高校入試の受験対策

【確かな実感】子どもの視力低下を防止・回復!→目が良くなる方法

親としては、

  • 勉強を頑張ってくれたり
  • たくさん読書してくれたり

子どものそんな様子を見ると嬉しくなるものですが、子どもの視力低下だけは気になってしまうもの。

目は悪くならないかな?

学習習慣が身につき始めると、次に心配になることは子どもの健康です。小中高のお子さんが悪くしてしまいがちなのが視力です。目の心配が大きな悩み事になります。

そこで、視力低下を防止してる方法、疲れ目が回復する方法についてまとめてみました。

お子さんだけでなく、ご家族みんなで目の健康維持に取り組むと良いですね。

目が良くなる方法は?

目が良くなる方法は、どのような方法があるのでしょうか。

目の健康に良いことは、大きく分けて考えると、

  1. 目の周りの筋肉を鍛える・ほぐす
  2. 眼の乾きを防止する
  3. 体の内側から目に栄養補給をする

3つの方面から対策を試みると、目が良くなるのです。

それでは、疲れ目が改善して視力が回復する効果的な方法の具体例を見ていきます。

❶1.鍛える⇒遠く景色を眺める | 近視の改善

勉強部屋の中で、机に座って本をじっと見ていると、眼のピントが固まってしまいます。

近視が進行する原因にもなりますから、時々目の疲れを回復させる必要があるです。

1時間に1回でいいですから、窓の外の景色を眺めるように子どもにアドバイスすると良いでしょう。

窓から見える範囲で、なるべく遠くの景色を眺めさせることで眼の緊張を緩和できます。

❶2.鍛える⇒目を左右上下に動かす | ぐるぐるトレーニング

眼球を左右上下にグルグルと動かすように、子どもにアドバイスして見ましょう。
「目が疲れたな」と感じたときだけで良いのです。

眼球を意識的に運動させるだけで、緊張が緩和する効果があります。視力が回復することが実感できるはずです。

❶3.鍛える⇒目を前後に動かす | ピントトレーニング

子どもに、親指の爪をじっと凝視させてください。

親指を凝視したままで、親指を体から遠ざけたり、近づけたりするのです。
眼のピントも前後にあわせて運動することになります。

眼の前後運動によって、眼の緊張も緩和されます。

眼精疲労が緩和する効果を実感できると思います。

❶4.ほぐす⇒眼のツボを押してみる | 眼精疲労の自己手術

眼の周りのツボであれば、とりあえずどこでも良いから押してみることをお子さんにアドバイスして見ましょう。

眼の周りにはツボが沢山あるので「押して見たら気持ちがいい」と感じる場所を優しく指で押させて見てください。

「優しく押す」ということが大事です。

眼の周りの筋肉は繊細ですから、強い力で押すとダメージが大きいのです。

優しく痛気持ちいい範囲で、指でソフトに押してみることがポイントです。

❶5.ほぐす⇒目を温めて眼精疲労の回復効果

勉強が終わったら、温かいタオルを顔に乗せて見てください。眼の部分を温めることでジンワリと疲労が回復して視力が回復する実感を覚えることでしょう。

自分でできる効果的な眼の治療法です。

気持ちいいから、寝るときに目を温めると良いですよ。気持良すぎて知らないうちに熟睡していることでしょう。

❷乾き防止⇒目をパチパチさせて瞬きトレーニング

目をパチパチさせる。そうです。たくさん瞬きをするのです。

中学生のお子さんが学習の合間に休憩しているときに、瞬きトレーニングさせるようにアドバイスして見ましょう。

子どもに「20秒間」、瞬きをたくさんして見てください。

ただ瞬きさせるだけで、眼の乾きや、眼の疲れが緩和されることを実感できます。

❸目に栄養補給⇒食事で視力低下を防止する | ブルーベリー効果

ブルーベリーには目に良い成分が豊富に入っていることはご存知ですね。ブルーベリーを日頃から食べるようにしましょう。

わたしは家の中ではブルーベリーの実をデザートに食べています。家の外ではサプリメントを飲むようにしています。

ブルーベリーのサプリメントは、確かにコンビニや薬局でも売っていて、格安のサプリメントには魅力を感じるのですが、

わたしの場合は、食べ物は安いという理由で買わないようにしています。安くて大量生産で売られているサプリメントって、なんだか不安じゃないですか?

ブルーベリーのサプリメントは色々あるのですが、視力の回復効果を実感できるサプリメントを、選んでいます。

サプリメントは価格もそんなに高くないし、一袋から買えるから安心です。

うちでは家族でサプリメントも愛飲しています。

 

 

志望校合格の学習方法