公立高校

「過去問」研究こそ公立高校入試対策の要!都立高校・県立高校に合格

しろくま塾長
しろくま塾長
公立高校の合格を確実にしたいあなた!

私立高校と併願するので公立高校の受験対策を最小限にしたいあなたへ! 

都立高校や県立高校の入試対策をする上で、過去問で勉強しようとする中学生は、「センスがある」と感じます。

過去問を上手に利用できれば効率よく、しかも確実に公立高校に合格できるのですから!

過去問を利用するメリッット

①入試問題の傾向が解る

公立高校の受験対策は、大変です。

なぜなら「出題科目」と「出題範囲」が多いからです。

やることがたくさんある中で、どの分野を重点的に学習するべきか?ということは、公立高校の入試対策をする上で、重要なポイントになるのです。

②出題される問題のレベルが解る

しかも、実際に問題を解いていく中で、

「入試本番では、どのような聞かれ方をするのだろう?」
「基本事項は、どの程度押さえておけばいいのかな?」
「応用問題を解くときには、どのような考えればいいのかな?」

ということが、過去問から分かるのです。

③今年の入試も、同じ問題が出題される。

以外に知られていないことですが、今年の入試問題では、

過去問と同じ問題」が数問出題されます。

過去問で勉強しておくだけで、数点獲得できるということは、受験競争する上で大きなことですよね。

それに、

過去問と似たような問題」も必ず出題されます。

過去問を使って勉強していく中で、周辺知識も身についていきますが、ここで得た知識からも必ず出題されます。

「難しい問題も、過去問と同じ考え方をすれば解ける問題」も必ず出題されます。

 

なぜ同じ問題が出るの?ということは別の機会で解説しようと思いますが、

事実、過去問で学習しておくだけで、合格に必要となる「知識」と「思考力」を身につくのです。

実際のところ、

先輩合格者の中には、「過去問しか勉強していません」という要領の良い受験生もいる位ですから。

よくある勘違い

時々いるのですが、

  • 「過去問は都立高校の入試直前に解こうと思います。」
  • 「しっかりと基本的事項を勉強した上で、力試しとして過去問題を解こうという計画です。」

というように、高校入試直前まで過去問を解かない中学生もいるのです。

しかし、合格を視野に入れた際には、

早い段階から、過去問を解くことが大事!」

勉強する順序がまるで逆だということを頭に叩き込んでください。

公立高校に見事合格した方の体験談

志望する公立高校に見事合格した中学生のお母さんから、以前このようなメールをいただきました。

受験生の母親
受験生の母親
中学3年のときに、アドバイスをもらって助かりました。

あの頃、子供は高校入試対策が出来ていなくて、何をどうすればいいのか分からない状況でした。

学習塾の先生に相談したところ、たくさんの課題を与えられて、模試もたくさん受けるようにと指導いただいたのですが。

子供の学習時間と体力を考えると、とても時間的にも物量的にもこなすことが出来ないと感じていたのです。子供も気が焦るばかりで不安そうでした。

あたふたした状態でご相談したのですが、「過去問だけを、集中して取り組みましょう」と言っていたもらえて、気が楽になったことを思い出します。

先生に言われた通りに、過去問だけを繰り返し解いて、解説を読んで理解を心がけて、分からなけば解説授業をみる。

この流れをひたすら繰り返すことにしました。繰り返す中で、関連する知識も学ぶようにしたのです。

公立高校入試当日を迎えた時には、過去問3年分を正確にマスターできている状態でしたので、子供も落ち着いて試験を受けることが出来たようです。

話を聞いてみると、「入試では、過去問で出題されていた問題が幾つか出題された」とのことで、自信を持って解答することが出来たと言っていました。

あの時に、先生に過去問を使うように教えてもらわなかったら・・・

子供は入試当日まで、どのように過ごしていたのだろう?私も不安で仕方なかったのではないだろうか?

高校入試に失敗して不合格だったら、、、

今思うとゾッとするようなことばかりですが、先生に過去の入試問題を解くようにと力強く指摘してもらえたことは、本当に私たちにとって幸運でした。

合格できて本当にホッとできました。ありがとうございました。

過去問を入手する

公立高校の入試過去問を手に入れましょう。最近は、無料で解説付きの過去問資料を手にいれる方法があります。

何人かの先生方から教えてもらった方法のうち、私が「これはお得で便利」と感じた方法は、

スタディサプリで提供している過去問を入手することです。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリは、各都道府県ごとの、高校入試対策授業と、出題の傾向分析をしてくれます。

 

スタディサプリを使うと、

以下のページから全国の都道府県の入試問題が解答付きでダウンロードできました。

 

出題傾向科目別の入試対策も、都道府県別に分析してあります。

※(画像は、東京都の公立高校の一部分です。)

 

↓全国の都道府県ごとに、公立高校入試の出題範囲や、出題内容が分析してあります。解りやすいですね。

※(画像は、東京都公立高校の一部分です)。

 

公立高校の過去問は、こちらから3年分入手できます。

出題傾向を踏まえた演習問題と受験対策講座

過去問と出題傾向がわかった後は、実際の高校入試で対応できるように、

  1. 演習問題を解く
  2. 出題傾向に対応した講座を受講する

この2つのことが大事になります。

志望する高校の「過去問」と「出題傾向」にこだわって勉強することが大事なるのです。

実践的で役に立つ演習問題講座を受講することは非常に重要です。高校入試本番に対応できる受験対策ができるから、合格力が身につくのです。

英語の演習問題と出題傾向

スタディサプリでは、受験する公立高校の英語出題傾向を詳細に分析した上で、出題傾向に合わせた「演習問題」と「講義解説」が充実しています。

スタディサプリの公式HP≫

数学の演習問題と出題傾向

スタディサプリでは、数学の出題傾向も詳細に分析した上で、「演習問題」と「講義解説」を充実させてくれているのです。

スタディサプリの公式HP≫

国語の演習問題と出題傾向

国語の出題傾向も詳細に分析して、「演習問題」と「講義解説」を充実してくれています。

理科の演習問題と出題傾向

スタディサプリの凄いところは、主要3科目に限らず「理科」の対策だって、個別の出題傾向に合わせて対策してくれているのです。

社会の演習問題と出題傾向

「社会」の対策だって、個別の出題傾向に合わせて対策してくれます。評判もとても良いです。

スタディサプリの公式HP≫

公立高校の中堅校・難関校対策講座

スタディサプリでは、公立高校でも上位校である「中堅校・難関校」向けの対策講座だって充実しています。

基礎レベルから段階を踏んでいき、確実な合格を目指す講座です。レベルごとに「演習問題」と「授業動画」で学力をレベルアップさせていきます。

スタディサプリの効率的な利用方法

効率高校の受験対策をする上で、効率的な学習方法を確認しておきます。端的に言うと、

  1.  受験高校別の「演習問題」を解く
  2.  間違った問題の「解説動画」の授業をみる
  3.  もう一度「演習問題」を解く

この3ステップを繰り返すことが重要になります。

演習問題を解く

間違った問題の「解説動画」の授業を見る

再度、間違った問題を解く

スタディサプリの凄いところは、このように各都道府県別の、高校入試の攻略講座を実施してくれるところです。

公立高校の過去問は、スタディサプリで必ず入手して、

  • 過去問を何度も解くこと
  • 出題傾向を確認すること
  • 都道府県ごとの受験対策講座を受講すること

を心掛けてください。

 

公式HPはこちらです

過去問研究で合格を確実にしたい方は、スタディサプリを試してみてください。今なら1週間無料で利用できます≫

詳細な都立入試の出題傾向を知りたい方はこちらを読んでください≫

内申点を上げたい方はこちらを読んでください≫