全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】栃木県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

栃木県には公立の通信制高校が2校と私立の通信制高校が1校開校しています。その他、広域制の通信制高校のキャンパスも複数あります。キャンパスは宇都宮市に多く所在しています。

ここでは栃木県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

私立の通信制高校・サポート校(栃木県)の学費安さ比較

学校名場所学費比較
鹿島学園高等学校宇都宮市・小山氏・栃木市・那須塩原市・足利市26万円程度
日々輝学園高等学校栃木県塩谷郡35万円以上
第一学院高等学校栃木県宇都宮市36万円程度
ヒューマンキャンパス高等学校栃木県宇都宮市39万円以上
飛鳥未来きずな高等学校宇都宮市伝馬町46万円以上
屋久島おおぞら高等学校
宇都宮市駅前通り47万円以上
クラーク記念国際高等学校宇都宮市昭和25万円+α〜
さくら国際高等学校真岡市高勢町28万円以上
明秀学園日立高等学校宇都宮市東宿郷
栃木県には私立の通信制高校が沢山あります。上記は一例です(広域制を含みます)。

就学支援金が支給されれば、学費を安く押さえることができるので、学校資料を確認して比較検討してみると良いでしょう。

公立の通信制高校・サポート校(栃木県)の学費安さ比較

学校名場所学費比較
栃木県立宇都宮高等学校栃木県宇都宮市3万円以上
栃木県立学悠館高校栃木県宇都宮市2万6500円以上

栃木県内には公立の通信制高校が2つ設置されています。

公立の通信制高校は、学費が低いのが魅力ですが、就職サポートや学習サポートが手薄なことは否めません。

学校選びをする際にはよく見極めてから決定するようにしましょう。

栃木県で学費が安い通信制高校(上位3校)

栃木県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。栃木県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. 鹿島学園高等学校
  2. さくら国際高等学校
  3. 日々輝学園高等学校
  4. 第一学院高等学校
  5. ヒューマンキャンパス高等学校
  6. 飛鳥未来きずな高等学校
  7. 屋久島おおぞら高等学校
  8. クラーク記念国際高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも栃木県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:鹿島学園高校の学費・評判(栃木県宇都宮市等)

鹿島学園高校の学費

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

鹿島学園高校の評判

鹿島学園高等学校は、単位制普通科の広域通信制高校です。

全日制が運営しており生徒の多様性に対応できるため、通信制だけの高校とは内容の充実度が異なります。

鹿島学園高等学校では全国に300か所以上の学習センターを持っており、インターネットでの指導も行っています。

学習スタイルもさまざまです。

週に一日から五日ほど学習センターへ通うコースから、一年間で数日のみのスクーリング(面接指導)であとは自宅学習をするコース、個人指導コース、家庭教師コース、ネット指導コースまで、生徒一人ひとりの個性や条件に合わせて選択することができます。

単位制を採用しているので学年という枠にとらわれず、自分のペースでレポート提出や認定試験で単位を積み上げ、高卒資格を目指すことができます。

必修科目以外のオプションコースはバラエティに富んでいます。

一般大学や医大進学を目指すコースはもちろん、学習センターによって内容は異なりますが、美容・エステやIT、トリマーなどの技術を学ぶペットコース、声優・タレント等になるための表現力を学ぶコースまでさまざまです。

鹿島学園高校の詳細▶︎

真岡キャンパスDSC高卒資格サポートセンター/栃木県真岡市
宇都宮キャンパスKG高等学院/栃木県宇都宮市東宿郷1-7-2アジマコーポ2F
小山キャンパスKG高等学院/栃木県小山市駅東通り1-5-9 増田ビル3F
ヤマト栃木スクールKG高等学院/栃木県栃木市境町4-11 2階
那須キャンパスKG高等学院/栃木県那須塩原市大原間西1-1-11ヤナイビル 3F
足利キャンパスけいゆう国際学園/栃木県足利市田中町920-3三和駅前ビル3F
鹿沼キャンパス安藤塾/栃木県鹿沼市貝島町652-49

私立:日々輝学園高校の学費・評判(栃木県塩谷郡)

日々輝学園高校の学費

入学金3~10万円
授業料7500円×取得単位数
施設費・通信費3万8000円~
その他10万円程

日々輝学園高校の評判

日々輝学園高校の在校生の過半数は、過去に不登校経験があるお子さんです。中学時代にいじめなどを原因として不登校傾向があった人が多くおります。

日々輝学園高校では、不登校対応ができるように、スクールカウンセラーも配置しております。

学習面で遅れをとっている生徒にも対応できるように、日々輝学園高校での学びは基礎学習を基本としており、生徒の状況に応じて少しづつステップアップを図るようにしています。

それに日々輝学園高校では、生徒のメンタルサポートにも力を注いでいます。

日々輝学園高校では、勉強に遅れがある生徒でも、先生が親切に中学校まで遡って勉強のやり直しサポートをしてくれます。私は運がよく日々輝学園高校において、熱心に対応してくれる先生に出会うことができましたが、先生によっては指導経験が未熟な先生もいることは確かです。

でも、多くの先生は、進路指導をはじめとして相談サポートに乗ってくれると思います。

日々輝学園高校の詳細≫

本校栃木県塩谷郡塩谷町大宮2475番地1
宇都宮キャンパス栃木県宇都宮市松が峰1丁目1番14号

私立:第一学院高校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

(続きを読む)

第一学院高等学校の評判

第一学院高等学校では、高校入学してから10年後の生徒の将来を意識しながら進路指導をしています。

不登校や進学に不安を抱えるお子さんを対象とした「第一学院中等部」と、通信制高校である「第一学院高等学校」の他、第一学院グループには新潟産業大学などもあります。

第一学院高校には有名大学に進学する方も多く、またスポーツや芸能の世界で活躍する卒業生も多い点に特徴があります。

第一学院高校に高校2年生のときに、全日制高校から転入しました。
高校1年生の時から陰湿なイジメに合ってしまい、イジメている人は表裏が良い人でイジメていることを先生に信じてもらえず、居場所がなくなってしまい学校に行けなくなりました。

第一学院高校には不登校経験がある人が多く在籍している、と言うことでした。

第一学院高校の先生は、生徒にも熱心に話しかけてくれる力強い先生の割合が多いと感じます。

先生も友達も私のことを受け入れてくれるので安心して通うことができています。

第一学院高校の詳細≫

宇都宮キャンパス栃木県宇都宮市大通り2-1-5 明治安田生命宇都宮大通りビル8F

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

一般通信コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

(続きを読む)

ヒューマンキャンパス高等学校の評判

ヒューマンキャンパス高校は、資格や専門学校で有名な「ヒューマンアカデミー、佐藤学園グループ、大阪バイオメディカル専門学校」などと教育連携している通信制高校です。

単純に高校卒業資格を取得できるだけでなく、プラスαの専門的な学びができる教育環境があります。

全国に学習センターがあり、現場で専門教師からリアルに学べる環境が整備されています。

不登校経験がある方、高校を中退した方、転校してきた方なども多く、一人ひとりに合わせた学習方法が採用されています。

ヒューマンキャンパス高等学校の本校は沖縄県名護市にあり、自然豊かな環境です。

結論を言いますと、ヒューマンキャンパス高等学校は学費としてかなり安いです。

自分で受けたい授業にしかお金を払わないので割に合っています。専門的なものを学びたい人にとっては安く学べる学校です。

国の就学支援金制度の対象になっているので年間10万~30万程度の支援金がでます。

ヒューマンキャンパス高等学校では、面接時には保護者の同伴が必要になります。

入学を考える前に資料請求をすること学校説明会への参加をする方が得策です。

資料請求することによってより理解を深めることになります。入学願書の提出に関しては、中学校の担任に調査書を作ってもらう必要があります。

書類を提出したら入学選考となります。選考は作文で行い、面接で本人のやる気を確認します。詳細は資料を取り寄せて確認しておきましょう。

ヒューマンキャンパス高校の詳細≫

宇都宮学習センター栃木県宇都宮市宿郷3-10-5 新部ビル2階 (ノーバス内)

私立:飛鳥未来きずな高等学校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

ベーシックスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位あたり8,000円
(28単位で22万4,000円)
補修費10万円
特別活動費5,000円程
教材費1万5,000円
諸経費5万円程
(合計)46万4,000円〜

(続きを読む)

飛鳥未来きずな高等学校の評判

飛鳥未来きずな高等学校は、単位制の通信制高校です。

全国に大学・専門学校・フリースクールを運営している学校法人三幸学園が母体になっています。ちなみに姉妹校は「飛鳥未来高校」です。

飛鳥未来きずな高等学校の学費は、キャンパスや所属コースにより金額が異なります。上記の金額は、参考までに2022年度のお茶の水キャンパスでの学費を記載しています。

また、飛鳥未来きずな高校では、日常授業を受けながら自分の好きな専門分野の学習をすることも可能です。

自分が好きなことを学べる環境があります。

飛鳥未来きずな高等学校は卒業することは簡単だと思いますが、卒業後の進学を考えると学校の勉強だけでは足りません。大学受験に必要となる応用力を養うには別途予備校などに通う必要があります。

飛鳥未来きずな高等学校の先生は、明るくて優しい先生が多いです。校則も厳しくないですし、生徒も基本的には良い人が多い気がしますが、おかしな人も一定割合でいるにはいます。

通信制高校なので、自分が選んだコースで必要な科目の授業に合わせて通学すれば良い感じです。

飛鳥未来きずな高等学校には、グループ会社が運営している専門学校がたくさんありますし、大学もあります。グループの専門学校に進学すれば学費が割安になったりすることがあります。

宇都宮キャンパス栃木県宇都宮市伝馬町1-9 宇都宮KSビル7階

私立:屋久島おおぞら高等学校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

屋久島おおぞら高等学校の学費

入学金5万円
授業料1単位1万5000円
(25単位⇒37万5000円)
施設費5万円
(合計)47万5000円

KTCおおぞら高等学校の学費

教育充実費5万5000円
みらい学科ウィークデイ: 64万200 円~112万8600円
個別指導: 82万5000 円~106万9200円
アドバンス学科
スタンダード学科ウィークデイ: 39万6000 円
個別指導: 58万800 円
(合計)45万1000円〜112万4000円程
(総合計)92万6000円〜159万9000円程

屋久島おおぞら高等学校は、屋久杉や独特の生態系で知られる世界自然遺産の屋久島にあります。

全国に30か所以上の提携サポート校があるので、どの都道府県からも入学可能です。

学習スタイルは通学型と自宅学習型を選べ、自宅型は年に一回屋久島での集中スクーリング(面談・体験指導)の受講を条件に、書類選考のみで入ることができます。

自分のペースで仕事をしたり他のやりたい事をしたりしながら学べる、単位制を取り入れているので留年はなく、レポートの提出と単位認定試験を受けながら卒業を目指します。

自宅での学習だけでなく、希望があれば週に一日から五日間最寄りのキャンパスに通うことで学校生活を味わうこともできます。

卒業後の進路指導にも力を入れていて、大学受験のための小論文・面接対策、就職希望者にはさまざまな求人情報を提供し、バックアップシステムも万全です。

屋久島おおぞら高等学校では、自宅学習で学ぶ生徒にも、もちろん担任の先生がいます。

先生方はみなメンタル面のサポート研修を受けているメンタルサポーターなので、電話やメールなどで安心して勉強や日常生活の事を相談することができるでしょう。

屋久島おおぞら高等学校の詳細≫

私立:クラーク記念国際高等学校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高等学校の評判 

クラーク記念国際高等学校ですが、通学日数を自分で選ぶことができます。

週5日通学の全日制高校のように制服を着て通学するコースや、週5~1日の自分の好きな通学日数を選べる単位制コース(私服通学OK)、月1~2回通学のWeb在宅コースなど幅広い通学スタイルの選択肢があるのが魅力です。

通学日数は入学後に変更することもできるので、最初は週1から初めて、徐々に増やしていくこともできます。

週5通学のコースは、総合進学コース、国際コース、クリエイターコース、心理表現コース、スポーツコースなどがあり、普通の高校とは違い自分の学びたい専門的な勉強ができるのも魅力です。

総合進学コースでは40種類以上ある選択授業の中から自分の好きなものを選んで自分で時間割をつくることができます。

学び方の選択肢が幅広く設定できるので、自分にあった学び方で勉強していけるシステムです。

クラーク記念国際高等学校の詳細▶︎

宇都宮キャンパス宇都宮クラーク高等学院/栃木県宇都宮市昭和1-2-18

私立:さくら国際高等学校の学費・評判(栃木県真岡市)

週5日通学型の学費

入学金1万円
学費70万円
施設設備費2万円
(合計)73万円

集中スクーリング型の学費

入学金1万円
学費25万円
施設設備費2万円
(合計)28万円

さくら国際高等学校の評判

さくら国際高等学校は、全国から入学できる広域単位制の通信制高等学校です。

各都道府県に学習センターが設置されており、不登校経験がある方も多く在籍しています。全日制高校から転入学・編入学してくる方も多いです。

長野県上田市の本校か、渋谷区代々木にある東京校に通う通学コースと、全国各地にある学習センターに所属する集中スクーリングコースがあります。

さくら国際高等学校の詳細▶︎

真岡学習センター栃木県真岡市高勢町2-37-4

私立:明秀学園日立高等学校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

 

公立:栃木県立宇都宮高校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

栃木県立宇都宮高校の学費

入学金500円
授業料320円×取得単位数
その他2万円以上

栃木県立宇都宮高校の評判

 

公立:栃木県立学悠館高校の学費・評判(栃木県宇都宮市)

栃木県立学悠館高校の学費

入学金500円
授業料
その他1万1000円
教材費1万5000円
(合計)2万6500円〜

栃木県立学悠館高校の評判

学悠館高校は栃木県立の定時制高校であり、カリキュラムの一つに通信制を認めている高等学校です。

学悠館高校では、自己の個性を理解し、将来の職業生活を展望できる人材育成を目指しています。

通信教育のため在宅の学習がメインになりますが、週一回のスクーリングや学校行事を通して、新しい友人と触れ合うこともできます。

将来進学を考える学生にとっても、受験サポートが充実しているので、安心して相談することができます。

学悠館高校では通信課程においても、将来大学、短大を目指す学生に向けてのサポートが充実しています。

進学支援を目的として、進路講座(特別授業カリキュラム)を設けています。

国語、数学、英語においては講義を受けたのち、個別指導を受けることができるので、手厚い進学に向けたサポートを、個別で受けることができることも特徴です。

在宅学習する際にも一人ではなく、教師のサポート体制のもと勉強に集中することができます。

ここに文字を入力してください

教師と学生で進捗を確認しながら学習を進めていくことができることは、生徒にとって不安解消にもなり、モチベーションを保つこともできます。

通信課程でその後の進学を目指す上で非常に良い学校だと思います。

私立の通信制高校の情報を調べた上で、納得してから学校選びすることをオススメします。

栃木県立学悠館高校の詳細≫

栃木県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

栃木県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求