中学1年生の中間・期末テスト対策

狙え高得点!【中学1年生】中間・期末テストの予想問題は?定期テストの直前勉強対策!

しろくま塾長
しろくま塾長
慶應大学に入学して以来、20年に渡り、中学生の学習指導をしてきました。

中学生になると定期的に学習テストが実施されます。

「何をどこまでやればいいのか?」

時間も体力も限られている中では、効果的に学習することが重要となります。

中学1年生が中間テスト・定期テスト前に確認すべき、勉強対策と予想問題についてお話ししてみます。

中学1年生の中間・期末テストの予想問題

中学校で実施される中間テスト・期末テストでは、「授業内容」と「教科書内容」の理解度を把握するために、定期テストが実施されます。

定期テストでは、あくまでも「授業内容」と「教科書内容」の理解力が問われるのです。

だから、

定期テストで出題される内容は、

  1. 正確にポイントが記載された授業ノート
  2. 教科書の指定範囲

この2つから問題が出題されることになります。

授業の内容(授業ノート)

授業の内容は、先生ごとに違うので、実際に授業で教えてもらった内容のうち、重要ポイントを正確にノートに記録しておくことが必要です。

授業ノートさえ、正確にまとめておけば、まず平均点を下回ることはないでしょう。

教科書の指定範囲

教科の指定範囲については、ご家庭で家庭学習することになります。ある意味「教科書から出る」のですから、出題予想は簡単とも言えますが、

教科書の記載内容は、通常、中学生が独学だけで理解することが難しいので、別途家庭学習教材を使いながら勉強する必要があります。

「教科書を読んだだけで、理解できる子供はいない」

ということを念頭に置いて欲しいのです。

ですから、

家庭学習で使用している学習教材」を、納得理解するまで学ぶこと。
家庭学習で間違えた問題」を復習すること

これが、定期テストの予想問題対策ということになります。

平均点狙いの中学1年生の勉強対策

平均点を目指す中学生であれば、

「弱点」の単元を発見し
「弱点」の単元をしっかり復習し、
「弱点」を繰り返し演習できる

そんな学習教材で学ぶことが、そのまま定期テストの勉強対策につながり、予想問題対策につながります。

高得点(満点)狙いの中学生1年生の勉強対策

一方、平均点は取れる自信があって、更なる高得点(満点)狙いをする中学生の場合は、

「効率的」に
「よく出題されるポイント」を
「解りやすく」解説してくれる

そんな学習教材で学ぶことが、定期テストの勉強対策につながります。

さらに、

「教科書対応」の演習問題があり
15分ほどの動画解説がある

そんな学習教材で学ぶとより効果的です。

数学の勉強対策・予想問題

中学校に入り、算数から数学となったこの科目では、自分の力で考えて実行する力が求められます。

基本的な計算方法、公式、考え方を学んだ後は、なんども何度も繰り返して、体で覚えるまで繰り返し学習することが必要になります。

だから、中学1年生の定期テストでも、繰り返し学習した結果として、体で数学を体得できているか?という問題が出題されます。

反復継続を何度繰り返したか?

「授業の学習内容」と「教科書の内容」について、

納得するまで自分の頭で考えたか?
自分の力で解き進めたか?

ということが重要なキーポイントとなり、そのことが問われる問題が出題されることが予想されます。

だから、良質な学習教材を使って、何度も繰り返して学習する必要があるのです。これが数学の「定期試験」勉強対策です。

平均点超えを目指している中学生の場合、まずはしっかりと基礎的な力を蓄える力が必要です。

基礎的な力を養う学習教材で勉強するようにしてください。

▼基礎的な力を養う学習教材▼

すららの無料体験・資料請求をしてみる▶︎

一方、

基礎力は十分で、高得点(満点狙い)の中学生は、より得点に直結する定期テスト対策ができる学習教材で勉強してください。

▼高得点狙いの学習教材▼
スタディサプリを無料体験してみる▶︎

↓スタディサプリの講義内容

 

 

英語の勉強対策・予想問題

中学1年生が定期テスト対策をする場合、重要なことは、

「理解すること」
「何度も復習すること」

この2つが重要になります。

英語の場合、授業ノートを取ることよりよりも、何度も繰り返し学習することがより重要になります。

英語の「定期試験」勉強対策として、授業ノートは綺麗に取る必要はありません。

重要ポイントのみメモすることとして、何度も繰り返し学習するようにしてください。
理解に努め、出来るだけ声に出しながら、何度も繰り返してみましょう。

復習を何度できたか?という点が、重要です。

定期テスト直前も、何度も繰り返し学習に心がけましょう。

教科書の出題範囲に限定して、教科書の出題範囲を徹底的に繰り返すことにしましょう。これが英語の「定期試験」の勉強対策です。

英語の「定期試験」では、授業内容と教科書内容について、何度も繰り返し勉強してきたか?ということが問われる問題が出題されます。

英語の場合も、平均点越えを目指す中学生は、基礎力を養う学習教材で勉強するようにしてください。焦る必要はありません。

▼基礎的な力を養う学習教材▼

すららの無料体験・資料請求をしてみる▶︎

一方、

英語の基礎力は十分で、高得点(満点狙い)の中学生は、より得点に直結する定期テスト対策ができる学習教材で勉強してください。

使用している教科書に対応させて勉強することがポイントです。

▼高得点狙いの学習教材▼
スタディサプリを無料体験してみる▶︎

↓スタディサプリの講義内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国語の勉強対策・予想問題

国語の勉強方法自体は非常に難しいものですから、「どのようにしたら国語力(読解力)が身につくのか?」ということに頭を悩ませている方がたくさん居ます。

しかし、中学1年生の「定期テスト」のための勉強対策としては、やることは至ってシンプルです。

国語の「定期テスト」の場合、出題される問題はほぼ予想することが可能だから。

出題予想される問題は、

  1. 授業と教科書で扱った「漢字」
  2. 教科書(=授業)の文章
  3. 授業中に黒板に書かれたこと(先生が話していた内容)

この3点を押さえておけば、定期テスト対策はほぼ完璧です。

中学生1年生の「国語」定期テスト対策は、主要3科目の中で、一番勉強対策が立てやすいと言えると思います。

国語の場合は、他の科目でも推奨している「基本学力養成」の教材が確かに有効となります。

「平均点超え」を目指している中学生はこちらで勉強したいのです。

しかし、下記の「高得点狙い」の中学生に推奨している教材も、できれば利用するとなお良いでしょう。

▼基礎的な力を養う学習教材▼

すららの無料体験・資料請求をしてみる▶︎

一方、

国語で、高得点(満点狙い)の中学生は、教科書対策もできて、より得点に直結する勉強対策ができるこちらの学習教材で勉強してください。

使用している教科書に対応させて勉強することがポイントです。

▼高得点狙いの学習教材▼
スタディサプリを無料体験してみる▶︎

↓スタディサプリの講義内容

 

 

 

 

社会の勉強対策・予想問題

中学1年生の中間・期末テスト対策としては、社会は勉強対策の方法が、他の科目とは若干異なるところもあります。

なぜなら、社会は定期テスト対策としては、「覚える」ことが多いからです。

日々の学習の中で、理解を心掛けることは大切なことです。

それと同じくらい勉強対策として大事なことは、試験直前に「覚える=見直す」ことをまとめた資料を準備することです。

社会の問題は、「授業」「教科書」の中から出題されます。
だから「授業」と「教科書」の内容をまとめた資料作りをするのです。

人によって、

「ノート」
「教科書への書き込み」
「問題集で間違い問題に印をつける」

など、試験直前に見直す資料は様々だと思います。

試験直前に一夜漬け的に全体を見直すために、準備をしておくことは非常に重要です。

それと並行して、普段と試験直前には、教科書の内容をコンパクトにまとめた講義を聞くことも非常に有効です。

▼社会対策に有効な学習教材▼
スタディサプリを無料体験してみる▶︎

↓スタディサプリの講義内容

 

 

理科の勉強対策・予想問題

中学1年生の理科の定期テスト対策として、理科はもっともバランスが取れている科目と言えます。

「内容理解すること」
「直前に暗記すること」

この2つを効率よくこなす必要があるからです。

中学1年生の理科の定期テストは、他の科目と同じく「授業」と「教科書」から出題されるのですが、

理科特有の特徴としては、学校で使用している問題集(ワークブック)からも直接出題されることが多いのです。

だから、中学1年生の定期テスト対策の勉強法としては、ワークブックに比重を置いて勉強することが大事だと思います。

定期テストに出題される予想問題としては、ワークブックに掲載されている内容です。

定期テストの出題範囲に該当するワークブックを丁寧に解くことです。

解らない部分は教科書やノートに遡って、関連づけて勉強することが有効な試験対策となるはずです。

その際には、理解と暗記がさらに効果的となる学習教材も併用することをお勧めします。

▼理科対策に有効な学習教材▼
スタディサプリを無料体験してみる▶︎

↓スタディサプリの講義内容

中学1年生の中間・期末テストの勉強対策

中学生ともなると、試験に出題される科目数も多いし、学校生活も忙しくなります。

部活動や学習塾に忙しい中学生も非常に多いことでしょう。

しかも、定期テストにも出題される勉強内容は、理解が難しいものも多く、しかも多くの暗記が必要となることもあります。

だから、日常の勉強もそうですが、定期テスト対策の勉強においても、要領よく、コツコツと勉強する必要があります。

効率良い勉強をしないと授業にも遅れをとり、定期テストでも準備不足で悪い点数を取ってしまいます。

上記のような勉強方法を取ることが、もっとも効率的な勉強対策となるので、よく読んで定期テストに備えて欲しいと思います。

皆様の参考になりますように!

 

しろくま塾長
しろくま塾長
家でも勉強できる方法はいろいろ!