大学受験

【進研ゼミで第一志望に合格!】高校生の大学受験活用法⇒予備校とZ会とも比較してみました。

しろくま塾長
しろくま塾長
進研ゼミで大学受験(第一志望校)に合格することはできます!

進研ゼミは、大手通信教育として有名な通信講座です。CMでもよく宣伝されていますので、聞いたことがない人はいないと思います。

進研ゼミでは多数の大学の合格実績を挙げております。

中には難関大学と呼ばれる大学にも合格者輩出しています。

進研ゼミは、通信講座ですが、高校生が1人での勉強につまずかないようにするサポート体制が充実しています。

例えば、進研ゼミの教材で分からないところは、インターネットなどで質問を受け付けております。

先生に「いつでもわからないところを聞くことが出来る」という安心感があるので、不安なく勉強に取り組むことが出来ます。

進研ゼミを大学受験勉強に使うメリットは?

進研ゼミを大学受験勉強で使う上で良いところは、3点あります。

  1. 1つ目として進研ゼミは、通信講座なので、自分の好きな時間に勉強に励むことが出来ることです。
    在宅勉強なので塾に移動する手間も省くことが出来ます。
  2. 2つ目は、進研ゼミの教材で分からないところは、気軽に質問できることです。
    インターネット質問用紙などで質問は受け付けていて返答もとても早くて助かります。
  3. 3つ目は、進研ゼミの教材はわかりやすく基本問題から応用問題ができるように作られているので、ステップをちゃんと踏んで勉強に取り組むことが出来ます。

進研ゼミは国立大学受験向き?私立大学受験向き?

進研ゼミは、国立大学から私立大学へと幅広い大学受験に対応しております。

それぞれの受験大学のレベルに合わせて、多数の教材がご用意されています。

例えば、私立大学では、その大学を受験する上で、必要な科目のみに特化して、受験勉強に励めるように作られています。

私立大学では、大学によって受験で必要な科目が異なるところ、それぞれの大学受験に対応しているので、無駄な科目の勉強をする手間を省けます。

国立大学でも同様で、国立大学に必要な科目のみに特化して、受験勉強をすることが出来ます。

進研ゼミは何年生から使用するとよいか?

進研ゼミは、大学受験が必要な高校3年生から1年間で合格に導くプランがありますが、とてもいい教材なので、出来るだけ早いうちから始めたほうが合格力が身につきます。

できれば高校1年生から進研ゼミを使用するとよいです。

中学校の勉強と異なり、高校生は1年生から、勉強の難易度が上がるので、勉強につまずかないためにも、高校1年生から始めるとよいです。

高校1年生の予習復習定期テスト対策として使えば、学習効果が上がります。

進研ゼミのほかに予備校に通う必要はあるか?

進研ゼミのほかに予備校が必要かどうかは、その人によります。

進研ゼミは通信講座なので、基本的には1人での学習になります。

1人で学習を進めるうえで、困ったときに予備校の先生に気軽に相談することは、予備校では可能です。

予備校では、通う時間が決まっているので、在宅で勉強するよりメリハリがつく。それが予備校を利用する利点です。

それに対して、進研ゼミでは、時間に縛られることなく、自由に勉強ができる利点があります。

進研ゼミだけでも、自分で時間管理が出来れば、進研ゼミだけで合格することは可能となります。

進研ゼミを使用して勉強する上で注意すべきポイントは、進研ゼミを使用する前に「どんなサポートがあるか」をあらかじめ確認することです。

進研ゼミとZ会の違いはなんですか?

進研ゼミとZ会の違いとして挙げられるのは、教材の難易度です。

Z会の教材は、難関大学に特化して作られている教材ですので、こなしていて難しいと感じることはありますが、難関大学に合格する力は身につきますので、Z会では難関大学を目指すうえでは利点があります。

それに対して、進研ゼミは、多数の大学に対応しておりますので、勉強が苦手な人にもわかりやすく勉強に取り組むことができます。

進研ゼミを使用するといい理由は、教材が分かりやすく作られているので、モチベーションを高く勉強に取り組むことが出来るからです。

進研ゼミは部活する高校生に向いているか?

進研ゼミは部活をしている高校生にとても向いている教材といえます。

進研ゼミは、家で勉強をすることが出来るので、自分で勉強できる時間に決めて、取り組むことが出来ます。

部活と勉強の両立を実現することが出来ます。

進研ゼミを使用するうえでの注意点は、部活と勉強のバランスをよく考えてから、勉強をおこなわないと、部活で疲れてしまって、勉強に取り組まなくなるケースがあります。

部活生は、意志を持って進研ゼミを使用することが大切になってきます。

進研ゼミも先生に添削してもらえるか?

進研ゼミでは、月末になると、添削課題というものがついています。

添削課題は、その月の教材が終わったら、その月の範囲から出題される添削課題に取り組んでいきます。

Z会でも添削課題がありますが、Z会の添削課題は、返ってくるのが遅いです。

それに対して、進研ゼミの添削課題は、添削課題を提出したら、早めに返事が返ってきます

進研ゼミの添削課題には、その教科専任のアドバイザーがアドバイスをしてくれるので、とても参考になります。

アドバイスを基に復習していくとさらなる学習効果が期待することが出来ます。

進研ゼミで大学受験をする皆さんへ

進研ゼミは、通信講座として、志望の大学に最短ルートで合格させてくれるプランが充実しています。

進研ゼミでは、時間が自由に学習できることはもちろん、進研ゼミの教材で分からないところは、気軽にインターネットなどで質問に対応しているので、1人ではないという安心感があります。

これから進研ゼミで大学受験を行う受験生は、進研ゼミではとてもいいサポートをしてくれるので、安心して勉強に取り組めます。

▼▼資料請求と詳細はこちらから▼▼

進研ゼミの詳細はこちらから≫

しろくま塾長
しろくま塾長
志望大学への合格をつかんでほしいと思います。頑張ってください!
成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集を始める!
1分で無料の資料請求
成績上がる家庭教師を見つけるために情報収集開始!
無料の資料請求