あっ!と驚く記憶術

あっ!と驚く記憶術①「テレビを見ながら」 | 家庭教師が教える勉強方法の秘訣

テレビを見ながら記憶する。あっと驚く凄い方法!

記憶作業が大事であることはわかってはいるのですが、
中々やる気が出て来ないことも多いのでは?

 

単調な作業の繰り返し。
しっかりやれば、力になることはわかってはいるのですが、、

 

そんな記憶作業について、
超効果的な、あっと驚く方法を教えてくれる先生がいました。
この方法は、中学生のみならず、高校生にも、資格試験受験生にも応用が利きます。

 

この記憶術により、勉強が「得意になるきっかけを掴んだ」という声も聞こえてきます。
さあ、あっと驚く記憶術とは、どのような方法なのでしょうか?

テレビを見ながら記憶する

暗記モノは「こま切れ」の時間で行うことが基本です。
では、日常における「こま切れ」の時間はどこにあるのか?
ストレスを感じることなく利用できる「こま切れ」の時間は?

 

ということで、なんと
「テレビ」を見る時間に着目した家庭教師の先生がいました。

 

テレビのCM時間を利用するのです。
CM時間に記憶をする。

 

テレビを見るときに、覚えておくべき資料を手元に置いておくこと。
番組中はリラックスして楽しんで、

 

CM時間になったら、手元に置いておいた資料に目を通す。
ぼーっとCMを見る時間を無くして、記憶時間とするのですね。

CM時間は頻繁にやってきます。
良いインターバルで、記憶することが出来るのです。

心にゆとりをもって記憶する

沢山の事を詰め込む必要はありませんよ。
単語を一つ、二つというように、
気持ちに余裕を持ちながら、しっかりと頭に刻み込んでいくことがポイントです。

 

絶対に覚えてやる!
という心持ちも重要ですが、
気負いの精神が強すぎると、逆にストレスとなってしまいます。

 

テレビを見ながら、楽しみながら覚えることが出来るなんて、
なんてお得な勉強方法だろう!

 

そんな心持ちで、
心にゆとりを持ちながら、ゆっくりと頭に浸透させていくとよいでしょう。

 

何度も何度も繰り返していくこと。
そんな習慣がつくことで、
結果的には良い効果が生まれてきますよ!

 

テレビのCM時間を利用する習慣がついたら、
次は、トイレの時間を利用したりするなど、
徐々に応用を効かせていくこともできるのです。

 

さすがは、家庭教師の先生
頼りになりますね。
記憶術一つをとっても、たくさんの方法があるものですね。