通信制高校への転入・編入

【違いをチェック】通信制高校に編入・転入する⇒単位、時期、注意点

通信制高校へ、途中からの入学を検討している方に向けて、転入と編入の違いをご案内します。

通信制高校⇒転入・編入の違い

転入と編入の違いは「一度高校を辞めているかいないか」です。

高校を中退することなく、籍を置いたまま新しい高校に移ることを「転入」と言います。転入とは小中学校でいうところの「転校」と同じだと思ってもらえるとイメージしやすいと思います。

これに対して一度高校を辞めている人、既に高校を中退した人が再び新しい高校に入学し直すことを「編入」と言います。編入学では再度、新しい入学を希望する高校の入学試験を受ける必要があります。

転入と編入では「入学可能な時期」や、「単位の引継ぎ」、「転編入した時期」によって卒業までにかかる年数に違いがあります。

以下の項目で詳しく説明していきたいと思います。

通信制高校への編入と転入⇒単位の引き継ぎはできるか?

単位の引継ぎは可能、しかし学期途中の転編入は要注意。

「転入学」でも「編入学」でも前籍校で取得した単位をそのまま新たな高校に引き継ぐことが可能です。

しかしこれには注意が必要です。

仮に全日制高校から通信制高校に転編入をした場合、その前籍校にあたる全日制高校は基本的には単位認定を行う時期というのはその学期末、つまり学年が変わるタイミングのみです。

つまりその学年が終わる頃まで在籍していないと、その1年間の単位は取得できないということになります。

もし高校2年生の秋から転編入を行った場合、新たな通信制高校に引き継ぐことが出来る単位というのは、前籍校で単位認定を受けた高校1年生の間の単位のみです。

高校2年生の前期分の単位は、まだ学年末の単位認定の時期を迎えていないので、その分の単位は引き継ぐことが出来ません。

ただし前籍校が単位制の高校であった場合は、前期、後期に分けて単位認定を行っています。

なので、仮に2年生の秋から転編入をした場合でも、単位認定を受けた科目であればそのまま新しい高校に単位を引き継ぐことが出来ます。

通信制高校⇒編入と転入するなら時期はいつ?

転入は基本いつでも入学可、編入は春秋がメイン。

転入学と編入学では入学可能な時期に違いがあります。

通信制高校の場合、基本的には、転入学は随時受け付けている高校が多いです。つまり転入学ならいつでも新しい高校に通うことが可能になるのです。

これに対して編入学は基本的に年に2回、4月、10月編入を行っている高校が多いです。

通信制高校の中には編入学も随時受付中という高校もありますが、基本的には編入学は「時期が限定されている」と思って頂いた方が良いかと思います。

転入学はいつでも行えるので、出来るだけ自分が前籍校で取得してきた単位を生かせるような時期(新学期または、前籍校が単位制ならば1学期と2学期の始めから)に転入学を検討するといいと思います。

転入編入のポイント

編入学は入学出来る時期が限定されていることが多いので、希望している通信制高校の編入学可能な時期を調べ、その時期に間に合うように手続きを進めていくと良いかと思います。

通信制高校⇒編入するときの注意点❶

学期半ばでの編入には要注意。

学年半ばでの編入学には注意が必要です。先ほども述べたように、転編入では単位認定を受けた単位分しか新しい高校に引き継ぐことが出来ません。

もし学年半ばでの編入学となってしまうとその学年に在籍していた期間の単位を引き継ぐことが出来なくなってしまうので、注意が必要です。

また1年生での編入学(転入も)は特に慎重になるべきです。

1年生という学年はまだ高校で何一つ単位を取得出来ていない学年です。多くの高校は年に1回、学年末に単位認定を行います。

高校1年生の半ばで高校を中退し編入学をしてしまうと、それまで取得してきた単位が一つもないことになってしまいますので、入学式からのやり直しになってしまいます。

確実に卒業までにかかる年数が1年長引いてしまいます。

高校を辞めるという判断を下す前に、中退した後どうしていくのかについてしっかり考えておくといいと思います。

通信制高校⇒編入するときの注意点❷

編入学は時期が限定されている、事前に下調べを

編入学は入学可能な時期が限定されています(4月と10月実施の高校が多い)。

自分が編入学を希望している通信制高校が、いつ編入学を実施しているのか事前にしっかりと調べておくことが必要です。

編入学では学力試験が実施されますので、事前に試験に備えて勉強しておく必要があります。

編入学の対象になる学生は一度高校を中退してしまっている人なので、前籍校から新しい高校に編入するまでに、どこにも籍を置いていないブランクの時期が出来てしまいます。

このブランクの期間が長くなればなるほど卒業までにかかる年数が伸びていってしまいますので注意が必要です。

一方、前籍校に籍を置いたまま新しい高校に移る転入学では、学校側が転入後も同級生と一緒に卒業できるように単位取得について何かしらの配慮をしてくれる可能性があります。

高校を移りたいと思ったら、急いで高校を中退するよりも、転入学に向けての手続きを進めていくことの方をおすすめします。

通信制高校⇒転入するときの注意点❶

編入学同様、学期途中の転入には要注意、卒業予定年度も確認を

「転入学」は編入学と異なり、転校と同じ扱いになりますので、基本いつでも転校することが出来ます。

しかし編入学の時の注意と同様、前籍校で取得した単位しか引き継ぐことが出来ませんので、いつでも新しい高校に移れるからといって、取得単位数を考えずに転入してしまうことは危険です。

転入学の場合は、転入学先の学校が同級生と同じ年度に卒業できるように何かしらの就業面での配慮をしてくれる場合があります。

転入する前に一度、転入予定の通信制高校に取得単位状況と、卒業予定年度を聞いてみることをおすすめします。

転入学でも編入学でも出来るだけ前籍校で取得した単位を無駄にしないで済む方法を探していくといいと思います。

通信制高校⇒転入するときの注意点❷

新しい環境に適応するのが苦手ならば、あえて1年学年を遅らせるのもあり

「転入学」の利点は、編入学に比べていつでも新しい高校生活をスタートさせることが出来ることです。

しかし、新しい高校生活を早くスタートさせることは、人によっては負担に感じてしまうこともあるかも知れません。

もし新しい環境に入ってすぐ適応していくこと、出来上がった友人関係の中に入っていくことが苦手ならば、転入する時期を新学期までずらしてもいいかも知れません。

この場合、卒業年度も1年遅れてしまいますが、いきなり新しい学校生活に慣らしていくことの方がしんどいと感じてしまうタイプであれば、あえて転入学を遅らせるのも一つの手です。

通信制高校の自宅学習コースであれば、そもそもあまり決まった人との友人関係というものがないので、いつ転入学をしても気兼ねなく新生活をスタートさせることが出来ると思います。

もし、通信制高校の通学コースへの転入学を検討しているならば、年度途中から転入するとなると、クラスの雰囲気や友人関係がある程度形成されてしまっているかもしれません。

一から友人関係を築いていきたい、同じタイミングで新生活をスタートさせたいと考えているならば、あえて転編入の時期を遅らせた方が気楽に学校生活を送ることが出来て良いのかもしれません。

通信制高校への編入と転入⇒考え始めた時に、最初にするべきこと

現時点での取得単位数が転編入した先での在籍期間を決める

転編入を考えて始めた時1番最初に行うことは今現在の自分の「取得単位数」を調べておくことです。

高校卒業までには74単位の取得が必須になってきます。そのうちの何単位ほど自分は取得済みなのかについてしっかり調べておきましょう。

この「取得しなければいけない残りの単位数」によって転編入後の在籍期間が変わってきます。場合によっては卒業予定年度が遅れてしまうかもしれません。

次に転編入をする時期についてしっかり検討しておくことです。

いつでも転入可能な転入学であっても時期が定められている編入学であっても、1年生の年度途中での転編入は、前籍校での取得単位ゼロと見なされて1からのやり直しになってしまいます。

前籍校で学んできたことが無駄になってしまう可能性が非常に高いので注意が必要です。ま

た転入学を希望している場合は、同級生と同じタイミングで卒業可能かどうかについてあらかじめ、転入先の通信制高校に資料請求しておくと良いと思います。

通信制高校⇒編入・転入を検討している方へ

どうしても今のままでは学校に通えない、転校しないと高校を卒業出来なさそうと思ってしまうこともあるかと思います。

思い切って学校環境を変えることも1つの重要な選択肢だと思います。

転編入は自分の置かれている環境を変える良いチャンスです。色んな魅力的なコースを設けている通信制高校があります。

その中で、「この学校なら通えそう」と思える高校が見つかればいいなと思います。

転編入は1つの前向きな選択肢としておすすめ出来ます。

しかし時にはリスクも伴います。卒業年度がずれてしまったり、前籍校で一度学んだことのある内容からもう一度学び直しになってしまうこともあり得ます。

「転編入という選択肢を選んだ際に自分にとってどのような利点があるか」
「不利に働いてしまう要素はあるか」

通信制高校に資料請求した上で、しっかり検討して、少しでも自分が前に進めるような選択をしてみましょう。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求