全国の通信制高校・発達障害

【発達障害×通信制高校】 埼玉県で受け入れ可能な高校⇒進路・高校進学と受験(中途退学者にも配慮)

発達障害児の母
発達障害児の母
埼玉県で、発達障害児を受け入れ可能な通信制高校を、まとめてみました。

発達障害のお子さんは通信制高校に通うと良いと思います。

通信制高校選びをする際には、その学校にはカウンセラーや心理士がいるか?どれくらいの教育経験があるか等、よく見極める必要があります。

発達障害児の受け入れ体制がある通信制高校のうち、気になる学校からは、学校資料を取り寄せておきましょう。。

通学圏内にある学校に資料請求して、良いと思ったら学校見学して、相談してみることです。どのような対応をしてもらえるか、直接聞くことが1番良いと思います。

学校資料を取り寄せる≫

上記ボタンをクリックすると、代表的な通信制高校の資料と取り寄せることができます。まずは情報収集することが重要です!

発達障害・学習障害児⇒通信制高校の選び方

埼玉県にも、発達障害・学習障害の受入体制が整っている通信制高校が多く所在しています。

おすすめは私立の通信制高校です。

なぜなら、公立制の通信制高校よりも、私立の通信制高校・サポート校の方が発達障害に対して、きめ細やかな対応をしてもらえるからです。

通信制高校を選ぶ際は、子供の状態・特性に合わせて個別サポートしてくれる通信制高校を選びましょう

埼玉県で発達障害の受け入れ対応をしてくれる通信制高校を選ぶ際には、

  1. マンツーマンの個別対応をしてくれるか
  2. 専門のカウンセラーが設置されているか
  3. 勉強の遅れをサポートしてくれるか
  4. 生徒同士の交流を後押ししてくれるか

そんな視点から、子供に適した学校選びをすると良いでしょう。

以下では、埼玉県で発達障害・学習障害の受け入れ体制がある通信制高校・サポート校を見ていきたいと思います。

【発達障害】 埼玉県で受け入れ可能な通信制高校・サポート校

学校名評判特徴
クラーク記念国際高等学校クラーク記念国際高校は通信制でありながら、制服がある通学制の学校です。全日制高校と同様のキャンパスライフを送れるので、友達や先生とコミュニケーションを取る機会も多く、学校行事・部活にと、充実した高校ライフを送れます。
鹿島朝日高等学校鹿島学園高校では、「週1日だけ登校するコース」「個別指導してくれる家庭教師制コース」「ネットテレビ電話での学習指導コース」など、多くのコースの中から子供に合っている学び方を選べます。全国各地にキャンパスがあるので、スクーリングも便利な学校です。
KTCおおぞら高等学院KTCおおぞら高校では「マイコーチ」の先生が個別サポート。マンツーマン体制で子供と向き合ってくれます。学校のスタッフはメンタルサポート研修を受けており、家族支援カウンセラーの資格を持ったスタッフも常駐。ご家庭の悩み相談にも応じてくれます。
飛鳥未来高等学校飛鳥未来高校には、
「週1日からの登校スタイル」
「専門科目を自由に選択」
「参加自由の学校行事」
「個別の学習・メンタル・進路サポート」
など、個別のサポート体制も整っています。
あずさ第一高校あずさ第一高校では、通学頻度を選べるし、興味のあることを伸ばせるオリジナルのコースが設置。スクールカウンセラー(臨床心理士)が配備されており「心の相談室」もキャンパスに設置されてます。
第一学院高等学校第一学院高等学校は、「生徒第一」「1/1の教育」を教育理念とした通信制高校で、学習のサポート・心のサポート・進路のサポートの3つが整っています

埼玉県には、多数の通信制高校のキャンパスがあり、発達障害のお子さんを受け入れてくれています。

通信制高校ごとに発達障害対応に関する特徴があるので、子供に適した制度や雰囲気がある学校をセレクトしやすいと思います。

良さそうな学校の詳細を学校資料で確認したら、実際に足を運んでみて「子供に合っているかどうか」体感して確かめることが大切です。

上記学校は一例です。埼玉県には、発達障害児・学習障害児向けのサポートに力を入れている学校が複数あります。自分の子供にとってベストな選択をするために情報収集は怠らないようにしましょう。

発達障害・学習障害に理解のある高校の探し方(埼玉県)

埼玉県で発達障害に理解がある通信制高校を探す際には、子供のことをよく理解して、丁寧に個別対応してくれる学校を選ぶことが大切です。

発達に偏りがあり子供は、自分のことを上手く言語化できない場合が多いからです。

発達障害児に対して理解がない高校に入学してしまうと、教職員の中にはいまだに「生徒のため」と言って、嫌がることもに無理に何かをさせようとする先生がいます。

しかし自分のことを言語化するのが苦手な子供は、先生に対して反論することができません。

発達障害・学習障害の子供は、本人のペースを尊重してあげなくてはなりません。学校に発達障害の受け入れ体制が出来ているか、事前に調べて決めることが大事なのです。

通信制高校の中にはカウンセラーが常駐している学校がありますが、カウンセラーといっても、臨床心理士の資格を取っていない先生だと、発達障害に対する理解が浅く、子供のペースを尊重してあげない人もかなりいます。

埼玉県内には通信制高校が複数ありますが、その学校が自分の子供のサポートをしてくれるのか、しっかりと見極める必要があります。

以下において、各通信制高校の発達障害児対応の口コミ情報を掲載しています。

KTCおおぞら高等学院の発達障害対応・埼玉県(口コミ・評判)

埼玉県内で発達障害児を受け入れてくれるオススメの通信制高校の一つに、「KTCおおぞら高等学院」があります。

発達障害の子供の中には、もともと手作業が合っている子供、身体を動かすのがあっている子供、普通に読み書きがあっている子供がいます。さらには最近だとパソコンやネットなどのITがあっている子供など、様々なタイプがいます。

KTCおおぞら高等学院では子供の適性を探りながら、どのコースで何をするのかを選んでいくので、子供の個性に合った対応をしてもらえます。

手仕事があっているならネイリストのコースや漫画、アニメのコースがありますし、パソコンやネットがあっているのならプログラミングのコースもあります。

大学や専門学校で何かを学びたくなったら、KTCおおぞら高等学院には「進学コース」もあるので、子供の個性に合った様々な対応ができます。

これからは普通の高校よりも、通信制高校のほうが時代に合っていると思います。

【通信制高校】KTCおおぞら高等学院のすべて!⇒偏差値、入学試験・評判、授業料、キャンパスの場所 KTCおおぞら高等学院(旧KTC中央高等学院)は、鹿児島県の屋久島にある通信制高校(屋久島おおぞら高等学校)のサポート校です。 ...

発達障害に通信制高校がオススメできる理由(埼玉県)

通信制高校であれば「通学スタイル」や「学習内容」を自分で選べる幅が広がります。マイペースで学べる環境が整備されているのです。

発達障害児には、自分のペースで学ぶことができる通信制高校がオススメです。

個人の個性・判断を尊重すると考えは、全日制の高校においては配慮されていません。

普通の高校に進学してしまうと、大学進学や就職を意識して、目に見える形ばかりの評価がされてしまいます。

子供に合った生活スタイルで学べる通信制高校は、発達障害の子供には適しています。

【家から通える学校選び】埼玉県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから 埼玉県には公立の通信制高校が1校と私立の通信制高校が複数開校しています。広域制の通信制高校のキャンパスは、さいたま市・所沢市・川...

発達障害児の高校進学・受験・進路(埼玉県)

十代の子供は、育つ環境次第でどのようにも成長します。発達障害の子供であれば尚更です。

高校生という成長期に、子供の特性に合った教育を与えられるか?ということは非常に重要なのです。

従来型の画一的な教育では発達障害児に適した教育をすることはできません。

画一的な教育指導をする学校よりも、通学や授業内容が多様な通信制高校のほうが、発達障害のお子さんには適しています。

多様なタイプの子供に対応できる通信制高校であれば、子供の能力を開花させることが出来ます。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求