東京都の私立高校

東京農業大学第一高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績

東京農業大学第一高等学校は、1949年に、学制改革によって廃止された旧制の東京農業大学予科の伝統を受けて、「東京農業大学附属第一高等学校」として設立しました。

1962年に現在の校名に改称し、1964年には男女の共学校として、新たに発足しました。

知耕実学の精神のもと、理論から実践、実践から理論というサイクルを展開する中で「確かな学力」「問題発見・解決能力」「やり遂げる力」を育成しています。

内部進学生と、高校入学者は、3年間クラスを別々とした編成の中で、国公立・難関大学への合格を目指すカリュキュラムを展開しています。

しろくま塾長
しろくま塾長
東京農業大学第一高校の高校入試情報をまとめてみたので、東京農業大学第一高校の 受験を検討している方は、是非参考にしてください。

東京農業大学第一高校の偏差値と難易度・倍率(推薦と併願優遇も)

偏差値 60
入試難易度
2017年度の推薦倍率推薦A:応募32⇒受験32名

推薦B:応募75⇒受験75名

合格32名(1.0倍)

合格14名(5.4倍)

2017年度の一般入試倍率一般①:応募486⇒受験456名合格310名(1.5倍)

東京農業大学第一高校の入学試験には、

❶ 「推薦入試A」
❷ 「推薦入試B」
❸ 「一般入試(第一志望優遇、第二志望優遇あり)」

という、3つの入試区分があります。

東京農業大学第一高校の偏差値は、都内でも上位層に分類されます。推薦合格に必要となる内申点基準も高く、高校入試の倍率も高くなりがちです。

人気がある高校であるため、競争が激しくなる傾向がありますから、確実に東京農業大学第一高校の合格を勝ち取りたい方は「偏差値65」を目指してください。

しろくま塾長
しろくま塾長
東京農業大学第一高校では、内申点と高校入試の成績をみて、「1年間の授業料が支給」される奨学生認定をしています。

東京農業大学第一高校の入試問題、合格最低点、内申点基準

入試問題/選抜方法

◆推薦A:第一志望

作文(50分、800字)、個人面接(5分)、調査書

◆推薦B:第一志望

適性検査(国数英各40分、各50点)、個人面接(5分)、調査書

◆一般入試※

国数英(各50分・各100点)、個人面接(5分)、調査書

※一般入試は、第1志望優遇(推薦不合格者対象)と、第2志望優遇(公立・私立可)あり。

東京農業大学第一高校の2017年度合格最低点

一般入試:151/300

内申基準(出願資格)

推薦A5科目23 且つ9科目39
推薦B5科目18
 一般(第一志望優遇)5科目18
一般(第二志望優遇)5科目21

※いずれも、5科目に3以下がないこと、実技4科目に1がないこと(2は1科目のみ可

親しかできないこと

高校受験勉強に取り組むお子さんに親ができることをまとめてみました

 

東京農業大学第一高校の学費

初年度合計:950,000円

入学時1年終了時
入学金210,000
施設維持費70,000
授業料370,000
経費300,000
小計210,000740,000

※受験料=20,000円(推薦受験者の一般再受験は5,000円)

※内申点と入学試験の成績により「奨学生」の認定がある。奨学生になると1年間の授業料が支給される。

 

東京農業大学第一高校の進学実績・進路

2017年度の卒業生数(概数)⇨324名

国立大学の合格状況
東京大学4横浜国立大学
京都大学埼玉大学
東工大学1筑波大学3
一橋大学東京外語大学4
千葉大学

 

  私立大学の合格状況
早稲田大学45日本大学81
慶應義塾大学20東洋大学26
上智大学31駒沢大学9
東京理科大学51専修大学19
学習院大学12大東文化大学
明治大学79東海大学28
青山学院大学30亜細亜大学1
立教大学29帝京大学3
中央大学56国際基督教大学
法政大学51津田塾大学
東京女子大学6
日本女子大学13

※四年制大学への進学率⇒ 68%(その他の学生は進学準備など)

※東京農業大学には、12名が内部推薦で進学した。東京農業大学短期大学部、東京情報大学への内部推薦制度もある。

※指定校推薦 :各種大学への推薦枠がある。

東京農業大学第一高校の情報・併願先・評判

海外研修

高校1年生と2年生の希望者を対象にして、海外研修を実施しています。

  • オーストラリアでホームステイ

海外の言語・文化を学びながら、語学力を学びます。

東京農業大学第一高校の口コミ

東京農業大学第一高校の授業は、指名制・希望制の講習や夏期講習で大学への合格を目指します。

各教科の確認テスト、定期試験ごとの学習計画シートの作成を通じて、課題点を明確にして、解決方法に生かします。

実学を学習の基本としており、理科では隣接する東京農業大学の施設を利用して、大学教授の指導のもと、1年間かけて醤油作りなどを体験します。

カリキュラム

東京農業大学第一高校では、高校1年生より「進路ノート」を活用して将来の進路・学習設計を始めます。

進路オリエンテーション、進路適性検査、キャリア授業、進路講演会、受験体験報告会なども実施しています。

高校3年生では、自由選択による演習中心の授業が多いです。

併願先の高校

東京農業大学第一高校の受験を検討している高校受験生が、併願先として検討している高校はこちらです。⇒併願先の公立高校の対策はこちらから!≫

都立高校新宿高校、駒場高校、三田高校、竹早高校、町田高校
神奈川の公立高校横浜平沼高校、市ヶ尾高校、大和高校、海老名高校
私立の高校國學院久我山高校、日大三高、桜美林高校、成城高校、國學院高校

一歩差をつける!東京農業大学第一高校の受験対策の方法

しろくま塾長
しろくま塾長
志望高校に確実に合格できる方法があります。

志望高校に確実に合格できる方法があります。先輩合格者のマネもしてコツコツた勉強することです。

勉強するときに使用する教材にも注意しましょう。ただ単に学習塾に通っているから合格できるという訳ではありません。

志望校合格の必勝アイテム!

過去の合格者たちの評判が高い学習教材があります。

合格実績があって有名な学習塾の先生が、全国ハイレベルの内容を丁寧に教えてくれます。

しろくま塾長
しろくま塾長
スタディサプリで勉強する受験生たちの合格確率は高いです。
合格者の母
合格者の母
うちの子はコツコツと勉強するタイプで、学校と塾の先生の言うことをしっかり聞くタイプでした。でも成績が伸び悩んでいたのです。

ところがスタディサプリも使い始めたところ、成績がぐ〜んと伸びたのです。授業内容が良いし集中して勉強できる!とウチの子供が話していました。親としては子供が受験当日に落ち着いて実力発揮できたことが嬉しいです。

偏差値は5も上がりました!

合格者
合格者
学習塾で疑問に思ったことをスタディサプリで聞き直したりしながら勉強をしていました。正直、塾よりもスタディサプリの方が内容が濃かったです。家で落ち着いて勉強に取り組めたので、偏差値が8も高い志望高校に合格できました。
受験生の母
受験生の母
高校受験にはお金がかかります。とは言っても子供のためには良質な教材をかけたいもの。地方にも住んでいるので東京での教育格差にも悩んでいました。でもスタディサプリだと全国でも有名な学習塾の先生が教えてくれるので安心できました。実際にウチの子も首都圏の難関高校に合格できたのです。受験勉強の費用を抑えなることができたし、スタディサプリには感謝しています。
合格者
合格者
スタディサプリを使って勉強するとモチベーションが上がります。先生のためになる力強い講義に、力をもらえるし、塾でも学校でも教えてくれない学習ポイントをズバッと指摘してくれました。入学試験当日も自信を持って試験を受けることができました。志望校にも合格できました!

高校受験を無事に成功させるために、最後まで手を抜かないこと!

全力を尽くしてください。応援しています!

志望校合格の学習方法