全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】広島県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

広島県には公立の通信制高校が2校が設置されています。また私立の通信制高校は、広域制の通信制高校を含めると複数所在しており、福山市、広島市中区西区にキャンパスが所在することが多いです。

ここでは広島県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

Contents

私立の通信制高校・サポート校(広島県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
飛鳥未来高等学校広島県広島市南区44万円〜
ルネサンス高等学校広島市西区43万円〜
第一学院高等学校
広島市東区36万円〜
鹿島学園高等学校広島県内各地26万円〜
N高等学校広島市中区25万円〜
ヒューマンキャンパス高等学校広島市福山市39万円〜
NHK学園高等学校広島市中区35万円〜
日本ウェルネス高等学校広島市安芸区
さくら国際高等学校広島市安佐北区28万円〜
クラーク記念国際高等学校広島市中区86万円〜
星槎国際高等学校広島県広島市
並木学院高等学校広島県広島市
師友塾高等学校広島県尾道市
東林館高等学校広島県神石郡
広島工業大学高等学校広島県広島市

公立の通信制高校(広島県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
広島市立広島みらい創生高等学校
広島県広島市
広島県立西高等学校広島県広島市2021年3月閉校
広島県立東高等学校広島県福山市

広島県で学費が安い通信制高校(上位3校)

広島県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。広島県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. 鹿島学園高等学校
  2. N高等学校
  3. ヒューマンキャンパス高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも広島県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:飛鳥未来高校の学費・評判(広島県広島市)

ベーシックコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他17万円以上
(合計)44万円〜

スタンダードスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他25万円以上
(合計)52万円〜

3DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他34万5000円以上
(合計)61万5000円〜

5DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他35万円以上
(合計)62万円〜

飛鳥未来高等学校では、キャンパスごとに学費が設定されています(上記は札幌キャンパスの例です)。

飛鳥未来高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:ルネサンス高等学校の学費・評判(広島県広島市)

入学金5万円
授業料単位数×1万円
⇒25単位で25万円
施設設備費2万円
教育関連諸費5万円
スクーリング費6万5000円
(合計)43万5000円

ルネサンス高校の詳細▶︎

私立:第一学院高等学校の学費・評判(広島県広島市)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

(続きを読む)

第一学院高等学校の評判

第一学院高等学校では、高校入学してから10年後の生徒の将来を意識しながら進路指導をしています。

不登校や進学に不安を抱えるお子さんを対象とした「第一学院中等部」と、通信制高校である「第一学院高等学校」の他、第一学院グループには新潟産業大学などもあります。

第一学院高校には有名大学に進学する方も多く、またスポーツや芸能の世界で活躍する卒業生も多い点に特徴があります。

第一学院高校の養父本校は、全国各地にキャンパスを持つ第一学院高等学校の中でも西日本エリアの拠点となる高校です。

在校生がピアサポーターとして新入生をサポートしてくれたり、スクールカウンセラーのケアがあったりと、安心して通える体制が充実しています。

第一学院高校のコースは毎週金曜日に通学する本校通学コースと、タブレット端末等で学習し、登校は年数回でよいモバイルハイスクールコースの2つがあります。

卒業後は自力で大学進学する生徒もたくさんいますが、第一学院高校が提携している新潟産業大学や第一学院高校の専門科、キャリアデザインコースへの進路も開かれています。

就職する生徒のためのキャリアサポートセンターが設置されています。

第一学院高校の詳細▶︎

広島キャンパス広島県広島市東区若草町9-7 5F

私立:鹿島学園高校の学費・評判(広島県内各地)

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

鹿島学園高校の詳細▶︎

私立:N高等学校の学費・評判(広島県広島市中区)

入学金1万円
授業料普通科プレミアム
1万2000円×履修単位数
(25単位=30万円)
普通科スタンダード
7200円×履修単位数
(25単位=18万円)
施設設備費5万円
教育関連諸費1万3000円
(プレミアム合計)
(スタンダード合計)
37万3000円
25万3000円

<ネットコースの学費例>

N高校の詳細▶︎

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(広島県広島市福山市)

一般通信コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

専門チャレンジコース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
進路進学充実費17万円
(合計)68万円

専門コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
キャリア教育充実費32万円
(合計)83万円

ヒューマンキャンパス高校の詳細▶︎

私立:NHK学園高校の学費・評判(広島県広島市中区)

スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校の詳細▶︎

私立:日本ウェルネス高校の学費・評判(広島県広島市)

私立:さくら国際高校の学費・評判(広島県広島市)

週5日通学型の学費

入学金1万円
学費70万円
施設設備費2万円
(合計)73万円

集中スクーリング型の学費

入学金1万円
学費25万円
施設設備費2万円
(合計)28万円

さくら国際高校の詳細▶︎

私立:クラーク記念国際高校の学費・評判(広島県広島市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高校の詳細▶︎

私立:星槎国際高校の学費・評判(広島県広島市)

星槎国際高等学校では、週3日から週5日の内、自分で授業を選択して通うことが出来ます。学校と相談して、登校日を調整してもらうこともできます。

クラスはありますが、クラス活動は全日制よりも圧倒的に少ないです。

選択授業だけ出席して下校する日もあって、そこは大学みたいですね。

星槎国際高等学校では、選択授業もさまざまな内容を用意されているので、生徒みんなが興味を持てるようになっています。

普通科の授業内容はレベルの低いところから教えてくれます。
若い先生が多くて話しやすい雰囲気です。

制服指定の登校日もありますが、それ以外は服装は自由です。
がっつり登校したい人も、高校に通うのに消極的な人もいます。

星槎国際高等学校の詳細は、資料を取り寄せて確認してみましょう。

並木学院高校の学費・評判(広島県広島市)

並木学院高校は、広島市内の平和記念公園の近くに位置する、単位制の学校です。

基本は月二日のスクーリング(授業)を受けてあとは自宅学習、メディア教材等を使ってレポートを作成・提出し、試験に合格しながら卒業に必要な単位を取得していきます。

自宅でのひとりきりの勉強に不安を感じる人のために、週二日登校するフリースタイルコースも開設。趣味やスポーツ、仕事をしながら高校生活を味わうことが可能です。

週五日のコースもあり、学期ごとにコースを変更できるので、様々な状況や希望に沿って学習を進めていくことができます。

他にも海外に居住したまま年二回のスクーリングで単位を取得し、日本の高等学校の卒業資格を得るグローバルコースという制度で、家庭の事情等で国外に引っ越す人たちを支援します。

並木学院高校の大きな長所の一つは、卒業後の進路に関する選択肢の幅広さでしょう。母体となるグループは法人・校園を数多く展開していて、関連する大学・短大・専門学校等の入学に有利な入試制度があります。

大学には理系や芸術系のものもあり、夢の実現をバックアップします。アメリカ・アジア・ヨーロッパなど十数か国の学校や研究施設とも協定を結び、学生同士の交流も盛んです。

過去には広島のプロサッカーチームの選手が何人も当校に転入し、学業とサッカーを両立しながら卒業を迎えた実績があり、丁寧できめ細かい指導と配慮を証明しています。

担任の先生に学習や日常生活の不安を相談できるのはもちろん、スクールカウンセラーもいるので安心です。

年に数回オープンスクールがあるので、まずは並木学院高等学校の校風と生徒たちの頑張りを、肌で感じてみるのもいいのではないでしょうか。

私立:師友塾高校の学費・評判(広島県尾道市)

私立:東林館高校の学費・評判(広島県神石郡)

私立:広島工業大学高校の学費・評判(広島県広島市)

「励ます・勇気づける」という意味を持つ「エンカレッジ」コースのある広島工業大学高等学校は、別名森の学校と呼ばれるにふさわしい自然の中にあります。

自宅でのレポート学習と、春夏秋冬の四期ごとに各七週間行われるスクーリング(授業)、試験に合格することで単位を取得し卒業資格を得ます。

広島工業大学高等学校にはクラス担任の先生はつかず、チューターという教員が生徒一人ひとりに接することにより、丁寧な個別指導が可能です。

自分を表現し学びに向かう力、社会的な自立を実現するための交流学習、自分で決めたテーマをひとりで追求する学びを大切にしています。

また「長い人生をよりよく生きる」ための視点を育むため、段階を踏みながら学ぶ「キャリアデザイン」でそれぞれの進路を探るカリキュラムは、ユニークで興味深い学習法でしょう。

生徒の自立心と自主性を重んじる校風通り、特別活動も個性的です。

自分で企画し、国内外へひとり旅をするフィールドワークやニュージーランドでの短期語学留学、体育教育ではキャンプ・乗馬等を体験します。

木曜日に行う生徒・教員の企画イベント「木曜日この指とまれ(もくゆび)」では、たけのこほり・ピザ作りに名所史跡をめぐるツアー等を希望者が実施。

自然に恵まれた学校ならではの里山づくりや森のトンネル散歩、地形を生かしたアスレチックなど、教科書の学習だけでは得られない経験からそれぞれの力を引き出し、社会に出ていく準備をします。

土や花を愛おしみ、音や色を物理的に捉えることもできる感覚を備えた先輩たちが、現在社会で活躍中です。

公立:広島県立西高校の学費・評判(広島県広島市)

公立:広島県立東高校の学費・評判(広島県福山市)

広島県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

広島県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

 

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求