やる気が出る勉強方法

やる気が出る「国語勉強方法」→中学生の子供が学習しやすい環境作り | 高校受験も見据えた学習の仕方

① 「読解力」をつけさせる方法の頁へ進む ⇨

② 私立高校の受験対策

③  公立高校の受験対策

④ 定期試験対策

⑤ 授業に遅れないように

↑選択して、先に進んでください!

 

中学生の子供が、やる気が出る「国語勉強方法」をまとめています。

国語の勉強がしやすい、学習環境作りをすることは、親にしかできません。

国語が出来るかどうか?ということで、定期テストも高校入試も勝負が付いてしまうことが多いから、お子さんお学習環境作りは非常に大事です。

高校受験も見据えた国語の学習の仕方です。

 

国語力は重要

国語力は、普段実感しないかと思いますが、実は非常に重要な力です。学校の勉強にとどまらず、社会生活にだって大きな影響がでる。解りやすく言うと「子供の将来」「子供の収入」にも根本的な影響を与えるものなのです。

  • 学校の「国語」の成績

にとどまらず、

  • 学校の「数学」「英語」「理科」「社会」の成績、

にも影響を与えます。「なんだか分からないな~」「勉強しているのに成績があがらないなあ」というお子さんも多いのではないかと思いますが、

「よくわからない原因」「勉強しているのに成績が上がらない原因」は国語力が不足していることに原因があることがほとんどなのです。

国語力はすべての基本

学校の勉強にとどまりません。

国語の勉強の重要性は、国語の学校の勉強だけでなく、

  • 高校入試⇒高校での勉強
  • 大学入試⇒大学での勉強
  • 社会人としての仕事
  • 資格試験を受けるときの能力
  • 英語の力
  • 人とのコミュニケーション能力

といったあらゆる生活領域において、影響が出ているのです。「国語=日本語なんてわかるよ。」という思い込みをしている方が非常に多いから、

あらゆることがうまくいかない原因が、実は「国語力」にあったなんていうことには、なかなか気付けないのです。

「読んだつもりで、読み取れていない」

「話を聞き取っているつもりで、聞き取れていない」

「話しているつもりで、自分の言いたいことを伝えきれてない」

 

勉強、勉強といいますが、勉強の内容自体は、実はそんなに難しいものではないのです。

勉強の内容は難しくなくても、国語が難しいから、難しくなる。実はわからないのは「国語」ということが多いのです。

やる気が出る「国語勉強方法」

国語の勉強は大事だということは分かるけど、「国語はどうやって勉強したらいいのかわからない!」という中学生が多いのです。

こどもの親にしても同じことです。

多くの方は、国語の勉強方法なんてよく理解していないことが多いのですが、子供手前わかったふりをして「本を読みなさい!」という抽象的なことしか言えない状況にある方が多いのではないでしょうか。

「本を読む」

本を読むこと自体は悪くないのですが、本を読んだところで国語力が身につくわけではないのです。

こどものやる気を削がないように、国語力を身に着けさせるためにも、「やる気がでる国語勉強方法」を正しく実践していくことが非常に重要になります。

 

天才は国語力があるだけ

よく見かけませんか?あまり勉強しないのに、勉強ができる人を。

その人はたいてい、「国語の勉強」をしっかりしていて、「国語力」がある人なのです。

国語力があれば、たいていのことはすんなりと済んでしまいます。

この国語の重要性を、本質的に理解している人は本当に少ないから。国語の勉強をしっかりするか、しないかで、大きな差がついてしまうのですね。

だからこそ、国語の勉強をしっかり行うことが非常に重要になります。

こどもの為にも、「やる気がでる国語の勉強方法」を子供に伝えてあげることが大事です。

勉強しやすい学習環境づくりは親の責務

中学生の子供が勉強しやすい学習環境づくりをしてあげることが、親の責務といえるのです。

中学生の子供が、やる気が出る「国語力をつける方法」をまとめています。

① 「読解力」をつけさせる方法の頁へ進む ⇨

② 私立高校の受験対策

③  公立高校の受験対策

④ 定期試験対策

⑤ 授業に遅れないように

↑選択して、先に進んでください!