リスニング

リスニング | 京都大学流の勉強法!中学生と高校受験生必見の得意になるコツ

中学英語|リスニングの勉強方法 (京都大学の先生のおはなし)

現在、京都大学に在籍中の先生からの「英語勉強法」について、アドバイスをいただきました。

「もともと英語は得意科目ではありませんでしたが、中学校の先生から教わったこと、また自分で調べて試行錯誤した経験から、英語が得意科目になりました。まだ大学生ですが、塾講師をしております。」

「中学時代、英語が出来なくて苦しんだ経験もあるため、熱意をもって解決したいという気概で取り組んでいます。また、皆さんにはそれ以上に英語ができるようになった時の楽しさも知って欲しいと思っています。どの科目であってもいい点がとれたときは嬉しいし、分からなかったことが分かるようになると大きな達成感を得れる、そういったことが分かって貰えればと思います。」

どうでしょう?この先生のお話を読んでみませんか?

リスニングで最も重要なこと

まず、リスニングの点数を上げようとする上で最も重要なことは、当然のことですが英語音声をよく聞くことです。当たり前のことではありますが、これに尽きます。

失敗するリスニング勉強法

ただ、勘違いしないで貰いたいのは、単純に聞くだけではダメだ、ということです。リスニングを得意にしたいからと言って、洋楽を聴いたり、吹き替えではなく字幕の洋画を見るようにしたり、英語のニュースを聞くようにしたりと、まだ英語が苦手なうちに、いきなりこういったリスニング勉強法を採用すると失敗することが多いです。

もちろんこれらの方法は無意味ではありません。英語の発音に耳を馴染ませることだってリスニングの実力をつけるために必要だとは思います。

しかし、中学生にはもっと効率の良い勉強方法があります。
上記の勉強方法を採用したときに、なにが問題になるのかというと、英語で話されている内容が、正解に分からないということです。英語で話されている内容が解らないと、聞き間違いをしていても気づかないですし、なんと言ったか分からなくても確認できない、もしくはかなり手間であるということです。

おすすめするリスニング勉強法

だから、まずおすすめの方法は書店等でテキストが売っている教材を使うことです。ラジオの英会話がいいかと思うのです。
これなら、テキストによって、正しい文章を知ることできるので、聞こえた文と正しい文とのすり合わせをきちんと行うことができます。中学生だったらNHKの基礎英語をオススメします。

リスニングで大事なこと

次に大事なことは発音することです。基本的に受験にスピーキングはありません。だから必要ないと切り捨てる人もいますが、リスニングにとっても発音することは非常に重要です。発音して初めて気づくこともたくさんあります。ラジオの中で、発音するよう促されることもあると思いますが、恥ずかしがらず、きちんと練習しましょう。

お勧めするリスニング勉強方法 2

最後にオススメする勉強方法は、上級者の中学生向けの方法ですが、シャドーウィングといいます。
どういう練習法かと言いますと、まずお手本となる英語音声を流し、その数秒後に流した音声を反復するという方法です。

やってみると分かりますがかなり難しいです。発音しながら次に発音する部分を聞き、覚えないといけないので、今まで書いた方法に比べて難易度は跳ね上がります。本当にリスニングを極めたい中学生は挑戦してみてください。

筆記の知識(英文法の理解)と、リスニングとの関連について

そして、最後に筆記の知識との関連についてです。改めて言うようなことではないかもしれませんが、リスニングでは、文法的に間違った英文というのは読まれません。存在しない単語が含まれるようなことも当然ながらありません。

だから、英文が間違っているのではないかと思った時は聞き間違いをしたと気づくことができます。
また、似たような発音の単語を当てはめて、聞き間違いをした部分を補完することもできます。

こういった点から、筆記が苦手でリスニングだけは得意といった人はごく少数です。リスニングの成績を上げるためにも筆記、そのなかでも特に文法の勉強は欠かせません。

英単語の力

あとは語彙力です。リスニングではリーディング等に比べると、比較的易しい英単語で構成されていることが多いです。だからそこまで神経質になる必要はないかもしれませんが、正確に聞き取れるだけの耳があっても、その英単語を知らなければ、理解はできません。

これは非常に勿体ないことなので最低限の英単語は意味、そして発音もしっかり覚えておく必要があります。また、知っている英単語であっても、連続して発音されると、途端に未知の英単語に思えてきたりもするので、注意しなければなりません。

長々と書きましたがまとめると、中学生にとってまず大事なのは、正しい文章と照らし合わせながらたくさん聞いて慣れること、そして実際に発音してみること、文法と英単語もしっかり勉強しておくことです。