東京都の私立高校

中央大学高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績は?

中央大学高等学校は、1928年に夜間定時制の中央大学商業学校として創立し、1993年より昼間定時制高校に改め、現在の形態と至っている共学校です。

定時制高校の形態であるものの、一日6時間制の授業形態を採用しており、全日制の高校と同じカリキュラムを編成しています。

教育理念としては、

  1. 「質実剛健」
  2. 「家族的情味」

を掲げており、「自立」と「自律」の心を育み、高い志を実現する真のリーダーを育成することを目指しています。

高校1・2年生では、基礎学力を充実させることを重視しており、

高校3年生から進路に合わせた科目選択や、各種講座の開催を通じて、大学受験に必要となる能力を養成します。

しろくま塾長
しろくま塾長
中央大学高校の高校受験情報をまとめてみたので、中央大学高校への入学を検討している方は、読んでください!

中央大学高校の偏差値と難易度・倍率(推薦と併願優遇も)

偏差値64
入試難易度
2017年度の推薦倍率男子:応募71⇒受験71名

女子:応募118⇒受験118名

合格28名(2.5倍)

合格31名(3.8倍)

入試倍率男子:応募265⇒受験257名

女子:応募331⇒受験326名

合格 87名(3.0倍)

合格97名(3.4倍)

中央大学高等学校の入学試験は、

  1. 「推薦入試」
  2. 「一般入試」

2つの形態で実施されます。

中央大学高等学校は、東京都内でも成績上位者が入学する上位校です。例年、入学志願者の数は多いため、入試倍率は高くなりがちです。

中央大学高等学校の偏差値は64ですが、競争相手が多いことも考えると確実に合格するには「偏差値69」は必要だと考えておくと良いでしょう。

しろくま塾長
しろくま塾長
中央大学高等学校では、英語の学力も重視しているようです。

中央大学高校の入試問題、合格最低点、内申点基準

入試問題/選抜方法

推薦入試

  • 基礎学力調査(国社:合計50分・国35点、社25点)(数理:合計50分・数35点、理25点)(英語40分:45点。)
  • 個人面接(10分)
  • 調査書

英語試験にはリスニングがあります。
>>リスニングに不安がある方は読んでください。

一般入試

  • 国数英(国数各50分・各100点)(英語60分・100点。)
  • グループ面接(15分)
  • 調査書

英語試験にはリスニングがあります。
>>リスニングに不安がある方は読んでください。

中央大学高校の「2017年度合格最低点」

  • 推薦(男子):99/165
  • 推薦(女子):98/165
  • 一般:167/300

推薦入試の内申点基準(出願資格)

9科目37

※尚、9科目中、中1〜中3の間に、一つでも「2以下」があると内申基準を満たしません。

親しかできないこと

高校受験勉強に取り組むお子さんに親ができることを纏めてみました

 

中央大学高校の学費

初年度合計:1,187,000円

入学時1年終了時
入学金250,000
施設維持費250,000
授業料450,000
経費9,000228,000
小計259,000928,000

※受験料=30,000円

中央大学高校の進学実績・進路

2017年度の卒業生数(概数)⇨157名

国立大学の合格状況
東京大学横浜国立大学
京都大学埼玉大学
東工大学筑波大学1
一橋大学東京外語大学
千葉大学

 

  私立大学の合格状況
早稲田大学2日本大学3
慶應義塾大学東洋大学3
上智大学1駒沢大学
東京理科大学4専修大学
学習院大学大東文化大学
明治大学5東海大学
青山学院大学1亜細亜大学2
立教大学帝京大学9
中央大学147国際基督教大学
法政大学8津田塾大学
東京女子大学
日本女子大学

※四年制大学への進学率⇒ 97%(残りは進学準備など)

※中央大学への内部推薦の権利を留保しながら、他大学の受験をする場合には、国公立大学または私立の医歯薬獣医看護系学部に限られる。

※中央大学へは144名が内部推薦により進学している。

※指定校推薦 :早稲田大学2、慶應大学2、上智大学3、東京理科大

中央大学高校の情報・併願先・評判

海外研修/英語/講座

中央大学高校では、取り立てて、海外留学制度などは実施していませんが、始業前の時間を利用して、

  • 英語検定に向けた特別講座、
  • 自由選択科目の特別講座

を実施しています。

また、土曜日には、

  • 基礎学力を向上させるための補習講座や、
  • ボランティア、手話、点字

などの特別講座も開催しています。

中央大学理工学部教授による特別講座や、中央大学経理研究所による簿記検定の特別講座も受講できるなど、中央大学との連携も密に測っています。

併願先の高校

中央大学高校の受験を検討している中学生が、併願先として検討している学校はこちらです。

都立高校戸山高校、青山高校、駒場高校、三田高校、両国高校
神奈川・埼玉の公立高校川和高校、光陵高校、多摩高校、大宮高校、川越高校
私立の高校明大明治高校、中大附属高校、中大杉並高校、國學院久我山高校、立教新座高校
しろくま塾長
しろくま塾長
公立高校の入試対策についてまとめてみました⇒併願先の公立高校の受験対策はこちらから!≫

中央大学高校の情報

中央大学高校では、中央大学による「学部説明会」や、卒業生による「進路相談会」など、多彩なキャリア教育も実施されています。

中央大学の附属高校であり、比較的小規模である点を活かしてた学習指導をしています。

受験勉強に偏ることなく、一人ひとりの生徒を見守りながら工夫溢れる学習指導をしている点が特徴です。

一歩差をつける!中央大学高校の受験対策の方法

しろくま塾長
しろくま塾長
高校受験の成功者には共通項があります。

入りたい高校に合格するには、合格する方法で勉強しましょう。合格者にはやはり共通項があるのです。

勉強方法にも、使用教材にも気を配ることが重要です。

志望校合格の必勝アイテム!

合格実績が高い教材は、やはりあります。スタディサプリを使って学力をアップさせる中学生、受験生はとっても多いのです。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリで勉強する受験生たちの合格確率は高いです。
合格者の母
合格者の母
うちの子は勉強に対する意欲が欠けていました。成績は決して悪くはないのですが、もう一歩。本当はもっと出来るはずなのです。何か良いきっかけは?と悩んでいたところ、スタディサプリに出会いました。

スタディサプリは熱意溢れる、東京でも有名な先生が熱心に授業をしてくれるので子供も授業内容に引き込まれたみたいで。家でもスタディサプリで集中して勉強するようになったのです。

偏差値は5も上がりました!

合格者
合格者
学習塾で疑問に思ったことをスタディサプリで聞き直したりしながら勉強をしていました。正直、塾よりもスタディサプリの方が内容が濃かったです。家で落ち着いて勉強に取り組めたので、偏差値が8も高い志望高校に合格できました。
受験生の母
受験生の母
高校受験にはお金がかかります。とは言っても子供のためには良質な教材をかけたいもの。地方にも住んでいるので東京での教育格差にも悩んでいました。でもスタディサプリだと全国でも有名な学習塾の先生が教えてくれるので安心できました。実際にウチの子も首都圏の難関高校に合格できたのです。受験勉強の費用を抑えなることができたし、スタディサプリには感謝しています。
合格者
合格者
スタディサプリを使って勉強するとモチベーションが上がります。先生のためになる力強い講義に、力をもらえるし、塾でも学校でも教えてくれない学習ポイントをズバッと指摘してくれました。入学試験当日も自信を持って試験を受けることができました。志望校にも合格できました!

<スタディサプリ>を無料体験することをオススメします≫(月額980円)

高校受験を無事に成功させるために、最後まで手を抜かないこと!

全力を尽くしてください。応援しています!

志望校合格の学習方法