東京都の私立高校

学習院高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績は?

学習院高等科は、1877年に設立し、1947年には宮内省所轄の官立学校から私立学校となった男子校です。

中高一貫校ですが、高校でも約20名ほどの募集が例年されています。

学習院高等科の教育方針は、

  1. 「ひろい視野」を持つ
  2. 「たくましい創造力」を育む
  3. 「豊かな感受性」を育む

という3点を掲げています。

  • 語学力
  • 論理的思考力
  • 情報分析力・情報発信力
  • 肉体的な強靭さ
  • 縦と横の人的ネットワーク

を培いながら、個性を大きく開花させることを目指しています。

学習院高校に入学後は、学習院中等科出身の内部生(中等科卒業者のうち約95%が高等科に入学)と合流します。

少人数教育を実施しており、数学と英語では高校3年間を通して、1クラスを2つに分けて授業を行なっています。

しろくま塾長
しろくま塾長
学習院高校の高校受験情報をまとめてみました。学習院高校を志望校とするご家庭の参考となれば嬉しいです。

学習院高校の偏差値と難易度・倍率(推薦と併願優遇も)

偏差値62
入試難易度
2017年度の一般倍率応募132⇒受験92名合格42名(2.2倍)

学習院高校では、入学試験は「一般入試」の形態で行われています。推薦入試や、帰国生入試については、特記されていません。

学習院高等科の偏差値は東京都内でも、上位校の圏内にあります。入試倍率は毎年変動しがちですが、人気がある高校のため競争が激しいと考えてください。

学習院高等科の受験生は、学力レベルが高いことが通常ですから、偏差値62でも合格が確実とは言えません。偏差値67ほどに上げる努力をしてください。

しろくま塾長
しろくま塾長
学習院高校は英語のリスニング試験もあります。英語の勉強にも力を入れると良いでしょう。

学習院高校の入試問題、合格最低点、内申点基準

一般入試問題/選抜方法

  • 国語・数学・英語(各60分・各100点)
  • 調査書
  • 個人面接(10分)

※英語試験にはリスニングテストがあります。
>>英語のリスニング試験に不安がある方は読んでください。

※個人面接は、国数英のテスト終了後に実施されます。面接官の先生二人により、

  • 他に受験している高校は?
  • 学習院高校への志望動機は?
  • 学習院高校に入学してから何をしたいか?

といった内容の質問がされています。

尚、高校の発表によると、面接結果は、合否には関係ないそうです。

学習院高校の2017年度合格最低点

一般入試:180/300

内申点基準(出願資格)

一般入試:内申基準について、特記事項はありません。

親しかできないこと

高校受験勉強に取り組むお子さんに親ができることをまとめてみました

 

学習院高校の学費

初年度合計:1,428,000円

入学時1年終了時
入学金300,000
施設維持費272,000
授業料658,000
経費198,000
合計300,0001,128,000

※受験料=30,000円

学習院高校の進学実績・進路

2017年度の卒業生数⇨203名

国立大学の合格状況
東京大学横浜国立大学
京都大学埼玉大学
東工大学筑波大学3
一橋大学東京外語大学
千葉大学

 

  私立大学の合格状況
早稲田大学23日本大学5
慶應義塾大学9東洋大学
上智大学14駒沢大学3
東京理科大学17専修大学
学習院大学113大東文化大学 1
明治大学11東海大学7
青山学院大学7亜細亜大学
立教大学9帝京大学3
中央大学4国際基督教大学
法政大学10津田塾大学
東京女子大学
日本女子大学

※四年制大学への進学率⇒ 80%

学習院大学への内部推薦制度もあります。

  • 学習院高等科での学業成績
    (平均60点以上で,50点未満が3年次2科目以内であること)
  • 高等科での実力試験の点数(3年次の9月と1月に実施される)
  • 各学科の指定科目の成績

※大学受験対策の勉強は、学校としては特に行なっていない模様です。

学習院高校の情報・併願先・評判

海外研修

学習院高校は、米国のセント・ポール高校と留学協定を結んでいるので、希望者から選抜して最大2名がセント・ポール高校に派遣されます。

他にも、

原則1年間の学校公認の留学制度もあります。

外国語の習得

学習院高等科では、英語の他にも、

  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語

を学ぶことができます。

いずれの外国語も、ネイティブスピーカーの講師を交えての授業が展開されています。

※ちなみに、学習院高校では、筑波大学附属高校との間で、運動部同士の附属戦や、ボート大会を実施しています。

併願先の高校

学習院高等科の受験を検討している高校受験生が、併願先として検討している高校はこちらです。⇒併願先の公立高校の対策はこちらから!≫

都立高校青山高校、新宿高校、竹早高校、国際高校、北園高校
神奈川・千葉・埼玉の公立高校多摩高校、小金高校、蕨高校、和光国際高校
私立の高校中大杉並高校、明大中野高校、成蹊高校、日大二高、成城高校

一歩差をつける!学習院高校の受験対策の方法

しろくま塾長
しろくま塾長
志望高校に確実に合格できる方法があります。

志望高校に確実に合格できる方法があります。先輩合格者のマネもしてコツコツた勉強することです。

勉強するときに使用する教材にも注意しましょう。ただ単に学習塾に通っているから合格できるという訳ではありません。

志望校合格の必勝アイテム!

過去の合格者たちの評判が高い学習教材があります。

合格実績があって有名な学習塾の先生が、全国ハイレベルの内容を丁寧に教えてくれます。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリで勉強する受験生たちの合格確率は高いです。
合格者の母
合格者の母
うちの子はコツコツと勉強するタイプで、学校と塾の先生の言うことをしっかり聞くタイプでした。でも成績が伸び悩んでいたのです。

ところがスタディサプリも使い始めたところ、成績がぐ〜んと伸びたのです。授業内容が良いし集中して勉強できる!とウチの子供が話していました。親としては子供が受験当日に落ち着いて実力発揮できたことが嬉しいです。

偏差値は5も上がりました!

合格者
合格者
学習塾で疑問に思ったことをスタディサプリで聞き直したりしながら勉強をしていました。正直、塾よりもスタディサプリの方が内容が濃かったです。家で落ち着いて勉強に取り組めたので、偏差値が8も高い志望高校に合格できました。
受験生の母
受験生の母
高校受験にはお金がかかります。とは言っても子供のためには良質な教材をかけたいもの。地方にも住んでいるので東京での教育格差にも悩んでいました。でもスタディサプリだと全国でも有名な学習塾の先生が教えてくれるので安心できました。実際にウチの子も首都圏の難関高校に合格できたのです。受験勉強の費用を抑えなることができたし、スタディサプリには感謝しています。
合格者
合格者
スタディサプリを使って勉強するとモチベーションが上がります。先生のためになる力強い講義に、力をもらえるし、塾でも学校でも教えてくれない学習ポイントをズバッと指摘してくれました。入学試験当日も自信を持って試験を受けることができました。志望校にも合格できました!

高校受験を無事に成功させるために、最後まで手を抜かないこと!

全力を尽くしてください。応援しています!

志望校合格の学習方法