やる気が出る勉強方法

中学生の国語読解力をつける方法は?→文章を読む力をアップさせて、問題を解く力を上げる方法!

中学生が国語の読解力を付けるには、以下の2つの方法しかありません。

↑選択して先へ進んでください。

 

読解力が重要だということは、よく言われることです。

でも「読解力」ってなんですか?

  • 「読解力」を身に着ける方法はどうすればいいのですか?
  • 「読解力」を使いこなすにはどうすればいいですか?

 

こんな単純な問いかけに答えることができない人が多いのです。漠然としていてわかりずらいですよね。皆さんはどうでしょうか?

子供から「読解力ってなに?」と聞かれて、答えることはできるでしょうか?

 

読解力とは

読解力とは、下記動画の先生も仰っていますが、

  • 読む力と
  • 解く力

のことを言います。この2つの力を「読解力」という訳です。

「読む力」を身に着ける方法はもちろんあるのです。

  • 文章のジャンルごとに、
  • 作品ごとに

読む方法が異なる訳です。

「解く力」を身に着ける方法ももちろんあります。

  • 問題の聞かれ方ごと
  • 問題の傾向ごとに、

解く方法が異なる訳です。

 

読解力で大きな差が付く

とても単純なことなのですが、「読む方法」「解く方法」があるんだよ!ということを知っているかどうかで、大きな差が付く訳です。

中学校の勉強に限った話ではありません。高校受験に限った話でもないのです。

国語の読解力という力は、非常に大きな力を発揮します。あらゆる学習の場面、生活の場面において、土台となる底地からなのです。

これからお子さんが大人になっていくにつれて、国語の重要性を身に染みて実感することが多くなることでしょう。

国語の読解力を、子供に身に付けさせて上がることは、子供にとっての最大の愛情ではないか?と思います。

正しい方法で国語の読解力を身に付けさせてあげましょう。

 

国語の読解力を身に付ける方法は?

中学生の国語読解力をつける方法は、日常生活の中から自然と身につくようにすることが良いでしょう。

  • 毎日たくさんの日本語を読むようにすること
  • 読む文章の質を上げていくこと

この2つのことが大事だと思います。

ただ一つ注意すべきことは、

「読めばいい」

という姿勢は危険だということです。

文章の正しい読み方を学んで、読まないと何にも効果は生まれません。ただ「目が字を追っているだけ」の状態で頭に入らない訳ですから、意味がない作業となるのです。

また同時に、問題では「どのような聞かれ方をするのか?」という点も、しっかりと理解したうえで読むことは、非常に効果的なのです。

↑選択して先へ進んでください。

 

↓参考となる動画です。