全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】北海道にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

北海道には公立と私立の通信制高校が複数あります。特に広域制の通信制高校は札幌市・旭川市・室蘭市に所在しています。

ここでは北海道にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

私立の通信制高校・サポート校(北海道)の学費一覧

学校名場所学費
飛鳥未来高等学校札幌市中央区44万円〜
池上学院高等学校
旭川、室蘭、函館、苫小牧、帯広、釧路、北見
25万5500円〜
ヒューマンキャンパス高等学校札幌市、旭川市、室蘭市 39万円〜
トライ式高等学院札幌市
酪農学園大学付属ときわの森三愛高等学校北海道江別市
クラーク記念国際高等学校札幌白石86万円〜
星槎国際高等学校北海道芦別市
北海道龍谷学園付属・双葉高等学校北海道小樽市
札幌自由が丘学園三和高等学校北海道上川郡
第一学院高等学校札幌市北区36万円〜
北海道芸術高等学校北海道上川郡83万円〜
NHK学園高等学校北見市、札幌市、深川市35万円〜
青森山田高等学校札幌市豊平区21万8000円〜

公立の通信制高校(北海道)の学費一覧

北海道札幌北高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌工業高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌琴似工業高等学校(北海道札幌市)
札幌市立札幌大通高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌月寒高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌西高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌東高等学校(北海道札幌市)
北海道札幌南高等学校(北海道札幌市)
北海道有朋高等学校(北海道札幌市北区)
北海道旭川北高等学校(北海道旭川市)
北海道旭川工業高等学校(北海道旭川市)
北海道旭川商業高等学校(北海道旭川市)
北海道旭川東高等学校(北海道旭川市)
北海道網走南ヶ丘高等学校(北海道網走市)
北海道岩見沢東高等学校(北海道岩見沢市)
北海道恵庭南高等学校(北海道恵庭市)
北海道江別高等学校(北海道江別市)
北海道遠軽高等学校(北海道紋別郡)
北海道小樽工業高等学校(北海道小樽市)
北海道小樽潮陵高等学校(北海道小樽市)
北海道音更高等学校(北海道河東郡)
北海道帯広農業高等学校(北海道帯広市)
北海道帯広柏葉高等学校(北海道帯広市)
北海道北見北斗高等学校(北海道北見市)
北海道釧路工業高等学校(北海道釧路市)
北海道釧路湖陵高等学校(北海道釧路市)
士別市立士別東高等学校(北海道士別市)
北海道滝川高等学校(北海道滝川市)
北海道千歳高等学校(北海道千歳市)
羽幌町立天売高等学校(北海道苫前郡)
北海道苫小牧工業高等学校(北海道苫小牧市)
北海道苫小牧東高等学校(北海道苫小牧市)
ニセコ町立ニセコ高等学校(北海道虻田郡)
北海道函館工業高等学校(北海道函館市)
北海道函館商業高等学校(北海道函館市)
北海道函館中部高等学校(北海道函館市)
大空町立東藻琴高等学校(北海道網走郡)
日高町立日高高等学校(北海道沙流郡)
幌加内町立幌加内高等学校(北海道雨竜郡)
真狩村立真狩高等学校(北海道虻田郡)
北海道室蘭栄高等学校(北海道室蘭市)
北海道留寿都高等学校(北海道虻田郡)
北海道稚内高等学校(北海道稚内市)

北海道で学費が安い通信制高校(上位5校)

北海道においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。北海道に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. 青森山田高等学校
  2. 池上学院高等学校
  3. NHK学園高等学校
  4. 第一学院高等学校
  5. ヒューマンキャンパス高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも北海道から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:飛鳥未来高校の学費・評判(札幌市中央区)

ベーシックコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他17万円以上
(合計)44万円〜

スタンダードスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他25万円以上
(合計)52万円〜

3DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他34万5000円以上
(合計)61万5000円〜

5DAYコースの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位8000円
⇒20万円(25単位)
その他35万円以上
(合計)62万円〜

飛鳥未来高等学校の良いところは、学校の雰囲気がとてもよく、先生と生徒の仲も良いところです。

時間割の組み方をしっかり手伝ってくれたり、勉強の進み具合も先生同士で共有し常に声をかけてくれるので、安心して学校生活を送ることができます。

「ここが通信制か?」と思うほど、生徒それぞれグループが出来ていたり友だちを作りやすい環境でした。

服装は自由です。制服を来ている子もいれば私服の子もたくさんいます。飛鳥未来高校の制服を購入して来ている子もいました。

学校行事やイベントもとても多く、姉妹校の専門学校が行う三幸フェスティバルという
イベントに参加すると、単位が取得できたりもしました。

友だちと・グループで行動するのは苦手、普通制高校と同じように高校生活を送りたい、その日の気分で決めたいなど。飛鳥未来高等学校は、いろいろな思いを叶えてくれる通信制高校だと思います。

飛鳥未来高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:池上学院高校の学費・評判(北海道各地)

池上学院高等学校では、札幌のみの毎日通学する全日制の総合コース、自分のペースで通学できる学園前キャンパスで開催されている一般コース、個々の進路や目標を叶えるための進路実現コース、インターネットを使用して学習する集中スクーリングコースが用意されています。

自分の住んでいる地域や生活スタイルに合わせてコース選択、スクーリング校舎を選択することができます。

本校は札幌にあります。普通に制服を着て通学するというコースも設けられています。

通信制高校でありながら自分の生活スタイルや夢、家庭状況などに合わせながら選択できるのも魅力の一つです。

どこの校舎の先生もものすごく熱心で夢や目標達成を全力でサポートしてくれる体制が整っています。

池上学院高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(札幌・旭川・室蘭)

一般通信コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

専門チャレンジコース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
進路進学充実費17万円
(合計)68万円

専門コース

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
キャリア教育充実費32万円
(合計)83万円

ヒューマンキャンパス高校の入学難易度ですが、面接試験で無言を貫き通すことがない限りは落ちることはないと思います。

ヒューマンキャンパス高校は保護者つきでの面接と、作文がありました。
作文は、今までの自分とこれからの自分という題名でした。

面接の雰囲気は、面接官の先生二人で空気も重くなく話を聞き出してくれようとする面接なので比較的話しやすく面接を受けることができるでしょう。

入学前に知っていて欲しいのは、通信制高校を選ぶには家庭によりますが色々と理由があります。

通っていた高校が合わなかった、いじめにあったなど、中学時代学校に不登校だった人が多いです。

様々なタイプの生徒が同じ校舎にいることになります。その点で言えば繊細だったりナイーブな生徒もいます。お互いに気遣いあいながら過ごしています。

ヒューマンキャンパス高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:トライ式高等学院の学費・評判(札幌市)

トライ式高等学校のキャンパスは、全国にあります。
札幌キャンパスでも、大学進学や高卒認定試験に向けての取り組みをしているところです。

トライ式高等学校はCMでもお馴染みです。入学後は自分のライフスタイルに合わせて自宅型と通学型を選ぶことができます。通学型と言う選択肢もあり、通学型と言う選択肢を選んでいる人たちも数多くいます。

変更はその時その時で変更が可で自身の立場を考えて変更した方がいいという場合変更出来ます。

札幌キャンパスでは、イベントも数多くしていてお花見や、クリスマス会などがあります。またクリスマス会準備の様子など公式サイトで見ることができます。

イベントが多いと気軽な気持ちで学校全体を見ていくことができて良いのではないでしょうか。

札幌キャンパスの良い所としては、通信制高校として自宅型、通学型と別けて洗濯できるということがあると思います。つまり自分自身が本当に合っているスタイルはどちらなのか探していくことができます。

生徒たちの精神的サポートも充実しているところです。何らかの事情があってこの学校に来ている人もいるわけですから精神的サポートがしっかりとあったほうが、今後勉強をしていく上でも気持ちを落ちつかせていくことができます。

勉強をしていく上でも、将来性を見ながら勉強をしておいた方が良いわけですから将来的に確実にこれはしておきたいと言う目標があった方が勉強していきやすいと思います。

私立:ときわの森三愛高校の学費・評判(江別市)

ときわの森三愛高校は、酪農学園大学の広大な敷地の一角、住宅地と原始林に囲まれた学校です。

キリスト教に基づく「神・人・土地」を愛する三愛精神を大切に、伸び伸びとした社会に貢献できる人材の育成に努めています。

週三日登校するコースとは別に、全国から入学可能な自宅学習中心の「通信コース」があり、留年や学年を気にせず卒業まで高校生活を送ります。

DVDやWeb教材を使ってのレポート提出、単位認定試験と年に数回ある集中スクーリング(面談・体験指導)から二回の参加で単位を取得。

必修以外に「農・食・環境・生命」の大切さを学ぶ設定科目があり、作物の栽培や食品加工、食の安心安全学など、酪農系大学付属ならではの独自のカリキュラムで様々な経験を積むことが可能です。

卒業後は内部進学制度で酪農学園大学へ進学・調理系専門学校への入学、学んだ事を生かしての就職など、進路の幅が広いのが特徴のひとつでしょう。

ときわの森三愛高校の集中スクーリングでは、農園で収穫したブルーベリーや大豆などを加工してのパン・豆腐づくり、宿泊研修では乗馬や富良野でのラフティング、北海道の産業文化や歴史を訪ね歩く体験等をします。

普段は顔を合わせる機会の少ない先生や仲間たちとも大自然の中では気持ちがほぐれ、その関係性は一生の財産となるはずです。

生徒考案による名物「オニコロ(おにぎりコロッケ)」は大好評を博し、地域イベントなどで生徒自ら試食・販売会も行っています。

入学・転入学希望者には体験キャンパスに参加する機会があります。

校内の雰囲気や生徒の活動、北海道の自然の恵みと大切さを肌で感じてみませんか。都会では味わえない学校生活がきっと待っているでしょう。

私立:クラーク記念国際高校の学費・評判(札幌市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

通信制高校といえば、自宅で一人で勉強し、時々スクーリングするというイメージがありますが、クラーク記念国際高校では毎日スクーリングすることも可能で、ひとりで勉強することなく、高校生活を楽しめると思います。

通信制高校は少し昔までは私服のイメージがありましたが、クラーク高校はブレザーの制服があり、建物以外は普通の高校とあまり変わりません。

学科は専門の学科があり、特にアニメや漫画好きで声優を目指している人が通う声優学科があり、とでも人気があります。

声優学科では、授業でアフレコをしたり、YouTubeでラジオをやったり、毎日の授業がとても個性的です。

クラーク記念国際高校の良いところは、普通高校と同じように学生生活を楽しめるように工夫されているところです。

校舎は外観はビルなのですが、中はちゃんと教室になっています。クラーク高校は、普通高校と違い一つのクラスの人数も少なく、先生の目も行き届きやすいため、とても安心して通いやすい高校だと言えます。

クラーク高校は、制服もピンクとグレーのチェックスカートにブレザーで普通高校にはない可愛さですし、新しいことを多く取り入れていて、一時とても話題になった高校です。

しっかり勉強も出来ますし、スクーリングしながら、友達をつくり高校生活を楽しめるのでとてもおすすめの高校です。

クラーク記念国際高等学校の詳細はこちら▶︎札幌白石

私立:星槎国際高校の学費・評判(芦別市)

星槎国際高等学校の本部校は札幌にありますが、学習センター・キャンパスは全国にあり、どこでも学習できます。

学習センター・キャンパスは、北海道なら札幌のほか、帯広、芦別、東北なら、仙台市、郡山市、関東地方なら、さいたま市、川口市、八王子市、立川市、横浜市(2か所)、厚木市、大磯町にあります。

その他、浜松、名古屋、富山、福井、甲府、大阪、広島、高松、香川、小倉、福岡沖縄に学習センター(キャンパス)があります。

通学は平日毎日可能ですが、不登校などの経験をした生徒たちも多いため、必ずしも全員が毎日通っているわけではありません。

少人数でアットホームな雰囲気のところが多いと思います。スクーリングは札幌の本校で行われますが、どうしても札幌まで行けない場合、学習センターでの通学でもスクーリングとして認められています。

星槎国際高等学校には、不登校を経験した生徒、発達障害などの生徒が多いため、先生方もそのようなデリケートな子供たちに配慮した対応をしてくれます。

学習センター・キャンパスによってはカウンセラーもいます。

「ソーシャルスキルトレーニング」という、人とのかかわり方を練習するプログラムを行っているところもあります。

中学校までは不登校で、という子どもでも無理なく通うことができ、高校卒業の資格を取ることができます。

学習センターというのは比較的小規模な場所ですが、キャンパスという名称の場所でもそれほど人数が多くありません。

そのため、一人一人に目が届いて、きめ細かな対応をしてもらえるところが魅力です。

私立:北海道龍谷学園付属双葉高校の学費・評判(小樽市)

小樽市にある高等学校だが、全日制は長い歴史があり札幌圏でも割と名前が有名な私立の高等学校です。

通信制については週に数回のスクーリングに通うか半年に一回の10日前後のスクーリングのパターンを選ぶことができます。

課外授業も内容が充実しておりボーリング大会などのイベントや沖縄への修学旅行もあり楽しい思い出を作ることができます。

私が通っていた当時は高校卒業資格のための通信制の学校というような感じで定期に行われるテストもとても簡単でな内容です。

その他の資格取得のようなコースはありません。

学費については私が入学するにあたり色々な学校の資料を取り寄せましたが札幌市内やその近辺の通信制の中でも安い方です。

先生がとても優しい方達で学校の雰囲気がとても良いです。

個人的な事情があり通信制を選択した身の自分には、自分が訳ありの生徒だと言う負い目がありましたが、先生達はそのような子達を多く抱えてますので理解があり温かく接していただけます。

ここに文字を入力してください

職員室に行けば得意科目について関連の検定や資格を紹介して頂けたりこんな資格ならすぐ取れるよなどのお声がけなどがありとても参考になるような意見も個別で頂けます。

卒業証書に通信制課程などの記載がされていないため普通科の学校を卒業した気分になれます。
JRが近いので札幌市内からの通学も負担にならず、学費も安いです。

私立:三和高等学校の学費・評判(川上郡)

札幌自由が丘学園三和高等学校は、北海道上川郡和寒町にある株式会社立の単位制・通信制高等学校です。

株式会社札幌自由が丘教育センターが設置・運営しています。

通信制高校としては卒業までサポートしてくれる所で通学コースと在宅学習コースがあります。

通学コースは1日の授業は3時間から4時間が基本です。授業は基礎、基本を重視しています。

在宅学習コースにも強みがあり、月一回の通信制で高校卒業資格を取得することができます。高校卒業資格を取得していきたいと思っている人にとって、活用していきやすいところです。

登校は基本的に月一回で精神的負担もかかりません。

レポート作成もスタッフがサポートしています。

どちらかを選ぶかは自分次第ですが、時間を効率よく使う上でも自宅で学習していくと言う道を選んでおいた方がいいかもしれません。

自宅で学習していくことで、幅広く知識を得やすいかもしれないという場合もあります。

私立:第一学院高校の学費・評判(札幌市北区)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

通学:スタンダード(週5日登校可)

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費7万3500円
特別指導料52万8000円
指導関連費6万500円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費8万8300円
(合計)106万300円

通学:プレミアム(週5日登校可)

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費7万3500円
特別指導料69万9600円
指導関連費6万500円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費8万8300円
(合計)123万1900円

通学:ベーシックα(週2日登校可)

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費3万円
特別指導料52万8000円
指導関連費6万500円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費8万8300円
(合計)101万6800円

通学:ベーシック(週2日登校可)

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費3万円
特別指導料27万7200円
指導関連費6万500円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費8万8300円
(合計)76万6600円

第一学院高等学校では、少し先に入学した在校生が新入生の学校生活を温かくサポートしてくれたり、友達作りのきっかけとなるサークル活動やイベント活動がとても充実していたりします

通いたくなるきっかけが様々あります。もちろん先生も親身になって相談をしてくれます。

中学校からの総復習や大学の入試対策もあり進学に対しても対策しています。

小論文やビジネスマナー講座も社会にでても最低限できるような環境は整っています。

先生がとても親身になって話や相談を受けてくれます。バイトや私服はOKです。

普通高校の人達よりも自由な時間がかなりあるので自分のやりたい事ができます。

努力次第ではあるが国立大学や有名私立大学にもいけます。人間関係も強制的に築かなくてもいいのでかなり楽です。

職場体験や、専門的な講座も多数あるので、進学をするのか?就職するのか?
自分で組み立てて授業や講座を受ける事ができるのもいいところです。

第一学院高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:北海道芸術高校の学費・評判(上川郡)

入学金5万円
授業料36万円
サポート授業料31万2000円
キャンパス施設費2万4000円
実習費5万4000円
行事費3万円
(合計)83万円

北海道芸術高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:NHK学園高校の学費・評判(札幌市等)

スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校では、各科目のレポートを月に一回提出(発送)します。
基本的に自分で調べてレポートを進めるので、図書館やWEBで調べる人が多いでしょう。

月に1回スクーリングがあり、最寄りの高校に行って授業を受けます。自分の場合は最寄りの高校まで電車で1時間ほどかかりました。

基本的に高校の授業と被らないように、スクーリングは日曜日に行う事が多かったです。

期末テストもあります。テストもスクーリングの高校で行い、テストができなかった場合はしっかりと補講もしてくれました。

月1回のスクーリングでは、1クラス程の人数の生徒が集まります。
同学年でも年齢差がありますが、みんな同じ境遇という事か接しやすく、仲良くなりやすい環境です。

NHK学園高校では補講がしっかりとしています。進学、卒業できるサポート体制がしっかりとできます。

NHK学園高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:青森山田高校の学費・評判(札幌市豊平区)

青森校の学費

入学金3万円
授業料14万4000円
教育実習費2万円
生徒会費・諸経費2万4000円
(合計)21万8000円

札幌校の学費

入学金3万円
授業料14万4000円
教育実習費2万6000円
生徒会費・諸経費2万4000円
(合計)22万4000円

通信制高校はその名の通り、自宅で勉強することがメインとなっています。しかし、通学が必要な時は何度かあり、完全に通信制高校というのは珍しいのではないでしょうか。

実際、私が通っていた青森山田高等学校も通学の必要が何度かありました。

また、通信制高校は単位制だという話を聞くと思います。単位制なのですが、3年以上在籍していることが卒業要件になります。

必要単位さえ足りていれば、学校にあまり通う必要もなく卒業できるので、自分のペースで学べますし、自宅学習(ビデオ講座など)でしっかり学べば、留年はほぼないと思います。

青森山田高等学校は単位制で通学の必要がほぼない(年に5.6回)なので、他にやりたいこと、学びたいことがある人、病気などであまり学校に行けない人に向いている学校であると言えます。

集団行動が苦手な人や、友達付き合いが苦手な人にとっては良い学校でしょう。

自宅学習できるメリットは非常に大きく、通学と帰宅の移動時間をほぼ毎日節約できる点も非常に大きいでしょう。

青森山田高等学校の詳細はこちら▶︎

北海道から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

北海道に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求