学習環境のつくり方

「勉強習慣」 を付けさせる方法!→中学生の子供と高校受験

 

子供に勉強習慣を付けさせることが大事ということは分かりますが、

勉強習慣を付けさせるには、どうしたら良いのでしょうか?

子供に「勉強習慣を付けさせる方法」ついてまとめてみました。

勉強習慣を付けさせる方法

子供に勉強習慣を付けさせるためには、

  1. 「勉強時間」を管理してあげること
  2. 「学習教科の進行状況を管理してあげること

 

この2点が重要になります。

「勉強時間」と「学習教科の進行状況」の管理なんて…、それ位のことは子供自身で管理させるべきだ、と考える親御さんも多いのです。

 

でも、よく考えてみてください

大人の私たちだって、勉強の管理をすることは難しいのです。大人が難しいことを子供にさせることには、相当無理があると感じます。

勉強が出来る子供は、「勉強時間の管理」と、「学習教科の進行状況管理」が出来ている

いわゆる「成績が良い子供」や「勉強が出来る子供」は、勉強の自己管理をよくできています。子供は皆、能力自体はそれほど変わりません。

違うのはただ一点のみ。

勉強の自己管理が出来ているかどうか?ということ。

勉強の自己管理ができる子供もいるのですが、多くの子供は大人がうまくコントロールされることによって、何とか勉強の自己管理をしているのです。

自分で自己管理できる子供は少数派です。

親がフォローしてあげることが大事

ほとんどの子供は、勉強の自己管理なんて出来ません。だから、

  • 「子どもが自己管理を出来ていないことに、親が気付けているか?
  • 子供の勉強の時間と学習管理をするために、親が適切なフォローを出来ているか?

ということが、勉強習慣を付けさせるためには、非常に大事になります。

 

親自身が、子供が勉強の自己管理することをフォローをしてあげられているか?ということが、子供の学習能力に差が付く「分かれ目なのです。

子供が勉強の自己管理をすることを、親がフォロー出来ているかどうか。

「知っている人は知っている」
「知らない人は全く知らない」

ここで子供の能力や将来に大きな差が付きます。

勉強時間と学習状況を管理する方法

子供の勉強時間と進行状況を管理するには、「決まった時間」に勉強する習慣を付けさせることが、まずは第一歩です。

では、「決まった時間」に勉強をさせる習慣を付けさせるにはどうすればよいでしょう。

それは、決まった時間に、

  • 「決まった場所」に座らせる習慣を付けさせる。
  • 「決まった勉強」をする習慣を付けさせる。

ということがまずは大事になるのです。

子供の勉強に関する行動をパターン化させることが大事になります。

小学生の頃から勉強する行動パターンを身に付けており、勉強習慣を身に付けているお子さんも相当数います。

中学生からでも遅くはないので、行動をパターン化させることで、勉強習慣を身に付けていくことは必須になります。

 

では、「決まった場所」に座って、「決まった勉強」をさせるにはどうしたらいいでしょう?

❶「大人が付きっきり」で勉強の習慣付けをしてあげる

「大人が付きっきり」で勉強を見てあげるには、家庭教師の先生を頼むことが一番良いでしょう。

「家庭教師の先生なんてそんな…、親である自分が子供を管理しますから」という方もいるのですが、基本的にはおススメできません。

親は子供の勉強習慣付けをするべきではない

何故なら、いくら仲が良い親子でも、勉強のこととなると、親も子供も冷静でいることは難しいのです。

勉強管理のはなしに、私情が入り込んでしまいがちなので、勉強についても悪影響が及ぶ危険があるし、親子関係も険悪になる可能性があります。

身近な大人に頼むときには、注意が必要

ちなみに、「兄弟」や「近所の仲の良い大人」やら、子供にとって身近な大人に勉強管理を任せるときには注意が必要です。

確かに「親よりは」子供の勉強管理はうまくいきやすいことは事実です。子供も「親よりは」大人の言うことを素直に聞くでしょう。

しかし、子供にとって身近な大人は、子供の勉強管理について「責任を持ってくれません」。短期間であれば確かに熱心に勉強管理してくれることもあるかもしれませんが、長期的に勉強管理してくれることを望むことは難しいことでしょう。

それに、敢えて分かりやすく、悪い言い方をしてみるとすれば、最終的には「他人事」なのです。責任をもって勉強管理をしてくれることを望むことは難しいことでしょう。

やはり、家庭教師に依頼することが最善策

だから「大人が付きっきり」で勉強を見てあげる場合には、家庭教師の先生に依頼することが最善ではあります。

☞ 家庭教師に依頼する方法についてまとめてみました。

 

確かに家庭教師に頼むことが最善策ではあるのですが、でもやはりあくまでも親である自分が、子供の勉強管理をしたいという場合があります。

そんな場合には、「陰からそっと子供の勉強状況を把握する」ようにとどめることが良いでしょう。

親が子供の勉強状況を管理できる方法もあるので、ご紹介しますね↓↓

❷親が子供の勉強状況を把握できる学習システムを選ぶ

親が子供の勉強状況を把握できる学習システムがあると便利ですよね。

  • 「いつ勉強しているのか?」
  • 「どの教科をどれくらい勉強しているのか?」

子供の勉強状況を「陰からそっと」把握できれば、「勉強しているの?」とか心配になる必要もありません。

子供の勉強状況を正確に把握できれば、親として対策方法を考えることが出来るのです。

☞ 子供の勉強管理、スケジュール管理ができる「学習システム」について、まとめてみました。

 

❸「子供が自ら」決まった時間に勉強するように仕向ける

子供に学習習慣を付けさせる為には、親が子供を管理することだけでは足りません。

子供が自ら勉強するように仕向けることが大事になるのです。では、「子供が自ら」決まった時間に自ら勉強するように仕向けるにはどうすればよいでしょうか?

実は簡単なことです。

子供が自ら勉強するように仕向けるには、子供が勉強したいと思える学習教材を選ぶことが大事なのです。

☞ いくつか評判が良い学習教材があるので、まとめてみました。

 

❹「子どもが自ら」勉強する力をサポートしてくれるシステムを利用する。

「子どもが自ら」勉強することを、サポートしてくれるシステムをご存知ですか?

子供の勉強時間を管理してくれるし、子供の勉強の進行状況も管理してくれるのです。

この学習システムを利用して勉強が良くできるようになった!というお子さんはたくさんいます。

子供に必要なことは、

  • 自ら勉強するような強制力を働かせること
  • モチベーションを維持させること
  • 継続させること

子供は自ら学ぶ力を持っています。大人が考える以上の力です。

成績が良い子供や、難易度が高い高校に入学できる子供は、自己管理ができて、自分で学ぶことが出来ているのです。

「子どもが自ら」勉強することをサポートしてくれる学習塾については、現在、本サイトへの掲載につき学習塾の先生と交渉中です。

子供に勉強習慣を付けさせる方法

子供に勉強習慣を付けさせる方法としては、

  1. 家庭教師の先生に依頼する
  2. 親が子供の勉強状況を把握できる学習システムを選ぶ
  3. 子供が自ら勉強したくなる、やりがいと楽しさがある学習教材を選ぶ
  4. 子供が自ら勉強をする力をサポートしてくれる学習システムを利用する。

この4つの方法が考えられます。

このうちの「1つ」または「複数」の方法を選ぶことが最善の方法なのです。

以上、検討してみてください。

 

⇒こんな方法もある!など、ご意見を頂ける方はこちらから情報提供をお願いします。