数学の勉強方法

数学を得意になるには!注意点と秘訣をアドバイス | 成績上がる勉強方法

中学生の数学学習法 | 高校受験生も注意すべし!

 

中学生が数学を得意になるために注意るべきことを、いくつか挙げてみます。

「数学の学習をするときに、気を付けることは何ですか?」こんな質問をよく聞かれますのです。

中学数学を得意になるには | 基本的な考え方

まず、基本的な考え方を説明すると、
① 数学は理解の学問ではありません。実践の学問です。
問題をたくさん解くようにしてみてください。

 

② テキストを移したり、ノートを作ることに意味はありません。
問題を読んで、問題を解いてみてください。
ということです。

数学を得意になるには | 問題を解く際の注意点

また、具体的な注意事項を申し上げますと、

①頭を動かすこと

数学は、自分の頭を動かすことが大事です。数学は頭を動かすゲームです。

②一秒でも早く解くこと

そして、なるべく早く解くこと、このことも大事になります。
一秒でも早く答えを出すように心がけてください。

③.計算過程は消さないこと

また、数学解く際に、計算過程を紙に書くときは、ペンを使ってください。
鉛筆で紙に書いてもいいですが、決して消しゴムを使ってはいけません。
わからなくなったとき、ペンで書いた計算過程を後追いして、どこが間違っていたか?
自分の頭を動かしてください。

④答えを読んでみること

数学の勉強をする際において、試験前などで時間がないときのはなしです。
問題演習をする際に、たくさん問題を解きたいときは、答えを読んでください。
左側に問題を置いて、右側に答えを置いて、ぐるぐると頭を動かしてください。

 

こんなことも大事になります。
まだまだありますが、追ってご説明していきますね。