学費

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで

学費が安いオススメの通信制高校について、2021年段階の情報を掲載しています。

就学支援金の他にも、学費が減免される方法についても記載しているので読んでみてください。

年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較

学校名年間学費目安
青森山田高等学校21万円〜
あずさ第一高等学校24万円〜
N高等学校25万円〜
鹿島学園高等学校26万円〜
鹿島朝日高等学校28万円〜
さくら国際高等学校28万円〜
NHK学園高等学校35万円〜
第一学院高等学校36万円〜
ルネサンス大阪高等学校37万円〜
ヒューマンキャンパス高等学校39万円〜
ルネサンス高等学校43万円〜

私立の通信制高校(主に広域制)について、年間に支払う学費が安い順にランキングしています。

上記記載は2021年度段階で確認できた学費のうち、各校の一番安い学習コースの金額を記載したものです。

※各学校には複数の学習コースが設定されており、コース毎に学費は異なります。受講コースによっては学費は上記記載より高くなります。

通信制高校の学費は学校によって異なります。

授業料の他に必要な費用がある可能性もある一方、「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。

実際に支払うことになる金額は、学校資料で確かめておくことが重要です。

通信制高校から資料を取り寄せる≫

出願期間は学校により異なります。直前になって焦らないように、入学資料はこの機会に取り寄せておきましょう!

ランキング1位「青森山田高校」学費が安くてオススメ

青森山田高校は、有名人も卒業している通信制高校です。

青森と札幌に校舎があり、学費が安いという特徴があります。

通信制高校の評判「青森山田高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、入試・進学実績をチェック! 通信制・青森山田高等学校の入試基本情報 属性 通信制高校 校舎 青森、札幌 学習コース...

青森校の学費

入学金3万円
授業料14万4000円
教育実習費2万円
生徒会費・諸経費2万4000円
(合計)21万8000円

札幌校の学費

入学金3万円
授業料14万4000円
教育実習費2万6000円
生徒会費・諸経費2万4000円
(合計)22万4000円

ランキング2位「あずさ第一高校」学費が安くてオススメ

あずさ第一高校は、多様な学習コースが設置されている通信制高校です。

一般の通信スタイルのコースは割安料金ですが、その他の学習コースの学費は高額になります。

【リアルな評判】あずさ第一高等学校の口コミ・学費・偏差値、入試・進学実績を確認する! あずさ第一高等学校は、東京・埼玉・千葉・神奈川にキャンパスがある中規模の広域通信制普通科の高校です。 一般的な通信制での自...

一般通信スタイルの学費

登録料20万4000円
施設費3万6000円
補習指導費0円
(合計)24万円

ランキング3位「N高等学校」学費が安くてオススメ

N高等学校は、学校法人角川ドワンゴ学園が設立した通信制高校です。

インター​ネットと通信制高校の制度を上手に活用しており、マイペースで勉強することが可能です。

通信制高校の評判「N高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、入試・進学実績をチェック! 通信制・N高等学校の入試基本情報 学校 インターネットの高校(通学もある)  入学可能地域 沖縄...

単位制・通信制課程(ネットコース)の学費

入学金1万円
授業料普通科プレミアム
1万2000円×履修単位数
(25単位=30万円)
普通科スタンダード
7200円×履修単位数
(25単位=18万円)
施設設備費5万円
教育関連諸費1万3000円
(プレミアム合計)
(スタンダード合計)
37万3000円
25万3000円

 

ランキング4位「鹿島学園高校」学費が安くてオススメ

鹿島学園高等学校は、学習センターが全国各地にあり、広域生の通信制高校の中でも学費が定額です。

通信制高校の評判「鹿島学園高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、入試・進学実績をチェック! 鹿島学園高等学校は、全国規模の通信制高校のなかでも「学費が安い」学校です。 学習センターが全国に300ヵ所あるので、通学し...
入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

ランキング5位「さくら国際高校」学費が安くてオススメ

さくら国際高等学校には「通学型」と「通信・スクーリング型」のふたつのコースがあります。

通学型は少人数制授業で、きめ細かな指導を実施。「不登校だった人」や、「勉強が苦手な人」を受け入れる穏やかな環境があります。

【リアルな評判】さくら国際高等学校の口コミ・学費・偏差値、入試・進学実績を確認する! さくら国際高等学校は、「楽しくなければ学校ではない」という思いで設立された通信制高校です。 個性を活かす教育なので...

集中スクーリング型の学費

入学金1万円
学費25万円
施設設備費2万円
(合計)28万円
上記においては、通信制高校に設置されている「学費が安い学習コース」の金額を見てきました。

これらの通信制高校の学費がどれくらい安いのか?通信制高校の学費相場と比較してみてみましょう。

各都道府県の学費が安い通信制高校

北海道
青森県 | 岩手県 | 秋田県 | 宮城県 | 山形県 | 福島県
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 |
岐阜県 | 静岡県 | 愛知県
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県
福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県

公立の通信制高校の学費の相場平均

各都道府県に設置されている公立通信制高校の学費は、私立の通信制高校と比べると金額が大幅に低くなります。

1年間で必要となる学費の相場平均は2〜3万円というイメージです。

学費を徹底的に節約したいという人には公立の通信制高校がおすすめと言えるかもしれません。

しかし、公立の通信制高校では、どうしても個別のサポート制度が不十分なところも見受けられます。基本的には自習形態で勉強することになると思っておいた方が良いでしょう。

卒業率も高くないので、自己管理が苦手な方や、学校に卒業以上の価値を求める方には公立の通信制高校は不向きであると言えます。

私立の通信制高校の学費は公立よりも高額です。

しかし、公立の通信制高校は、卒業率も教育体制も十分とは言い切れません。少なくとも2021年段階では就学支援金が整備されています。

実質的な学費が無料となる私立高校もあるので、私立の通信制高校に入学する方法を検討しておいた方がベストでしょう。

私立の通信制高校の学費の相場平均

私立の通信制高校の学費は、公立高校に比べると随分高額になります。

学費の相場平均は、学習コースにより異なりますが、

大まかなイメージとしては在宅コースよりも通学コースの方が、学費が割高になると考えておきましょう。

在宅コースの場合には、基本的にはWEBなどで在宅学習をしてレポートを提出。その他、最低でも年に1回のスクーリングが実施されます。

スクーリングに伴う費用も別途必要になると考えておいた方が良いでしょう。

一般的な学費比較(相場平均)
入学金1~5万円
授業料6000円〜1万2000円×取得単位数
(25単位=15万円〜30万円)
施設費・教育費・教材費在宅コース:5万円〜
通学コース:15万円〜
(在宅コース合計)
(通学コース合計)
21万円〜40万円
31万円〜50万円+α
私立の通信制高校の学費相場と比べてみると、学費の安さで上位ランクされる通信制高校の学費が安いことが実感できると思います。

しかし、安ければ良いというわけではなく、実際には通学したり、各種サポートや専門教育を受けることになると思います。すると学費は高くなっていきます。

一方、国から給付される「就学支援金」など、学費サポートもあるので一定程度の削減も期待できます。

全日制高校と学費を比較

また、全日制高校に通った場合の学費とも比較しておきたいと思います。

全日制の高校に通った場合の学費年額については文部科学省の公式HPでも公表されています。

令和元年の最新版の調査結果によると、

  • 私立の全日制高校⇒73万6677円
  • 公立の全日制高校⇒12万4441円

という結果が出ています。

通信制高校は学習コースにより学費が異なりますが、上記に記載した相場平均の金額と比較すると、

私立の全日制高校よりも、私立の通信制高校の学費の方が、安くなる傾向にあります。

最も、通信制高校の場合でも、学校に登校する日数が増えるほど、学費が高くなる傾向にあります。私立の全日制高校と同程度(またはそれ以上)の金額となるケースもあることに注意しておきましょう。

就学支援金などを考慮⇒学費が安い通信制高校は?

就学支援金のことはご存知でしょうか?

こちらのページでも就学支援金のことをまとめているので、後ほど確認しておいてください。

一言で言うと、「就学支援金とは、国が学費を支払ってくれる制度のこと」を言います。

通信制高校における就学支援金のイメージは、大まか以下の表の通りになります。

学校世帯年収就学支援金の支給額
私立の通信制約590万円未満最大1万2030円/1単位
約590万円~910万円未満最大4812円/1単位
910万円以上0円
公立の通信制約910万円未満336円/1単位
910万円以上0円

 

返済の必要は?⇒就学支援金で通信制高校・サポート校の学費は減免される? 就学支援金については、文部科学省などの公式HPにも記載されていますが、分かりにくいという方が多いのが現状です。 ここでは通...

ご家庭の年収に応じて国が負担してくれる金額は異なってきますし、実際の手続きや支給金額については、個々の通信制高校に確かめる必要があります。

まずは学校の取り扱いについて学校資料を取り寄せてみてください。

就学支援金を差し引くと、実際に支払うことになる金額が見えてきます。

その他にも、通信制高校では「学校独自のサポート制度」「奨学金精度」が用意されていることもあるので確認が必要です。

通信制高校独自の学費支援制度を調べてみると、もっと学費が安くなる通信制高校が見つかります。

正確な情報を確かめるためには、気になる通信制高校の学校資料を取り寄せておく必要があります。

通信制高校の学費は学校によって異なります。

授業料の他に必要な費用がある可能性もある一方、「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。

実際に支払うことになる金額は、学校資料で確かめておくことが重要です。

通信制高校から資料を取り寄せる≫

出願期間は学校により異なります。直前になって焦らないように、入学資料はこの機会に取り寄せておきましょう!

<ご参考:文部科学省の公式HP>
高等学校等就学支援金制度に関するQ&A

サポート校の学費はどう考えるの?

通信制のサポート校に通う場合には、通信制高校に支払う学費の他に、さらに追加して、別途学費を支払う必要があることにも注意を払いましょう。

サポート校は高校ではありません。

ですので、サポート校に通う場合には、別途サポート校が提携している通信制高校にも入学する必要があるのです。

サポート校に通う場合には、

  • 提携する通信制高校の学費
  • サポート校の学費

というように2校分の学費が必要になるのですから、ご家庭で支払う学費は高くなる傾向にあります。

サポート校の学費にも就学支援金による減免はあるの?

通信制高校に支払う学費には「就学支援金」が適用されます。

就学支援金は「1単位当たり最大1万2030円」です。支払った学費の全部(または一部)が後ほど戻ってくることになります。

では、サポート校に支払う学費にも「就学支援金」は適用されるのでしょうか?

答えは、「NO」です。

サポート校に支払う学費分には就学支援金は適用されないことを頭に入れておいてください。

しかし、就学支援金が適用されない分、サポート校においては独自の学費支援制度がある可能性があります。

奨学金や、学費サポート、分割払い制度など、各種制度については学校資料でよ〜く確認しておく必要があります。

就学支援金の他にも公的な学費支援制度はないの?

通学コースがメインの通信制高校や、サポートにも通う場合には学費がどうしても高くなりがちです。

「学費が高い通信制高校に興味がある場合」
「気になる学校がサポート校の場合」

この場合には、学費に関する不安は付き物です。

しかし、学費が高いからと言って簡単に諦める必要はありません

お金が高いからという理由で、将来の進路や可能性について、断念するのは早すぎます。

まずは就学支援金の金額を確定させましょう。

次に、就学支援金の他にも、公的な学費減免制度がないものか、よ〜く調べてみてください。

学費サポート制度は国だけでなく「地方自治体」に設けられていることが多いです。

国や地方自治体による学費サポート制度について、詳しい情報は、学校自身が一番よく知っています。

学校に相談してみると学費に関する悩みが解消される可能性があるので、まずは学校資料を取り寄せてみることが重要です。

学校独自の特待生制度の有無も確認するべし

学校独自の学費サポート制度としては、奨学金制度の他に「特待生制度」というものもあります。

「学業」
「社会活動」
「スポーツ活動」

などにおいて、特に秀でる実績を納めている学生には、学費の全部または一部が免除されることがあります。

特待生制度を設けている学校も少なからずありますので、最新版の学校の募集要項を確認しておきましょう。

学校により選考基準も異なるので、それぞれの学校の学校資料をチェックする必要があります。

通信制高校の情報収集をすることは簡単なことではありません。結局のところ、最終的には最新版の学校資料を確認するしか方法はないので手間はかかります(公式HPの情報は不十分です)。

しかし、手間暇かけて情報収集することで、必ずご家庭やお子さんにとってベストな学校選びをすることが可能になります。

㊙︎学費軽減に!全日制高校から通信制高校への編入・転入

今まで学費が安い通信制高校や、学費減免制度について見てきました。

しかし、学費が軽減される方法は他にもあります(マル秘の方法)。
(公表されている情報なので、厳密には㊙︎ではないのですが、気づかない人もいるので念のためお話ししておきます)

全日制高校から通信制高校に編入・転入する場合には、学費が安くなる傾向があることも認識しておくべきでしょう。

高校1年生から通信制高校に編入・転入した場合の学費

全日制に通って見たけれど、「やはり通信制高校が合っている」というお子さんは結構多くて、通信制高校に編入・転入して入学する人は多数いらっしゃいます。

ここで問題となるのは、全日制高校から年度途中で通信制高校に編入転入した場合、全日制高校の単位を通信制高校に引き継ぐことができるか?ということです。

単位を引き継ぐことができれば、学費が単位数で決定することが多い通信制高校においては、通信制高校に支払う学費が減額される可能性があるからです。

しかし、結論はNO。単位を引き継ぐことは難しいでしょう。

全日制高校においては多くの場合、各学年の終わりに単位取得することができます。

だから年度途中で編入転入する場合には、単位取得できていないのですから単位の引き継ぎをする事は不可能になります。

通信制高校の学費は単位数に応じて支払うことになります。

学費の観点から考えた場合、転入編入は、1年生が終わり2年生になるタイミング(3月4月以降)とするべきです。

高校2年生3年生から通信制高校に編入・転入した場合の学費

高校2年生以降から、全日制から通信制に編入転入する場合には、少なくとも高校1年生の時に取得した単位数があります。

取得済みの単位数を通信制高校に引き継ぐことが可能となることがほとんどでしょう。

高校を卒業するために必要な資格は74単位なので、全日制高校で取得済みの単位数を引いた残りの単位数に応じた学費を支払えば良いことになります。

年度の途中に編入・転入した場合の学費

例えば、あなたが「編入・転入」を考えている場合など、年度の途中から通信制高校に入学するケースでは「授業料が大幅に減額される」可能性もあります。

先ほどは、全日制高校の学費は引き継げないというお話をしましたが、これとは別途、通信制高校に支払う学費は入学年度によって異なることもあります。

通信制高校・サポート校においては、単位数に応じた学費ではなく、一定金額で設定されていることもあります。

この場合、通常の学費は「4月入学」で記載されていることが多いと思いますが、これが「7月〜9月入学」であったり「10月以降の入学」である場合には支払うことになる学費が減額されていることが多いのです。

このような詳細な情報についても、入学年度の学校資料をよく読んで確かめる必要があります。

通信制高校の学費は学校によって異なります。

授業料の他に必要な費用がある可能性もある一方、「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。

実際に支払うことになる金額は、学校資料で確かめておくことが重要です。

通信制高校から資料を取り寄せる≫

出願期間は学校により異なります。直前になって焦らないように、入学資料はこの機会に取り寄せておきましょう!

働きながら、アルバイトしながらという方法も

通信制高校に通う生徒の中には、学校に在籍しながら「アルバイト」など働きながら勉強している人もいます。

勉強との両立は大変かもしれませんが、家庭の事情で働きながら勉強して卒業していく方も少なからずいらっしゃいます。

学校によってはアルバイト可能な学校や、アルバイトは禁止している学校もあります。

アルバイトの可否についても、予め学校に確認しておくとよいでしょう。

学費が安いオススメの通信制高校は?

学費が安いオススメの通信制高校はどこなのか?

今、自分自身が置かれている状況により異なってきます。

  • 新規入学なのか、転入編入なのか?
  • 周囲にはどのような通信制高校があるか?
  • 専門領域を学びたいのか?

正確な学費情報を学校資料で確認して判断することが重要です。

必ず入学年度の学校資料の最新版で確かめるようにしてください。

なぜなら、

通信制高校・サポート校の学費は、年度により金額が異なります。年度途中に金額改定されることもあります。

それに、

就学支援金や国・地方の学費サポート制度、そして奨学金や学校独自の支援制度などの情報も刻々と変化していくからです。

通信制高校・サポート校の公式HPに掲載されている学費情報とは異なる金額であることも珍しくはありません。

気になる学校の情報は必ず、最新版の学校資料で確認するようにしてください。

全国の通信制高校⇒学費・評判一覧

北海道
青森県 | 岩手県 | 秋田県 | 宮城県 | 山形県 | 福島県
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 |
岐阜県 | 静岡県 | 愛知県
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県
福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求