全国の通信制高校・発達障害

【発達障害×通信制高校】 兵庫県で受け入れ可能な高校⇒進路・高校進学と受験(中途退学者にも配慮)

発達障害支援
発達障害支援
兵庫県で、発達障害児を受け入れ可能な通信制高校を、まとめてみました。

発達障害児の受け入れ体制がある通信制高校から、資料を取り寄せておきましょう。子供に合う学校探しは大変です。

別々に資料請求するよりも、まとめて資料請求した方が効率的です。

通学圏内にある学校に資料請求して、良いと思ったら学校見学して、相談してみることです。どのような対応をしてもらえるか、直接聞くことが1番良いと思います。

学校資料を取り寄せる≫

上記ボタンをクリックすると、代表的な通信制高校の資料と取り寄せることができます。まずは情報収集することが重要です!

発達障害・学習障害児⇒通信制高校の選び方

兵庫県では、発達障害・学習障害児に対応した通信制高校が多く設置されています。

基本的には公立制よりも私立制の通信制高校・サポート校の方がきめ細やかな対応をしてもらえることが多いです。通信制高校を選ぶ際は、子供の状態・特性に合わせて個別サポートしてくれる通信制高校を選びましょう

具体的には、

  1. マンツーマンの個別対応をしてくれるか
  2. 専門のカウンセラーが設置されているか
  3. 勉強の遅れをサポートしてくれるか
  4. 生徒同士の交流を後押ししてくれるか

そんな視点から、子供に適した学校選びをすることです。

以下では、兵庫県で発達障害・学習障害の受け入れ体制がある通信制高校・サポート校を見ていきたいと思います。

【発達障害】 兵庫県で受け入れ可能な通信制高校・サポート校

学校名評判特徴
鹿島学園高等学校鹿島学園高校では、「週1日だけ登校するコース」「個別指導してくれる家庭教師制コース」「ネットテレビ電話での学習指導コース」など、多くのコースの中から子供に合っている学び方を選べます。全国各地にキャンパスがあるので、スクーリングも便利な学校です。
KTCおおぞら高等学院KTCおおぞら高校では「マイコーチ」の先生が個別サポート。マンツーマン体制で子供と向き合ってくれます。学校のスタッフはメンタルサポート研修を受けており、家族支援カウンセラーの資格を持ったスタッフも常駐。ご家庭の悩み相談にも応じてくれます。
飛鳥未来高等学校飛鳥未来高校には、
「週1日からの登校スタイル」
「専門科目を自由に選択」
「参加自由の学校行事」
「個別の学習・メンタル・進路サポート」
など、個別のサポート体制も整っています。
クラーク記念国際高等学校クラーク記念国際高校は通信制でありながら、制服がある通学制の学校です。全日制高校と同様のキャンパスライフを送れるので、友達や先生とコミュニケーションを取る機会も多く、学校行事・部活にと、充実した高校ライフを送れます。
松陰高等学校本校が山口県にある松陰高等学校では、
発達障害を含め教育問題に直面している人のためのサポートステーションが設置されており、子供の状態や心身の健康状態、進路の希望等を聞いて相談に乗ってくれます。
第一学院高等学校第一学院高等学校は、「生徒第一」「1/1の教育」を教育理念とした通信制高校で、学習のサポート・心のサポート・進路のサポートの3つが整っています
八洲学園高等学校八洲学園高校は、保護者や在校生、卒業生からの評判が良い通信制高校。発達障害の方と保護者に嬉しいサポート体制が整っており、中でも学習環境の支援に関しては特別です。
5年制クラスは毎日通学するクラスで、発達障害などでより支援を要する方に時間をかけた支援を実施しています。
八洲学園大学国際高校沖縄を拠点とする八洲学園大学国際高等学校では、発達障害児に適した「自宅学習+短期集中通学」で卒業を目指せるコースがあります。
AIE国際高校AIE国際高校では、様々な学習コースが用意されています。

兵庫県には、多数の通信制高校のキャンパスがあります。

通信制高校は学校ごとに特徴があるので、子供に適した制度や雰囲気がある学校をセレクトしやすいと思います。

良さそうな学校の詳細を学校資料で確認したら、実際に足を運んでみて「子供に合っているかどうか」体感して確かめることが大切です。

上記学校は一例です。兵庫県には、発達障害児・学習障害児向けのサポートに力を入れている学校が複数あります。自分の子供にとってベストな選択をするために情報収集は怠らないようにしましょう。

発達障害・学習障害に理解のある高校の探し方(兵庫県)

発達障害には、色々なタイプがありますが、共通点としてエネルギーをコンスタントに維持できない、という点を挙げられます。

決まった時間に起きられないとか、眠れない、みんなと一緒の場所では食事ができない、人が沢山いるところでは音の刺激に耐えられないなど。

発達障害児にとっては、一般的な学校生活はかなり辛いはずですし、私が出会った発達障害の人達は学校生活や社会での生活で疲弊していました。

発達障害でも、外見的には健康な人となんら変わらないので、どこに不自由さがあるのか分かりづらいのです。

学校生活を始めるにも続けるにも、きめ細やかなサポートが必要なのに。近所の学校に通うことも辛いはずです。

そこで、オススメとなるのが通信制高校。インターネットが普及した現代では、色々な形態の通信制高校が設立されています。

通信制高校の中には、スクールカウンセラーが常駐している学校もいくつかあります。

通信制の高校には、スクールカウンセラーや進路指導の先生がかなりきめ細やかな対応をしてくれます。

発達障害児⇒通信制高校へ進学・受験・進路(兵庫県)

発達障害がある人がいるご家庭は、きっと嵐の中を生きている気持ちだろう、とずっと思っていました。

発達障害児ご本人は、自分でも止められない衝動や、刺激への反応の苦しさ、ご家族はただの我儘のようにも見えてしまうご本人の反応や衝動に戸惑うことが多いでしょう。

しかし、訓練したり、適切な環境で教育を受けたり、個性を伸ばすことで承認されて、だんだんとよくなります。

今は様々な発達障害の人がメディアに出たり、社会で活躍することができる時代になりました。

通信制高校という選択肢の中で、ご本人やご家庭に合う学校を見つけましょう。

これからの長い人生をご本人らしく、そしてそのご家庭らしく過ごせるようになることを祈っています。

発達障害対応に優れる通信制高校(兵庫県)

以下において、各通信制高校の発達障害児対応の口コミ情報を掲載しています。

八洲学園高等学校(兵庫校)の評判・口コミ

八洲学園高等学校では、中学校の学習内容から学び直して、高校の基礎レベルまでの実力固めをしていきます。

不登校経験があったり、勉強が苦手な人にも配慮した学習カリキュラムです。

それに、八洲学園高等学校では、発達障害児の方に向けたサポート支援が実施されていて、通信制高校の中でも珍しい「5年制」クラスが設置されています。

八洲学園高等学校の5年生クラスは、学校がある日には毎日通学します。

高校卒業後も見据えて、社会における集団生活に適応できるように時間をかけた教育支援が実施されています。

通信制高校の評判「八洲学園高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、進学実績をチェック! 八洲学園高等学校では、中学校の学習内容からの学び直して、高校の基礎レベルまで固めていきます。 不登校経験があったり、勉強が苦手...

八洲学園大学国際高校(兵庫県)の評判・口コミ

八洲学園大学国際高等学校は、沖縄県を拠点とする学校なのですが、私がいいと思ったのは「自宅学習+短期集中通学」で卒業を目指せるところです。

「短い間であれば頑張れる」という発達障害の人も多いです。

私が学習指導した人の中には「2カ月働いて半年ひきこもる」を繰り返して生き延びていた人も。

コースも色々とあって、必ずこうしなくてはいけないということはありませんし、一人一人に担任・副担任がついて、メールなどで相談を気軽に行えるというのも嬉しいところです。

AIE国際高校(兵庫県)の評判・口コミ

AIE国際高等学校は、神戸市と淡路市が拠点の学校で、寮生活も選べます。

寮生活と聞くと恐れおののいてしまう人もいるかもしれませんが、家庭での生活を継続することが難しくなる人も多いのが発達障害の特徴。

中学生までの間に、家族との折り合いを悪くしてしまう人もいます。

そんな時に、寮生活が選べるとほどよく距離もできるし、新しい暮らしができますし、ご両親は学校からお子さんの様子が教えてもらえるので安心できます。

AIE国際高等学校のよいところは、英語やダンス、歌といった芸術性に特化したカリキュラムもあるところです。

芸術家には発達障害が多いというのは有名ですが、この学校では、どんな選択肢も選べるのだということが分かると思います。

発達障害に通信制高校がオススメできる理由(兵庫県)

中学生までに発達障害であることが分かり、高校に進学したいけれど、無事に高校生活を送れるのか。刺激に耐えられるか心配という人には通信制高校は最適です。

通信制高校では、毎日学校に通わなくていいという利点が大きいですし、単位制である学校も多いです。

卒業までに修めなくてはならない科目も選べたりと、得意なところを伸ばすことができるのも嬉しいポイントです。

年間に数日は通学することが求められる通信制高校がほとんどですが、ほどよく人の中に行ってみる、というチャレンジも必要ですよね。

発達障害の人は、学力は高いけれどコミュニケーションに大変な難しさがある、という場合が多いので、自分のペースで人と関わることができるという通信制高校は最適な学校なのです。

完全に社会と分断されないというところも通信制高校の利点なのです。

一般的な高校生が経験する修学旅行などのイベントがある学校があれば、イベントがない学校も勿論あります。

どのような学校を選ぶかということも、自分で決められるのが通信制高校をオススメできるポイントとなります。

決められたカリキュラムやコースがあると、プレッシャーに苦しんでしまうことが多いのも発達障害の人たちの特徴。

自分らしく生きることができる通信制高校の方がいいですよね。

【家から通える学校選び】兵庫県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから 兵庫県には公立の通信制高校が2校が設置されています。また、私立の通信制高校は広域制を含めると複数開校しています。神戸市中央区・姫...

 

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求