全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】岩手県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

岩手県には公立の通信制高校が3校と私立の通信制高校が2校開校しています。広域制の通信制高校をキャンパスを含めると私立の学校は10校以上となります。

ここでは岩手県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

私立の通信制高校サポート校(岩手県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
NHK学園高等学校岩手県盛岡市35万円以上
鹿島学園高等学校岩手県盛岡市26万円程度
第一学院高等学校岩手県盛岡市36万円以上
盛岡中央高等学校岩手県盛岡市41万円程度
一関学院高等学校岩手県一関市24万円程度

岩手県にある通信制高校を学費面で比較しています。

公立高校に比較するとだいぶ学費が高い印象があります。しかし、就学支援金が支給されることを考えれば実質的には安い学費になることが多いです。

公立の通信制高校(岩手県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
岩手県立杜陵高等学校岩手県盛岡市4万円程度
岩手県立杜陵高等学校 奥州校岩手県奥州市4万円程度
岩手県立宮古高等学校岩手県宮古市4万2000円程度

岩手県には公立の通信制高校が3つあります。

いずれの公立高校も、私立高校に比べると圧倒的に学費が安いという特徴があります。

岩手県で学費が安い通信制高校(上位5校)

岩手県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。岩手県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. 一関学院高等学校
  2. 鹿島学園高等学校
  3. NHK学園高等学校
  4. 第一学院高等学校
  5. 盛岡中央高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも岩手県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:NHK学園高等学校の学費・評判(岩手県盛岡市)

 スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校の評判

NHK学園高校は、高い卒業率を誇る通信制高校です。

担任教師を中心とするサポート体制が構築されており、教科担当の先生、スクーリング校の担当講師、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、その他にも進路相談室の教員先生が卒業までの学生生活をサポートをしてくれます。

NHK学園高校には、「N-gaku Online Space」というオリジナルのネット学習システムがあります。レポート提出や学習管理ができるほか、チャットやメールを通じて、質問、相談が可能です。

NHK学園高校では、ネットでの「NHK高校講座」での学習が中心となります。

NHK(日本放送協会)が1962年に設立した日本で最初の広域通信制高校です。

NHKがEテレやラジオ第2で放送しているNHK高校講座を視聴して学習を進めるため、登校日数が全日制の高等学校と比べて非常に少なくてすみます。

高校講座の番組のHPでも配信されていることから、インターネットで視聴することができます。

レポートを郵送で提出するコースの他にインターネットで提出するコースもあり、海外に住みながら日本の高校卒業資格を得ることができます。

幅広い世代の学生が学んでいるため、仕事を持っている人もたくさんいます。
さらに毎年著名人を学校に招いて特別講座を行っています。

NHK学園高等学校のよいところは、いろいろな世代の人が集まっているところです。

全日制の高校にほとんどいない仕事を持っている人や子育てをしている人などと同級生として話ができます。

様々な理由でNHK学園高等学校に通い始めた同級生の話を聞いたり、時間をやりくりしてリポート作成している姿を見たりしているうちに、自分も負けないように卒業しようと思うことができるでしょう。

自分のおじいさんやおばあさんと同じ世代の人と一緒に学んだ経験は貴重な経験となります。

もともと引っ込み思案だった性格の人間でも講師になり、大勢の前で話をできるようになるでしょう。

NHK学園高等学校の詳細≫

岩手県スクーリング会場県立杜陵高等学校/岩手県盛岡市上田二丁目3−1

私立:鹿島学園高等学校の学費・評判(岩手県盛岡市等)

鹿島学園高校の学費

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費2万4000円
教育拡充費1万7000円程
(合計)26万6000円〜

鹿島学園高校の評判

鹿島学園高等学校は、単位制普通科の広域通信制高校です。

全日制が運営しており生徒の多様性に対応できるため、通信制だけの高校とは内容の充実度が異なります。

鹿島学園高等学校では全国に300か所以上の学習センターを持っており、インターネットでの指導も行っています。

学習スタイルもさまざまです。

週に一日から五日ほど学習センターへ通うコースから、一年間で数日のみのスクーリング(面接指導)であとは自宅学習をするコース、個人指導コース、家庭教師コース、ネット指導コースまで、生徒一人ひとりの個性や条件に合わせて選択することができます。

単位制を採用しているので学年という枠にとらわれず、自分のペースでレポート提出や認定試験で単位を積み上げ、高卒資格を目指すことができます。

必修科目以外のオプションコースはバラエティに富んでいます。

一般大学や医大進学を目指すコースはもちろん、学習センターによって内容は異なりますが、美容・エステやIT、トリマーなどの技術を学ぶペットコース、声優・タレント等になるための表現力を学ぶコースまでさまざまです。

岩手県内にある鹿島学園高等学校のキャンパスは、少人数でこじんまりとした教室で勉強が行われています。

アットホーム感がありますが、人が少ないと少し寂しい感じもします。

少人数生なので、先生は生徒一人一人の面倒をよくみてくれます。相性が良い先生と出会うことができればハッピーな学生生活を送れると思います。

鹿島学園高校では、勉強だけではく、イベントがあるし別のキャンパスの生徒との行事もあります。友達ができる環境も整っていると思います。

鹿島学園高等学校の詳細≫

岩手キャンパス岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11 盛岡駅前ビル4階
花巻キャンパスDSC/ 岩手県花巻市大通1-10-30-2F
北上キャンパスDSC/ 岩手県北上市青柳町1-5-3 和野内ビル3F
一関キャンパスDSC/ 岩手県一関市南新町3 ヴィラいまい201
久慈キャンパスDSC/ 岩手県久慈市川崎町15-5-2F
宮古キャンパスDSC/ 岩手県宮古市大通四丁目1番地9号1F
釜石キャンパスDSC/ 岩手県釜石市鈴子町1-1 プロスパービル2F
大船渡キャンパスDSC/ 岩手県大船渡市盛町字町9-27-2F
水沢キャンパスDSC/ 岩手県奥州市水沢区中町44 イーストジャパンビル 2F-D号室
二戸キャンパスDSC/ 岩手県二戸市福岡八幡下68-6 本宮ビル3F

私立:第一学院高等学校の学費・評判(岩手県盛岡市)

通信:Mobile HighSchoolの学費

入学金1万円
キャンパス指導分施設設備費0円
特別指導料0円
指導関連費0円
通信制課程施設設備費1万円
授業料(25単位)30万円
指導関連費5万5300円
(合計)36万5300円

(続きを読む)

第一学院高等学校の評判

第一学院高等学校では、高校入学してから10年後の生徒の将来を意識しながら進路指導をしています。

不登校や進学に不安を抱えるお子さんを対象とした「第一学院中等部」と、通信制高校である「第一学院高等学校」の他、第一学院グループには新潟産業大学などもあります。

第一学院高校には有名大学に進学する方も多く、またスポーツや芸能の世界で活躍する卒業生も多い点に特徴があります。

第一学院高等学校には、明るい雰囲気のアットホームな教室や空間があります。フェローと呼ばれている学校の先生は優しい人が多い印象です。

クラブ活動もあるし、穏やかな感じの行事やイベントが毎月のようにあるので、学校に行くのも楽しくなると思います。臨床心理士の先生もスクールカウンセラーにいるので安心です。

第一学院高等学校の詳細≫

盛岡キャンパス岩手県盛岡市大通3-6-12 開運橋センタービル2F

私立:盛岡中央高等学校の学費・評判(岩手県盛岡市)

盛岡中央高等学校の学費

入学金7万円
教育充実費2万4,000円
施設設備費2万円
授業料26万4,000円(24単位×11,000円)
サポート受講料3万円
その他費用3,000円程度
(合計)41万2,320円

盛岡中央高等学校の評判

盛岡中央高等学校には、中学生以上の方であれば何歳からでも入学可能です。

大学への進学を希望する場合には、先生が受験サポートしてくれます。

1・2年生は年に3回、3年生は年に12回の校外模試を受験し、また大学入試対策専用の講座も受講することができます。

放課後も学習室において勉強することが可能です。

スポーツ・文化・芸術面において頑張りたい生徒に対するサポート体制も整備されておりますし、英検などの検定試験や留学に対するサポート体制も整っています。

盛岡中央高等学校は、通信制高校が少ない岩手県において、県内に本校がある希少な通信制高校です。

全国規模の広域通信制高校と比較検討して、それぞれの学校の長所短所を見比べてみることが大切だと思います。

学校住所岩手県盛岡市材木町9-13

私立:一関学院高等学校の学費・評判(岩手県一関市)

一関学院高等学校の学費

入学金3万5000円
授業料履修1単位につき 6,000円(25単位15万円)
施設費3万円
教育充実費2万円
通信費6,000円
(合計)24万1,000円

一関学院高等学校の評判

一関学院高等学校では、生徒が学びたい科目を選択して学ぶことが可能です。

毎週土曜日と日曜日にスクーリングが実施されておりますが、在宅コースでは前期後期合わせて年6回だけスクーリングのために登校することになります。

普段の勉強は課題レポート提出した上で添削してもらうことで進んでいきます。

一関学院高等学校には制服がないので、登校の際には私服で登校することができます。

住所岩手県一関市八幡町5-24

公立:岩手県立杜陵高等学校の学費・評判(岩手県盛岡市)

岩手県立杜陵高等学校の学費

入学金6000円程度
学費年間学費(目安):4万8000円

岩手県立杜陵高等学校の評判

岩手県立杜陵高等学校の通信制課程は単位制の学校です。

取得単位が74単位以上になれば卒業できるシステムなので、全日制高校のように留年という事態は生じません。

岩手県立杜陵高等学校の通信制課程は自宅学習が中心となり、自分自身で学習計画を組み立てて、課題レポートを期限までに学校に提出することになります。

私立の通信制高校とは異なり、学校のサポートが少ないので、積極的な学習姿勢と、自己管理能力が必要となります。

科目ごとに必要となる回数のスクーリングも必要になりますし、テストを受けて行事イベントにも必要な時間出席しなくてはなりません。

本校盛岡市上田二丁目3-1
奥州校奥州市水沢区土器田1番地
岩手県立水沢商業高等学校内

公立:岩手県立宮古高等学校の学費・評判(岩手県宮古市)

岩手県立宮古高等学校の学費

入学金0円
授業料1単位190円
諸会費約23,000円
教科書・学習書外約15,000円
学費年間学費(目安):4万2000円程度

岩手県立宮古高等学校の評判

岩手県立宮古高等学校の通信制課程には、不登校経験がある人、部活を頑張りたい人、働きながら勉強したい人、高校卒業資格が欲しい人など、色々な方が在籍しています。

自宅学習が基本となりますが、日曜日にはスクーリングが必要になります。

岩手県立宮古高等学校では、二期制を採用しています。

住所岩手県宮古市宮町2-1-1

岩手県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

岩手県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求