全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】秋田県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

秋田県では人口少ないこともあり、県内に学習拠点を有する通信制高校・サポート校は、広域性を含めて6校存在しています。
キャンパスは秋田市にある学校が多く、幅広い年齢層の学生が通っています。

秋田県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

私立の通信制高校・サポート校(秋田県)の学費安さ比較

学校名場所学費比較
クラーク記念国際高等学校秋田県秋田市初年度86万円〜
NHK学園高等学校秋田県秋田市35万円以上
第一学院高等学校秋田県秋田市36万円以上
鹿島朝日高等学校秋田県秋田市・潟上市・横手市28万円以上
秋田修英高等学校秋田県大仙市25万円以上

秋田県にある通信制高校を学費面で比較しています。

公立高校に比較するとだいぶ金額が高い印象がありますが、就学支援金が支給されることを考えれば実質的に安い学費になることが多いです。

公立の通信制高校・サポート校(秋田県)の学費安さ比較

学校名場所学費比較
秋田県立秋田明徳館高等学校秋田県秋田市3万8,000円程度

秋田県には公立の通信制高校が一校しかありません。

学習サポートは私立高校の方が手厚いですが、公立校の人気も高いです。

秋田県で学費が安い通信制高校(上位5校)

秋田県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。秋田県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. 秋田修英高等学校
  2. 鹿島朝日高等学校
  3. NHK学園高等学校
  4. 第一学院高等学校
  5. クラーク記念国際高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも秋田県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。 「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。 入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:クラーク記念国際高等学校の学費・評判(秋田県秋田市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高等学校の評判 

クラーク記念国際高等学校ですが、通学日数を自分で選ぶことができます。

週5日通学の全日制高校のように制服を着て通学するコースや、週5~1日の自分の好きな通学日数を選べる単位制コース(私服通学OK)、月1~2回通学のWeb在宅コースなど幅広い通学スタイルの選択肢があるのが魅力です。

通学日数は入学後に変更することもできるので、最初は週1から初めて、徐々に増やしていくこともできます。

週5通学のコースは、総合進学コース、国際コース、クリエイターコース、心理表現コース、スポーツコースなどがあり、普通の高校とは違い自分の学びたい専門的な勉強ができるのも魅力です。

総合進学コースでは40種類以上ある選択授業の中から自分の好きなものを選んで自分で時間割をつくることができます。

学び方の選択肢が幅広く設定できるので、自分にあった学び方で勉強していけるシステムです。

クラーク記念国際高等学校では、先生全員がカウンセラーの資格を持っています。

先生方は生徒ひとりひとりの性格を理解してくださるので、自己主張が苦手であったとしても温かくサポートしてもらえます。

通信制高校ですが、完全な通信コース(月に1回登校)の他に、登校日数自由型のコースがあります。

どちらのコースを選ぶにしても、基本的にはインターネット授業が主になっており、自由な時間にネットで学習できます。

担任の先生はそれぞれの生徒に合った学習スタイルなどを提案してくださるので、「何をすればいいの…」といった悩みは担任の先生と解決できるはずです。

語学などの専門知識を学ぶこともできるので、将来の視野がかなり広がっていくと思います。

行事も多く、参加してみることで友達を作ることだってできます。

クラーク記念国際高等学校の先生は、とにかく気持ちが温かいです。

先生の接し方ひとつで、ここまで「学校」に対する考えや心持ちが変わるんだ、と感じられる学校です。

これまでの学校での人間関係などでしんどい思いをされている生徒さんは安心して入学できるかと思います。

ひとりひとりの生徒さんの状態を先生方がしっかり共有してくださるので、安心して学習・登校ができます。

学習面に関して「学力が不安」と思われる生徒さんでも、基本からしっかり取り組めます。大学受験のサポートも充実しており、進路に悩む生徒さんひとりひとりへの対応も丁寧です。

クラーク記念国際高等学校の詳細≫

高等専修学校 秋田クラーク高等学院秋田県秋田市大町1-2-7 サンパティオ内

私立:NHK学園高等学校の学費・評判(秋田県秋田市)

 スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校の評判

NHK学園高校は、高い卒業率を誇る通信制高校です。

担任教師を中心とするサポート体制が構築されており、教科担当の先生、スクーリング校の担当講師、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、その他にも進路相談室の教員先生が卒業までの学生生活をサポートをしてくれます。

NHK学園高校には、「N-gaku Online Space」というオリジナルのネット学習システムがあります。レポート提出や学習管理ができるほか、チャットやメールを通じて、質問、相談が可能です。

NHK学園高校では、ネットでの「NHK高校講座」での学習が中心となります。

NHK学園高等学校の生徒は、本当に色々な人がいます。

芸大を目指すために、日常から専門的に勉強をしたいと通信制高校を選んだ人、農家などの仕事についた高齢の人、高校に入学したものの中退してしまい、社会に出てから必要を感じて勉強に来ている人と様々です。

NHK学園高等学校では、社会に出ている人も多く勉強しています。

10代の人たちにとって、普通の学習を共にしながら、社会の厳しさなどを身近で教えてもらう人が同級生となっていきます。

月に1回~2回の通学があるベーシックコースでも、遠足もあり、みんなでディズニーランドなどに出かけることもあります。

NHK学園高等学校でも一般的な高校卒業資格を取得することができます。

学習コースが色々あり、自分に合ったコースを選ぶことで、仕事をしながら学んでいる人も大勢います。

調理師見習やヘルパー、大工の修行をしながら卒業資格を取り、資格試験に臨んでいる人もいます。

NHK学園高等学校の詳細≫

秋田のスクーリング会場秋田令和高等学校/秋田市千秋矢留町4番17号

私立:第一学院高等学校の学費・評判(秋田県秋田市)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

(続きを読む)

第一学院高等学校の評判

第一学院高等学校では、高校入学してから10年後の生徒の将来を意識しながら進路指導をしています。

不登校や進学に不安を抱えるお子さんを対象とした「第一学院中等部」と、通信制高校である「第一学院高等学校」の他、第一学院グループには新潟産業大学などもあります。

第一学院高校には有名大学に進学する方も多く、またスポーツや芸能の世界で活躍する卒業生も多い点に特徴があります。

秋田の第一学院高校では、FM秋田において、月に1回、先生と生徒がラジオ出演しており、第一学院高校の魅力について語っています。学校や先生の雰囲気がわかるので聞いてみると良いですよ。

秋田キャンパスの学生生活は、個々の生徒が穏やかに伸び伸びとした感じで過ごしているのが伝わってきます。

第一学院高等学校の詳細≫

秋田キャンパス秋田県秋田市広面字屋敷田301

私立:鹿島朝日高等学校の学費・評判(秋田県秋田市・潟上市・横手市)

鹿島朝日高校の学費

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費・通信費2万9000円
システム管理費3万円程
(合計)28万4000円〜

鹿島朝日高校の評判

鹿島朝日高等学校は、広域の通信制高校であり、単位制・普通科の学校です。

鹿島朝日高等学校には日本全国どこからでも入学できますし、

他の通信制高校と同様に「就学支援金」による授業料の減免があったり、学割や通学定期の利用も可能です。

鹿島朝日高等学校はの本校は、岡山の緑濃き山間にあります。「自分らしく社会に貢献できる人材の育成」という教育目標を掲げ、

一人ひとりの才能を伸ばすハイレベルな教育を目標としています。

鹿島朝日高校は単位制の学校なので、学年という区分けは特にありません。生徒が自分のペースで勉強して単位取得していく方式です。卒業に必要な74単位になったら卒業することになります。

鹿島朝日高校には不登校体験をした人も多いですが、スクーリングなどの機会を利用して友達も作り、学校行事も楽しんでいます。

鹿島朝日高等学校の詳細≫

秋田キャンパス[新屋校]秋田県秋田市新屋扇町82-3 セントラルパーク1F
秋田キャンパス[御野場校]秋田県秋田市御野場新町3-4-22
秋田キャンパス[潟上校]秋田県潟上市天王字蒲沼136-12
横手キャンパスKG高等学院/秋田県横手市婦気大堤字田久保下183-5
エデュース国際学院秋田県秋田市桜1-12-8

私立:秋田修英高等学校の学費・評判(秋田県大仙市)

秋田修英高等学校の学費

入学金4万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位17万5000円)
施設費5000円
教育関連費3万円程
(合計)25万円

秋田修英高等学校の評判

秋田県では数少ない私立高校であり、全日制課程と併設されています。JR大曲駅から徒歩20分ほどです。

大仙市大曲は、自然豊かで住みやすい街であり、その中に位置する学校なので、気持ちも穏やかに過ごすことができると思います。

主に自宅学習を中心に行っているので、一般的な学校とは異なり、自分のペースで学習をすることができます。

スクーリングは毎週日曜日の午前中に設定しています。さらに、自分の学習成果をレポートにして提出することで評価の対象の一つとしています。

専門のカウンセラーによる教育相談室も設置されており、月2回ほど、生徒だけではなく、その保護者の方に対しても教育相談に応えてくれます。

年間10時間以上の学校行事などにも参加し、所定の単位を修得することで3月もしくは9月の卒業を迎えることができます。

秋田修英高等学校には、人間関係に悩んで入学する、あるいは転校してくる生徒が多いです。

普段はアルバイトなどをして働きながら、月に何度か学校に足を運んで頑張っている生徒もいます。

授業日は毎週日曜日の午前中に設定されているので、平日は働いて社会のさまざまなことを学び、休日は自分の将来の夢のために勉強するということができます。

秋田修英高等学校には、卒業後、就職していった生徒もいれば、専門学校などへの進学を果たした生徒もいます。
大学や短期大学への進学を果たした生徒もいます。

秋田修英高等学校は、自分のペースで学ぶことができるほか、学び直しをしたいという人、さまざまな事情があって働きながら高校へ行きたいという人に対して温かく迎えてくれます。

校舎所在地大仙市大曲須和町1-1-30

公立:県立秋田明徳館高等学校の学費・評判(秋田県秋田市)

県立秋田明徳館高等学校の学費

年間3万8,000円程度
教科書無償供与

県立秋田明徳館高等学校の評判

県立秋田明徳館高等学校の通信制課程では、入学試験において学力試験は実施されていません。

個人面接と、入学願書(作文込み)の結果で合否が決まります。

入学者には年齢制限がなく、中学卒業後すぐに入学してくる方(15歳)もいれば、60歳代の人も在籍しており、幅広い年齢層の方が共に学んでいます。

校舎所在地秋田市中通二丁目1番51号

秋田県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

秋田県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求