストも、万全の体制で望むことが出来るでしょう。

無料体験も出来るので、試してみることをオススメします。

▼中1定期テストにオススメ▼
「すらら」の無料体験・資料請求をしてみる≫

成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集を始める!
1分で無料の資料請求
成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集開始!
無料の資料請求