全国の通信制高校・発達障害

【発達障害×通信制高校】 神奈川県で受け入れ可能な高校⇒進路・高校進学と受験(中途退学者にも配慮)

発達支援員
発達支援員
神奈川県で、発達障害児を受け入れ可能な通信制高校を、まとめてみました。

発達障害や学習障害、そして不登校状態にもあるお子さんには「通信制高校」がオススメです。

サポート体制が整備されていて、学校側のサポート力がある通信制高校を選びましょう。

発達障害児の受け入れ体制がある通信制高校から、資料を取り寄せておきましょう。子供に合う学校探しは大変です。

別々に資料請求するよりも、まとめて資料請求した方が効率的です。

通学圏内にある学校に資料請求して、良いと思ったら学校見学して、相談してみることです。どのような対応をしてもらえるか、直接聞くことが1番良いと思います。

学校資料を取り寄せる≫

上記ボタンをクリックすると、代表的な通信制高校の資料と取り寄せることができます。まずは情報収集することが重要です!

発達障害・学習障害児⇒通信制高校の選び方

神奈川県では、発達障害・学習障害児に対応した通信制高校が多く設置されています。

私立制の通信制高校であれば、公立の学校よりも、きめ細やかな対応をしてもらえることが多いです。

神奈川県内で通信制高校を選ぶ際は、子供の状態・特性に合わせて個別サポートしてくれる通信制高校を選びましょう

個別サポート体制を確認する際には、

  1. マンツーマンの個別対応をしてくれるか
  2. 専門のカウンセラーが設置されているか
  3. 勉強の遅れをサポートしてくれるか
  4. 生徒同士の交流を後押ししてくれるか

そんな視点から、子供に適した通信制高校選びをすることです。

以下では、神奈川県で発達障害・学習障害の受け入れ体制がある通信制高校・サポート校を見ていきたいと思います。

【発達障害】 神奈川県で受け入れ可能な通信制高校・サポート校

学校名評判特徴
鹿島学園高等学校鹿島学園高校では、「週1日だけ登校するコース」「個別指導してくれる家庭教師制コース」「ネットテレビ電話での学習指導コース」など、多くのコースの中から子供に合っている学び方を選べます。全国各地にキャンパスがあるので、スクーリングも便利な学校です。
KTCおおぞら高等学院KTCおおぞら高校では「マイコーチ」の先生が個別サポート。マンツーマン体制で子供と向き合ってくれます。学校のスタッフはメンタルサポート研修を受けており、家族支援カウンセラーの資格を持ったスタッフも常駐。ご家庭の悩み相談にも応じてくれます。
飛鳥未来高等学校飛鳥未来高校には、
「週1日からの登校スタイル」
「専門科目を自由に選択」
「参加自由の学校行事」
「個別の学習・メンタル・進路サポート」
など、個別のサポート体制も整っています。
クラーク記念国際高等学校クラーク記念国際高校は通信制でありながら、制服がある通学制の学校です。全日制高校と同様のキャンパスライフを送れるので、友達や先生とコミュニケーションを取る機会も多く、学校行事・部活にと、充実した高校ライフを送れます。
松蔭高等学校本校が山口県にある松蔭高等学校では、
発達障害を含め教育問題に直面している人のためのサポートステーションが設置されており、子供の状態や心身の健康状態、進路の希望等を聞いて相談に乗ってくれます。
代々木高等学校代々木高校では、臨床心理士、家族支援カウンセラー、コミュニケーションセラピスト、発達障害学習支援サポーターなどの専門家がおり、サポートを受けることができます。発達支援コースも設置されています。
第一学院高等学校第一学院高等学校は、「生徒第一」「1/1の教育」を教育理念とした通信制高校で、学習のサポート・心のサポート・進路のサポートの3つが整っています
八洲学園高等学校八洲学園高校は、保護者や在校生、卒業生からの評判が良い通信制高校。発達障害の方と保護者に嬉しいサポート体制が整っており、中でも学習環境の支援に関しては特別です。
5年制クラスは毎日通学するクラスで、発達障害などでより支援を要する方に時間をかけた支援を実施しています。
YMCA学院高等学校通信制のYMCA学院高校は、青少年の育成において国際的な社会活動を展開するYMCAを母体としています。発達障害に適したコースも設置されています。

神奈川県には、多数の通信制高校のキャンパスがあります(上記学校は一例です)。

通信制高校は学校ごとに特徴があるので、子供に適した制度や雰囲気がある学校をセレクトしやすいと思います。

大手の通信制高校や、良さそうな学校の詳細は学校資料を取り寄せて確認しておきましょう。その中から気になる学校を選んで、実際に足を運んでみて「子供に合っているかどうか」体感して確かめることが大切です。

神奈川県には、発達障害児・学習障害児向けのサポートに力を入れている学校が複数あります。自分の子供にとってベストな選択をするために情報収集は怠らないようにしましょう。

発達障害・学習障害に理解のある通信制高校の探し方(神奈川県)

通信制高校を探すときには、なるべく多くの学校から資料を取り寄せてみて、子供と一緒に学校選びをすることが大切です。

発達障害といっても1人1人困難さや生きづらさは違いますし、まず第一に大事にすべきことは本人の意思です。

学校選びについても、最終的には本人に決定権を与えることが大事となります。

本人が自己決定できるためにも、周りにいる家族が、本人に選択肢をできるだけ多く提示してあげることが大切です。

いろいろな通信制高校の学校資料を比較検討して、2〜3校ピックアップして実際に学校見学し、先生と関わってみることが大事になってきます。子供本人と一緒に見学に行くことが望ましいです。

通信制の高校にも今はいろいろなタイプがあり、完全に在宅での学習・週に数回の通学があるパターンなど、各学校・各コースによっても違ってきます。

子供の学習レベルや、登校状況、性格なども踏まえたうえでの決定になるとは思いますが、

何よりも「なんのために高校に行くのか/高校に行って何がしたいのか」ということが少しでも明確になっていれば、さらに進路は決めやすくなってくるかと思います。

通信制高校が学校ごとに学費が違えば、サポート体制・雰囲気なども全く異なります。

お子さんの意見を踏まえながら、学校資料を比較検討した上で、実際の学校の雰囲気を肌で確かめることが大切です。

発達障害児⇒通信制高校へ進学・受験・進路(神奈川県)

発達障害とは、「個人の特性」と「周囲の環境」との相互作用によって生まれるものです。

高校選びをする際には、世間一般の常識に当たり前にとらわれず、本人の苦手分野と得意分野を見極めて判断することです。

ご家庭が子供にあった環境を整えてあげれば、発達障害のお子さんも、生きづらさを減らすことができます。

サポート体制が整備されている通信制高校に進学するようにしましょう。

【家から通える学校選び】神奈川県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから神奈川県には公立の通信制高校が2校が設置されています。また私立の通信制高校は、広域制の通信制高校を含めると複数所在しており、横浜市・厚木...

発達障害児対応に優れる通信制高校(神奈川県)

以下において、各通信制高校の発達障害児対応の口コミ情報を掲載しています。

飛鳥未来高校(神奈川)⇒発達障害対応の評判・口コミ

飛鳥未来高等学校では、選択できる学習コースが多いため、子供に合っている通い方を選択することができます。

担任の先生が常に連絡を取ってくれ流ので、生活リズムの管理や提出物の管理などもしっかりとフォローしてくれる体制が整っています。

通信制高校には珍しいですが、飛鳥未来高等学校では学校行事が多く、毎年たくさんの行事が行われています。修学旅行では沖縄に行ったりもしていたり、遠足ではミカン狩りや水族館などに行くこともあるそうです。

通信制高校の評判「飛鳥未来高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、入試・進学実績をチェック! 飛鳥未来高等学校は、学校法人三幸学園が母体となる通信制高校です。 自分のペースで学べて、服装は制服でも私服でも可能...
卒業生
卒業生
学校行事はもちろん参加するとそれも単位になりますが、強制参加ではないです。学校の先生はフレンドリーですし、細やかな相談にも乗ってくれました。

八洲学園高等学校(神奈川)⇒発達障害対応の評判・口コミ

八洲学園高等学校では、発達障害児の方に向けたサポート支援が実施されています。

通信制高校の中でも珍しく「5年制」クラスが設置されており、ゆっくり着実に学ぶことが可能です。

八洲学園高等学校の5年生クラスでは、学校に毎日通学して、社会における集団生活に適応できるように時間をかけた教育支援が実施されています。

通信制高校の評判「八洲学園高等学校」⇒偏差値・口コミ・学費、進学実績をチェック! 八洲学園高等学校では、中学校の学習内容からの学び直して、高校の基礎レベルまで固めていきます。 不登校経験があったり、勉強が苦手...

YMCA学院高校(神奈川)⇒発達障害対応の評判・口コミ

YMCA学院高等学院では、生徒1人1人のペースや考えを尊重することを重視しています。

過去に不登校経験があり、学校に顔を出すことすらも出来なくなってしまった発達障害の生徒に対しても、1年ほどかけて家庭訪問を行い、ゆっくりでも卒業ができるようなスケジュールを一緒に立てるなどの対応をしてくれるようです。

卒業生
卒業生
YMCA学院高等学院では、担当する先生にもよると思いますが、生徒たちの意見や気持ちを第一に考えてくれます。発達障害にも適している学習コースが設置されています。

クラーク記念国際高校(神奈川)⇒発達障害対応の評判・口コミ

クラーク記念国際高等学校には、もともと不登校だった生徒や、教室に入ることができずに保健室登校だった子供も元気に通っています。

全日制と同様の通学スタイルを採用していますが、雰囲気が良いので不登校経験者も通学できる環境があるようです。

クラーク記念国際高等学校では、学習面でかなりの遅れがある生徒を積極的に受け入れています。

【リアルな評判】クラーク記念国際高校の口コミ・学費・偏差値を確認する! クラーク記念国際高校は通信制でありながら、制服があり、毎日通学する学習スタイルを採用しています。 全日制高校と同様のキャン...
卒業生
卒業生
クラーク記念国際高等学校では入学試験も面接のみで、簡単なものなので、だれでも入学することが可能です。

発達障害には通信制高校がオススメの理由(神奈川県)

通信制高校にもよりますが、神奈川県には1人1人の状況や学習レベルに合わせて個別サポートしてくれるという評判の学校を多く見かけます。

「全日制高校」に入学してしまうと、学習カリキュラムが決まっているので、毎日学校に通って、学校のテストで及第点を取らなければ進級できません。

しかし「通信制高校」の場合、ほとんどが学校に通うことなくレポートやスクーリングだけで単位が取得できるので卒業が容易です。単位制の学校であればそもそも留年という概念もありません。

個別サポートが手厚い学校などでは、生徒の学力レベルに合わせて小学校や中学校の内容を再度教えてくれるような教育システム体制が整備されています。

定期テストも比較的簡単で、教科書を読んでいればそれなりの点数が取れるようなシステムになっているところが多いです。

担任の先生がいるため、必要な単位を取るためのスケジュール管理なども、一緒にサポートしてくれる場合が多いです。

通信制高校には普通高校と違い、3年間で卒業しなくても、4年間で卒業することも可能です。

3年間で卒業する場合にも、スクーリングが少ない分、日中の時間の使い方も自由に考えることができるところもおすすめです。

通信制高校の生徒の中にはバイトをしながらの子や、デイに通いながら通信制高校に通っている子も多数います。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求