全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】東京にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

東京都には公立の通信制高校が3校が設置されています。また私立の通信制高校は、広域制の通信制高校を含めると多数所在しており、特に新宿区、立川市、千代田区にキャンパスが多いです。

ここでは東京都にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

Contents

私立の通信制高校・サポート校(東京都)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
クラーク記念国際高等学校新宿区高田馬場86万円〜
KTCおおぞら高等学院(屋久島おおぞら高等学校)秋葉原、東京、立川、町田92万円〜
鹿島学園高等学校23区各所(志成館高等学院)26万円〜
飛鳥未来高等学校池袋、綾瀬44万円〜
渡辺高等学院東京都目黒区118万円〜
ルネサンス高等学校渋谷区代々木43万円〜
ヒューマンキャンパス高等学校新宿、高田馬場、秋葉原、立川39万円〜
さくら国際高等学校渋谷区代々木28万円〜
あずさ第一高等学校渋谷・立川・町田24万円〜
麻布高等学院東京都港区元麻布
中央高等学院東京都武蔵野市84万円〜
大原学園高等学校東京都千代田区
科学技術学園高等学校東京都世田谷区
国士舘高等学校東京都世田谷区
大智学園高等学校東京都新宿区
東海大学付属望星高等学校東京都渋谷区
日出高等学校東京都目黒区
北豊島高等学校東京都荒川区
立志舎高等学校東京都墨田区
聖パウロ学園高等学校東京都八王子市
NHK学園高等学校東京都国立市35万円〜
目黒日本大学高等学校東京都目黒区
松本国際高等学校 東京校東京都新宿区
トライ式高等学院飯田橋・渋谷・池袋・立川・町田・新小岩・国分寺・府中・大泉学園・高田馬場・吉祥寺56万4,000円〜
代々木アニメーション学院 高等部東京都千代田区神田三崎町
明聖高等学校東京都中野区
代々木高等学校東京都渋谷区29万7,100円

公立の通信制高校(東京都)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
東京都立新宿山吹高等学校東京都新宿区
東京都立一橋高等学校東京都千代田区
東京都立砂川高等学校東京都立川市

東京都で学費が安い通信制高校(上位3校)

東京都においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。東京都に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. あずさ第一高等学校
  2. 鹿島学園高等学校
  3. ヒューマンキャンパス高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも東京都から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:クラーク記念国際高校の学費・評判(東京都新宿区)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高等学校でも、全日制高校からの編入を受け付けています。

初めは先生と2人だけの授業が受けられる「週1コース」で通学し、そのうちに皆と集団で授業を受ける「週1コース」に変更し、最終的には「週3」通学コースに変更する方もいます。

不登校だった生徒でも、先生と2人きりの授業から始めて、集団授業に移行したり通学日数を増やしたりできるのが、良いところです。

通学する曜日は自分で選べるし、私服通学もOKですが、制服を着て通学することもできます。

クラーク記念国際高等学校は制服が可愛いいので、週1や週3コースでも制服を着る子が多いでしょう。

また文化祭もあるし、修学旅行は希望する人だけ参加すればOKです。海外に行くことができるでしょう。

クラーク記念国際高等学校では、普通高校においては学習できない心理学の勉強もできます。

授業も、通学スタイルも、服装も、自分が好きなスタイルで選べるので、不登校だった方にとっては天国のようなシステムでしょう。

クラーク記念国際高等学校では、生徒も様々な理由を抱えた子が多いので、みんな人に優しくて人間関係もとても平和でしょう。

中一からの不登校でずっと悩んでいた方でも、クラーク記念国際高等学校で学び、大学進学することもできます。

クラーク記念国際高等学校は、生徒を大切にしてくれる、とても先進的なスタイルの学校なので、不登校で悩んでいたら、ぜひ選択肢に考えてみて欲しい学校です。

不登校などじゃなくても、自分のしたい勉強を自分で選んでで学べるのはとても大きな魅力だと思います。

クラーク記念国際高等学校の詳細▶︎

私立:KTCおおぞら高等学院の学費・評判(東京都秋葉原等)

屋久島おおぞら高等学校の学費

入学金5万円
授業料1単位1万5000円
(25単位⇒37万5000円)
施設費5万円
(合計)47万5000円

KTCおおぞら高等学校の学費

教育充実費5万5000円
みらい学科ウィークデイ: 64万200 円~112万8600円
個別指導: 82万5000 円~106万9200円
アドバンス学科
スタンダード学科ウィークデイ: 39万6000 円
個別指導: 58万800 円
(合計)45万1000円〜112万4000円程
(総合計)92万6000円〜159万9000円程

屋久島おおぞら高校に入学すると、スクーリングは高校のある屋久島に行って受けることになります。

一人で勉強するのが不安な人や学生生活を楽しみたい人は提携サポート校のKTCおおぞら高等学院へ入学します。

ほとんどの学生はKTCおおぞら高等学院で授業を受け先生に指導を受けながら通信制高校のレポートを提出しています。

KTCおおぞら高等学院は屋久島おおぞら高等学校と経営母体が同じですので進学や就職の際のサポートも受けられます。

KTCおおぞら高等学院にはマイコーチ制度があり担任の先生の希望を出すこともできます。指定の制服もあるので希望者は購入することができます。

学費ですがKTCおおぞら高等学院に入学する場合には屋久島おおぞら高等学校の学費に加えKTCおおぞら高等学院の学費もかかりますが、その学費に見合うサポートは受けられます。

屋久島おおぞら高等学校の校舎なスクーリングを行うためのもので、宿泊施設も整え約1週間全国からあつまる屋久島おおぞら高等学校の生徒とともに授業を受けコミュニケーションを取りながら人間関係を構築することができます。

校舎は上から見ると鳥がはばたくような恰好をしており生徒がはばたくことを願っています。

通信制高校を選ぶ生徒は人付き合いが苦手だったりする子供が多いのですがスクーリングを行うことで、一回りも二回りも成長して帰ってくることができます。

校舎は海の近くにあり運が良いとクジラをみることができるのも魅力です。

KTCおおぞら高等学院の詳細▶︎

私立:鹿島学園高校の学費・評判(東京都23区各所)

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

鹿島学園高校では、全日制高等学校と同様の卒業証書が授与されます。生徒本人に強い意志があり、条件が整った場合に、全日制へ籍を移すこともできます。

コースも多種多様です。「週1制コース」「自宅学習制コース」「個人指導制コース」「ネット指導制コース」などに加え、オプションとして、「大学進学コース」「スポーツコース」「アニメ・マンガ・声優コース」「美容・エステコース」「海外留学コース」などを選択することも可能です。

このように、高等学校の卒業資格を取得するにとどまらず、生徒ひとり一人の多岐にわたる卒業後の進路実現に近づくことができます。ただし、全国にある各学習センターにより設定されているコースが異なるため、確認が必要です。

学習のスタイルは「週2~5日の登校」「自宅での通信教育(年に1~3回のスクーリングあり)」「個別指導」「寮生活」などから選択が可能で、カリキュラムについても全14コースの中から生徒ひとり一人の希望に添ったコースを選ぶことができます。

高校卒業後には「大学へ進学したい」だけでなく、「プロスポーツ選手になりたい」「アニメーターになりたい」「保育士になりたい」「海外で活躍したい」など生徒それぞれにそれぞれの希望があるはずです。

生徒達の多岐にわたる希望に沿ったカリキュラムの用意があります。生徒達の卒業後の進路先も大学だけでなく、各種専門学校、就職など様々です。特に進学については、系列の進学先がいくつかあります。

鹿島学園高等学校の詳細▶︎

(鹿島学園)志成館高等学院の学費・評判(東京都)

志成館高等学院(東京高)の特徴は、生徒一人ひとりの必要性に応じたカリキュラムで少人数指導を行う点です。

少人数指導を中心としているため、進学を目指す生徒、不登校の生徒など生徒一人ひとりのニーズに合わせたカリキュラムを組むため、自分にあっ登校日数や登校時間、科目を自分で選ぶことができるのです。

普通科のほかに珍しい製菓製パン科という科があり、お菓子やパン職人に必要となる知識や技術を高校卒業までに、学べるのも特徴的です。

製菓製パン科は、初心者でも基礎からわかりやすく丁寧に指導をしてくれるので、安心して学べるサポート体制が整っていて、2年目以降は店舗にてお菓子やパン実習を行うことができます。

志成館高等学院の良いところは、高校卒業後の進路サポートが非常に充実している点だといえます。

提携をしている鹿島学園高等学校には、大学、短大、専門学校の指定校が充実していて、更に校内に大学部を設置しているため、優先入学制度という制度を利用することができます。

卒業後に就職を希望する生徒に対しては、就職面接の練習や会社訪問の指導などを行っています。

コース、カリキュラムにおいては、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを用意してくれる点も良い点だといえます。

小学校・中学校においての基礎の学習から復習、更には大学受験対策まで幅広く対応してくれ、個人指導を中心に、生徒達の学習進度に沿って進めることができます。

鹿島学園高等学校の詳細▶︎

私立:飛鳥未来高校の学費・評判(東京都池袋・綾瀬)

ベーシックコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他17万円以上
(合計)44万円〜

スタンダードスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他25万円以上
(合計)52万円〜

3DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他34万5000円以上
(合計)61万5000円〜

5DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他35万円以上
(合計)62万円〜

飛鳥未来高等学校では、キャンパスごとに学費が設定されています(上記は札幌キャンパスの例です)。

飛鳥未来高等学校の詳細▶︎

私立:渡辺高等学院の学費・評判(東京校)

渡辺高等学院の学費(週5日制)

入学金23万円
授業料75万円
設備維持費15万円
実習費10万円
(合計)123万円

(続きを読む)

渡辺高等学院の評判

渡辺高等学院は、渡辺プロダクショングループの一員です。

芸能プロダクションが運営する会社が、第一学院高等学校と提携して開校したのが渡辺高等学院です。

エンターテイメントのレッスンを受けながら、高校卒業資格を取得できます。

専門的なエンターテインメントのレッスンを通じて、自己の個性をマネジメントできる自己プロデュース能力や、自分を表現するコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

渡辺高等学院では、第一学院高等学校の先生が直接に学習サポートしてくれますし、進路相談に乗ってくれるので、エンタメの夢と勉強を両立することが可能です。

渡辺高等学院の東京校は、芸能の中心地で夢に挑戦したい人にオススメの通信制サポート校です。多くの芸能プロダクション、テレビ局、レコード会社などが集まる東京で、本格的にエンターテイメントを学びたい人が集まってきています。大学進学サポートの体制も整っています。
東京校の住所東京都目黒区東山1−4−1

渡辺高等学院の詳細▶︎

私立:ルネサンス高校の学費・評判(東京都渋谷区代々木)

入学金5万円
授業料単位数×1万円
⇒25単位で25万円
施設設備費2万円
教育関連諸費5万円
スクーリング費6万5000円
(合計)43万5000円

ルネサンス高等学校に進学すると、自分自身の時間が多く取れるために、社会勉強がしやすいです。

正社員として働きながら休みの日に通学する方もいます。

バイトしながら勉強することで自分の得意、不得意を見つけ出す事ができますし、就職する際に自分の得意、不得意を知っていれば選びやすくなります。

ルネサンス高等学校は学校側に融通を聞いてもらいやすい点も魅力の一つです。

ルネサンス高等学校の教職員の先生方は優しく親切な方が多いです。
生徒を威圧するような怖い先生居ません。

元々教職に就いておらず別な仕事をされていた先生方も大勢いらっしゃいます。先生方とは仲良くなれることでしょう。

社会についてのお話もしてもらえるし、人生相談乗っていただいたり、様々な仕事についてのお話も聞く事が可能です。

ルネサンス高等学校に進学すると、自分の興味分野の仕事をされていた先生に出会える可能性があるかもしれません。

ルネサンス高等学校の詳細▶︎

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(東京都新宿等)

一般通信コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

専門チャレンジコース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
進路進学充実費17万円
(合計)68万円

専門コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
キャリア教育充実費32万円
(合計)83万円

ヒューマンキャンパス高等学校は、不登校の子にも勿論あっています。

自分のライフスタイルに合わせて勉強することができます。夢がない場合にでも好きなものを見つけて学べる機会がたくさん詰まっています。

夢がない子や不登校の子など将来に希望を持てない子にはぴったりの高校だと思います。

ヒューマンキャンパス高等学校に通うことによって、今までの自分とは違う自分を探す子が多いです。自分の将来を変えたい子や将来を迷っている子にはおすすめです。

「どうしてここに入ったのだろうか?」と後悔しないように、入学前にしっかりと学校について調べておきましょう。

ヒューマンキャンパス高等学校に、は資料やネットの情報だけでも魅力的な情報が満載です。

私は他の通信高校に通っていましたが、資料請求もせずに適当に選んだために後悔しました。結局ヒューマンキャンパス高等学校に入学し直したのです。

ヒューマンキャンパス高等学校の詳細▶︎

私立:さくら国際高等学校の学費・評判(東京都渋谷区)

週5日通学型の学費

入学金1万円
学費70万円
施設設備費2万円
(合計)73万円

集中スクーリング型の学費

入学金1万円
学費25万円
施設設備費2万円
(合計)28万円

さくら国際高等学校 (東京校)の特徴は、アニメや漫画などの専門分野を学べるのに強いことに加えて、高い進学実績まで誇っている通信制高校のひとつという点です。

具体的な専門授業としては、「大学進学コース」をはじめ「漫画・アニメコース」「声優・タレントコース」「ペット&アニマルコース」の4分野に分かれていて、それぞれどの分野もプロ達にから本格的な授業を受けることができるのです。

「大学進学コース」では過去の実績として東京大学のような国公立大学をはじめ、早稲田、慶応、上智などの有名難関私立大学へと多くの卒業生を送り出している点も特徴のひとつだといえます。

さくら国際高等学校の生徒は意識の高い生徒が多い通信制高校なのです。

さくら国際高等学校(東京校)の良いところは、在籍できる生徒の数か定員90名と少なく、個々へのサポート体制が手厚い点です。

さくら国際高等学校では、元不登校の生徒も多いため「誰もが安心して通える学校」をコンセプトに掲げていて、他者への気持ちがわかる生徒の育成に取り組んでいます。

さくら国際高校では、学校内の設備には力を入れており、とても充実しています。

たとえば声優コースでは、鏡張りのレッスンスタジオがあったり音響、映像設備の整ったホールを使用することができます。

他にもミュージカルなどの舞台経験なども学べるプログラムを用意しているため、実践的な学びの経験を多く積める機会が多数あります。

さくら国際高等学校の詳細▶︎

私立:あずさ第一高校の学費・評判(東京都池袋立川町田)

スタンダードスタイル 5日制の学費

登録料20万4000円
施設費6万円
補習指導費46万円
(合計)72万4000円

スタンダードスタイル 3日制+ONEの学費

登録料20万4000円
施設費6万円
補習指導費30万円
(合計)56万4000円

フリー2Dayスタイル 2日制の学費

登録料20万4000円
施設費6万円
補習指導費26万4000円
(合計)52万8000円

フリー1Dayスタイル 1日制の学費

登録料20万4000円
施設費6万円
補習指導費20万円
(合計)46万4000円

Webスタイルの学費

登録料20万4000円
施設費3万6000円
補習指導費20万円
(合計)44万円

一般通信スタイルの学費

登録料20万4000円
施設費3万6000円
補習指導費0円
(合計)24万円

あずさ第一高等学校には、コースが複数あり卒業まで自分が目指したい目標に向かい道筋を立てて教育を受けることが出来ます。

教員の方も普通制の学校の方と比べ生徒と向き合う姿勢が違います。事情を抱えた子達が通う事もあり、教員の方も柔軟に対応出来る方が多く見受けられます。

指定のコースで一緒になった人同士は比較的境遇も同じで親交を深めやすいかと思います。

あずさ第一高等学校では、大学の授業の受け方と同じで、自分の意思で受講日に登校して一定の単位を取る格好になります。

その為その他の時間を有意義に使え、各々が目指したい分野に時間を費やす事ができます。

通信制の学校によって受講できるコースは変わってきますが、様々コース選択が出来る事が良い点だと感じております。

基本的にアルバイトをしながら通う生徒が多く、時間配分について社会勉強をする機会を設けられます。

例えばアルバイトでいただいたお給料を大学入学資金に充ててお金の重要性を学ぶ事もできます。

いろいろな考え方ありますが視野を広げられ、将来的に充実するのが通信制の学校だと感じております。

あずさ第一高等学校の詳細▶︎

私立:麻布高等学院の学費・評判(東京都港区元麻布)

麻布高等学院は、全国でスクーリングに対応している、広域性の通信制高校です。

特徴としてはコースが非常に充実していて、高校卒業の認定試験対策、単位制高等学校の卒業を目指す基本のコースや、大学受験のコース、医薬品登録販売者取得コースがあることが挙げられます。

これらのコースは併用して受講することが可能です。

通信制高校に通うのではなく、高認試験を受験して最短で高卒資格を目指すことも可能になっています。嬉しいことに学習の期間や費用の面での負担を軽くしてもらえる可能性があるのです。

申し込んだ先着順となっているようですが、受講者の生徒は、最大でなんと年間42万円ものの奨学金を受け取ることができるようなのです。

麻布高等学院の良いところは、高校中退者などにむけて最短半年で高校卒業の資格を得ることのできる教育システムがある点です。

高校中退者のなかには、高認試験にあと2教科だけ合格すれば高校卒業資格を取得することができるという生徒もいます。

そういった状況にいる生徒のために、苦手な科目だけを履修して単位にすることができる学習サポートで、生徒にとって一番効率の良いとする方法で高校卒業の資格を目指すことができるのです。

麻布高等学院では、希望者には資格の取得や、就職のあっせんをしてくれます。

高校卒業後、すぐに仕事につきたいという場合、就職支援制度を利用して正規雇用としてのサポートを受けることができる点も、魅力的で良い点だといえます。

私立:中央高等学院の学費・評判(東京都武蔵野市)

中央国際高等学校(通信制高校)の学費

入学金5万円
授業料36万円〜
教育運営費3万円
(合計)44万円

中央高等学院(サポート校)の学費

中央高等学院
入学金2万円
授業料25万円〜
教育運営費3万円
その他10万円
(合計)40万円
総合計84万円〜

中央高等学院は40年の歴史があり、卒業生はなんと15,000名を超えています。

生徒達にあわせた様々なコース、カリキュラムの充実、そして校舎は吉祥寺本校をはじめとし、池袋、原宿、横浜、千葉、さいたま、名古屋と7校舎があります。

中央高等学院は、抜群の進学実績を誇っていて、生徒の希望する進路への進学サポートに力を入れており大学、短大、専門学校への各種推薦が充実しているという点がとても特徴的だといえます。

中学校の勉強内容からしっかりと復習することができる、併設されている大学受験予備校があり、そこで授業も受けることも出来ます。

国公立や難関私立大学を目指す生徒には魅力的に感じるサポートだといえます。

中央高等学院では独自のレベル別の講座を実施しています。

生徒の目的に合わせたコースが充実している点が良いところだといえます。

具体的なコースは通信制高校サポートコース、高卒認定試験コース、大学入試コース、ライフサポートコース、介護福祉就職コースがあります。また授業内容は、中学校内容から学習できるので、進学などの将来設計もしっかりできます。

長年の実績や経験に基づいて、不登校やひきこもりの生徒に対しても、個別学習指導も行っています。

中央高等学院の詳細▶︎

私立:大原学園高校の学費・評判(東京都千代田区)

私立:科学技術学園高校の学費・評判(東京都世田谷区)

科学技術学園高等学校では、通学クラスまたはeラーニング学習による豊富なプログラムによって、自分の学習スタイルを作り出すことができます。

基本的な学習は、全日タイプ、2daysタイプ、eラーニングから選ぶことができるので、自分の学びたい場所でニーズに適した学習を進められます。

オプションプログラムでは、大学進学、基礎学習、クリエイティブ、アートなどのプログラムが用意されており、自分の興味や目標にあった分野を学べます。

クリエイティブレッスンでは、生活技術実習Life & Technology studies 、職業技術、文化芸術の3つの分野の講座が用意され、菓子検定、日本手相能力検定、色彩検定、無人航空従事者試験(ドローン検定)などの資格取得を目指すことも可能です。

科学技術学園高等学校では、1年次より進路ガイダンスが行われるので、進学や就職へ向けて具体的な将来をイメージしやすい高校生ライフを送ることができます。

進路指導では、生徒と先生のコミュニケーションが大切にされています。

生徒の適性や能力を見据えて、一人ひとりにあった将来を考えるために進路ガイダンスが年2回開催されています。

東京大学や一橋大学などの国公立大学をはじめとして、慶應義塾大学など難関私立大学のほか、京都造形芸術大学や武蔵野美術大学などクリエイティブな分野へ進学する生徒が多数います。

私立:国士舘高等学校の学費・評判(東京都世田谷区)

私立:大智学園高等学校の学費・評判(東京都新宿区)

私立:東海大学付属望星高校の学費・評判(東京都渋谷区)

私立:日出高校の学費・評判(東京都目黒区)

私立:北豊島高校の学費・評判(東京都荒川区)

私立:立志舎高校の学費・評判(東京都墨田区)

立志舎高等学校は、東京都墨田区に位置する通信制高校です。

専門学校などを運営している立志舎グループの学校で、東京では11年ぶりの私立の新設高校として新しいスタイルの学校として誕生したという点が特徴的です。

通学のコースは二種あり平日に通学する(毎日通学)コースと土曜日に通学をする土曜(通信)コースを設置しています。

特に土曜(通信)コースにおいては、土曜日に科目別の授業(スクーリング)を行っています。指導の重点を添削指導にしている点も特徴的だといえます。

基本的には、自宅での学習を中心にしていますが、平日でも自習室を開放しているので、学習においての質問をいつでもすることができるのです。

立志舎高等学校の良いところとして、土曜(通信)コースは、土曜日にだけ登校すれば後の時間は自由学習となります。

そのためアルバイトや仕事をしながら学んでいきたい人や、自宅での学習を中心に取り組みたい人など、個々のペースとライフスタイルにあわせて学ぶことができる点です。

必ず先生が在室している自習室が使用できる点も魅力的です。

土曜(通信)コースでも、平日コースの生徒達と修学旅行やクラブ活動などの、イベント行事にも参加することができる点も良い点といえます。

イベントを通して、高校生活の大切な思い出を残すことができるだけでなく、礼儀や協調性、コミュニケーション力などを育くめる貴重な体験の場だといえます。

私立:聖パウロ学園高校の学費・評判(東京都墨田区)

私立:NHK学園高校の学費・評判(東京都国立市)

スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校は通う日数やコースを選択できるので、自分に合わせた高校生活を送れます。
ベーシックコースなら月に一回の通学とレポート提出で卒業できます。

通信制高校は高いから…と諦めてしまう人も中にはいるかもしれませんがNHK学園高等学校は他の通信制に比べて学費がとても安いです。

なので他の高校から編入・転入してくる人もとても多い学校です。
他の高校と違い資格を取って卒業後に役に立つような授業もあり、簿記の授業では簿記検定に向けての授業が受けられます。

通学をしない代わりにテレビ放送や配信映像を観ながら提出するレポートもあります。
自分でスケジュールを立てて勉強するスタイルの学校です。

NHK学園高校の良いところ。一番は「無理をしなくて良い」こと。

勉強するペースは自分で選択できるし、事情があって仕事を優先しなくてはならない人や夢に向かって頑張っている人、
1人の時間を大事にしたい人など自分の時間を優先しながら高校生活を送る事ができます。

あと他の学校と違って自分の好きなファッションで通うことができます。
私服の人もいれば制服の人もいるので自分らしく通う事ができます。

先生がとても優しいので相談に乗ってくれたり。
逆にあまり人と関わりたくないって人は毎日クラスメイトと顔を合わせるわけではないので、無理に関わらなくても全く問題ありません。

部活動もあり、行事もあり、通信制だからと言ってただ勉強して卒業するだけではなく、思い出作りもできます。

成績に順番をつけられることもないので学力に自信がなくても大丈夫です。
普段はレポートを提出するのですが、郵送しやすい作りになっているので提出がしやすいです。

授業を受けない代わりに、テレビ放送や配信映像を見て勉強することもあります。
提出したレポートは先生から手書きで間違いやアドバイスが記入されて戻ってきます。

NHK学園高等学校の詳細▶︎

私立:目黒日本大学高校の学費・評判(東京都目黒区)

目黒日本大学高等学校は、全日制と併設されている学校で、普通の学校と同じように教室や体育館などの施設があります。

芸能コースと普通コースで分かれていることが特徴です。

セキリュティ面は凄くいいと思います。2019年からは普通コースと別に週に3日通学するコースも設立され、通学コースというだけあって制服ももちろん着ることが必要です。

芸能コースと普通コースは基本的に月2回のスクーリングがあり、土曜日の午後に授業があります。

一年間で必要な単位を取り、そのために必要な分のスクーリングに行きます。ですが、スクーリングに予定が合わない人もいるので、そんな人のために特別スクーリングという制度があります。その制度をうまく使って、単位を取ります。

また、林間学校や修学旅行、体育大会や文化祭などの行事もたくさんあります。特に体育大会は、体育の単位を取るために必要なため多くの生徒が参加します。

目黒日本大学高等学校の良い点、1つ目は、全日制と併設されていることです。全日制と同じ校舎で授業をすることができ、通信でもとても学校らしいです。体育なども学校にある体育館を使えます。

二つ目は、行事がたくさんあることです。普通に学校に通うことができない人や、仕事が忙しくて行けない人が多いですが、そんな人たちが行事を通じて交流出来るのがとても良いです。特に、林間学校や修学旅行などの宿泊行事は友達ができるのでおすすめしたい行事です。

三つ目は、スクーリングです。他の通信では週一回やまとめて行うところも多いですが、月2回程度でとても楽です。

1年間の予定が全部出るので、予定が被ることはあまりありません。万が一被っても特別スクーリングでカバーできます。

私立:松本国際高校 東京校の学費・評判(東京都新宿区)

松本国際高等学校では、スクーリング(通学)、レポート(課題)を行うことで高校卒業の単位を取得します。他にも自宅でインターネットが使えれば動画視聴をして単位を取得する手段があります。

レポートは自宅に持ち帰ることができます。よって、自宅で学習を進めることもできますし、登校しても教員数が多すぎることなく、アットホームであるため、穏やかな雰囲気で学習をすることができます。

大体毎回どの教科の教員も揃っています。課題でわからないところや教えてほしいところが出た際は、好きなタイミングで先生に聞けます。自主的な学習を促しているため、教員があれこれとお節介を焼くことはありません。

しかし、世間話に来た、相談に乗って欲しい、というような要望にも対応してもらえます。

基本は大教室での学習ですが、場合によっては仕切りで一人の空間作ったり、別室対応をしたりすることも可能です。

他校の通信制と比較して良いと思えるところは大きく二点あります。

一点目は、髪型、服装等が自由なところです。

どこの通信制でも自由なところかと思いますが、見た目に関する校則がないため非常に寛容です。社会人だと、仕事後作業着のまま来たり、アイドルが明るい髪色のまま本業の芸能活動もできたりします。

二点目は、好きなときに好きな時間だけ通えるところです。

ほぼ毎日開校しているので、仕事終わりやその日の気分で、午後からでも夕方からでも通うことができます。もちろん一斉授業ではなく、個人での学習で、一人ひとりに合ったカリキュラムに合わせて対応してもらえます。

特別活動や総合的な学習の時間等も履修が定められていますが、共同や複数人で行う活動ではないため、自分のペースで進めたい人には気が楽だと思います。

ここに文字を入力してください

普段なかなか通えない人、仕事があって休めない人は、夏と冬に長期間の集中スクーリングが設けられているので、お盆や年末年始を利用することができます。

また、自宅での動画視聴で単位を取得できるものもあるため、最低限の通学で卒業したい、多忙だけど高卒の免許が欲しい、という人には合っていると思います。

私立:トライ式高等学院の学費・評判(東京都内各所)

トライ式高等学院の一番の特徴はマンツーマン指導です。

学校に通う目的や高等学校卒業後の進路など、一人一人の希望に添ったカリキュラムが作成され、それに基づいて1対1の個別指導が行われます。

コースについては次の2つの中から選択します。

1つ目は、高等学校を無事に卒業することが目標の「普通科コース」です。生徒それぞれの学力レベルに合わせ、必要に応じて小学校・中学校の学習内容から復習するなどしっかりと基礎学力をつけることができます。

2つ目は、高等学校卒業後に大学進学を目指すことが目標の「特進科コース」です。それぞれの志望大学に合わせたカリキュラムに沿い、大学受験のプロである専門講師から授業を受けることができます。まずは「普通科コース」に進み、学習を進めていくなかで「特進科コース」へ移行することも可能です。

授業以外の時間、例えば昼休みやホームルーム、クラブ活動などは集団で行動します。

ですので、他の生徒達とコミュニケーションをとることも可能です。友達もたくさんできます。

自由参加ではありますが、通学制の学校と同様に、体育祭や遠足、修学旅行などの行事もあります。

年に2回、ハワイ留学の機会もあります。同じ学校に籍を置く大勢の生徒達とスクールライフを楽しむことができます。

転入学・編入学については随時受け入れており、全国どこの都道府県からでも入学可能です。

私立:代々木アニメーション学院の学費・評判(東京都千代田区)

代々木アニメーション学院は、言わずと知れたアニメ業界の名門校です。

アニメの監督や声優、アニソン歌手、アニメーター等、アニメーション業界での活躍を夢見る若者が集う有名通信制高校として圧倒的知名度を誇っています。

深夜アニメをよくみている方なら誰もがご存知かと思いますが、アニメのCMでもよく代々木アニメーション学院のCMは流れています。

全日制や、定時制高校と違い、代々木アニメーション学院(通信制)の場合には、毎日登校しなくてもよいという自由なカリキュラムです。

登校日数が少ない分、全日制のように日々の高校生活、学業に忙殺れることなく、自分のやりたいことを学べます。

高校を選ぶ時点で自分のやりたいことがアニメ業界、漫画業界一筋と決まっている方にはオススメの学校です。

代々木アニメーション学院(通信制)に進学すると、何より業界への繋がりが強く卒業後の業界への進路が獲得しやすいです。

声優タレント、アニソン歌手としての道や、制作業界の道、アニメプロデューサーの道と、あらゆる選択肢が広がります。

どの進路にもすでに先輩が進出して実績を作っているので、OB訪問しやすく、非常に心強いです。

アニメ制作、漫画家志望の方なら、プロになる一番の近道は描き続けること、たくさん描くことなので、高校時代から創作活動に没頭し、在学中からプロに挑戦するといった、専門的な修行を積むことも可能です。

声優も、アニソン歌手も同様で、OBに人気タレントになった声優さんが多数いるので、そういったプロや業界の人脈を作りにいくために入学するのもよいでしょう。

提携している通信制高校の「八洲学園大学国際高等学校」に入学することになります。

私立:明聖高校の学費・評判(東京都千代田区)

明聖高等学校は、千葉県初の私立通信制高校として平成12年に開校しました。

不登校生徒へのサポートや基礎学力向上のサポートに全力で取り組んでおり、卒業生は延べ4,600名を超えています。

明聖高等学校の教育目標は「自主自立」で、将来的に考えて自立できる生活がしていけるように教育してくれます。

教員が「カウンセリング」「メンタルヘルス」などの専門研修を受講し、資格を所持しるので、先生にも安心して相談できます。

通信制高校としてもこちらのウェブ授業が良いという評判が高いです。通信制高校に通いながら大学受験を目指してみるのも良いと思います。

私立:代々木高等学校の学費・評判(東京都渋谷区)

 

代々木高等学校の詳細≫

都立新宿山吹高校の学費・評判(東京都新宿区)

東京都立新宿山吹高等学校の大きな特徴は、満1歳から6歳までの子供を預かってくれる託児所が用意されている事です。

通信制高校なので普段は独学により、学習を進めて行くのが基本です。

だからこそ限られたスクーリングの時間は重要であり、この学校であれば小さな子供がいる人でもそんな風に託児所を利用してきちんと学習を進める事が出来ます。

スクーリングに出席する事で各教科毎に如何にして学習を進めて行くかを理解した上で、レポートを作成して行く事が大事です。

同時に定められたレポートをきちんと提出するためには、年間500時間以上の学習時間が必要であるため、課題をこなしているだけでもきちんと学習時間が確保出来る仕組みとなっている点も心強かったりします。

東京都立新宿山吹高等学校は元々生徒の自主性を重んじる校風であり、通信制でもそれが活かされている点が嬉しい所です。

学習を進める上で肝となるスクーリングですが、ただ漠然と教科担当者からの説明を受けるだけではなかったりします。

きちんと学習を進めるには、事前に予習してそこで生じた疑問点を教科担当者に積極的に質問をする事で具体的に指導して貰う事が大事です。

この学校の通信制では、自主的に学習しながら、教科担当者からのサポートもしっかり受けられる仕組みとなっています。

同時に生徒同士の繋がりも重視されており、通信制にも運動系や文化系の部活動が幾つも存在している点も魅力的です。

都立一橋高等学校の学費・評判(東京都千代田区)

都立砂川高等学校の学費・評判(東京都立川市)

東京都から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

東京都に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

 

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求