埼玉県の私立高校

早稲田大学本庄高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績は?

早稲田大学本庄高等学校は、1982年に創立し、2007年より男女共学校となりました。

早稲田大学本庄高校では、

  • 進取の精神と、学問の独立
  • 学問を学び人間を学ぶ
  • 生き方を学び自由を学ぶ

を柱としてます。

しろくま塾長
しろくま塾長
早稲田大学本庄高等学院の入試情報をまとめてみたので、早稲田大学本庄高校の 受験を検討している方は、読んでみてください!

早稲田大学本庄高校の偏差値と難易度・倍率(推薦と併願優遇も)

偏差値男:70
女:69
入試難易度
2017「α選抜入試」倍率男:応募103⇒受験62名

女:応募172⇒受験57名

合格47名(2.2倍)

合格38名(4.5倍)

「I選抜入試」倍率男女:応募83⇒受験42名合格29名(2.9倍)
「一般入試」倍率男:応募1,440⇒受験659名

女:応募637⇒受験278名

合格443名(3.3倍)

合格163名(3.9倍)

「帰国入試」倍率男:応募145⇒受験85名

女:応募70⇒受験58名

合格57名(2.5倍)

合格29名(2.4倍)

早稲田大学本庄高校の入学試験は、

  1.  α選抜:自己推薦(第一志望)
  2.   I  選抜:帰国生自己推薦(第一志望)
  3.  一般入試:
  4.  帰国生入試

という、4つの入試形態を採用しています。

早稲田大学本庄高校の偏差値は、埼玉県内で最上位に位置付けられます。

早稲田大学に内部推薦入学できることから、早稲田大学本庄高校への入学希望者は多く、入試倍率は高くなるものと考えてください。受験者の学力レベルは高いですから、偏差値を上げる努力は受験当日まで続けることをオススメします。

早稲田大学本庄高校の入学試験には、偏差値70以上の受験生でも不合格となることが多いですから、偏差値は75以上を目標とすると良いでしょう。

しろくま塾長
しろくま塾長
早稲田大学本庄高校に推薦入試で入りたい方は、3年間の内申点が9科目合計で「115」必要になることを頭に入れておきましょう。 

早稲田大学本庄高校の入試問題、合格最低点、内申点基準

早稲田大学本庄高校の入試問題/選抜方法

α選抜:自己推薦(第一志望)

第一次選考:書類審査

  • 調査書
  • 学内評価分布表
  • 活動記録報告書及び資料

第二次選考:個人面接(10分)

I選抜:

第一次選考:書類審査

  • 調査書
  • 成績証明書類
  • 海外生活調査書
  • 出願資格認定通知書
  • 志望理由書
  • 英語力を証明するもの

第二次選考:

  • 基礎学力試験(国数各30分)
  • 個人面接(10分)

一般入試

第一次選考:

  • 国数英(各50分・各100点。マークシートと記述の併用)
  • 調査書

第二次選考:

  • 個人面接(10分)

帰国生入試

第一次選考:

  • 国数英(各50分・各100点。マークシート・一部記述)
  • 調査書
  • 成績証明書類
  • 海外生活調査書
  • 出願資格認定通知書

第二次選考:個人面接(10分)

早稲田大学本庄高校の「2017年度合格最低点」

公表されていません。

早稲田大学本庄高校の内申基準(出願資格)

 α選抜:自己推薦入試

⇒3年間の9科目合計が115。
※9科目に2は不可です。

親しかできないこと

高校受験勉強に取り組むお子さんに親ができることをまとめてみました

 

早稲田大学本庄高校の学費

初年度合計:1,198,800円

入学時1年終了時
入学金260,000
施設維持費114,000114,000
授業料342,000342,000
経費21,6505,150
合計737,650461,150

※一般・帰国生受験料=30,000円
※推薦入試は1次=10,000円、2次=20,000円

早稲田大学本庄高校の進学実績・進路

2017年度の卒業生数⇨350名

国立大学の合格状況
東京大学横浜国立大学
京都大学埼玉大学
東工大学筑波大学
一橋大学東京外語大学
千葉大学

 

  私立大学の合格状況
早稲田大学343日本大学
慶應義塾大学東洋大学
上智大学駒沢大学
東京理科大学専修大学
学習院大学大東文化大学
明治大学東海大学
青山学院大学亜細亜大学
立教大学帝京大学
中央大学国際基督教大学
法政大学津田塾大学
東京女子大学
日本女子大学

※四年制大学への進学率⇒ 99%

※例年、早稲田大学への進学者が多数。
2016年は、早稲田大学へ319名が内部推薦で進学。

早稲田大学本庄高校の情報・併願先・評判

早稲田大学本庄高校の海外研修

早稲田大学本庄高校では、高校3年次の修学旅行は、

  • 台湾
  • 韓国
  • 中国

の3コースから選択します。

早稲田大学本庄高校の情報

早稲田大学本庄高校では、高大一貫教育として、早稲田大学の教員による各種課外講義やセミナーを開催しています。

高校2年次から、卒業論文に取り組んでおり、調査や文献収集をした上で2万字以上に論文をまとめます。

2015年度の、スーパーグローバルハイスクール指定校です。

  • 韓国のパートナー校とのワークショップ
  • 日韓両国でのフィールドワーク

というテーマ学習型交流を実施しています。

早稲田大学本庄高校 | 併願先の高校

早稲田大学本庄高校の受験を検討している中学生が、併願先として検討している学校はこちらです。⇒併願先の公立高校の対策はこちらから!≫

埼玉県公立浦和高校、浦和一女高校、大宮高校
都立、神奈川・千葉公立日比谷高校、西高校、横浜翠嵐高校、千葉高校
私立併願早大学院、豊島岡女子、慶応志木、早稲田実業

一歩差をつける!早稲田大学本庄高校の受験対策の方法

しろくま塾長
しろくま塾長
高校受験に役立つ情報をあつめて、正しい学習方法を実践しましょう!

大事なことは、正しい学習方法を実践することです。正しい方法で勉強すれば困ることはありません。

志望校合格の必勝アイテム!

偏差値アップする方法があります。受験直前期でも偏差値を「5から15」程上がてくる生徒さんが多いです。

高校入試の本番でも、やっておいて良かった!安心して試験に望めたという受験生が多い学習教材は「スタディサプリ」と言います。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリ併用で勉強している受験生の合格実績はやはり良いです。
合格者の母
合格者の母
うちの子は、合格まであと一歩!というところで点数が伸び悩んでいました。本人も勉強しているし、塾にも通っているし。

これ以上なにをしたらいいのだろう?と悩んでいたのです。そんな時に「スタディサプリ」を先生に勧めてもらって試したみたところ偏差値が4上がりました!本人も手応えを感じたとのことです。スタディサプリの凄さを感じつつ、感謝しています。

合格者
合格者
時間がない受験直前期でも、ポイントをついた講義を聞くことができました。学習塾でも教わらなかった重要ポイントを潰すことができたので、他の受験生にも差をつけることができたなあ〜と感じています。スタディサプリは最強アイテム。オススメできます!
受験生の母
受験生の母
東京の有名講師の授業はやはり内容が濃いそうです。短時間の隙間時間に講義を聞いたり、リラックスしながら聞き流したり。学校でも塾でも、良くわからなかった箇所を何度も聞いたして。使い勝手が良かったと子供が言っていました。980円に料金も親にとっては助かりました。最後の追い込み時期に偏差値と点数がグンと伸びたのはスタディサプリのお陰です。
合格者
合格者
勉強の気分が乗らないときでも「とりあえずスタディサプリの授業を聞いてみよう!」とやる気の導火線として利用できることです。授業を聞いてから、さて行くぞ!とモチベーションが続きました。点数は確実に上がります。難関校に合格できたのはスタディサプリのお陰です。

高校受験を無事に成功させるために、最後まで手を抜かないこと!

全力を尽くしてください。応援しています!

志望校合格の学習方法