全国の通信制高校一覧

【家から通える学校選び】沖縄県にある学費の安い通信制高校⇒公立校・私立校、評判一覧はこちらから

沖縄県には公立の通信制高校が2校が設置されています。また私立の通信制高校は、広域制の通信制高校を含めると複数所在しており、那覇市、沖縄市にキャンパスが多いです。

ここでは沖縄県にある通信制高校・サポート校について、学費と学校の評判で比較できるようにまとめています。

私立の通信制高校・サポート校(沖縄県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
飛鳥未来きずな高校沖縄県那覇市42万円〜
鹿島朝日高等学校那覇市、沖縄市、うるま市等28万円〜
NHK学園高等学校沖縄県那覇市35万円〜
ヒューマンキャンパス高等学校那覇市、沖縄市39万円〜
日本ウェルネス高等学校沖縄県沖縄市
星槎国際高等学校那覇市、沖縄市
クラーク記念国際高等学校沖縄県那覇市86万円〜
精華学園高等学校沖縄市、浦添市45万円〜
未来高等学校沖縄県那覇市
N高等学校沖縄県うるま市25万円〜
八洲学園大学国際高等学校沖縄県国頭郡
つくば開成国際高等学校沖縄県那覇市52万円〜

公立の通信制高校(沖縄県)の学費安さ比較

 学校名 場所学費比較
沖縄県立泊高等学校沖縄県那覇市
沖縄県立宜野湾高等学校沖縄県宜野湾市

沖縄県で学費が安い通信制高校(上位3校)

沖縄県においても、公立高校の学費は私立高校よりも圧倒的に安くなります。

そこで、ここでは私立の通信制・サポート校の学費だけを比較しております。沖縄県に本拠地を置いている私立学校の中では、

  1. N高等学校
  2. 鹿島朝日高等学校
  3. ヒューマンキャンパス高等学校

という順番で学費が安くなります。

しかし、上記以外にも沖縄県から通学可能な広域制の学校がたくさんあります。その中には、学費がより安くなる学校もあります。

「就学支援金」により授業料が減免されたり、自治体により独自の「上乗せ支給制度」があったりします。世帯年収により取り扱いも異なるし、学校独自の制度があることも。

入学定員枠があるケースも多いので、事前に資料請求しておきましょう。

【徹底比較】学費が安いオススメの通信制高校は?⇒学費減額免除の㊙︎方法と相場平均まで 年間の学費(授業料)が安い通信制高校・比較 学校名 年間学費目安 青森山田高等学校 21万円〜 ...
ここからは、個別の通信制高校の学費・評判をみていきたいと思います。

私立:飛鳥未来きずな高校の学費・評判(沖縄県那覇市)

ベーシックスタイルの学費

入学金1万円
施設設備費6万円
授業料1単位あたり8,000円
(28単位で22万4,000円)
補修費10万円
特別活動費5,000円程
教材費1万5,000円
諸経費5万円程
(合計)46万4,000円〜

(続きを読む)

飛鳥未来きずな高等学校の評判

飛鳥未来きずな高等学校は、単位制の通信制高校です。

全国に大学・専門学校・フリースクールを運営している学校法人三幸学園が母体になっています。ちなみに姉妹校は「飛鳥未来高校」です。

飛鳥未来きずな高等学校の学費は、キャンパスや所属コースにより金額が異なります。上記の金額は、参考までに2022年度のお茶の水キャンパスでの学費を記載しています。

また、飛鳥未来きずな高校では、日常授業を受けながら自分の好きな専門分野の学習をすることも可能です。

自分が好きなことを学べる環境があります。

私立:鹿島朝日高校の学費・評判(沖縄県那覇市、沖縄市、うるま市等)

鹿島朝日高校の学費

入学金5万円
授業料7000円×取得単位数
(25単位=17万5000円)
施設費・通信費2万9000円
システム管理費3万円程
(合計)28万4000円〜

鹿島朝日高校の評判

鹿島朝日高等学校は、広域の通信制高校であり、単位制・普通科の学校です。

鹿島朝日高等学校には日本全国どこからでも入学できますし、

他の通信制高校と同様に「就学支援金」による授業料の減免があったり、学割や通学定期の利用も可能です。

鹿島朝日高等学校はの本校は、岡山の緑濃き山間にあります。「自分らしく社会に貢献できる人材の育成」という教育目標を掲げ、

一人ひとりの才能を伸ばすハイレベルな教育を目標としています。

鹿島朝日高校の詳細▶︎

私立:NHK学園高校の学費・評判(沖縄県那覇市)

 スタンダードコース の学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費3万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)35万5000円

ライフデザインコースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費7万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万2000円
(24単位28万8000円)
(合計)39万5000円

登校コースの学費

入学金3万5000円
施設設備・運営費17万円
生徒会費2000円
受講料1単位1万5000円
(24単位36万円)
(合計)56万7000円

NHK学園高校の評判

NHK学園高校は、高い卒業率を誇る通信制高校です。

担任教師を中心とするサポート体制が構築されており、教科担当の先生、スクーリング校の担当講師、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、その他にも進路相談室の教員先生が卒業までの学生生活をサポートをしてくれます。

NHK学園高校には、「N-gaku Online Space」というオリジナルのネット学習システムがあります。レポート提出や学習管理ができるほか、チャットやメールを通じて、質問、相談が可能です。

NHK学園高校では、ネットでの「NHK高校講座」での学習が中心となります。

NHK学園高校の詳細▶︎

私立:ヒューマンキャンパス高校の学費・評判(沖縄県那覇市、沖縄市)

一般通信コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
(合計)39万円

通学コースの学費

入学金1万円
授業料1単位あたり1万2000円
⇒28万8000円(24単位)
施設費6万円
教科学習費3万2000円
教育充実費12万円
(合計)51万円

(続きを読む)

ヒューマンキャンパス高等学校の評判

ヒューマンキャンパス高校は、資格や専門学校で有名な「ヒューマンアカデミー、佐藤学園グループ、大阪バイオメディカル専門学校」などと教育連携している通信制高校です。

単純に高校卒業資格を取得できるだけでなく、プラスαの専門的な学びができる教育環境があります。

全国に学習センターがあり、現場で専門教師からリアルに学べる環境が整備されています。

不登校経験がある方、高校を中退した方、転校してきた方なども多く、一人ひとりに合わせた学習方法が採用されています。

ヒューマンキャンパス高等学校の本校は沖縄県名護市にあり、自然豊かな環境です。

ヒューマンキャンパス高校の詳細▶︎

私立:日本ウェルネス高校の学費・評判(沖縄県沖縄市)

私立:星槎国際高校の学費・評判(沖縄県那覇市、沖縄市)

私立:クラーク記念国際高校の学費・評判(沖縄県那覇市)

クラーク記念国際高校(本校)の学費

入学金1万円
授業料1単位8000円
⇒25単位で200,000円
施設設備費1万3000円
Web学習費3万円
(合計)25万3000円

通うキャンパスに払う学費

通うキャンパスに払う学費コースにより異なるので、資料請求が必要。

クラーク記念国際高等学校の評判 

クラーク記念国際高等学校ですが、通学日数を自分で選ぶことができます。

週5日通学の全日制高校のように制服を着て通学するコースや、週5~1日の自分の好きな通学日数を選べる単位制コース(私服通学OK)、月1~2回通学のWeb在宅コースなど幅広い通学スタイルの選択肢があるのが魅力です。

通学日数は入学後に変更することもできるので、最初は週1から初めて、徐々に増やしていくこともできます。

週5通学のコースは、総合進学コース、国際コース、クリエイターコース、心理表現コース、スポーツコースなどがあり、普通の高校とは違い自分の学びたい専門的な勉強ができるのも魅力です。

総合進学コースでは40種類以上ある選択授業の中から自分の好きなものを選んで自分で時間割をつくることができます。

学び方の選択肢が幅広く設定できるので、自分にあった学び方で勉強していけるシステムです。

クラーク記念国際高校の詳細▶︎

私立:精華学園高校の学費・評判(沖縄県沖縄市、浦添市)

精華学園高校の学費

入学金
授業料1単位1万500円
(24単位で25万2,000円)
施設設備費3万6,000円
教育運営費等4万2,000円
特別教科学習費12万円
(合計)45万円

精華学園高校の学費は、校舎や、学習コースにより異なります。

上記は函館港の通学コースの学費例です。

精華学園高校の評判

精華学園高校は、山口県山口市に本校舎がある単位制の広域通信制高校です。

本校舎の他にも、全国に約40箇所の校舎が設置されています。

不登校の方も多く在籍しておりますが、入学後にはマイペースで自由な学生生活を送ることができます。

多様な学習コースが設置されており、「声優コース・イラストコース・進学個別指導コース・英語コース・情報コース・建設技能コース・美大・芸大コース」

に所属することが可能です。

精華学園高校の詳細≫

私立:未来高等学校の学費・評判(沖縄県那覇市)

 

私立:N高校の学費・評判(沖縄県うるま市)

単位制・通信制課程(ネットコース)の学費

入学金1万円
授業料普通科プレミアム
1万2000円×履修単位数
(25単位=30万円)
普通科スタンダード
7200円×履修単位数
(25単位=18万円)
施設設備費5万円
教育関連諸費1万3000円
(プレミアム合計)
(スタンダード合計)
37万3000円
25万3000円

(続きを読む)

N高等学校の評判

N高等学校は、学校法人角川ドワンゴ学園が運用している、インターネットを利用した通信制高校です。

N高の学習コースには、①ネットコース②通学コース③オンライン通学コース④通学プログラミングコースがあり、自分の生活スタイルに合わせて選択することができます。

N高等学校の本校は、沖縄県うるま市と茨城県つくば市に所在しております。ネットの学校ではありますが、2021年7月段階で、全国に19キャンパスがあります。

同じくドワンゴ学園が開校している姉妹校には「S高等学校」があります。

N高とS高では、高校卒業資格を取得するためには、インターネット学習、スクーリング、試験をこなす必要がありますが、スクーリングの日程や場所が異なる他は、

学習コースの内容・カリキュラム、そして学費は同じです。

有名なので知っている人も多いと思いますが、N高等学校は、学校法人角川ドワンゴ学園の学校です。

現在は、東京・大阪・沖縄・横浜・大宮・千葉・名古屋・福岡にキャンパスがあります。

N高等学校には「ネットコース」と「通学コース」と「その他コース」があります。最低スクーリング日数は年間5日です。

スマホで勉強できるので、その勉強時間を集中することができますし、時間に縛られることなく勉強していけます。

時間を有意義に使うことを高校の時に学んでおいた方が社会に出たときにその社会の自分のつく職で効率良くやっていけるかもしれません。

N高等学校は学校は新しい試みをしていることが多くて、斬新な学校行事も実施しています。

常識にとらわれない行事を通して生徒の個性を伸ばすことを目的としています。

派遣やアルバイトなどで働いていたので勉強することができなかったと言う人も、N高等学校に入学をすることで時間を有効活用しながら勉強することができます。

N高等学校はとても良い学校だと思います。

N高等学校の詳細はこちら▶︎

私立:八洲学園大学国際高校の学費・評判(沖縄県国頭郡)

八洲学園大学国際高校の校舎があるのは、沖縄県北部の自然豊かな環境の中です。近くには観光地として有名な「美ら海水族館」があります。

校舎が沖縄県の中でも北部の都心から離れた場所にあるため、スクーリングに参加しながらリゾート地に旅行に来たかのような感覚があります。

普段は教材を使用した自宅学習や、テレビやラジオの通信講座を利用したレポート作成で学習を進めます。

1年のうち、1週間程度のスクーリングに参加するため全国から生徒が沖縄に集まります。

スクーリング期間中は、寄宿舎で共同生活を送りながら各教科の授業を受けます。

普段は会うことのない生徒たちと接することができるため、はじめは緊張しますがスクーリングが終わる頃には色々なタイプの友達ができます。

さらに、スクーリングでは通常の授業に加えて、沖縄ならではのリゾート体験もできるので高校生活の素敵な思い出になると思います。

先生との距離も近く、気軽なおしゃべり感覚で学習面、私生活、進路についても相談できます。

先生方もフレンドリーな方が多く、人見知りの人でも馴染みやすいかと思います。

学習ペースも5つのコースの中から自分で選べるため、働きながらや育児をしながらでも高校卒業を目指せます。

普段は黙々と自宅学習を進めていき孤独感を感じることもあるかもしれませんが、スクーリングでは沖縄の風を感じることができ気持ちよく授業を受けることができ、勉強もはかどります。

スクーリング期間中、共同生活や様々な沖縄ならではのアクティビティを体験することで、1週間という短い期間でも成長を実感できるはずです。

私立:つくば開成国際高校の学費・評判(沖縄県那覇市)

入学金10万円
授業料1万2000円×取得単位数
(25単位30万円)
教育充実費20万円
その他3万円程

公立:沖縄県立泊高校の学費・評判(沖縄県那覇市)

公立:沖縄県立宜野湾高校の学費・評判(沖縄県宜野湾市)

沖縄県から入学可能な広域通信制高校・サポート校(全国区)

学校名(代表例)
KTCおおぞら高等学院鹿島学園高等学校鹿島朝日高等学校
クラーク記念国際高等学校N高等学校北海道芸術高等学校
NHK学園高等学校日々輝学園高等学校ヒューマンキャンパス高校
第一学院高等学校ルネサンス高等学校ルネサンス大阪高校
ルネサンス豊田高校

沖縄県に本拠地を置かない通信制高校・サポート校にも入学することができます。

上記の学校は一例となりますが参考にしてみてください。

自分にあった通信制高校探し

▼▼通信制高校へ入学・転編入▼▼

最寄りの通信制高校に資料請求≫

願書締切間際で焦らないようお早めに!
最寄りの通信制高校に資料請求
自分にピッタシの学校探しを!
最寄りの通信制高校に資料請求