全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】福岡県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

福岡県には公立の通信制高校が1校が設置されています。また私立の通信制高校は、広域制の通信制高校を含めると複数所在しており、福岡市中央区・博多区、北九州市小倉北区にキャンパスが多く所在しています。

ここでは福岡県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

Contents

私立の通信制高校・サポート校(福岡県)の学費一覧

 学校名 場所学費
第一学院高等学校北九州市・福岡市36万円〜
鹿島学園高等学校
福岡市・北九州市・久留米市26万円〜
精華学園高等学校福岡市・北九州市・久留米市・古賀市45万円〜
ヒューマンキャンパス高等学校福岡市・北九州市39万円〜
NHK学園高等学校福岡市・北九州市・糟屋郡35万円〜
日本ウェルネス高校北九州市
N高等学校福岡市25万3000円〜
さくら国際高等学校太宰府市、北九州市、久留米市28万円〜
北海道芸術高等学校福岡市83万円〜
クラーク記念国際高校福岡市・北九州市86万円〜
飛鳥未来高等学校福岡県福岡市博多区44万円〜
勇志国際高等学校福岡県福岡市博多区
第一薬科大学付属高等学校福岡県福岡市
アットマーク明蓬館高等学校福岡県田川郡
近畿大学附属福岡高等学校福岡県飯塚市
福智高等学校福岡県田川市
高宮学院高等部福岡県福岡市南区

公立の通信制高校(福岡県)の学費一覧

 学校名 場所学費
福岡県立博多青松高等学校福岡県福岡市8万5,000円〜

福岡県で学費が安い通信制高校(オススメ上位3校)

福岡県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。福岡県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. N高等学校
  2. 鹿島学園高等学校
  3. さくら国際高等学校
  4. NHK学園高等学校
  5. 第一学院高等学校
  6. ヒューマンキャンパス高等学校
  7. 飛鳥未来高等学校
  8. 精華学園高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも福岡県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:第一学院高校の学費・評判(福岡県北九州市/福岡市)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

(続きを読む)

第一学院高等学校の評判

第一学院高等学校では、高校入学してから10年後の生徒の将来を意識しながら進路指導をしています。

不登校や進学に不安を抱えるお子さんを対象とした「第一学院中等部」と、通信制高校である「第一学院高等学校」の他、第一学院グループには新潟産業大学などもあります。

第一学院高校には有名大学に進学する方も多く、またスポーツや芸能の世界で活躍する卒業生も多い点に特徴があります。

第一学院高校の詳細▶︎

私立:鹿島学園高校の学費・評判(福岡県福岡市/北九州市/久留米市)

鹿島学園高校の学費

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

鹿島学園高校の評判

鹿島学園高等学校は、単位制普通科の広域通信制高校です。

全日制が運営しており生徒の多様性に対応できるため、通信制だけの高校とは内容の充実度が異なります。

鹿島学園高等学校では全国に300か所以上の学習センターを持っており、インターネットでの指導も行っています。

学習スタイルもさまざまです。

週に一日から五日ほど学習センターへ通うコースから、一年間で数日のみのスクーリング(面接指導)であとは自宅学習をするコース、個人指導コース、家庭教師コース、ネット指導コースまで、生徒一人ひとりの個性や条件に合わせて選択することができます。

単位制を採用しているので学年という枠にとらわれず、自分のペースでレポート提出や認定試験で単位を積み上げ、高卒資格を目指すことができます。

必修科目以外のオプションコースはバラエティに富んでいます。

一般大学や医大進学を目指すコースはもちろん、学習センターによって内容は異なりますが、美容・エステやIT、トリマーなどの技術を学ぶペットコース、声優・タレント等になるための表現力を学ぶコースまでさまざまです。

鹿島学園高校の詳細▶︎

私立:精華学園高校の学費・評判(福岡県福岡/北九州/久留米/古賀)

精華学園高校の学費

入学金
授業料1単位1万500円
(24単位で25万2,000円)
施設設備費3万6,000円
教育運営費等4万2,000円
特別教科学習費12万円
(合計)45万円

精華学園高校の学費は、校舎や、学習コースにより異なります。

上記は函館港の通学コースの学費例です。

精華学園高校の評判

精華学園高校は、山口県山口市に本校舎がある単位制の広域通信制高校です。

本校舎の他にも、全国に約40箇所の校舎が設置されています。

不登校の方も多く在籍しておりますが、入学後にはマイペースで自由な学生生活を送ることができます。

多様な学習コースが設置されており、「声優コース・イラストコース・進学個別指導コース・英語コース・情報コース・建設技能コース・美大・芸大コース」

に所属することが可能です。

精華学園高校の詳細▶︎

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(福岡県福岡・北九州)

一般通信コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

(続きを読む)

ヒューマンキャンパス高等学校の評判

ヒューマンキャンパス高校は、資格や専門学校で有名な「ヒューマンアカデミー、佐藤学園グループ、大阪バイオメディカル専門学校」などと教育連携している通信制高校です。

単純に高校卒業資格を取得できるだけでなく、プラスαの専門的な学びができる教育環境があります。

全国に学習センターがあり、現場で専門教師からリアルに学べる環境が整備されています。

不登校経験がある方、高校を中退した方、転校してきた方なども多く、一人ひとりに合わせた学習方法が採用されています。

ヒューマンキャンパス高等学校の本校は沖縄県名護市にあり、自然豊かな環境です。

ヒューマンキャンパス高校は、ヒューマンアカデミーと言う専門学校と連携しているので専門的に学べる学校です。他の通信制高校と比較しても、私が調べた限りでは、先生も個性的な先生が多い印象があります。

また、卒業難易度ですが、レポート提出を適当にしていても卒業できたので、卒業すること自体はそれほど難しいことはない感触です。

専門的な学びを積極的にしたい人であればヒューマンキャンパス高校はいいと思いますが、不登校経験があったりして高校に通うことに消極的な人にはそれほど勧められないかもしれません。

ヒューマンキャンパス高校の詳細▶︎

北九州学習センター福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1小倉ターミナルビル アミュプラザ西館8階
福岡学習センター福岡県福岡市中央区天神1-16-1 毎日福岡会館5階
福岡第二学習センター福岡県福岡市中央区天神4丁目4-11 天神ショッパーズ福岡6F

私立:NHK学園高校の学費・評判(福岡県福岡・北九州・糟屋郡)

 スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校の評判

NHK学園高校は、高い卒業率を誇る通信制高校です。

担任教師を中心とするサポート体制が構築されており、教科担当の先生、スクーリング校の担当講師、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、その他にも進路相談室の教員先生が卒業までの学生生活をサポートをしてくれます。

NHK学園高校には、「N-gaku Online Space」というオリジナルのネット学習システムがあります。レポート提出や学習管理ができるほか、チャットやメールを通じて、質問、相談が可能です。

NHK学園高校では、ネットでの「NHK高校講座」での学習が中心となります。

NHK学園高校の詳細▶︎

私立:日本ウェルネス高校の学費・評判(福岡県北九州市)

 

日本ウェルネス高校の詳細▶︎

私立:N高等学校の学費・評判(福岡県福岡市)

単位制・通信制課程(ネットコース)の学費

入学金1万円
授業料普通科プレミアム
1万2000円×履修単位数
(25単位=30万円)
普通科スタンダード
7200円×履修単位数
(25単位=18万円)
施設設備費5万円
教育関連諸費1万3000円
(プレミアム合計)
(スタンダード合計)
37万3000円
25万3000円

(続きを読む)

N高等学校の評判

N高等学校は、学校法人角川ドワンゴ学園が運用している、インターネットを利用した通信制高校です。

N高の学習コースには、①ネットコース②通学コース③オンライン通学コース④通学プログラミングコースがあり、自分の生活スタイルに合わせて選択することができます。

N高等学校の本校は、沖縄県うるま市と茨城県つくば市に所在しております。ネットの学校ではありますが、2021年7月段階で、全国に19キャンパスがあります。

同じくドワンゴ学園が開校している姉妹校には「S高等学校」があります。

N高とS高では、高校卒業資格を取得するためには、インターネット学習、スクーリング、試験をこなす必要がありますが、スクーリングの日程や場所が異なる他は、

学習コースの内容・カリキュラム、そして学費は同じです。

N高等学校の詳細▶︎

私立:さくら国際高等学校の学費・評判(福岡県太宰府、北九州、久留米)

週5日通学型の学費

入学金1万円
学費70万円
施設設備費2万円
(合計)73万円

集中スクーリング型の学費

入学金1万円
学費25万円
施設設備費2万円
(合計)28万円

さくら国際高等学校の評判

さくら国際高等学校は、全国から入学できる広域単位制の通信制高等学校です。

各都道府県に学習センターが設置されており、不登校経験がある方も多く在籍しています。全日制高校から転入学・編入学してくる方も多いです。

長野県上田市の本校か、渋谷区代々木にある東京校に通う通学コースと、全国各地にある学習センターに所属する集中スクーリングコースがあります。

さくら国際高等学校の詳細▶︎

私立:北海道芸術高校の学費・評判(福岡県福岡市)

入学金5万円
授業料36万円
サポート授業料31万2000円
キャンパス施設費2万4000円
実習費5万4000円
行事費3万円
(合計)83万円

北海道芸術高校の詳細▶︎

私立:クラーク記念国際高校の学費・評判(福岡県福岡市・北九州市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高等学校の評判 

クラーク記念国際高等学校ですが、通学日数を自分で選ぶことができます。

週5日通学の全日制高校のように制服を着て通学するコースや、週5~1日の自分の好きな通学日数を選べる単位制コース(私服通学OK)、月1~2回通学のWeb在宅コースなど幅広い通学スタイルの選択肢があるのが魅力です。

通学日数は入学後に変更することもできるので、最初は週1から初めて、徐々に増やしていくこともできます。

週5通学のコースは、総合進学コース、国際コース、クリエイターコース、心理表現コース、スポーツコースなどがあり、普通の高校とは違い自分の学びたい専門的な勉強ができるのも魅力です。

総合進学コースでは40種類以上ある選択授業の中から自分の好きなものを選んで自分で時間割をつくることができます。

学び方の選択肢が幅広く設定できるので、自分にあった学び方で勉強していけるシステムです。

クラーク記念国際高校の詳細▶︎

私立:飛鳥未来高校の学費・評判(福岡県福岡市)

飛鳥未来高等学校では、キャンパスごとに学費が設定されているので、正確な学費は資料請求して確認する必要があります(以下は札幌キャンパスの例です)。

ベーシックコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他17万円以上
(合計)44万円〜

スタンダードスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他25万円以上
(合計)52万円〜

(続きを読む)

飛鳥未来高等学校の評判

飛鳥未来高等学校では、自分に合っている通学スタイルで学び続けることが可能です。

生徒の個性や自己表現を尊重しており、服装は私服でも制服でも認められています。

飛鳥未来きずな高等学校の卒業生は、姉妹校である専門学校(医療・福祉・看護系、スポーツ系、美容系、ブライダル・観光系、保育系、調理製菓・カフェ系、IT系)に優先的に進学できる特典があるのも特徴的です。

姉妹校の専門学校に進学した場合には、選考料と授業料の合計額12万円が免除されたり、東京未来大学・小田原短期大学に進学した場合には入学金などが一部免除される特典もあります。

飛鳥未来高等学校の詳細▶︎

私立:勇志国際高校の学費・評判(福岡県福岡市)

勇志国際高校の学費

入学金3万円
授業料1万2000円×取得単位数
(24単位28万8000円)
その他11万円程
(合計)42万8250円

勇志国際高校の評判

雲仙天草国立公園の大自然に抱かれた「勇志国際高校」は、全国どこからでも入学できる単位制の通信課程校です。

生徒の個性を大切にした様々なコースで高校生活をバックアップします。

学習スタイルは、何度でも視聴できるネット配信とリアルタイムのライブ授業による自宅学習とレポートの提出、単位認定試験とスクーリング(面接授業)です。

選べるコースは「進学」以外に、英語が好きだけど苦手・でもうまくなりたい人のための短期留学も可能な国際コース、資格取得のための会計ビジネス、ITコース。

千葉と福岡の学習センターには映画・演劇・声優コースもあり、プロの講師陣による指導が受けられ、卒業の際には芸能プロダクションやオーディションを紹介してくれます。

トップアスリートを目指す人のためのコースでは、プロのテニスプレーヤーやバレエ留学の夢を実現した先輩もいるそうです。

勇志国際高等学校には、オンデマンド授業という授業があり、映像解説授業を通して、中学校からの学習内容を総復習することができます。

スクーリングにおいては集中型スクーリングと登校型スクーリングがあり、年に6~12回登校をして対面の授業を受けるのです。

他にも様々なスクーリング体制をとっています。年に1回、4泊5日で少人数体制でのスクーリングがあり、また保護者も同伴できる参加型のクーリングをはじめ数多くのスクーリングがあるので、生徒の家庭背景や、ライフスタイルによって選択できます。

不登校を経験した生徒達にも通いやすいように、通学日数を弾力的に増減することもできます。

仮に急になにかしらの事情で、途中から学校に通えなくなってしまった場合でも、ネットから課題やレポーがト提出できるので、卒業までのサポート体制が整っているのです。

自閉症や自律神経失調症、パニック障がいをはじめとする発達障がいで、悩んでいる生徒達の受け入れもしている点も良いといえます。様々な事情をもつ生徒達の状況に合わせた、ライフスタイルにあった通い方で高校卒業が目指せます。

勇志国際高等学校の詳細▶︎

福岡学習センター福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-15 第7岡部ビル7F

私立:第一薬科大学付属高校の学費・評判(福岡県福岡市)

私立:アットマーク明蓬館高校の学費・評判(福岡県田川郡)

私立:近畿大学附属福岡高校の学費・評判(福岡県飯塚市)

私立:福智高校の学費・評判(福岡県田川市)

私立:高宮学院高等部の学費・評判(福岡県福岡市)

高宮学院高等部は、学ぶことの大切さや喜びを教えてくれる通信制高校であり、県内外の大学に推薦入学する生徒も多いほどの高校です。

卒業後は福岡大学や九州産業大学と県内の私立大学に進学する生徒もいます。

最低7回の出席で高校卒業同等の資格が取れるので、資格取得を目指している生徒には最適の学校であります。

授業は平日だけではなく土日の中からも選べるので、平日と土日の組み合わせなど様々な勤務日の都合により、通学が難しい社会人でも自分の休日に合わせて無理なく通うことができます。

授業内容は中学生の復習から始まり、高校の授業内容も丁寧に説明されます。

小学校や中学校で不登校や引きこもりだった生徒、または中学校卒業資格しかなく社会に出た生徒であるとか、他の高校で授業についていけず中退してしまった生徒など、学力に不安がある生徒でも分かりやすくしかも楽しく通信で学ぶことができます。

高宮学院高等部には、人が多い場所が苦手だったり緊張してしまう生徒のために、個人教室であるとか、個別視聴覚室などの設備があります。

先生と生徒のマンツーマンでの授業も可能であり、そういった設備が充実しているのが特徴であります。

学院長自らが小中学校時代に不登校だった経験を持っているので、そういった生徒と共感できる授業が受けられるのです。

学校に馴染めなかった生徒の気持ちを馴染めない生徒側の気持ちで手助けしサポートできる体制が整っており、きめ細かな指導で卒業までの道のりをサポートしてくれます。

九州の福岡県内や近隣の佐賀県や熊本県の生徒が多いのが特徴であります。

入学金も控えめで8万円までで入学でき年間施設の利用料で5万円ほど、その他7万円ほどの教育関連書費がかかり入学金と合わせて20万円ほどで済むのもリーズナブルで大変通わせやすい通信制高校になっています。

公立:福岡県立博多青松高校の学費・評判(福岡県福岡市)

福岡県立博多青松高校の学費

属性通信制学校・単位制
本校福岡市博多区千代1丁目2番21号
学費8万5,000円〜

福岡県立博多青松高校の評判

博多青松高等学校は、通信制と定時制が一緒になった学校で、通信制の場合だと土日の登校になります。

スクーリングという授業を受けて、レポートでわからない所があったら、先生に質問して学びヒントを貰います。

博多青松高等学校は、通信制高校はどこでもそうなのかもしれませんが、校則が殆どありません。学校内と、その地域内では禁煙だということ位です。

普通に過ごす上では殆ど縛られる様な事はありません。

自分の個性を閉じ込める必要がないので、自分の個性を開放的に育てられます。

ですが、スクーリングを受ける上ではほんの少しの遅刻や、居眠りや友達とのお喋り、それを発見されると退室となります。

当たり前の事ではありますが、通信制高校にくる学生は本当に色々な方がいるのですが、基本的にはスムーズに卒業できると思います。

博多青松高等学校では、教師と学生の関係性が良好です。

勉強以外の悩みを気軽に打ち明けられる事のできる先生が1人は必ず見つかると思います。

先生も個性がある先生が多いので面白いし、いい距離感での友達になる様な感覚です。

出席スクーリング数や提出レポート数が決まってるので、仕事や家事と両立する人にとっては難しい局面もありますが、自己管理能力を伸ばす事ができる場でもあると思います。

自分で受ける教科を決めて、自分で受けるスクーリングを選んで、全部自分1人で考えて行動しなければなりません。

私立の通信制高校とは異なり、面倒見はよくはありません。

放課後にはサークルや部活動も幾つか存在しています。中には同好会などもあるので定時制の様な学生らしさも堪能できるし、運動会や修学旅行、遠足もあるので思い出もしっかり作れます。

福岡県立博多青松高校の詳細≫

福岡県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

福岡県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求