東京都の私立高校

中央大学附属高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績は?

中央大学附属高等学校は、1909年に創立し、1963年に現在の小金井市に移転してきました。

中央大学の『質実剛健』の学風のもと、「明るく、強く、正しく」の校訓を掲げており、知育・徳育・体育の調和が取れた教育活動を展開している男女共学校です。

  1. 自主
  2. 自治
  3. 自立

という精神に基づき、生徒の活動を尊重しています。

中央大学附属高校では、生徒各自の判断力と実行力の磨きをかけ、高い知性と豊かな感性を持つ、心身ともに健康な、社会有為の人間を育成することを目指しています。

高校二年生から、内部進学制との混合クラスを編成するとともに、高校三年生では、中央大学文系コースと理系コース、他大学文系コースと理系コースの4つに分かれます。

しろくま塾長
しろくま塾長
中央大学附属高校の受験情報をまとめてみたので、中央大学附属高校への入学を検討している方は、読んでください!

中央大学附属高校の偏差値と難易度・倍率(推薦と併願優遇も)

偏差値66
入試難易度
2017推薦倍率男子:応募96⇒受験96名

女子:応募135⇒受験135名

合格41名(2.3倍)

合格59名(2.3倍)

2017入試倍率男子:応募331⇒受験322名

女子:応募238⇒受験232名

合格168名(1.9倍)

合格103名(2.3倍)

中央大学附属高校の入学試験には、

  1.  「推薦入試(第一志望)」
  2.  「一般入試(国数英)」

2つの選考方法があります。帰国生の受け入れは特記されていません。

中央大学附属高校の偏差値は、都内でも上位クラスの高さです。受験生に人気がある高校であり、中央大学の付属高校なので、成績優秀な中学生が多く受験してきます。

中央大学附属高校の入試倍率は高めに推移する傾向があるので、合格を確実にするためには「偏差値71」は必要だと考えておくと良いでしょう。

しろくま塾長
しろくま塾長
中央大学附属高校に合格する為には英語中心に学習すると良いでしょう。

中央大学附属高校の入試問題、合格最低点、内申点基準

入学試験/選抜方法

推薦入試(第一志望)80名

  • 基礎学力試験(数学と英語:各30分・各60点)
  • 小論文(60分・600字)
  • 調査書

一般入試

  • 国数英(国数各60分・各100点。)
  • 調査書

※英語はリスニングの試験があります。
≫リスニングが不安な方は読んでください。

中央大学附属高校の2017年度合格最低点

一般(男子):189
一般(女子):189

※高校入試では、入学者が男女同数となるように、合格選抜していますが、試験結果により、男女間の点数の開きが大きい場合には特段の考慮はありません。

 内申点基準

中央大学附属高校の推薦入試

:9科目中に、「2以下」が一つでもあると内申基準を満たしません。

親しかできないこと

高校受験勉強に取り組むお子さんに親ができることを纏めてみました

 

中央大学附属高校の学費

初年度合計:1,179,000円

入学時1年終了時
入学金290,000
施設維持費280,000
授業料498,000
経費111,000
小計290,000889,000

※受験料=30,000円

 

中央大学附属高校の進学実績・進路

2017年度の卒業生数(概数)⇨358名

国立大学の合格状況
東京大学横浜国立大学
京都大学埼玉大学
東工大学 1筑波大学
一橋大学東京外語大学1
千葉大学

 

  私立大学の合格状況
早稲田大学7日本大学1
慶應義塾大学5東洋大学
上智大学13駒沢大学
東京理科大学5専修大学
学習院大学大東文化大学
明治大学8東海大学
青山学院大学4亜細亜大学
立教大学6帝京大学
中央大学322国際基督教大学1
法政大学3津田塾大学
東京女子大学
日本女子大学 2

※四年制大学への進学率⇒ 「97%」(他は、進学準備など)

※中央大学には304名が、内部推薦制度を利用して進学している。

※中央大学への推薦資格を保有したままで、他大学受験に挑戦することができる制度もあります。

※指定校推薦 :早稲田大学1、慶應大学1、上智大学9、東京理科大学1、東京薬科大学1、明治薬科大学1など

中央大学附属高校の情報・併願先・評判

海外研修/英語

中央大学附属高校では、希望者に対して、海外研修旅行を実施しています。

  • カンボジア
  • マレーシア

などから、旅行先を選択することができます。

英国短期語学研修や、ニュージーランドでの留学制度、台湾交流プログラムなども用意されています。

英語のスピーチコンテストも実施しています。

※国際理解教育の一環として行われる「プロジェクト・イン・イングリッシュ」の授業では、国際的な時事問題をテーマに、グループで調べて問題提起・解決策を考えます(英語でプレゼンテーションする)。

プレゼンを通じて、英語による論理的思考力や、問題解決能力を磨いています。

※また、図書室には、本が17万冊ほどあり充実しています。百冊の課題図書を設定するなど、読書にも力を入れています。

併願先の高校

中央大学附属高校の受験を検討している中学生が、併願先として検討している学校はこちらです。⇒併願先の公立高校の受験対策はこちらから!≫

都立高校西高校、国立高校、八王子東高校、立川高校、青山高校
神奈川・埼玉の公立高校川和高校、多摩高校、浦和一女高校、蕨高校、川越女子高校
私立の高校青山学院高校、明大明治高校、帝京大学高校、中大附属高校、中大杉並高校

一歩差をつける!中央大学附属高校の受験対策の方法

しろくま塾長
しろくま塾長
高校受験の成功者には共通項があります。

入りたい高校に合格するには、合格する方法で勉強しましょう。合格者にはやはり共通項があるのです。

勉強方法にも、使用教材にも気を配ることが重要です。

志望校合格の必勝アイテム!

合格実績が高い教材は、やはりあります。スタディサプリを使って学力をアップさせる中学生、受験生はとっても多いのです。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリで勉強する受験生たちの合格確率は高いです。
合格者の母
合格者の母
うちの子は勉強に対する意欲が欠けていました。成績は決して悪くはないのですが、もう一歩。本当はもっと出来るはずなのです。何か良いきっかけは?と悩んでいたところ、スタディサプリに出会いました。

スタディサプリは熱意溢れる、東京でも有名な先生が熱心に授業をしてくれるので子供も授業内容に引き込まれたみたいで。家でもスタディサプリで集中して勉強するようになったのです。

偏差値は5も上がりました!

合格者
合格者
学習塾で疑問に思ったことをスタディサプリで聞き直したりしながら勉強をしていました。正直、塾よりもスタディサプリの方が内容が濃かったです。家で落ち着いて勉強に取り組めたので、偏差値が8も高い志望高校に合格できました。
受験生の母
受験生の母
高校受験にはお金がかかります。とは言っても子供のためには良質な教材をかけたいもの。地方にも住んでいるので東京での教育格差にも悩んでいました。でもスタディサプリだと全国でも有名な学習塾の先生が教えてくれるので安心できました。実際にウチの子も首都圏の難関高校に合格できたのです。受験勉強の費用を抑えなることができたし、スタディサプリには感謝しています。
合格者
合格者
スタディサプリを使って勉強するとモチベーションが上がります。先生のためになる力強い講義に、力をもらえるし、塾でも学校でも教えてくれない学習ポイントをズバッと指摘してくれました。入学試験当日も自信を持って試験を受けることができました。志望校にも合格できました!

高校受験を無事に成功させるために、最後まで手を抜かないこと!

全力を尽くしてください。応援しています!

志望校合格の学習方法