渡辺高等学院

通信制高校の評判「渡辺高等学院・東京校」⇒偏差値・口コミ・学費、入試・進学実績をチェック!

卒業生の青空です。
卒業生の青空です。
渡辺高等学院(東京校)の卒業生です。内部生だけ知っている情報も交えてお話しします。通信制高校選びの参考にしてください!

渡辺高等学院は、芸能プロダクションの「ワタナベエンターテインメント」が運営するワタナベエデュケーショングループが開校した通信制高校のサポート校です。

この学校では、エンターテイメントのレッスンを受けながら、高校卒業資格を取得できます。

芸能活動で活躍するための教育のみならず、レッスンを通じて自分を表現するコミュニケーション力に磨きをかけていきます。

渡辺高等学院では、指定校推薦制度や大学進学サポートを利用して、大学に進学する人も多いです。

渡辺高等学院の特徴・評価

渡辺高等学院

芸能プロダクション直営

デビューチャンスあり

大学進学サポート

料金の安さ
4
卒業のしやすさ
8
進学実績
5
芸能授業の充実度
9
渡辺高等学院に入学するには、提携する第一学院高等学院にも入学する必要があります。それに芸能コースなど多様なコースがあるルネサンス高等学校ヒューマンキャンパス高等学校を合わせて検討する人が多いです。

まとめて学校資料を取り寄せてると効率的です!


TOP偏差値進学実績評判芸能人校舎

通信制・渡辺高等学院の基本情報

属性サポート校
提携する通信制高校第一学院高等学校
校舎東京本校(恵比寿・中目黒)、名古屋校、大阪校
週5日制コース・エンターテイメント総合
・ヴォーカリスト総合(東京)
・エンターテイメント総合ヴォーカル
週3日制コース・アクターズコース
・ヴォーカル&ダンスコース(東京)
・ダンスパフォーマーコース(名古屋・大阪)
学費118万円〜
入学可能エリア全国
スクーリングあり(年1回)

渡辺高等学院では、提携する通信制高校「第一学院高等学校」の先生による対面授業・配信授業を受講することができます。

第一学院高等学校の先生から、学習サポートを受けたり、進路相談に乗ってもらうことができるので、夢を追う活動と、勉強を両立させることができます。

「ルネサンス高等学校」や「ヒューマンキャンパス高等学校」と比較検討する人が多いので、合わせて資料請求しておきましょう。

学校資料を取り寄せる≫

渡辺高等学院の学費・授業料

エンターテイメント総合コース(週5日制)の学費

入学金23万円
授業料75万円
設備維持費15万円
実習費10万円
(合計)123万円

ヴォーカリスト総合コース(週5日制)の学費

入学金23万円
授業料75万円
設備維持費15万円
実習費10万円
(合計)123万円

エンターテイメント総合ヴォーカルコース(週5日制)

入学金23万円
授業料75万円
設備維持費15万円
実習費10万円
(合計)123万円

アクターズコース(週3日制)の学費

入学金17万円
授業料45万円
設備維持費10万円
実習費10万円
(合計)82万円

ヴォーカル&ダンスコース(週3日制)の学費

入学金17万円
授業料45万円
設備維持費10万円
実習費10万円
(合計)82万円

ダンスパフォーマーコース(週3日制)の学費

入学金17万円
授業料45万円
設備維持費10万円
実習費10万円
(合計)82万円

上記の授業料は入学時期により金額が異なります。

例えば、7月〜9月入学の方は、授業料が週5日制で「56万円」、週3日制で「33万円」となります。

通信制高校(第一学院高校)の学費

入学金1万円
施設設備費1万円
授業料30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

渡辺高等学院は通信制高校のサポート校なので、提携している通信制高校(第一学院高等学校)にも同時に入学する必要があります。

第一高等学院を卒業しなければ高校の卒業資格を取得できません。

つまり、2つの学校に学費を支払う必要があります。入学するコースにより金額が異なるので今年度の学校資料を取り寄せて確認する必要があります。

就学支援金・自治体の上乗せ支給・AO優秀者特典

通信制高校は就学支援金の対象になるので、就学支援金の申請をして認められれば、授業料が減免されます。

自治体独自の上乗せ支給制度を活用できたり、渡辺高等学院の低金利の教育ローンも活用できる可能性もあります。

それにまた、渡辺高等学院では、AO入試の結果特待生評価を得た方には、優秀者特典が用意されています。手厚いサポート制度です。

<優秀者特典の内容>

  1. 授業料が全額免除or一部免除
  2. デビューに向けたバックアップ

その他に必要となる学費・費用

渡辺高等学院に通った場合に、その他支払うことになる費用としては、

  • 教材費
  • 学校行事費用
  • スクーリング費用

といったところでしょう。

渡辺高等学院に通う場合、提携する「第一学院高等学校」にも在籍することになります。

「ルネサンス高等学校」や「ヒューマンキャンパス高等学校」が、渡辺高等学院と比較対象になりやすい通信制高校です。

「第一学院高等学校」、「ルネサンス高校」・「ヒューマンキャンパス高校」からは、まとめて資料を取り寄せておくと効率的です。

学校資料を取り寄せる≫

出願期間の直前になって焦らないようにこの機会に学校資料を取り寄せておきましょう!

渡辺高等学院(東京校)の学費は高いほうだと思います。

やはり有名人も多く通っていたところなので、それなりのお値段はします。しかし、大手の芸能プロダクションが運営している学校なので仕方なかったかなと思います。

他の安い通信制高校に比べたら、学生の待遇もそれなりに良かったし、通ってよかったと思います。

普通の高校と比べても、授業内容や教えてくれる内容が、変わらなかったので、すごい学校だったなと感じました。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
↑学費が安い通信制高校のことをまとめているので、確認しておきましょう。学費を減免させるためのマル秘情報も記載しています。

国や地方公共団体の制度、学校の制度の他にも、自らの工夫で学費を安くすることも可能です。

通信制・渡辺高等学院の偏差値・入学難易度

渡辺高等学院の偏差値

渡辺高等学院(東京校)には偏差値はありません。渡辺高等学院は通信制高校のサポート校であり、また筆記試験がないので偏差値という概念が存在しないのです。

渡辺高等学院の入学審査においては「勉強の成績」は審査項目に入っていません

偏差値がないと、「入学審査はどのように行われているのか?」という疑問が湧いてきます。

渡辺高等学院への入学を希望する人は、(全日制高校におけるような)偏差値という数値基準を意識する必要はないのですが、

実際の入試選抜の状況を把握しておく必要があります。

渡辺高等学院における「入試選抜」の様子を確認することで、

「入学審査はどのように行われるのか?」
「入学難易度はどれほど高いのか?」

ということを確認しておきましょう。

また、卒業生の進路状況を確認することでも、渡辺高等学院に在籍する人の学力レベルを把握できるので参考になります。

渡辺高等学院の入学難易度

<入試形態><選考方法>
一般入試①課題レポート(作文)
②エントリーシート
③面接審査
AO入試①自己PR
②実技審査
③質疑応答

渡辺高等学院の入試には「一般入試」と「AO入試」の2つがあります。

一般入試とは「渡辺高等学院への入学意志、夢に対する熱意とやる気を、課題レポート・セルフプロデュースシート(エントリーシート)、面接の3科目を通して評価する一般試験制度です。

一般入試とAO入試の違いは、「実技審査」の有無となります。

渡辺高等学院では独自の審査が実施されており、どのような審査基準に基づくものかが不明ですが、一般入試においてもAO入試においても、「経験や技術」よりも、受験生の「熱意・人間性」に着目した審査が行われています。

渡辺高等学院では偏差値というような客観的な基準が明示されない分、受験生にとっては「どのような判断基準で選考されているのかが解らず」難易度が高く感じるところがあるかもしれません。

渡辺高等学院に入学するには面接・質疑応答が重要

渡辺高等学校の入学試験では、筆記試験がない代わりに、「将来何になりたいか」「何を目指しているか」について、作文に書いて提出くださいと言われます。この作文は面接でも利用されることが多いようです。

面接試験でも「何に熱意」があって、「どんな夢を追っているのか?その夢に対してやる気があるか」ということが聞かれます。

渡辺高等学院には学力テストがない代わりに、合格するには面接が重要な選考ポイントとなります。

面接の際に確認されるのは「入学意思、やる気」です。

渡辺高等学院に入学してから「どのような生活を送るつもりか」
面接官の質問にも答えられるように、学校のことはよく研究しておきましょう。学校資料は熟読しておくことが重要です。

同級生の周りの人たちもやはり、やる気のある人がいたり、やりたいことに関してちゃんと目標を立てている人が多かったです。

私は何か場違いだったかなと思えるぐらい、やる気のある同級生ばかりでした。渡辺高等学院は人気がある高校なんだなと再認識です。

受験する通信制高校において、「どのような入学審査が行われているのか?」最新版の学校資料で確認しておきましょう。

多くの学校では学力審査は実施されず、面接重視で合否判定が行われています。
 

面接においては、

「学校のことをどれほど研究しているか?」
「入学意思はどれほど強いのか?」
「入学して具体的にどのような学校生活を送りたいのか?」

ということが確認されているため、学校のことをよ〜く理解しておくことが重要となるのです。
 

気になる学校や、入学希望の通信制高校の学校資料は、早めに取り寄せて熟読しておく必要があります。

昨今では入学希望者が増えており、定員オーバーになるケースも散見されます。入学意思をアピールすることが重要になるケースがあります。

今のところ不合格になるケースは少ないようですが、きちんと準備して試験に臨む必要があります。

渡辺高等学院には偏差値が低くても入れるの?

渡辺高等学院の入学審査においては、筆記試験は実施されておらず、学力や偏差値は合否判定に考慮されいません。ですから、偏差値が低くても合格して入学することができます。

中学校では勉強の成績が悪かったり、不登校だった人でも合格しています。

渡辺高等学院では個々の学力レベルに合わせた勉強が行われるので、入学直後は偏差値が低かった生徒でも、偏差値の高い有名大学(慶應大学など)に合格する人もいます。

渡辺高等学院には偏差値はないけれど、偏差値をあげる教育が行われていることがわかります。

渡辺高等学院の入学審査を突破!合格偏差値を上げる3つの指針

渡辺高等学院では、3つの教育指針を重要視しているので、ここで紹介しておきます。学校資料も取り寄せて正確に把握しておいてください。

渡辺高等学院における一般入試・AO入試における合格審査基準は公表されていませんが、この教育指針は少なからず入学審査においても考慮されていると思います。

<合格偏差値を上げる3つの教育指針>

  1. 人間力
  2. 技術力
  3. 実践力

入学試験において、最も重要なのは「人間力」です。

人と人とのコミュニケーションは挨拶から始まるので、

渡辺高等学院では挨拶の重要性を徹底して教えていますし、言葉使いやメール・電話のマナー、モラルについても教育指針に掲げています。

あたり前のことをあたり前にできる生徒であるか?ということが見られているはずです。

渡辺高等学院への合格を確実なものにしたい人は、挨拶や言葉遣い、提出書類の文章がチェックされている可能性が高いということに意識を傾けておきましょう。

以上が、渡辺高等学院への合格偏差値を上げるための、留意事項です。

渡辺高等学院に入学すると、提携する「第一学院高等学校」にも入学することになります。また、「ルネサンス高等学校」や「ヒューマンキャンパス高等学校」を合わせて検討する人が多いです。

これらの学校資料はまとめて取り寄せると効率的です。比較検討すると理解が深まります。

学校資料を取り寄せる≫

出願期間の直前になって焦らないようにこの機会に学校資料を取り寄せておきましょう!

渡辺高等学院のコース紹介

週5日制の総合コース

渡辺高等学院には2つの学習コースがあります。

まず「週5日制」のコースは、エンターテイメント業界で活躍する夢を叶えたい方に適しており、『3つのコース』が設定されています。

①エンターテイメント総合コース

エンターテイメントのレッスンを総合的に受けられるコース。「俳優・女優・モデル・声優・アイドル・タレント」のそれぞれのレッスンを受けることで自分の適性を把握できます。実践的で充実したレッスンを受けることができます。

②ヴォーカリスト総合コース

ヴォーカリスト・シンガーソングライター・声優アーティストを職業とするために、歌うスペシャリストのレッスンが提供される他、オリジナル楽曲の制作&プロデュースまでを実現できます。

③エンターテイメント総合ヴォーカルコース

ヴォーカリスト・声優アーティスト、アイドル、俳優・女優を目指す人向けのコース。歌と演技の両方に特化したコースです。幅広いジャンルで活躍する人材を育成します。

週3日制のセレクトコース

次に「週3日制」のコースは、エンターテイメントの夢と、大学進学の夢を両立させたい方に向いているコースです。

「アクターズ」と「ヴォーカル&ダンス」、そして「ダンスパフォーマーコース」という3つのコースが設定されています。

①アクターズコース

俳優・女優としての専門的レッスンが受けられるコースです。映像・舞台などあらゆるフィールドで活躍できるように、活躍発声・滑舌という基礎レッスンから、台本を使用しての実践的なレッスンを受講します。

②ヴォーカル&ダンスコース

ヴォーカリストを目指して専門的レッスンを受講できるコースです。発声やリズム、ステージングなどの基礎レッスンからオリジナル曲の作詞・作曲など幅広くレッスンを受けることが可能です。

③ダンスパフォーマーコース

ダンサーを目指して、実践的なダンストレーニングなどのレッスンを行います。メインのダンスに加えて、選択授業で演技や歌唱を選ぶことも可能です。

私は週3日のセレクトコースで学びましたが、週5日の総合コースに通っている友達に聞いたら、舞台稽古や歌のレッスンなどやっていたそうです。表舞台でいろんな分野で活躍する勉強ができると聞きました。

勉強中心の意識で学校に来ている人は、大学受験のための授業などを中心に行うセレクトコースに行っている人が多かったです。

通信制・渡辺高等学院(東京校)の卒業生と就職情報

渡辺高等学院(東京校)の卒業生には、

  • 中村昌也
  • 山崎祐貴
  • フォーリンラブ
  • ハライチ
  • サンシャイン池崎
  • あばれる君
  • ハナコ
  • イモトアヤコ
  • 平野ノラ
  • Little Glee Monster

など著名な芸能人がいます。

その他にも、慶應大学をはじめとして有名大学に進学する方もいらっしゃいます。人それぞれです。

進路決定で助かることは、進路相談を手厚くサポートしてくれるところです。

卒業後は、芸能事務所に所属するか、大学に行くか、就職するかで、先生から進路によって、紹介してくれる呼びかけがありました。

渡辺高等学院のデビューオーデション

渡辺高等学院では、デビューオーデションが年3回(7月・10月・2月)実施されています。芸能界デビューの可能性が広がる公開スカウトオーディションです。

デビューオディションの特徴
  1. 1回平均で300社以上の事務所を招致
  2. 出席率95%以上で事務所に直接プレゼン
  3. 事務所所属をサポート

ワタナベエンターテインメントだけでなく、多くの芸能プロダクションやレコード会社、モデルエージェンシーなど1000以上の事務所を招いた公開プレゼンテーションとなるので、デビューできる可能性が高いことで有名です。

出場者・Oさん
出場者・Oさん
入学前からモデルを目指して3年間レッスンに励みました。デビューオーディション本番まで、何度も練習しました。本番ではいつも通り以上の自分を見せられたと思います。想像以上の数の事務所さんからお声がけいただき自分でも驚いています。

渡辺高等学院(東京校)に入学後学べること(口コミ)

私が通ったセレクトコースでは、基本、勉強中心なんですけど、演技力や発音練習、ダンスレッスンなども特化されておりました。

演技で表現力が身についたり、実際にステージに立って、演技をしたり、表情や動きのレッスンなどを学びました。

ある程度演技が身につけば、授業内で課題を発表したり、舞台製作などにも打ち込んでいました。

発音練習で歌唱力も身に付き、ここでしか習わない発音方法や呼吸法を学んで、基礎的なトレーニングを積んでいました。

ダンスもヒップホップからジャズダンスまで様々な体に動きのある表現方法を覚えて身に着けていました。

渡辺高等学院⇒入学後のライフスタイル(口コミ)

渡辺高等学院(東京校)の学生生活は、とても楽しかったです。

最初、入学後は知り合いもおらず馴染めるかなと不安でしたが、入学してみると人として人間力がある人がたくさんいました。

打ち解けることが出来るように、みんな気遣ってくれました。

わたしもコミュニケーションが全然取れなかったんですけど、だんだん会話もうまくなってきて、周りの人間に恵まれたおかげだと思います。

先生も一人一人がプロデュース力があり、生徒の育成をしっかりやってくれるとてもいい先生ばかりでした。

通信制高校選びの際に迷った学校

わたしは「渡辺高等学院(東京校)」の他には、特に迷った学校はなかったです。

渡辺高等学院に資料請求してみて、芸能プロダクションが運営しているところだったので、「この学校にいきたい!」と思いました。

演技や発声レッスンを学べる学校なんて他になかったので、楽しそうな場所だなと思ったって、この通信制高校に決めました。

将来芸能人デビューする芸能人にも会えると思ってたので、渡辺高等学院(東京校)に行くことにワクワクしてました。

通信制渡辺高等学院の口コミ評判

卒業生
卒業生
渡辺高等学院(東京校)には、夢のために通っている人も多かったので、安易な気持ちで授業しちゃいけないなと思いました。
私は勉強だけしっかりとやっていて、ほかのレッスンなどはあまり熱心にやってなかった記憶があります。
芸能界に向けて自分の望んでいる授業を一生懸命やっている人たちと比べたら、自分は別に芸能界に興味がほとんどなかったので、
ダンスや演技など、結構適当にやってたのを覚えています。夢を追いかけている人に比べたら、かなり失礼な態度で授業をのぞんでいたなと思いました。
卒業生
卒業生
大手のワタナベエンターテインメントがやっている学校だったので、表舞台にたつような芸能人に向いている方たちが行く場所だなと思いました。
勉強も大事ですが、ここの学校は勉強より芸能界に向けてのレッスン中心の場だったので、行っていて楽しかったんですけど、
やはり、本気でプロの芸能人になりたい人向けに授業がおこなわれているところだなと感じました。
テレビに出ている芸能人もこのような授業をしていたと思うと、やはりみんなプロだなと思いました。
卒業生
卒業生
渡辺高等学院は特殊なところだなと思いました。普通の通信制学校でもこんな芸能に向けてのダンスや演技などのレッスンを受けるなんて、
他のところではありえなかったなと思います。芸能界目指してなかったんですけど、普通にいい経験したなと感じました。
別に芸能界を目指してなくても、楽しく授業ができる場だったので一般人として入ろうとしても、表現力や人間力がつくのでとてもいい場所だなと思います。

自分に合った通信制高校を選ぶこと!

家から通学可能な通信制高校を幾つかピックアップしてみることが重要です。

資料請求をした中から、本当に子どもに合った学校を探すことからは始めてみましょう資料請求はお早めに!

渡辺高等学院の場合、提携する「第一学院高等学院」にも入学する必要があります。「ルネサンス高等学校」や「ヒューマンキャンパス高等学校」を合わせて検討する人も多いです。

これらの学校からは、まとめて資料請求すると効率的です。

通信制高校の情報をまとめて取り寄せる▶︎

通信制高校の場合、受け入れ可能人数との関係で、募集人数が設定されているケースがあります。焦ることがないように、気になる学校の資料は取り寄せておきましょう。

渡辺高等学院、そして提携する第一高等学院の資料を取り寄せておくことが重要です。また、合わせてルネサンス高等学校やヒューマンキャンパス高等学校など、芸能コースがある通信制高校からも資料を取り寄せて比較しておきましょう

その他、渡辺高等学院の口コミ・評判

卒業生
卒業生
校則厳格度
先生の対応
施設の良さ
卒業難易度
進学の実績

<2021年4月>芸能界を目指して入学して良かったと思います。同級生には自分と同じ夢を持っている(続きを読む)

卒業生
卒業生
校則厳格度
先生の対応
施設の良さ
卒業難易度
進学の実績

<2019年4月>渡辺高等学校では勉強だけでなく、自主的な活動にも活動のウエイトをおいています。(続きを読む)

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求