全国の通信制高校・発達障害

【発達障害×通信制高校】 千葉県で受け入れ可能な高校⇒進路・高校進学と受験(中途退学者にも配慮)

千葉県で、発達障害児を受け入れ可能な通信制高校を、まとめてみました。

私は今、千葉県内で発達障害を抱える子を育てています。

親だからこそ、子供の悩み、苦しみも手に取るように分かりますし、解決できた発達障害に関わる問題もいくつもあります。

そこ発達障害を抱える母親目線で、発達障害の方の高校進学のことを一緒に考えてみたいと思いました。

発達障害児の受け入れ体制がある通信制高校から、資料を取り寄せておきましょう。子供に合う学校探しは大変です。

別々に資料請求するよりも、まとめて資料請求した方が効率的です。

通学圏内にある学校に資料請求して、良いと思ったら学校見学して、相談してみることです。どのような対応をしてもらえるか、直接聞くことが1番良いと思います。

学校資料を取り寄せる≫

上記ボタンをクリックすると、代表的な通信制高校の資料と取り寄せることができます。まずは情報収集することが重要です!

発達障害・学習障害児⇒通信制高校の選び方

千葉県では、発達障害・学習障害児に対応した通信制高校が多く設置されています。

公立よりも私立の通信制高校の方が、障害を持つ子供に対してきめ細やかな対応をしてもらえることが多いです。

しかし、私立の通信制高校は、発達障害サポートに適した学校とそうでない学校が両方存在しています。

千葉県で通信制高校を選ぶ際には、子供の状態・特性に合わせて個別サポートしてくれる通信制高校を選びましょう

発達障害の受け入れ体制が整備されているかどうかは、

  1. マンツーマンの個別対応をしてくれるか
  2. 専門のカウンセラーが設置されているか
  3. 勉強の遅れをサポートしてくれるか
  4. 生徒同士の交流を後押ししてくれるか

そんな視点から、子供に適した通信制高校選びをすることです。

以下では、千葉県で発達障害・学習障害の受け入れ体制がある通信制高校・サポート校を見ていきたいと思います。

【発達障害】 千葉県で受け入れ可能な通信制高校・サポート校

学校名評判特徴
クラーク記念国際高等学校クラーク記念国際高校は通信制でありながら、制服がある通学制の学校です。全日制高校と同様のキャンパスライフを送れるので、友達や先生とコミュニケーションを取る機会も多く、学校行事・部活にと、充実した高校ライフを送れます。
飛鳥未来高等学校飛鳥未来高校には、
「週1日からの登校スタイル」
「専門科目を自由に選択」
「参加自由の学校行事」
「個別の学習・メンタル・進路サポート」
など、個別のサポート体制も整っています。
鹿島学園高等学校鹿島学園高校では、「週1日だけ登校するコース」「個別指導してくれる家庭教師制コース」「ネットテレビ電話での学習指導コース」など、多くのコースの中から子供に合っている学び方を選べます。全国各地にキャンパスがあるので、スクーリングも便利な学校です。
KTCおおぞら高等学院KTCおおぞら高校では「マイコーチ」の先生が個別サポート。マンツーマン体制で子供と向き合ってくれます。学校のスタッフはメンタルサポート研修を受けており、家族支援カウンセラーの資格を持ったスタッフも常駐。ご家庭の悩み相談にも応じてくれます。
あずさ第一高校あずさ第一高校では、通学頻度を選べるし、興味のあることを伸ばせるオリジナルのコースが設置。スクールカウンセラー(臨床心理士)が配備されており「心の相談室」もキャンパスに設置されてます。
松蔭高等学校本校が山口県にある松蔭高等学校では、
発達障害を含め教育問題に直面している人のためのサポートステーションが設置されており、子供の状態や心身の健康状態、進路の希望等を聞いて相談に乗ってくれます。
第一学院高等学校第一学院高等学校は、「生徒第一」「1/1の教育」を教育理念とした通信制高校で、学習のサポート・心のサポート・進路のサポートの3つが整っています。
興学社高等学院興学社高等学院は、発達障害児に対する体制ができている高校です。発達障害児の受け入れ可能な専門学校や大学へのパイプラインがあるので、進学実績も豊富です。

千葉県には、発達障害の受け入れ体制が整っている多数の通信制高校のキャンパスがあります。

しかし、発達障害の受け入れ体制は学校ごとに異なりますし、特徴があります。子供に適したサポート体制が整っているかどうか、複数の学校を調査する必要があります。

学校資料を熟読して、良さそうな学校を見つけたら、実際に足を運んでみて「子供に合っているかどうか」体感して確かめることが大切です。

上記学校は一例です。千葉県には、発達障害児・学習障害児向けのサポートに力を入れている学校が複数あります。自分の子供にとってベストな選択をするために情報収集は怠らないようにしましょう。

発達障害・学習障害に理解のある通信制高校の探し方・選び方(千葉県)

千葉県で発達障害・学習障害に理解がある通信制高校を探すときには、まずは発達障害を抱えるお子さんの将来像をしっかり考えることから出発すべきでしょう。

学習面に限らず、発達障害のお子さんは周りの子供に遅れを取りがちです。だから、発達障害のお子さんのことを考えた場合には、できるだけ早くから、将来の仕事のことを視野に入れての高校選びをすることが大事だと思います。

お子さんが何か興味を持っていることがあるのであれば、興味を持っていることに対する能力を伸ばしてくれる学校を探しましょう

それにまた、

具体的に通信制高校を選ぶ際に大切なことは、学校側が発達障害児の受け入れ態勢を持っているかということです。

ハンデを持つ生徒のことを正確に理解してくれて、個性を持つ子供の性格ごとに個別対応してくれるかどうかは、すごく大切なこと。

発達障害があり、ハンデを持つ子にとっては、学校の先生の存在は大切な頼みの綱になります。学校の先生にはしっかりフォローしていただかないと、不登校やいじめの問題へと発展してしまう怖さを感じます。

それに周りの人の理解は大切です。できればインクルーシブ教育をうたう学校がベストかなと思います。

周りの生徒も、当たり前のように発達障害を受け入れてくれる。

「その場に居てもいいんだ」と言う居心地の良さは、心の安定に大きくつながると思うからです。

以下において、各通信制高校の発達障害児対応の口コミ情報を掲載しています。

興学社高等学院の発達障害対応・千葉県(評判・口コミ)

千葉県で発達障害児を受け入れてくれる、オススメの通信制高校は、「興学社高等学院」です(千葉県松戸市)。

興学社高等学院は、発達試験の結果を元に、生徒のしたいこと、得意なことを伸ばそうとする学校です。

またその先の大学進学、専門学校進学へのパイプも太くあり、心強い学校だと思いました。

認証心理士資格取得者の個別カウンセリングもあると言うことで、家族でも理解できていない、得て不得手を一緒に考えてもらい、今のつまずきを理解できたら、軌道修正はできるのかもしれないです。

卒業生
卒業生

興学社高等学院は学校のサポート体制の厚さがすごいなと思いました。

シンプルにして手厚いサポート体制があることは、発達障害児にとっては一番大切なものだと思います。

発達障害に通信制高校がオススメできる理由(千葉県)

発達障害児には通信制高校に進学することがオススメとなる大きなポイントは、マイペースで学習できて、生活できることです。

例えば、発達障害の子供はわざと朝が起きられないわけじゃありません。

  • 頑張っているけど、文章題の理解が難しいこともあります。
  • 朝は機嫌が悪く落ち着くまでに時間がかかります。
  • 何かをきっかけに、集中力を保てなくなります。
  • どうしても心のイライラがたまって走り出したくなります。
  • 少しの違いが気になって気になって、居ても立っても居られ無くなります。

一括りで発達障害と言っても、抱える問題は子供によりそれぞれです。

通信制高校であれば、発達障害の子供も自分のペースで生活し、勉強することができるのです。

それに、発達障害児が持っている能力も人それぞれ。

一人ひとりの生徒に対して個別対応をする中で、発達障害児の持つ特性や能力に気づくこともあるように思います。

学校の先生には発達障害のことを理解してもらえること、そして子供本人が自身の苦手に気づくことってとても大切です。

適切なフォローがあれば、発達障害がある子供も自己評価を高め、安心してやっと、将来どの道に歩いて行くか、ゆっくり考える時間が持てるのだと思います。

発達障害に対する受け入れ体制が整備されていて、子供一人ひとりに個別対応をしてくれ通信制高校であれば、発達障害児が心地よく成長できる土壌があると感じます。

【家から通える学校選び】千葉県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから 千葉県には公立の通信制高校が1校と私立の通信制高校が複数開校しています。広域制の通信制高校の多くは、千葉市中央区・柏市・船橋市に...

発達障害児の高校進学・受験・進路(千葉県)

発達障害児を持つことで、1番の不安は『将来のこと』です。

「ちゃんと仕事ができるかな?」
「一人で生活できるの?」
「恋愛はできる?」

将来に対する不安さえなければ、子供もご家庭も、精神的なストレスが相当減るはずです。

発達障害の子どもに対して、いかに有意義な時間を社会に出るまでに持たせることができるかは、良い学生生活を送らせてあげられるかは、親の手にかかっています。

長い時間を過ごす高校時代。発達障害の我が子にあった通信制高校を見つけて通わせることができたら、その先の将来の不安も和らぐことは間違いありません。

子供もなりたくてなった発達障害ではありません。

発達障害は個性です。子供のことを色眼鏡で見ないで、いいところを見つけて育ててあげたいですよね。

発達障害を抱えるお子さんは、たくさんいます。

自分の力で、世の中の1人として動いていけるようになること。

良い通信制高校に通うことができれば、発達障害の子供の未来も開けていきます。
お互い、頑張っていきましょう。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求